名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀田純司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀田純司のプロフィール

堀田純司、ほった・じゅんじ。日本の作家、編集者。大阪出身。上智大学文学部ドイツ文学科卒業。大学在学中から編集者として働く。その後、エッセイストやノンフィクション作家として活躍。主な著書に『スゴい雑誌 「業界誌」の底知れない魅力』『僕とツンデレとハイデガー』『オッサンフォー』『萌え萌えジャパン 二兆円市場の萌える構造』『自分でやってみた男』ほか。共著に『自殺するなら、引きこもれ 問題だらけの学校から身を守る法』『ガイナックス・インタビューズ』『肉食と草食の日本史』ほか。

堀田純司の名言 一覧

グローバリゼーションが進展し、物や人、さらに情報の流動性が高まれば、ローカルな慣習や伝統は希薄になっていくだろうと、かつては考えられていたものでした。しかし現実には流動性とともに異文化接触の軋轢も高まり、グローバリゼーションが進むとともに、どこの国でもむしろナショナリズムの高揚が見られるようになった。おそらくこれは、多くの人にとって予想していなかった出来事ではないでしょうか。まったく人の世は思ったとおりにはなりません。


20世紀にミルトン・フリードマンが「選択の自由」を訴えて以来、数十年が経ち、世の中には確かに自由があふれるようになりました。あまりにも選択肢があると、人はむしろ無力感を感じてしまうそうで、これはフリードマンも予想していなかったことではないでしょうか。いや「そんな主体性のないことではいかん」と怒られるのかもしれませんが、実際のところ実績ある企業経営者でもコンサルタントに頼ったり、それどころか占い師に助言を求めていたりするわけで、それもまた人間の真実だと思います。


かつてに比べるといまの世の中は選択の幅が広がって、私などはこれはいいことだと思います。しかし問題は、そんな織田信長みたいに、あるいは元中日監督の落合博満氏のように「オレ流」で迷いなく生きられる人なんて、そうはいないところ。ましてや史上最大の情報量に囲まれている私たちにしてみれば、むしろ選択肢がありすぎで、これはこれで結構大変なことなのかもしれません。


堀田純司の経歴・略歴

堀田純司、ほった・じゅんじ。日本の作家、編集者。大阪出身。上智大学文学部ドイツ文学科卒業。大学在学中から編集者として働く。その後、エッセイストやノンフィクション作家として活躍。主な著書に『スゴい雑誌 「業界誌」の底知れない魅力』『僕とツンデレとハイデガー』『オッサンフォー』『萌え萌えジャパン 二兆円市場の萌える構造』『自分でやってみた男』ほか。共著に『自殺するなら、引きこもれ 問題だらけの学校から身を守る法』『ガイナックス・インタビューズ』『肉食と草食の日本史』ほか。

他の記事も読んでみる

野村克也

オレの好きな言葉に「人間の最大の悪は鈍感だ」っていうのがある。結局、能力や才能じゃなくて、多くの凡人が結果が出せるかどうかは、感じるか感じないかの違い。


井村雅代

今の選手たちは、練習を積み重ねることがメダルにつながるということが理解できていません。十年前までの選手なら、練習を積み重ねることでしかメダルを取ることはできず、メダルを取るためには日々の苦しい練習が絶対不可欠なものだということは、最初から理解していました。ところが、今の選手は、日々の積み重ねがなくてもメダルが取れると思っています。何という平和ボケ! そんな都合のいい話、あるわけがありません。


清宮克幸

経験の浅いコーチは選手の悪いところをすべて直そうとしますが、これでは効率も悪く、なかなか結果も出ません。それよりも、フォーカスを絞ってそこだけをチェックしていった方が、上達は早いのです。


井阪隆一

市場をきちんと理解していないと、仮説は立てられない。


高橋がなり

いま思うのは、僕にとって、AV業界というフィールドは狭すぎたということ。農業というフィールドは広いから思い切り走れる。おまけに、AV業界と比べても、僕と競合するような新しいことを考えてる人が少ないから、縦横無尽に走り回れる。


橋本大也

ブログの書き方に悩んだ時は、「読んだ人にも、この本や雑誌を読ませたいという気持ち」に立ち戻るようにしています。


山西健一郎

企業の風通しのよし悪しは往々にして経営陣同士の関係性を反映しています。かつては事業部門の縦軸と管理部門の横軸の経営陣の間に連携はありませんでした。しかし今では縦軸と横軸の経営陣が常に連携することが当たり前です。そうした経営陣の一体感には会長と社長の役割分担が大切です。


原裕輝

独立の不安の場合は、誰かに不安な思いを吐露し受け止めてもらうことが消化につながります。話すことで自分の気持ちが解放されていき、新たにポジティブな感情が芽生える余地ができる。


是枝伸彦

今まで私はいろいろな人に助けられてきました。そうした経験を踏まえて、自分は自ら生きているというよりも、生かされているのだと感じるようになりました。


白石康次郎

心・技・体を整えて、大胆なことを慎重に――これが成功の秘訣ですね。


カーネル・サンダース

私には指針にしていた教訓がある。人は「できる」とか、「したい」と思う分だけ実現できるものだ。


廣田尚子

造形力とはその人の感性や絵の上手さだと思われがちですが、実際はストーリーに合った形に心地よく落とし込める表現力やボキャブラリーの豊かさだと思います。一方、私らしさや感性とは、社会を読む切り口や生活を見る分析力、理屈の組み立て方、さらに分析した情報から魅力を想像する過程ににじみ出るものだと思います。