名言DB

9425 人 / 110833 名言

堀雅寿の名言

twitter Facebook はてブ

堀雅寿のプロフィール

堀雅寿、ほり・まさとし。日本の経営者。「ポッカコーポレーション」社長。慶應義塾大学経済学部卒業後、富士ゼロックスに入社。慶應ビジネススクールでMBAを取得。その後、日本総合研究所を経てポッカに入社。取締役企画室長、専務取締役などを経て社長に就任。またサッポロ飲料との経営統合を行い、「ポッカサッポロフーズ&ビバレッジ」社長を務めた。

堀雅寿の名言 一覧

日本の本社が現地企業をどう支えていくかという観点では、まず、現地企業が置かれている状況をつぶさに見て、日本からどういう人材を送るのか、または、現地のどんな人材に権限を与えるかを、徹底的に議論します。そして、いったん決めたら現地に任せて、余計な口出しは極力しない。私はそれを基本スタンスにしています。


我々が日本から送り出して現地で活躍している人材は、技術力を持った人が多いですね。海外でのビジネス、特にメーカーでは技術が求心力であり、それがないと組織も維持できません。それから、どこでも生きていけるたくましさも必要だと思います。英語は後から身につければ十分です。


日本の生産も大変な時期だったので、彼を日本に置いておきたかったというのが本音です。しかし、マレーシアに新しい工場を立ち上げるという重要な局面では、彼しか考えられませんでした。必要とされているステージにふさわしい、最も優秀な人間を送り出す。それは難しい意思決定でもありましたが、結果として非常にうまくいっていると思います。
【覚え書き|森川慎司氏をシンガポール法人CEOに送り出したときを振り返っての発言】


シンガポール進出時、現地の嗜好に合わせたグリーンティ開発において、日本人の社員だけでなく、名門のシンガポール国立大学の学生と共同で行いました。そうして売り出された甘いお茶は、我々には飲みづらいものでしたが、現地では順調にシェアを拡大。そして、ポッカはシンガポール市場に日本企業として初の上場を果たしました。


シンガポール進出は、日本でヒットした缶コーヒーを世界で売るためのきっかけでした。ところが、シンガポールでは缶コーヒーを飲む習慣がなく、いくらマーケティングをしても全く売れない。そこでいち早く、現地の嗜好に合わせて、グリーンティーを中心としたお茶の開発に切り替えました。


堀雅寿の経歴・略歴

堀雅寿、ほり・まさとし。日本の経営者。「ポッカコーポレーション」社長。慶應義塾大学経済学部卒業後、富士ゼロックスに入社。慶應ビジネススクールでMBAを取得。その後、日本総合研究所を経てポッカに入社。取締役企画室長、専務取締役などを経て社長に就任。またサッポロ飲料との経営統合を行い、「ポッカサッポロフーズ&ビバレッジ」社長を務めた。

他の記事も読んでみる

オグ・マンディーノ

行動なき計画は消え去る夢にすぎないことを悟りなさい。心に抱く大望を天高く描くことをせず、何事も確信せず、失敗を恐れて行動に移すことがなければ、その望みが叶うことはない。潮が自分に向かって満ちてきているのを見ていながら、海に飲み込まれるまで眠りこける人を、浅はかでないと言えるだろうか。運命をより良い方向へと変えるチャンスが自分のところに来ているというのに、そのチャンスが隣の人に行ってしまうまで考え込む人を、愚かでないと言えるだろうか。行動のみが人生に力と喜びと目的をもたらす。


恩田陸

毎回、真っ白です(笑)。締め切りに追われてもう書かなきゃってところから、絞り出して絞り出して。計画的にプロットを立ててきちっと書いていくのが理想かもしれないんですが、そういうものでもないんだろうなあってどこかで思っているんです。なんと言うか……そのやり方だと、ベストが出ない。


五島慶太

若いころから自分の心にかなった事業を興してこれを育て上げ、年老いてその成果を楽しむことのできる実業界に比較すれば、いかにもつまらないものだ。これが十年近い官吏生活を経験した私の結論であった。


橋谷能理子

私の場合、実況中継で臨場感を伝え、場面に即した言い回しをするのにボキャブラリーを増やすことは必須でした。若い頃は先輩キャスターの番組を見て、「この言い回しもらった!」と、言葉を見つけ出しては真似て自分のものにしていました。


中山哲也

在庫は成長のエネルギー。当社は売れているから在庫を置くのではなく、在庫が無いから売れないと考え、在庫アイテムを拡充している。


弘兼憲史

まとまった量の仕事を引き受けた時、すべてのページの構成が練りきれていない段階でも、僕はまず「手を着ける」ことが大切だと思っています。最初の4ページの構成しか固まっていなくても、とにかく始める。手を動かしていくうちに「残りのページはこうしよう」とアイデアが湧いてくることが、往々にしてあるんです。


吉田尚記

僕自身、結婚して子供もそれなりに成長したときに「あ、ここからは自分にとっての幸せが何か、もう一回ちゃんと考えなきゃいけない」って自覚した瞬間があって。自分がどう生きたいのか、何をしたいのかってことと向き合わないと、この先しんどいな、って思ったんです。


南伸坊

お金は必要な分だけあればいいんです。いくらあったって死ぬ時は一銭も持っていけないですから。


上田準二

何も言ってこない上司の場合は、当人の机の上に週報を置くようにしました。私がいま何をやっていて、それがどう進展しているかを伝え、上司に頼みたい事項をそこに添えておくのです。上司が指示を出してこないのであれば、こちらがイニシアチブをとって上司を誘導してしまえばいいのです。


中山秀征

オーディションを受けても落ち続け、「ダメなのかな……」という弱気も顔を出し始めた頃、事務所にお笑いセクションが作られることになったんです。「これからのテレビはバラエティの時代になるんだぞ」「そこで売れれば、おまえがやりたい歌も、芝居もできるから」と言われて。こちらも若いですから、希望を持ちますよね。でも、自分でネタを作ったこともなければ、コンビでトークをしたこともない。それでも藁にもすがる思いでしたね。やらなければ、群馬の実家に帰るだけですから。事務所の提案でABブラザーズというコンビを組んだのは、生き残りのための苦肉の策。誰かに求められてのスタートではありませんでした。それでも翌年、小堺一機さんの「いただきます!」という番組のレギュラーが決まり、そこから1年で一気に人気者に。オーディションに落ち続けていたのが、嘘のような展開でした。