名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

堀部篤史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀部篤史のプロフィール

堀部篤史、ほりべ・あつし。日本の書店経営者。京都の書店「誠光社」店主。京都府出身。立命館大学文学部卒業。恵文社一乗寺店店長を経て誠光社を開店。

堀部篤史の名言 一覧

今って、本が実用品でも娯楽品でもなくなってきて、かなり嗜好性の高いものになってきてるのは確かで、煙草や酒、コーヒーに近いのかもしれない。


小さくても自分のやりたいことをやる、情緒に近いところで仕事をする、気持ちがいい状態で長く続けていくことが一番かっこいいんだって、僕はずっと思っていて、でもそれは自分の中から出てきたものじゃなくて周りの先輩たちや尊敬しているものが、そういうものなんですね。


自分が京都人なので、相手のルールとかヒエラルキーに乗りたくないんです。なんていうか、(京都人は)基本的に中央の価値観に乗りたくないっていうのがある。


実学志向で本屋に行くと、探していたものしか買わないから。それなら今はネットを検索すれば事足りてしまうわけで。知らないものを買ってみようと思うのは、今の自分以上のものになりたいということ。


近所に出町ふたばという豆餅が名物の和菓子店があって、あれだけ毎日行列ができるんだから、もっと手を広げて、たくさんつくったら、もっと儲かるけれども、売り切れたら店じまいなんです。たぶんそうじゃないとあの美味しい状態を保てないというのがあるんでしょうね。目新しいことをせずに同じことをいい状態でずっとやり続けている、京都ではそれが一番尊敬される在り方で、そういう店が多いんです。


リサーチって情報をたくさん持っていればできることだからその競争になると、ものすごく大きな企業には絶対勝てない。でも自分の偏りとか情緒から出てきたもので商売をしたら、パイは小さいけど強く共感してくれる人がいるかもしれない。それで成り立つような規模であれば成り立つし、そういうお店のほうが面白いと思うのが、京都人なのかもしれないですね。だから小規模で、やっている人の顔が見える店が好まれる。


堀部篤史の経歴・略歴

堀部篤史、ほりべ・あつし。日本の書店経営者。京都の書店「誠光社」店主。京都府出身。立命館大学文学部卒業。恵文社一乗寺店店長を経て誠光社を開店。

他の記事も読んでみる

村上龍

マイナス思考は、悪いことばかりではありません。私たち人間が完全にプラス思考になってしまえば、自身の病気に気づくこともなく、家族や友人などの不幸に心が痛むこともなく、仕事で危機感も持てず、不幸を察知して回避する努力をすることもなくなり、下手をすると人類は滅んでしまうかも知れません。マイナス思考に陥りがちな人は、危機感が強いという見方もできるわけです。


ハッソ・プラットナー

問題の本質は、事業の軸足をいつ既存製品から新製品に移行するかにある。躊躇していれば、会社の命取りになる。


ショーペンハウエル

孤独は優れた精神の持ち主の運命である。


田中栄

今後は従来のビジネスモデルが成り立たなくなり、変化に対応できない人はピンチに陥るでしょう。


カルロス・ゴーン

家族のいるところ、それが「ホーム」、つまり故郷です。波乱に満ちた道をたどった末に、私の家族はブラジルに落ち着いていました。そして、いまも。ですから、私にとってリオは世界で一番くつろげる街です。ブラジルは美しく魅力的な国です。広く豊かな自然、そして、あらゆる人種が共存しています。自分が自分でいることができるという感じがします。


永井淳(経営者)

大切なのは、自社の持つ要素技術を示し理解してもらうことです。うちにはこんな鋳造技術がある、こんな表面処理技術を持っているという具合に、新東工業の特徴をしっかりと伝える。すると、顧客がその技術を使ってこんな課題を解決できないかと相談してくれるようになります。そこから新たなビジネスが生まれるんです。発電機、航空機、医療など、自動車以外に誕生した新たな分野の事業も、こうしたところから広がったのです。


前田利家

合戦するとき、(兵力が)一万と三千は、その大将の考えで三千の方がたびたび勝つものである。そのわけは、小勢の方は(勝って生きるか、負けて死ぬか)二つに一つと兵士たちは覚悟しているからである。だから、大軍の大将は油断してはならない。


孫正義

挑戦することで、初めて見えてくる景色がある。


鈴木喬(経営者)

失敗の数が運を呼ぶ。


柳井正

我々は零細企業から出発した会社です。私を含めて経営陣の中には、まだ現場の感覚が残っている。現場の感覚を持ちながら高い意識で経営にあたってきたから、うまくやってこられたんじゃないでしょうか。


鷲田小彌太

人間はもともと一人でいようとする存在なんですよ。でも人間は、一人じゃ食べていけないから共同体をつくる。それでも本質は一人になりたいから、やっぱり一人になろうとする。僕も、若い頃は故郷を離れたくてたまらなかった。娘とは10年に1度ぐらい顔を合わせるけど、毎日だったら気持ち悪いと思う。人間にはそういう厄介なところがある。


中村獅童(二代目)

最終的に評価していただくのはお客様。これは何も役者に限らず、どんなビジネスでも同じだと思う。