名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

堤智章の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堤智章のプロフィール

堤智章、つつみ・ともあき。日本の企業再生家、経営者。同志社大学経済学部卒業、一橋大学大学院でMBAを取得。三和銀行勤務、CSKホールディングス執行役員、TTKパートナース社長、キーストーン・パートナース社長、エイボン・プロダクツ社長を務めた。

堤智章の名言 一覧

経営で一番大切にしているのは社員です。事業を成功させたい時、良い人が集まれば80%は達成でき、社員全員がやる気を出せば業績は300%変わると思っています。


自分の価値は自分で決めるもの。


業績向上の方程式は「商品(品質)×制度×心」。製品の品質、従業員やエイボンメンバーのやる気が出るような制度、そして仕事への情熱が必要。


特に大事なのは「心」、意識のあり方です。なぜなら、心はいま、この瞬間に自分が変えようと思えば変えることができる。


売り上げを伸ばすには二つの要素がある。一つは商品の付加価値を高め、単価を上げること。もう一つはチャネルを変えること。


ヨットの世界でも、最初から日本一、世界一であったわけではありませんし、努力した結果世界一になったという経験をしていますから、金融界でも同じだと思えた。


こだわりを持つ、集中して効率を上げるためのアイデアを出すなど、会社の一層の成長のためには、社員に全力で走ってもらうことが不可欠。


個人が大学に通う目的は、個人レベルのブレイクスルーを成し遂げることにある。そのために、大学では叡智を得ることができる。叡智とは、解決していく力や創造していく力であり、そして人との出会いによって与えられるものです。そのことをしっかり意識して過ごしてほしい。


トップアスリートのようにハイエンドのスキルを持っている人は、自分で引退するときを決められるのです。銀行では誰もが人事を人に決めてもらっているなか、自分の人生を自分で決められる、それは人として最も幸せなことであると思います。銀行に残っていれば、もしかしたら出世を続けることになったかもしれませんが(笑)。


ヨットレースでは、60艇ほどが一斉にスタートするわけですが、いかにして隣近所の船よりよいポジションを得るかが大きな勝負どころとなります。金融の世界も同様で、私が銀行のストラクチャードファイナンス部で仕事をしていたとき、金融界のトレンドから将来を予測して他行よりもいい戦略を打ち立て、他行よりもいい条件提示をお客様にすることにより、有利なディール(取引)を行うことができました。こうした局面に、ヨット競技で身につけた戦略立案力、戦術眼が物を言ったと思います。


プロ野球選手でもサッカー選手でも、引退後に監督やコーチになったり、解説者に転身できる人はごく一握りです。このキャリアチェンジに失敗し、不幸な状況に追い込まれたアスリートを何人も見てきました。当時23歳の私は、まだまだヨットの世界で活躍できたと思います。しかし私は、スカラーアスリートとしてヨットで学んだ経験や知識を存分にビジネスに活かせば、ヨット同様ダイナミックで面白い金融の世界で高みを目指すことができると、スイッチを切り替えたのです。


誰一人として、そのままトップアスリートの地位に居続けることはできません。加齢とともに肉体的な限界は訪れ、後から後から若く優秀な選手が登場してくるからです。ですから、その高みにまで上り詰めた経験を、次の人生でどう役立てるのかが非常に重要になる。


堤智章の経歴・略歴

堤智章、つつみ・ともあき。日本の企業再生家、経営者。同志社大学経済学部卒業、一橋大学大学院でMBAを取得。三和銀行勤務、CSKホールディングス執行役員、TTKパートナース社長、キーストーン・パートナース社長、エイボン・プロダクツ社長を務めた。

他の記事も読んでみる

山口瞳

上等な店に行くこと、そこで失敗すること。その失敗から学ぶこと。
【覚え書き|「テーブルマナーを身につけるにはどうしたらいいか」と問われて】


杉本一成(東海電子)

