名言DB

9425 人 / 110833 名言

堀田純司の名言

twitter Facebook はてブ

堀田純司のプロフィール

堀田純司、ほった・じゅんじ。日本の作家、編集者。大阪出身。上智大学文学部ドイツ文学科卒業。大学在学中から編集者として働く。その後、エッセイストやノンフィクション作家として活躍。主な著書に『スゴい雑誌 「業界誌」の底知れない魅力』『僕とツンデレとハイデガー』『オッサンフォー』『萌え萌えジャパン 二兆円市場の萌える構造』『自分でやってみた男』ほか。共著に『自殺するなら、引きこもれ 問題だらけの学校から身を守る法』『ガイナックス・インタビューズ』『肉食と草食の日本史』ほか。

堀田純司の名言 一覧

グローバリゼーションが進展し、物や人、さらに情報の流動性が高まれば、ローカルな慣習や伝統は希薄になっていくだろうと、かつては考えられていたものでした。しかし現実には流動性とともに異文化接触の軋轢も高まり、グローバリゼーションが進むとともに、どこの国でもむしろナショナリズムの高揚が見られるようになった。おそらくこれは、多くの人にとって予想していなかった出来事ではないでしょうか。まったく人の世は思ったとおりにはなりません。


20世紀にミルトン・フリードマンが「選択の自由」を訴えて以来、数十年が経ち、世の中には確かに自由があふれるようになりました。あまりにも選択肢があると、人はむしろ無力感を感じてしまうそうで、これはフリードマンも予想していなかったことではないでしょうか。いや「そんな主体性のないことではいかん」と怒られるのかもしれませんが、実際のところ実績ある企業経営者でもコンサルタントに頼ったり、それどころか占い師に助言を求めていたりするわけで、それもまた人間の真実だと思います。


かつてに比べるといまの世の中は選択の幅が広がって、私などはこれはいいことだと思います。しかし問題は、そんな織田信長みたいに、あるいは元中日監督の落合博満氏のように「オレ流」で迷いなく生きられる人なんて、そうはいないところ。ましてや史上最大の情報量に囲まれている私たちにしてみれば、むしろ選択肢がありすぎで、これはこれで結構大変なことなのかもしれません。


堀田純司の経歴・略歴

堀田純司、ほった・じゅんじ。日本の作家、編集者。大阪出身。上智大学文学部ドイツ文学科卒業。大学在学中から編集者として働く。その後、エッセイストやノンフィクション作家として活躍。主な著書に『スゴい雑誌 「業界誌」の底知れない魅力』『僕とツンデレとハイデガー』『オッサンフォー』『萌え萌えジャパン 二兆円市場の萌える構造』『自分でやってみた男』ほか。共著に『自殺するなら、引きこもれ 問題だらけの学校から身を守る法』『ガイナックス・インタビューズ』『肉食と草食の日本史』ほか。

他の記事も読んでみる

井上亮(オリックス)

海外畑が長いため、これまで多くの外国人と一緒に仕事をしてきました。その経験から言えるのは、最近の日本人はハングリーさやチャレンジ精神に欠けているということです。


岡康道

私が営業からクリエーターに転身した理由は、営業のプロに徹し切れなかったからです。営業とは人間関係のプロのことで、苦手な人とも仲良くなれる技術を持つ人のことを言います。対して私は、苦手な人とは全く仲良くなれないタイプ。接待の席でカラオケを歌ったりしながら、「全然、楽しくないぞ、これ」と、常に苦しい気持ちを抱えていました。そこから脱するには専門性を身につけるしかない。そう考えて、クリエーティブ局へ移ったわけです。


大東隆行

地位に安住してふんぞりかえってたら、いつか見切りをつけられる。役職で自分の器が大きくなったと勘違いしていたら、必ず足をすくわれる。


H・G・ウェルズ

我々の真の国籍は、人類である。


小田禎彦

世間を知らないで加賀屋の中にだけいると、いつしかお客様の立場で考えずに料理をつくってしまい、それでいてこれが一番いいんだと思いこんでしまう。これはこれでいいんだという自己満足にもなりかねないわけですね。加賀屋の常識と世間の常識とが乖離してしまい、オーナーをはじめとして社員の誰もがそういう認識ができなくなれば、いずれは廃業につながる。


坂井哲史

「カフェなんだからコーヒーの味で差別化すればいいじゃないか」という意見もあるでしょう。でもチェーン店の場合、これは無理ですよ。こだわり過ぎるとオペレーションが複雑化してしまい、誰もが手軽にできるものではなくなってしまいますからね。だからコーヒー以外の部分で差別化する必要があり、うちの場合はそれをフードでやっているんです。


宮本慎也

「ダメだったら変えてみる」のは、簡単そうに見えてとても勇気が要ることです。みんな、自分のスタイルにこだわりがあるから。私の場合は変化する勇気を持てたことで、プロで19年間やれたのだと思います。


清水克衛

「まさか自分がそんなこと……」と思えるようなことをやれ。そうするとびっくりするくらい人は変わる。


藤森義明

GEに移る前、天然ガスを輸入するプロジェクトで欧米系石油メジャーの一流ビジネスマン相手に交渉を担当させてもらった日商岩井に感謝しています。国際的な舞台で数場を踏んでいたから、ウェルチなんて大したことがないだろうなんて思ったわけです。
【覚書き|GE入社半年後、ジャック・ウェルチに対し大胆なプレゼンを行ったことについて語った言葉。このプレゼンをきっかけに藤森氏は米国本社に呼ばれることとなった】


渡辺謙

自分を成長させるために大切なことがあるとすれば、人生で何かアクシデントに遭遇しても、逃げずにきちんと向き合うことではないでしょうか。嵐が通り過ぎるように受け流すのではなく、「残念だ」「悔しい」という気持ちをきちんと受け止めて整理して次につなげる。そういう生き方が、知らず知らずのうちに仕事の勘や生きる知恵に昇華されていく。何か特別なスキルを身につけて実力が一足に飛び上がるなんてなかなかないんじゃないでしょうか。