名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀義貴の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀義貴のプロフィール

堀義貴、ほり・よしたか。日本の経営者。「ホリプロ」社長・会長。成蹊大学法学部政治学科卒業後、ニッポン放送を経てホリプロに入社。取締役制作・宣伝事業担当などを経て社長に就任。そのほか、日本音楽事業者協会会長を務めた。

堀義貴の名言 一覧

私はベテランが好きなんです。長く続けられる人は、基礎的な部分がしっかりしているから、新しいことにチャレンジしても、新鮮味を失いません。違う面を見たお客さまはさらに愛す。


当社には、和田アキ子という46年目の大ベテランがいます。その後に続く30年選手、20年選手もたくさんいます。確かに新人も大事なんですが、ベテランが絶え間なく仕事をしていてくれて、初めて新人を売り込む余裕ができるのです。


長い年月をかけ良い物を作れば売れるだろうという仮説はあっても、実際、最後はお客さまが決めるものです。お客さまのニーズを抽出するのは非常に難しい。


「さまぁ~ず」はコンビ名こそ変えましたが、コンセプトは変えなかった。ブレることなく基を変えずに続けていった結果、今や売れっ子になることができました。


私が新卒で入社したラジオ局では、毎日のようにビアホールに行ってしまった。そこでワイワイやっている中で、仕事に対するヒントが、ふっと思い浮かぶことも少なくありません。饒舌になったり感情が高ぶると、面白い発想が出てくる。


堀義貴の経歴・略歴

堀義貴、ほり・よしたか。日本の経営者。「ホリプロ」社長・会長。成蹊大学法学部政治学科卒業後、ニッポン放送を経てホリプロに入社。取締役制作・宣伝事業担当などを経て社長に就任。そのほか、日本音楽事業者協会会長を務めた。

他の記事も読んでみる

月岡隆

思い出に残っている仕事は40代初め、出光がプエルトリコで買収したガソリン販売会社の経営者として一人で赴任した3年間だ。中間管理職になり、上と下に挟まれて悩み、ぐらついていた時期で、「行ってからでも辞められる」と赴任したら、一人で何でもやらないといけない。完全に吹っ切れた。


逢坂ユリ

私の場合は、人が少ない早朝のオフィスで情報収集したり、お昼休みは会議室にこもって勉強していました。同僚の中には朝三時に起きて本を一冊読んでから出社する人もいました。


伊藤隆行

新人時代、最初の1年はボツの連続でした。当時の僕が書いていたのは「既存の企画に張りぼてしたもの」で、新しい着眼点が皆無でした。そこに気づき、僕にしか書けない企画とは何か考え抜いたんです。その結論が「自らの経験に立ち戻る」ということでした。


鑄方貞了(鋳方貞了)

会社経営では景気のいい時も悪い時もあり、社内外にいろいろな問題や課題が生じます。それらをその時々の状況に応じて、適切に解決していかなければなりません。それにはまず、心身ともに健康であること。そして、叩かれても立ち上がれるタフさが必要。


大八木成男

新規事業部は、ここに骨を埋めるんだと決意した瞬間、チャレンジ集団に変わるんです。ちょっとちょうぢがよくなってくると、もうチャレンジ、チャレンジ、チャレンジですよ。
【覚書き|医薬医療事業部の立ち上げにゼロから参加したときを振り返っての発言。】


水木しげる

他人の思惑などに振り回されず、自分のやりたいように生きる。外の世界にいちいち対応せず、自分の世界の流儀でやればいい。


神野直彦

宗教的な原理主義、ファンダメンタリズムと大衆の不安を煽るような国家的な原理主義が台頭してきて、それがお互いに増幅し合って対立や憎しみが煽られる時代になってきました。性(さが)なのか何なのか分かりませんが、その背景にあるのはやはり、人間と人間の結びつきが弱くなってしまったことの不安感です。


橋本俊治(経営者)

目を付けたのが茶葉を生産する工場でした。茶葉の生産する期間は年間を通じて4月から6月の3か月。この3か月間だけ稼働して残りの9か月間は動いていない。それでも業界として成り立っていることに驚きを覚えると同時に、その未稼働期間を稼働期間に変えることができれば更に収益を上げられると考えました。稼働時間を延ばすためには品種の中でも収穫時期を3段階に分けられるようなものを選定していけばいいわけです。今では伊藤園の野菜飲料に使う野菜の乾燥を行ったり、お茶の一次加工品である荒茶の生産や、それを仕上げる二次加工などを行うことで、徐々に工場の稼働期間を延ばしています。


山田基三

技術革新が急テンポで進み、めまぐるしく市場環境が変わる時代のリーダーはまず優柔不断では駄目。早く的確に判断し、その結果に責任を持つという姿勢が要求される。加えて、国際的な感覚も磨いておかないと変化に取り残されてしまう。


国枝慎吾

僕はプロなので、結果がすべてという気持ちは常にある。


デビッド・テイラー(経営者)

日本で成功すれば、世界で通用します。逆に、日本でイノベーションを起こせないと、中国やシンガポールの市場に良い効果を与えられない。これまでの経験から、日本でうまくいったことは世界でも必ず成功するということを我々は知っています。


新田信行

当組合に来てから、金融業界をメガバンクの立場だけでなく、信組の立場と両方から見ているわけです。金融業界としてできていない部分、もっと頑張らなければならない部分が非常によく見えてきました。