名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀部篤史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀部篤史のプロフィール

堀部篤史、ほりべ・あつし。日本の書店経営者。京都の書店「誠光社」店主。京都府出身。立命館大学文学部卒業。恵文社一乗寺店店長を経て誠光社を開店。

堀部篤史の名言 一覧

今って、本が実用品でも娯楽品でもなくなってきて、かなり嗜好性の高いものになってきてるのは確かで、煙草や酒、コーヒーに近いのかもしれない。


小さくても自分のやりたいことをやる、情緒に近いところで仕事をする、気持ちがいい状態で長く続けていくことが一番かっこいいんだって、僕はずっと思っていて、でもそれは自分の中から出てきたものじゃなくて周りの先輩たちや尊敬しているものが、そういうものなんですね。


自分が京都人なので、相手のルールとかヒエラルキーに乗りたくないんです。なんていうか、(京都人は)基本的に中央の価値観に乗りたくないっていうのがある。


実学志向で本屋に行くと、探していたものしか買わないから。それなら今はネットを検索すれば事足りてしまうわけで。知らないものを買ってみようと思うのは、今の自分以上のものになりたいということ。


近所に出町ふたばという豆餅が名物の和菓子店があって、あれだけ毎日行列ができるんだから、もっと手を広げて、たくさんつくったら、もっと儲かるけれども、売り切れたら店じまいなんです。たぶんそうじゃないとあの美味しい状態を保てないというのがあるんでしょうね。目新しいことをせずに同じことをいい状態でずっとやり続けている、京都ではそれが一番尊敬される在り方で、そういう店が多いんです。


リサーチって情報をたくさん持っていればできることだからその競争になると、ものすごく大きな企業には絶対勝てない。でも自分の偏りとか情緒から出てきたもので商売をしたら、パイは小さいけど強く共感してくれる人がいるかもしれない。それで成り立つような規模であれば成り立つし、そういうお店のほうが面白いと思うのが、京都人なのかもしれないですね。だから小規模で、やっている人の顔が見える店が好まれる。


堀部篤史の経歴・略歴

堀部篤史、ほりべ・あつし。日本の書店経営者。京都の書店「誠光社」店主。京都府出身。立命館大学文学部卒業。恵文社一乗寺店店長を経て誠光社を開店。

他の記事も読んでみる

間塚道義

変革なくして、進化はありません。お客様の不満解消も、ニーズへの対応も当たり前です。さらなる付加価値をお客様に提案していく姿勢が必要です。


都築幹彦

人手不足が経営を揺るがしていた。当時、取扱個数は宅急便が4億個だったが、日本通運のペリカン便が追い上げていた。小倉さんはペリカン便にシェアを奪われることを案じていたが、私は辞表を懐に値上げを貫いた。値上げで荷物が減っても構わない。むしろ荷物の総量を減らしてでも、よいドライバーを確保し、サービス品質を保つことが大事だ、と。

【覚え書き|1990年の送料値上げについて】


佐藤一郎(コンサルタント)

価格交渉は、最も避けなければならない泥沼の局地戦です。そこから離れて交渉を進めるのが理想です。


木村多江

10代、20代は必死に自分のために、どうしたらお芝居が上手になるか? って脇目も振らず進んでいた。でも、考えてみると、私はいままで周りの人に励まされ、生かされてきたんだなぁと。今度はお返しをしていきたい。それが使命かなって。最近、そんなふうに考えるようになってきました。


村田昭治

運は待っているのではなく、経営者が積極的に事業にぶつかっていくときに、生まれていくもの。


猪瀬直樹

よく、「準備が足りません」と言い訳する人がいますが、準備が足りないのは当たり前。準備があり余っている人などいません。準備不足のギリギリの状態のなかで、どうやって事態を切り抜けるかを考えることが大事だと思います。


樺島弘明

まだ2合目くらいですね。2030年にアジアで5本の指に入るプロフェッショナルサービス会社になるという目標を掲げています。さらに次の10年ではグローバルでブランド力のある企業に持っていこうと。


瀬戸薫

トップが現場に行くことは、「社訓」や「経営理念」が最もよく伝わるやり方だと思う。特にセールスドライバーのあいだでは、通達一本で「こうしなさい」というのではなく、「会長や社長が直接ここに来て、こんなことを話していった」というように、我々が現場に出向いてじかに教えたことが、もの凄い勢いで横に伝播する。その意味で当グループでは、現場でのOJTを通じて理念が浸透していくという流れができていると思う。


杉本隆一郎

現在はエンタテインメント系やビジネス系など様々なオンラインサービスが出て来ているので、欲を言えば、そうした新しいものを一通り触っておきたいです。ユーザーにとって何がどれだけ面白く、それを手がける会社はどうやってマネタイズしているのかが、気になりますね。


江崎利一

本当の商売のあり方、すなわち真の商道精神というものについて、私に初めて教えてくれたのは、寺子屋の師匠で、楢村佐代吉先生である。「商売というものは、自分のためにあるとともに、世の中のためにあるものだ。商品を売る人はモノを売って利益を得るが、買う人もまたそれだけの値打ちのものを買って得をする。この均霑性(きんてんせい、平等に利益を受ける性質)すなわち共存共栄がなかったら、本当の意味の商売は成り立たないし発展もしない。商売で大成しようとする者は決してこのことを忘れてはならない」


星野佳路

「やらないことを決めること」。これは事業を展開するうえでも、大切な考え方。「やらないこと」を決めるのは、「強みを大切にする」ことにつながる。


出口治明

ロンドン時代、現地の投資銀行のマネ-ジャーに「英国のことを何か知っているか」と尋ねられ、「歴代の英国王の名前なら覚えています」と空で読み上げたことがあります。そしたら相手は「よく知っているな」と。さらに「シェークスピアなら全部読んでいる」と言ったら、すごく喜んでくれました。国境を越えても相手との共通の話題からコミュニケーションは深まっていきます。