名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

堀部篤史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀部篤史のプロフィール

堀部篤史、ほりべ・あつし。日本の書店経営者。京都の書店「誠光社」店主。京都府出身。立命館大学文学部卒業。恵文社一乗寺店店長を経て誠光社を開店。

堀部篤史の名言 一覧

今って、本が実用品でも娯楽品でもなくなってきて、かなり嗜好性の高いものになってきてるのは確かで、煙草や酒、コーヒーに近いのかもしれない。


小さくても自分のやりたいことをやる、情緒に近いところで仕事をする、気持ちがいい状態で長く続けていくことが一番かっこいいんだって、僕はずっと思っていて、でもそれは自分の中から出てきたものじゃなくて周りの先輩たちや尊敬しているものが、そういうものなんですね。


自分が京都人なので、相手のルールとかヒエラルキーに乗りたくないんです。なんていうか、(京都人は)基本的に中央の価値観に乗りたくないっていうのがある。


実学志向で本屋に行くと、探していたものしか買わないから。それなら今はネットを検索すれば事足りてしまうわけで。知らないものを買ってみようと思うのは、今の自分以上のものになりたいということ。


近所に出町ふたばという豆餅が名物の和菓子店があって、あれだけ毎日行列ができるんだから、もっと手を広げて、たくさんつくったら、もっと儲かるけれども、売り切れたら店じまいなんです。たぶんそうじゃないとあの美味しい状態を保てないというのがあるんでしょうね。目新しいことをせずに同じことをいい状態でずっとやり続けている、京都ではそれが一番尊敬される在り方で、そういう店が多いんです。


リサーチって情報をたくさん持っていればできることだからその競争になると、ものすごく大きな企業には絶対勝てない。でも自分の偏りとか情緒から出てきたもので商売をしたら、パイは小さいけど強く共感してくれる人がいるかもしれない。それで成り立つような規模であれば成り立つし、そういうお店のほうが面白いと思うのが、京都人なのかもしれないですね。だから小規模で、やっている人の顔が見える店が好まれる。


堀部篤史の経歴・略歴

堀部篤史、ほりべ・あつし。日本の書店経営者。京都の書店「誠光社」店主。京都府出身。立命館大学文学部卒業。恵文社一乗寺店店長を経て誠光社を開店。

他の記事も読んでみる

西村京太郎

小説を書き始めた頃、小さな鈍行に乗って山陰に向かったんだ。松本清張さんの『点と線』が売れていて、「これなら簡単だ。自分でも書ける」と思ったけど、考えが甘かった。原稿が上手く書けなくて落ち込んでいたとき、ボックスシートで地元のおばちゃんがミカンをくれた。それで不思議と気が晴れた。


渡辺淳一

一般に鈍いというと、マイナスのイメージが強いが、鈍さを馬鹿にすべきではない。鈍さも見方を変えれば才能で、それこそが誠実さや、一途さ、信念といったものを生み出す原動力となるはずである。


池谷裕二

ストレス対処を担当するのは「海馬」という脳の役割です。海馬は恐怖を記憶しますが、慣れることでその恐怖体験の上に「怖くない」という別の記憶を上書きし、そのストレッサ(ストレスをもたらす外的要因)に対する耐性をつくります。その結果、ストレスに打ち勝つことができるようになります。


宮坂学

登る山を決めないことには登りようがない。どう登るのかというのは、やりながら一生懸命考えていく。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

皇居前にパレスホテルがあるよね。リニューアル・オープンして、大評判になった。個人消費の低迷で宿泊客が減り、一時はいろいろなことに手を出していたけれど、その時期は自分ブランドが揺らいでいたんだよ。でも、原点に戻り、開業時のレストランメニューやバーを復活させて、見事にブランド力を取り戻した。信用というのは、ブームに左右されたり、目先のことを追いかけてばかりいたら、絶対に築けないものなんだ。


蛭子能収

(賭け)麻雀で捕まり、テレビのほうは3か月の謹慎になりました。謹慎が解けたら、レギュラーが3本か4本あったんだけど、すべてすぐに迎え入れてくれましたけどね。ありがたかったです。自分なりに、できることを手を抜かず、ちゃんとやってきたことを見ていてくれたのかなって。


菊原智明

生活リズムや環境によって集中できる時間帯は人それぞれなので、「昼食後の1時間」などでもいい。自分にとってのプラチナタイムを決めて、その時間帯に重要な仕事をすることが大切。


浦沢直樹

できあがった作品がどういうムードで、どう思われるかということが重要であって、そこにおける手法はなんでもいい。


喜多あおい

情報収集は、「書籍」「新聞」「雑誌」「サイト」「人物」の5つの基本ソースを順に当たっていくと効率がいい。


大東隆行

上司は「この人の言うことは信用できる。この人についていったら何かいいことがある」と部下に思わせ、部下の中にファンをつくらなくてはいけません。そういうときに大事なのが愛嬌です。愛嬌のある人は絶対得をします。人間の値打ちは優しさと愛嬌だと思います。


いっこく堂

挑戦心やモチベーションが高まるのは、バイオリズムが底辺まで落ち込んだ時ですね。あー、また最高の気分を味わいたいと、過去の自分を懐かしんじゃったりすることもある(笑)。もちろん、新しいことを始めるのは怖いけど、やらないと再びバイオリズムの頂点には行けません。進化しないと生き残っていけない。


長谷川博己

演じる役について見た目などよりも話している言葉や、話の主題を注意して読み解くようにしました。具体的にどのように表われているかはわかりませんが、演じる役については常に考えています。