名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堤剛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堤剛のプロフィール

堤剛、つつみ・つよし。日本のチェリスト、音楽指導者。父の手ほどきを受け、8歳でリサイタルを開催。桐朋学園高校音楽科卒業、インディアナ大学へ留学。日本音楽コンクールのチェロ部門で第1位と特賞を、ミュンヘン国際音楽コンクールで第2位、ブダペスト国際音楽コンクールで第1位をそれぞれ獲得。後進の育成にも力を入れ、西オンタリオ大学准教授、イリノイ大学教授、インディアナ大学教授、桐朋学園大学教授などを務めた。そのほか、サントリー音楽財団理事長、サントリーホール館長、サントリー芸術財団代表理事などを務めた。

堤剛の名言 一覧

今までやってこられたのは多くの方々の支えがあったおかげで、中でも、日本の音楽教育の礎を築かれた齋藤秀雄先生、チェリストとしても高名なヤーノシュ・シュタルケル先生に教えを請うたことは大きかった。私自身が人を教える立場になって改めて、お2人がいかに優れた指導者、リーダーであったかを実感しています。


ヤーノシュ・シュタルケル先生と指導者のあるべき姿について話をした時、先生がおっしゃったのが「生徒が何かを望んでいたら、それをすぐに出せるようでないといけない」という言葉です。つまり、指導者は博覧強記の「resource person」になる必要があると。齋藤秀雄先生は「引き出し」という言葉をお使いになりましたが、意図するところは同じです。生徒が最も必要としているものを最も効果的な方法で見つけ出し、一緒になって解決なり結果なりへと導いていく――。と考えると、教えることは、演奏と同じくらい創造的な活動なんですね。


ヤーノシュ・シュタルケル先生は「educate」よりも「help」という単語を好んで使われましたが、優れた指導者とは、生徒の才能や長所をいち早く見いだし、それを伸ばして、彼らが自身最高のパフォーマンスを出せるように導ける人ではないでしょうか。しかし、そのためには教える側にしっかりとした指導プランがなければなりません。


私たちは2つの耳を持つようにも鍛えられています。片方の耳で楽器の音を聞いて音程や音質を確認し、もう一方ではホールの音響やお客さんの反応をうかがうのです。自分の音を聞くだけでも大変かと思いますが、主観と客観両方から判断する耳を持てなければ一人前とは言えない。これは、ビジネスの世界にも通じるところがあるのではないでしょうか。


私自身が先生方から教えていただいたことで今も体に染み付いているのが「先取り」です。演奏する際、譜面上は普通、今自分が弾いているところを追っています。それも大切ですが、演奏家は同時に数小節先も見ていなければなりません。要は、時間軸が2つあるようなものです。特にアンサンブルなどは、その時々で何が起こるか分かりませんから、ハプニングやトラブルに自在に対応するには先取りが不可欠なのです。


国内外で本格的な演奏活動をするようになって半世紀、昨秋には文化功労者にも選んでいただきました。しかし、それはむしろ私の将来への功労であると受け止め、ますます努力、精進せねばと自戒する日々です。


音楽、とりわけ演奏の面では、人を育てる難しさと結果が出てきた時の喜びは表裏一体です。


堤剛の経歴・略歴

堤剛、つつみ・つよし。日本のチェリスト、音楽指導者。父の手ほどきを受け、8歳でリサイタルを開催。桐朋学園高校音楽科卒業、インディアナ大学へ留学。日本音楽コンクールのチェロ部門で第1位と特賞を、ミュンヘン国際音楽コンクールで第2位、ブダペスト国際音楽コンクールで第1位をそれぞれ獲得。後進の育成にも力を入れ、西オンタリオ大学准教授、イリノイ大学教授、インディアナ大学教授、桐朋学園大学教授などを務めた。そのほか、サントリー音楽財団理事長、サントリーホール館長、サントリー芸術財団代表理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

壺阪龍哉

日々やってくる郵便物は、受け取ったその場で処理するようにします。あとでまとめて処理したほうが効率的に思えるかもしれませんが、溜まった郵便物をまとめて処理するためには時間がかかりますし、返事の期限を過ぎてしまうなどのリスクが伴います。仕事の整理も、その場その場で処理していくことが、最も効率的なやり方です。


