名言DB

9419 人 / 110788 名言

堤智章の名言

twitter Facebook はてブ

堤智章のプロフィール

堤智章、つつみ・ともあき。日本の企業再生家、経営者。同志社大学経済学部卒業、一橋大学大学院でMBAを取得。三和銀行勤務、CSKホールディングス執行役員、TTKパートナース社長、キーストーン・パートナース社長、エイボン・プロダクツ社長を務めた。

堤智章の名言 一覧

経営で一番大切にしているのは社員です。事業を成功させたい時、良い人が集まれば80%は達成でき、社員全員がやる気を出せば業績は300%変わると思っています。


自分の価値は自分で決めるもの。


業績向上の方程式は「商品(品質)×制度×心」。製品の品質、従業員やエイボンメンバーのやる気が出るような制度、そして仕事への情熱が必要。


特に大事なのは「心」、意識のあり方です。なぜなら、心はいま、この瞬間に自分が変えようと思えば変えることができる。


売り上げを伸ばすには二つの要素がある。一つは商品の付加価値を高め、単価を上げること。もう一つはチャネルを変えること。


ヨットの世界でも、最初から日本一、世界一であったわけではありませんし、努力した結果世界一になったという経験をしていますから、金融界でも同じだと思えた。


こだわりを持つ、集中して効率を上げるためのアイデアを出すなど、会社の一層の成長のためには、社員に全力で走ってもらうことが不可欠。


個人が大学に通う目的は、個人レベルのブレイクスルーを成し遂げることにある。そのために、大学では叡智を得ることができる。叡智とは、解決していく力や創造していく力であり、そして人との出会いによって与えられるものです。そのことをしっかり意識して過ごしてほしい。


トップアスリートのようにハイエンドのスキルを持っている人は、自分で引退するときを決められるのです。銀行では誰もが人事を人に決めてもらっているなか、自分の人生を自分で決められる、それは人として最も幸せなことであると思います。銀行に残っていれば、もしかしたら出世を続けることになったかもしれませんが(笑)。


ヨットレースでは、60艇ほどが一斉にスタートするわけですが、いかにして隣近所の船よりよいポジションを得るかが大きな勝負どころとなります。金融の世界も同様で、私が銀行のストラクチャードファイナンス部で仕事をしていたとき、金融界のトレンドから将来を予測して他行よりもいい戦略を打ち立て、他行よりもいい条件提示をお客様にすることにより、有利なディール(取引)を行うことができました。こうした局面に、ヨット競技で身につけた戦略立案力、戦術眼が物を言ったと思います。


プロ野球選手でもサッカー選手でも、引退後に監督やコーチになったり、解説者に転身できる人はごく一握りです。このキャリアチェンジに失敗し、不幸な状況に追い込まれたアスリートを何人も見てきました。当時23歳の私は、まだまだヨットの世界で活躍できたと思います。しかし私は、スカラーアスリートとしてヨットで学んだ経験や知識を存分にビジネスに活かせば、ヨット同様ダイナミックで面白い金融の世界で高みを目指すことができると、スイッチを切り替えたのです。


誰一人として、そのままトップアスリートの地位に居続けることはできません。加齢とともに肉体的な限界は訪れ、後から後から若く優秀な選手が登場してくるからです。ですから、その高みにまで上り詰めた経験を、次の人生でどう役立てるのかが非常に重要になる。


堤智章の経歴・略歴

堤智章、つつみ・ともあき。日本の企業再生家、経営者。同志社大学経済学部卒業、一橋大学大学院でMBAを取得。三和銀行勤務、CSKホールディングス執行役員、TTKパートナース社長、キーストーン・パートナース社長、エイボン・プロダクツ社長を務めた。

他の記事も読んでみる

大橋未歩

「大橋とは仕事をしたくない」というスタッフの声を聞いたとき初めて、「すべてを根本から見直さなければダメになる」と実感しました。それがチームや仲間の大切さについて考え直すきっかけになりました。その結論として、自己主張が強い自分を改め、「自分を押し殺して仕事をしよう」と覚悟を決めて臨みました。与えられた仕事を精一杯こなしたうえで、自分自身が疲れていたとしても、まずスタッフに「大丈夫ですか? 疲れてませんか?」と声をかけるなど、すべてにおいて謙虚な姿勢を貫いたんです。その結果、少しずつ周囲からの見方が変わり、「大橋はよくがんばっている」と、以前とは180度違う評価になっていました。


梅原勝彦

苦労知らずの社員にこのままあとを任せたら、間違いなく会社はジリ貧、下手をしたらつぶしてしまう。そこで、創業のころのように、ユーザーを一軒ずつ開拓して利益を出す意識を植えつけてから辞めようと考えたのです。


池田欣生

日本は少子高齢化で、皆さん悲観的な議論をする方が多いですけど、私は逆に高齢者が元気になる医療を開発して世界に輸出したい。


本田健

「自分にしかできない仕事をする」を言い換えれば、自分が本当にやりたいこと、大好きなことを仕事にするということ。大好きなことは自分の才能が一番発揮できる(最も大きい付加価値を生み出すことができる)ことであり、その結果、愛情を込めた丁寧な仕事になり、評価が高まり、回り回って収入にも結びつく。これはサラリーマンでも自営業でも同じだと思う。


髙橋秀幸(経営者)

人の上に立つ者は教育者でなければなりません。経営トップをはじめ、経営幹部が先人・先達から学んできたことを部下にしっかり伝えていかねばならない。


金子達仁

「小説みたいな作品ですね」と言われるのが一番うれしい褒め言葉かもしれません。前作の『ラスト・ワン』を書いた時もそうでしたが、ノンフィクションだって小説のような読後感を出せるのではないか、ということにチャレンジしているんです。そもそも、ノンフィクションのつもりで書いてすらいない。僕の好きな作家は、スティーブン・キング。彼の作品を読んだ時に感じる「画が浮かぶ」ということを意識して、一流のエンターテインメント小説に挑戦するつもりで書いたんです。


加藤清正

普段の友達づきあいは一人くらいにしておくといいだろう。ただし、武芸を催す場合には、多人数集まってやるがよい。


田中和彦

予定を1時間単位で組むことが習慣になっている人が多いが、それがダラダラ仕事をする原因になっている可能性が高い。「15分単位」で細かく区切って予定を入れるようにすると、1日に処理できる仕事の件数が格段に増える。


中村維夫

私、社長に就任したとき、何度も言ったんです。「この会社は傲慢だ」と。社員たちが敗北というものをひとつも知らないわけです。うちにおいでになる各社のお客様への対応ひとつひとつとってもそうです。社員たちが廊下の真ん中を歩いていて、「ゲスト」という胸札を付けたお客様が端に避けている。「おまえら、何かおかしいんじゃないか」と、ずいぶん言ったんです。勝ち続けるというのは、いろんな意味で、あんまり良くないことです。


増田紀彦

同種の商品でも、材料や加工法、ボリューム、生産量、パッケージ、宣伝費などで価格は異なる。これらのファクターを知れば値づけ感覚が養えます。