名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堤剛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堤剛のプロフィール

堤剛、つつみ・つよし。日本のチェリスト、音楽指導者。父の手ほどきを受け、8歳でリサイタルを開催。桐朋学園高校音楽科卒業、インディアナ大学へ留学。日本音楽コンクールのチェロ部門で第1位と特賞を、ミュンヘン国際音楽コンクールで第2位、ブダペスト国際音楽コンクールで第1位をそれぞれ獲得。後進の育成にも力を入れ、西オンタリオ大学准教授、イリノイ大学教授、インディアナ大学教授、桐朋学園大学教授などを務めた。そのほか、サントリー音楽財団理事長、サントリーホール館長、サントリー芸術財団代表理事などを務めた。

堤剛の名言 一覧

今までやってこられたのは多くの方々の支えがあったおかげで、中でも、日本の音楽教育の礎を築かれた齋藤秀雄先生、チェリストとしても高名なヤーノシュ・シュタルケル先生に教えを請うたことは大きかった。私自身が人を教える立場になって改めて、お2人がいかに優れた指導者、リーダーであったかを実感しています。


ヤーノシュ・シュタルケル先生と指導者のあるべき姿について話をした時、先生がおっしゃったのが「生徒が何かを望んでいたら、それをすぐに出せるようでないといけない」という言葉です。つまり、指導者は博覧強記の「resource person」になる必要があると。齋藤秀雄先生は「引き出し」という言葉をお使いになりましたが、意図するところは同じです。生徒が最も必要としているものを最も効果的な方法で見つけ出し、一緒になって解決なり結果なりへと導いていく――。と考えると、教えることは、演奏と同じくらい創造的な活動なんですね。


ヤーノシュ・シュタルケル先生は「educate」よりも「help」という単語を好んで使われましたが、優れた指導者とは、生徒の才能や長所をいち早く見いだし、それを伸ばして、彼らが自身最高のパフォーマンスを出せるように導ける人ではないでしょうか。しかし、そのためには教える側にしっかりとした指導プランがなければなりません。


私たちは2つの耳を持つようにも鍛えられています。片方の耳で楽器の音を聞いて音程や音質を確認し、もう一方ではホールの音響やお客さんの反応をうかがうのです。自分の音を聞くだけでも大変かと思いますが、主観と客観両方から判断する耳を持てなければ一人前とは言えない。これは、ビジネスの世界にも通じるところがあるのではないでしょうか。


私自身が先生方から教えていただいたことで今も体に染み付いているのが「先取り」です。演奏する際、譜面上は普通、今自分が弾いているところを追っています。それも大切ですが、演奏家は同時に数小節先も見ていなければなりません。要は、時間軸が2つあるようなものです。特にアンサンブルなどは、その時々で何が起こるか分かりませんから、ハプニングやトラブルに自在に対応するには先取りが不可欠なのです。


国内外で本格的な演奏活動をするようになって半世紀、昨秋には文化功労者にも選んでいただきました。しかし、それはむしろ私の将来への功労であると受け止め、ますます努力、精進せねばと自戒する日々です。


音楽、とりわけ演奏の面では、人を育てる難しさと結果が出てきた時の喜びは表裏一体です。


堤剛の経歴・略歴

堤剛、つつみ・つよし。日本のチェリスト、音楽指導者。父の手ほどきを受け、8歳でリサイタルを開催。桐朋学園高校音楽科卒業、インディアナ大学へ留学。日本音楽コンクールのチェロ部門で第1位と特賞を、ミュンヘン国際音楽コンクールで第2位、ブダペスト国際音楽コンクールで第1位をそれぞれ獲得。後進の育成にも力を入れ、西オンタリオ大学准教授、イリノイ大学教授、インディアナ大学教授、桐朋学園大学教授などを務めた。そのほか、サントリー音楽財団理事長、サントリーホール館長、サントリー芸術財団代表理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

樋口武男

その気になって働けば、おのずと本来備えている能力が発揮される。


大宮久

苦労して7千品目にまで拡大した試薬品を有していることは、逆に他の追随が困難で今では非常な強みになっている。


ひろゆき(西村博之)

世界中には、いまだに飢餓というものがあります。でも、食べ物の全体の生産量というのは、世界中の人が食べようとしている量よりも多いのです。つまり飢餓というものは、単純に分配の構造の問題だったりするわけです。これと同じで、日本がいま不景気なのは、分配の構造のせいにある気がしているのです。いまの日本は、富が一極集中するような分配の仕組みであり、そのぶん生活が苦しい人が現れているだけの気がしているのです。


児玉光雄

目標を設定する最大の意味は、その目標を達成することではありません。むしろ、適正水準の目標設定をすることにより、モチベーションを最大にすることの方が重要なのです。適正水準の目標設定が強固なモチベーションを発生させます。


伊丹敬之

プロ野球でね、ノックアウトされた投手を次の試合でも使うんですよ。「俺はお前を信頼してるぞ」と。打たれたそばから2軍に落としていたら、エースなんか育たない。


西野浩輝

上手くいかないことがあったら紙に書く。自分を客観視できますし、「思ったほどたいしたことないな」と気づける。


定保英弥

1991年、折しもバブルの絶頂期。30歳で米ロサンゼルス営業所に赴任しました。米国からの宿泊客を増やすのが私のミッションだったのですが、「超円高」や「日本バッシング」などの逆風で、営業所の電話がほとんど鳴らない日もよくありました。鞄にパンフレットを詰め込んで、車で現地の旅行代理店をひたすら回りました。1日100km以上逆転することもざらです。遠くの町にも足を延ばし、家族経営の旅行代理店のファミリーと食卓を囲んで仲良くなり「日本のインペリアルホテル」を知ってもらう。そんなふうにがむしゃらに動き回るうちに、顔馴染みが増えていき、少しずつ宿泊の予約が増え始めました。4年間走り回った結果、逆風の中でも、米国からのお客様を2割増やすことができました。


高松雄康

博報堂でテレビCMなどを担当していた当時は、今のようにデジタルで撮ってPCで編集するのではなく、撮った素材を編集スタジオに持ち込んで、映画も作れるような機材でCMを作っていた。すべての作業に立ち会わなければならなかったが、今ではその経験が生きている。


安田隆夫

私がつくったドン・キホーテという店と組織を何が何でも守り、絶対に毀損させないぞという執念が、異常なまでの頑張りと予想もつかない知恵や発想を生んだ。それが新たな「大福」を引き寄せる誘い水になったということだろう。


ホルスト・シュルツ

会社というのは、与えられた仕事をたんにこなす場所ではなく、その人の夢や信念を果たす場所なのです。


清水康一朗(清水康一郎)

セミナーズのビジネスモデルは、セミナーに限らず、いろんなテーマで実践可能です。人がどんな情報や知識を求めているか。お金が回るカラクリを読み解ければ、至るところにヒントは転がっている。ネットはそのお金の流れを加速してくれます。


谷正人

服を買うっていう行為だったらウェブでも実店舗でも可能ですが、服を買うことによって得られる何かの方が重要です。販売スタッフとのコミュニケーションを重ねることで自分に自信をつけたり、少し高額なモノを買い、大切に電車で持ち帰り、すっきりした気持ちになるとか、そういった体験は非効率かもしれないですが、リアルでなければ出来ない。