名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀雅寿の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀雅寿のプロフィール

堀雅寿、ほり・まさとし。日本の経営者。「ポッカコーポレーション」社長。慶應義塾大学経済学部卒業後、富士ゼロックスに入社。慶應ビジネススクールでMBAを取得。その後、日本総合研究所を経てポッカに入社。取締役企画室長、専務取締役などを経て社長に就任。またサッポロ飲料との経営統合を行い、「ポッカサッポロフーズ&ビバレッジ」社長を務めた。

堀雅寿の名言 一覧

日本の本社が現地企業をどう支えていくかという観点では、まず、現地企業が置かれている状況をつぶさに見て、日本からどういう人材を送るのか、または、現地のどんな人材に権限を与えるかを、徹底的に議論します。そして、いったん決めたら現地に任せて、余計な口出しは極力しない。私はそれを基本スタンスにしています。


我々が日本から送り出して現地で活躍している人材は、技術力を持った人が多いですね。海外でのビジネス、特にメーカーでは技術が求心力であり、それがないと組織も維持できません。それから、どこでも生きていけるたくましさも必要だと思います。英語は後から身につければ十分です。


日本の生産も大変な時期だったので、彼を日本に置いておきたかったというのが本音です。しかし、マレーシアに新しい工場を立ち上げるという重要な局面では、彼しか考えられませんでした。必要とされているステージにふさわしい、最も優秀な人間を送り出す。それは難しい意思決定でもありましたが、結果として非常にうまくいっていると思います。
【覚え書き|森川慎司氏をシンガポール法人CEOに送り出したときを振り返っての発言】


シンガポール進出時、現地の嗜好に合わせたグリーンティ開発において、日本人の社員だけでなく、名門のシンガポール国立大学の学生と共同で行いました。そうして売り出された甘いお茶は、我々には飲みづらいものでしたが、現地では順調にシェアを拡大。そして、ポッカはシンガポール市場に日本企業として初の上場を果たしました。


シンガポール進出は、日本でヒットした缶コーヒーを世界で売るためのきっかけでした。ところが、シンガポールでは缶コーヒーを飲む習慣がなく、いくらマーケティングをしても全く売れない。そこでいち早く、現地の嗜好に合わせて、グリーンティーを中心としたお茶の開発に切り替えました。


堀雅寿の経歴・略歴

堀雅寿、ほり・まさとし。日本の経営者。「ポッカコーポレーション」社長。慶應義塾大学経済学部卒業後、富士ゼロックスに入社。慶應ビジネススクールでMBAを取得。その後、日本総合研究所を経てポッカに入社。取締役企画室長、専務取締役などを経て社長に就任。またサッポロ飲料との経営統合を行い、「ポッカサッポロフーズ&ビバレッジ」社長を務めた。

他の記事も読んでみる

森岡毅

テーマパークに現状維持はない。常にバーは上がっていく。


森澤篤

失敗したときはむしろ「なぜ失敗したのか」を反省し、そこから学ぶべきだ。ある大型商談が失敗に終わったとしよう。金額が大きいほど心理的ショックも大きいから、放っておけば担当者も周囲もそれを封印しようとする。しかし、封印・忘却から生まれるのは何もない。そうではなく、「購買の意思決定ができる人に本当に食い込んでいたのか」「相手のニーズを理解して提案したのか」「競合製品の方が魅力的だったのではないか」「リピーターになるようなフォローアップをしていたのか」と失敗の理由を探し、そこからさらに、「なぜそこができなかったのか」「どうすれば次にもっとうまくできるのか」と考えていけば、次のプランを修正することができる。


出口治明

方向性がバラバラというのは、多くの会社で起こりうること。ただ、マネジメントの基本は「ワンボイス」。経営陣はワンボイス(同じ言葉)で方向を示すのが当たり前。


加藤健太(経営者)

会社設立以来、「専業禁止」を掲げています。今の時代、会社の仕事だけしているのではなく、社員には(副業などで)どんどん外に出て経験を積んでほしいと思っています。大企業も潰れる世の中ですから、会社に寄りかかるのでなく、力をつけてどこにいってもやっていける人材に育ってほしいと思い、始めました。


宗次徳二

私もたくさん見誤りました。人は基本的には分からないものと実感しています。


鹿田尚樹

読書は非常に古くからある人間の営みですが、急激な時代の変化にともない、読書の意味も変化してきたと感じます。いまの時代は、ただひとりで情報を得るだけではなく、それを発信し共有して、より大きな効果を得ることができるのです。


星野佳路

基本的には自信がないです(笑)。自信がないので、確信が欲しくて本を読む。うまく成果が出なくても、「間違っていないはずだ」という確信があれば、やり続けることができますから。


福嶋康博

多くの場合、同じような価値を提供する商品であれば、価格は安いに越したことはありません。しかし、エンターテイメントの商品は全く違うのです。いくら安くても売れないものは売れません。エンターテイメント商品の決め手は価格ではなく、コンテンツの魅力そのものなのです。


宇佐美進典

達成可能な目標だと小さな挑戦になってしまう。意思と算盤を持って、大きな挑戦をするのが望まれるリーダー像。


榊原健太郎

大企業病の発症ポイントは、新卒の方が提案した事案を上司がリスクを恐れて批判、反対することによって起こります。せっかくの新しい考えが潰されてしまうのです。このようなことは、絶対に行ってはいけません。否定せず「その考えいいね! 俺が責任を持つから一緒に考えよう!」、部下にそう言ってくれる上司がいれば大企業病は治るのです。


赤羽雄二

過去に失敗したときのトラウマ、バカにされたくないというプライド、不幸感……。その背景はさまざまですが、いずれにしても、負の感情が生まれると思考に狂いが生じます。これが、せっかく良い手順で進めているのにやり直したり、堂々巡りをして手が動かなくなったり、といったことを引き起こすのです。


中内功

大衆は常に正しい。日本で大衆というと安物と取られがちですが、ベストセラーであり、一番いいということです。