柳井正

経営者として先頭に立つ。従業員、社会に向けて、第一声を発する。現実を直視して、受け止める。自分たちに過酷な現実であっても、受け止めて、何らかの言葉を出す。従業員を意気消沈させないように「いまは厳しい状況かもしれないが、いずれはこうしていく」と伝える。危機、災害は必ずやってきます。平時のうちに準備をして、パニックを起こさず、淡々とやっていく。危機の時代に必要なのは平時における準備です。


津田純嗣

3K(きつい、汚い、危険)の仕事に人が携わらなくて済むようにしたいですね。人間はアイデアを出すとかエンジニアリングをするとか、そちらに集中する方がいいと思います。製造業に従事する人数は減る方向になります。でも、頭を使って製造業をエンジニアリングしながら楽しむ。「こんなふうにロボットを利用しよう」ということを考えてほしい。人間がどんな仕事をするのが一番人間らしいか、というところまで思いを馳せて「ロボットにやってもらった方がいいな」という仕事は任せた方がいい。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

自分ひとりで何とかしようと思っている人が多い。でも、個人の力なんてたかが知れている。もっと、周りにいる人たちを巻き込んで手伝ってもらえばいいんだ。


菅井敏之

年金と退職金で悠々自適だと思っている人はしくじる。豊かな老後を手にできるのは、定年後、毎月10万円、15万円など、収入を得る方法を具体的にイメージし、準備できる人。そのためにはすでに独立している同期や同級生といった人脈を現役時代に築いておく。勤務先の看板を外したときに稼げるのが豊かな人で、社内政治にうつつを抜かしている人は貧しい老後になる。


近江直樹

国家資格の多くは、一般企業への転職よりも、独立開業に向いています。確かに、履歴書に国家資格が書ければ、求人側の評価は高くなります。ただ、企業が中途採用者に求めるのは、資格よりも、実務経験です。たとえば、これまで労務畑で働いてきた人が社労士の資格も持っていれば、高く評価されます。しかし、社労士の資格は持っていても、労務の仕事をしたことがないという人は、評価されません。ですから、現職についての専門性を深めるためでなければ、法律系の資格でのキャリアアップは「独立開業」ということになります。ただし、唯一といってもいい、転職に役立つ法律系の資格があります。それが、宅建士です。


佐藤優

部下がどれだけ売上げを上げられるかどうかを、上司は見ている。意識するしないにかかわらず、結局お金という物差しで相手を計っているんです。実際、仕事ができる人ほど、上司や部下、取引先など、ビジネス上の関係を、シビアにお金で換算する目を持っています。


舞の海秀平

「絶えず考え抜く姿勢」が大事です。自分だけの考えだと限界があるので、「相撲界以外の人と話す」ことも大事にしていました。相撲界以外の人と話すと、自分はいかに小さな枠の中で物事を考え、「こうでなければいけない」という固定観念で凝り固まっているかが分かりました。


冨田和成

コールセンターの無人化やチャットボットの導入など、営業の自動化が進んでいます。それを受け、「いままでの営業スタイルが通用しなくなるのではないか」と悩みを抱える方も少なくないでしょう。しかし、私はむしろAI時代にこそ、営業の価値が上がるものだと考えています。なぜなら、営業の本質とは、顧客との信頼関係を構築し、課題解決に向けて考え続ける、人対人の仕事だからです。


杉江俊彦

今までずっと長くやっているからなかなか手を着けられなかったことを、社外取締役の強い後押しもあって、もうここで思い切って一気にやろう。社長が代わったタイミングじゃないとできないと思って、かなり踏み込みました。3月に閉店した伊勢丹松戸店は40年間ずっと不採算でした。同時期に株式を売却したスーパーのクイーンズ伊勢丹も、債務超過で3回も増資していました。婦人服専門店のマミーナも同様です。何回も債務超過と増資を繰り返していました。これはもう前体制というより、ずっと前から積み残してしまった課題です。


ヴォルテール

我々が心を動かされるのは、その人にこちらの心を動かそうというつもりが、まったくない時である。


鈴木純(経営者)

リターンが十分返ってくるなら、拡大戦略を取る。リターンに疑問符が付くなら投入する資源を絞って、投資効率を最大化する。利益が出ていても先細りなら、いいタイミングで次の成長の原資に変える。結局、既存事業はこれら3つに分類されます。「君たちのステージはどこなんだ」と各事業部門に問いかけています。