名言DB

9429 人 / 110879 名言

堤浩幸の名言

twitter Facebook はてブ

堤浩幸のプロフィール

堤浩幸、つつみ・ひろゆき。日本の経営者。「フィリップス・ジャパン」社長。慶應義塾大学理工学部卒業、米国スタンフォード大学ビジネススクール・スタンフォードエグゼクティブプログラム修了。日本電気(NEC)エグゼクティブオフィスマネージャー・社長秘書・シニアマネージャー、シスコシステムズ副社長、サムスン電子ジャパンCOO(最高執行責任者)・CEO(最高経営責任者)、フィリップスエレクトロニクスジャパン(のちのフィリップス・ジャパン)副社長などを経て社長に就任。

堤浩幸の名言 一覧

私は30数年間にわたってIT業界で様々な事業を手掛けてきました。ITは変化の激しい業界でしたが、努力すれば必ず結果に結びつくと信じて、常にチャレンジしてきました。


何事も4倍速で取り組め。倍速の精神では遅れてしまう。


短期的視点も重要ですが、3~5年先の中長期を見据えて動いていなければ、会社としてのビジョンを見誤る。


当社の良さを消費者にもっと知ってもらうためには、社員が誇りを持って仕事に臨むことが不可欠。モチベーションの活性化も図っていきます。


「なんでこれをフィリップスがやるの?」と、皆さんが驚くようなビジネスのアイデアもたくさん考えています。


社長の業務や経営のやり方、人との付き合い方など様々なことを間近で学んだ。
【覚え書き|NECで社長秘書を務めたたことについて】


BtoC事業は廃れるのも速い。今日は勝っても明日は負けの市場です。しかし、逆を言えば、今日負けてもやり方を変えれば明日は勝つかもしれない。


本来、健康の維持から予防、病院での診断・治療、退院後の長期的なケアに至るプロセスは連続しています。フィリップスの強みは、一連のプロセスに関わる製品やサービスを一気通貫で手掛けていること。当社は「ソニッケアー」ブランドで電動歯ブラシを展開していますが、口腔ケアは生活習慣病を予防するというデータがあります。また、油を使わない揚げ物調理家電は肥満防止に役立ちます。こうした製品を通じて、私は消費者にヘルスケアプロセスの連続性をもっと認識してもらいたいと思っています。


堤浩幸の経歴・略歴

堤浩幸、つつみ・ひろゆき。日本の経営者。「フィリップス・ジャパン」社長。慶應義塾大学理工学部卒業、米国スタンフォード大学ビジネススクール・スタンフォードエグゼクティブプログラム修了。日本電気(NEC)エグゼクティブオフィスマネージャー・社長秘書・シニアマネージャー、シスコシステムズ副社長、サムスン電子ジャパンCOO(最高執行責任者)・CEO(最高経営責任者)、フィリップスエレクトロニクスジャパン(のちのフィリップス・ジャパン)副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

似鳥昭雄

柔軟でなければならない。今までのやり方に固執する人はダメ。


米山久

新しいビジネスモデルについて、外食だけをやってきた社員が会議室に集まって議論したところで、導き出されるアイデアは外食に少し毛の生えた程度でしょう。そこで私は、一次産業と二次産業から人材を採用し、新たな頭脳や知恵を取り込むことを決断しました。


石塚しのぶ

従来型の組織では、規則や階層に基づく命令系統を設けて個人の仕事を統制しています。したがって階層の下に近づけば近づくほど、意思決定の自由は狭まっていきます。


高田明(ジャパネットたかた)

アマゾンさんも楽天さんもライバルではありません。ライバルは過去の自分です。売上高が1170億円に下がったんだから、これを上げればいい。あくまで自分との比較です。無理をして2000億円を目指そうとしたら、商品を増やしすぎて品質が落ちてしまう。


渋谷和宏

東日本大震災の発生から3か月が過ぎ、被災地の外にいる私たちにできることは何なのかを、ますます強く考えるようになりました。そのひとつの答えは、消費を通じての貢献ではないでしょうか。モノやサービスの消費に対してアクティブになり、経済を活性化させることは、いまとても重要だと思うのです。消費を楽しむのは悪だ、自粛すべきだという思考には、それがどういった結果を招くのかについての想像力が欠けていると言わざるを得ません。ただ、幸いなことに、5月の大型連休を境に、消費は盛り返しています。


秋津壽男

ベストは「家族サービス」と「趣味」を両立させること。たとえば、家族サービスといえばアミューズメントパークやショッピングが定番ですが、自分の好きな分野に家族を引きずり込むのです。釣りが趣味なら、子供に教え込む。奥様が反対しようと子供が「パパと行く!」と言えば作戦成功です。3回に1回だけでも実現できれば十分。これで、家族も自分も休息できます。


川﨑宗則

一番何が楽しいかって、ガチガチにプレッシャーを感じて、勝ちに行くということ。本当に勝ちたいという気持ちで全試合をやりたい。


和田秀樹

仕事の面でも、人間関係の面でも、育児や介護の面でも、老後のことでもいろいろな悩みが出てくる。しかし、悩みにとらわれすぎてしまって、悩みから抜け出せないでいると、時間もエネルギーもどんどん減ってしまう。一番まずいのは悩みによって堂々巡りの状態になることだから、まずは問題を整理してみる必要がある。


いっこく堂

「腹話術をやる」と決めた後、その決意を劇団の先輩に打ち明けました。すると「昔の芸だ」「やりつくされて消えたものをやってどうする」と猛反対。露骨にあきれた顔もされました。それでも、僕には小さな勝算がありました。たしかに腹話術は衰退しています。しかし、「閉じた口から声が出ている」という芸の型は誰もが知っている。そこに強みを感じたんです。ゼロからすべて作るのは大変ですが、いまあるものをアレンジし、バージョンアップすればうまくいくのではないか、と。


山口彰(日本深層心理研究会)

社会的成功者は一様に活動力が高いものですが、活動力のある人は、同時に心理状態もイキイキしているのが特徴です。一方、活動力の低い人は、自分に自信がなく、自分の可能性を信じられない人が多いのです。原因は幼いころからのマイナス体験の蓄積にあります。自分は結局何をやっても上手くいかないという思いが心の中で支配的になると、生活全般にわたって意欲が低下してしまいます。