1999年に、東名高速道路で渋滞のため停車中の乗用車に飲酒運転の大型トラックが追突する事故が報じられました。乗用車は炎上。後部座席の幼い子供さん2人が亡くなったのです。あまりの痛ましさに、「なんとかして飲酒運転をなくせないか」「まず運輸・旅客業界向けに、飲酒したドライバーは運転できない仕組みをつくろう」と考えました。今日では、ユーザー企業の事業所に備え付けるタイプだけでなく、車載型のシステムも提供しています。これはアルコールインターロック装置といって、アルコールを検知すると、エンジンを作動させないシステムです。純国産としては、当社が初めて手がけました。


名越康文

体調を整えるには、「毎朝同じ時刻に気持ちよく目覚めること」が何より大切です。


チャールズ・ケタリング

我々の行く手、未来に招く希望をさえぎっているのは、実は我々の想像力なのである。我々が明日花開くのにただひとつ足枷となるのは今日の疑念だろう。


猪瀬直樹

目の前に大量の仕事があると、人のことをかまっている余裕などありません。しかし、ここで発想の転換が必要です。忙しい原因の一つは職場に「共助」がないからであり、お互いに少しずつサポートし合えば、自分の仕事だってラクになるのです。自分の時間や労力のうち、自分に与えられた役割のために使うのは8割にして、あと2割は周りの人のために使うことをお勧めします。最初は自分の能率を2割高めて時間や労力を捻出する必要がありますが、みんながその意識を持てば、最終的に自分の負担も軽くなるはずです。


鈴木修

私には、会社経営について、ひとつの確信があります。企業は一時的に順調でも、いつまでも順風満帆で成長していけるものではないということです。周期的に危機がやってきて、それを克服できれば、よりたくましくなりますが、その波に飲まれると成長が止まってしまう。最悪の場合は倒産してしまうこともあります。その周期の長さは、だいたい25年くらいではないでしょうか。


竹田和平

人生で一番大切なのは「ありがとう!」という感謝の気持ちを忘れないこと。私がここで生きているのは、まず先相、そしてまわりの人たちの存在があるからで、決して自分ひとりの力ではないんですね。


匠英一

接客では、マニュアルを感じさせないことも重要。いくら笑顔で対応してくれても、それがマニュアルだと思ったら、お客は冷めてしまいます。アパレルショップや美容院などでは、最後にお客を出口まで見送ることがありますが、店が混んでいて他のお客が待っているような状況で見送られても、居心地が悪いだけ。むしろ「今日はこちらで失礼します」と、レジの横で挨拶してくれたほうが、お客としては気がラク。つまり、その場に合わせて臨機応変に対応できることが、相手に好感を持たれる条件。店の混雑状況や時間帯、お客のタイプに応じてマニュアル的でない自然な対応をすると、お客は「気をきかせて対応してくれた」と思い、「また買いたい」と思うはずです。


浜口友一

日本の強みとか細かいことを言っているのではなく、グローバルの成功者が身近に存在する場所に自分を置いてみることが、日本人にとって自分をグローバル化する早道かもしれません。


永守重信

会社の経営理念に根ざすものは変わらないが、上に咲かせる花は、会社の規模や入ってくる人材によって変わってくる。


石塚しのぶ

日本でも、今後は各企業が自らのビジョンやミッションに則った企業文化を明確にして、それを形にしていくことが求められてくると思います。それが働く人の満足度向上、ひいては企業力の増強にもつながっていくでしょう。


小島慶子

原因を探ることは、人を理解するうえで大事だと思うんです。たとえば、お気に入りの雑誌があったら、好きな理由は雑誌全体を通したメッセージなのか、記事なのか、デザインなのか、それとも写真なのかを考える。「好き」ということを入り口にして掘り下げれば、自分が見えてきますよ。デザインに興味があるんだ、一人称の文章を信用するタイプなんだ、自分と対極の意見を受け入れられるんだと、自分の思考や性格が見えてきます。「嫌い」なものから自分を探るのも同様で、深く考えないと自分のことすら本当は分からない。