名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀田純司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀田純司のプロフィール

堀田純司、ほった・じゅんじ。日本の作家、編集者。大阪出身。上智大学文学部ドイツ文学科卒業。大学在学中から編集者として働く。その後、エッセイストやノンフィクション作家として活躍。主な著書に『スゴい雑誌 「業界誌」の底知れない魅力』『僕とツンデレとハイデガー』『オッサンフォー』『萌え萌えジャパン 二兆円市場の萌える構造』『自分でやってみた男』ほか。共著に『自殺するなら、引きこもれ 問題だらけの学校から身を守る法』『ガイナックス・インタビューズ』『肉食と草食の日本史』ほか。

堀田純司の名言 一覧

グローバリゼーションが進展し、物や人、さらに情報の流動性が高まれば、ローカルな慣習や伝統は希薄になっていくだろうと、かつては考えられていたものでした。しかし現実には流動性とともに異文化接触の軋轢も高まり、グローバリゼーションが進むとともに、どこの国でもむしろナショナリズムの高揚が見られるようになった。おそらくこれは、多くの人にとって予想していなかった出来事ではないでしょうか。まったく人の世は思ったとおりにはなりません。


20世紀にミルトン・フリードマンが「選択の自由」を訴えて以来、数十年が経ち、世の中には確かに自由があふれるようになりました。あまりにも選択肢があると、人はむしろ無力感を感じてしまうそうで、これはフリードマンも予想していなかったことではないでしょうか。いや「そんな主体性のないことではいかん」と怒られるのかもしれませんが、実際のところ実績ある企業経営者でもコンサルタントに頼ったり、それどころか占い師に助言を求めていたりするわけで、それもまた人間の真実だと思います。


かつてに比べるといまの世の中は選択の幅が広がって、私などはこれはいいことだと思います。しかし問題は、そんな織田信長みたいに、あるいは元中日監督の落合博満氏のように「オレ流」で迷いなく生きられる人なんて、そうはいないところ。ましてや史上最大の情報量に囲まれている私たちにしてみれば、むしろ選択肢がありすぎで、これはこれで結構大変なことなのかもしれません。


堀田純司の経歴・略歴

堀田純司、ほった・じゅんじ。日本の作家、編集者。大阪出身。上智大学文学部ドイツ文学科卒業。大学在学中から編集者として働く。その後、エッセイストやノンフィクション作家として活躍。主な著書に『スゴい雑誌 「業界誌」の底知れない魅力』『僕とツンデレとハイデガー』『オッサンフォー』『萌え萌えジャパン 二兆円市場の萌える構造』『自分でやってみた男』ほか。共著に『自殺するなら、引きこもれ 問題だらけの学校から身を守る法』『ガイナックス・インタビューズ』『肉食と草食の日本史』ほか。

他の記事も読んでみる

谷口祥子

話題の内容そのものではなく、「なぜこの人はこれが好きなのだろう?」という部分に焦点を当てるのがコツ。好きになった動機やその楽しみ方など、相手の性格や価値観に興味を持てば、話題がなんであれ退屈に感じることはありません。


川崎貴子

いままで何万人もの人材を企業に派遣してきましたが、人の適性を見抜くのは、いまでも難しいと感じています。


岩下尚史

多くの人が悩んでいるふうなことを言いますよね。たとえば、「将来が不安です」とか。でも、不安も何も、みんなその日暮らしなんですから当たり前。そうじゃない人は日本に何人かです。仮に貯金が2、3000万円あったとしても、家族があったらその日暮らしです。その蓄えでは、何か事が起きたら1年と持ちません。何年先にどうなるかは誰にもわからないもの。自分の身も家族の身も、世の中も。それなのに、みんな自分本位で、自分を基準に考えていることに違和感があります。


星野佳路

魅力を常に進化させていくことは絶対に必要。進化が止まれば成長も止まり、顧客に飽きられ、競合にも追いつかれてしまう。


池谷裕二

「やる気」「モチベーション」という言葉自体が、実は幻想なのです。モチベーションというものが存在するから行動できる、という考え方は間違い。正解は逆で、行動するからモチベーションが発生するのです。


菅谷太一

専任のリーシング担当が直接、近隣の賃貸仲介会社に営業を行ない、最近の成約事例をリサーチします。そこから成約しやすい家賃や賃貸募集の方法を徹底的に追求するのです。こうして専任担当者が足で稼いだ情報と人脈により、エリアの入居付けが強い賃貸仲介会社に空室情報が行き渡ることで常に高い入居率を維持しています。


玄侑宗久

ビジネスマンならずとも、みな「わたし自身」を信じ、役職や立場という縁で結ばれた虚像を実態であるかのように演じ続ける。しかも本来は時と場合に応じて無常に演じ続けるべきところを、硬直した「わたし自身」のまま家に帰り、食事中でもお風呂でもそのままで通そうというのだから不自由極まりない。いつも変わらぬ確かな「わたし自身」を構築しようとする真面目な人が、それに失敗して鬱になったりもする。


荘司雅彦

記憶の定着を図るためにしていた3回の確認作業は、毎回自分がいかに忘れてしまっているかを知らされる辛いものでした。記憶力は鍛えれば鍛えるほど発達します。司法試験に合格したのは30歳でしたが、覚えれば覚えるほど記憶力がよくなっていくのがわかりました。


林野宏

1982年、私は西武クレジット(のちのクレディセゾン)に転籍してきました。それまで西武百貨店で人事や企画、店次長など様々な仕事をしてきましたが、金融は全くの畑違い。そして、当時の我が社は倒産寸前……。周囲は「林野はさぞ落ち込んでいるだろう」と思っていたようです。しかし、実際の私は元気いっぱいでした。新しいことにチャレンジできるチャンスを得たと思っていましたし、倒産の危機は大ピンチではあるけれど、見方を変えれば、ただひたすらに浮上を目指せばいい。目標が明快です。


坂根正弘

日本企業は、モノづくりやサービス面において非常に大きな力を持っている。問題なのは、自信を失って自らの力に気付いていないこと。


三木雄信

計画が予定通り進まないことも多いはずです。その場合には改めて計画を見直してもいいのです。ただし、見直しにあたっては、計画をできる限りブレイクダウン(細分化)し、目標達成に向けた具体的な方策を明確にすることが大切です。


沢渡あまね

「あの仕事は彼でないとわからない」「彼女がいないと仕事が止まる」など、「仕事の属人化」の弊害は数知れず。他の人からのチェックが働かないため、スペシャリストに見えて実はムダが多いことも多々あります。しかし、属人化を完全になくすことはなかなか困難。「私だけができる仕事」と評価を受けることで「承認欲求」が満たされるため、そのノウハウを手放したがらないからです。その牙城を少しでも崩すには、別のかたちで本人の承認欲求を満たすのが有効。指導者役を任せたり、知識の公開を「ありがたいこと」として評価する、といった方法が得策です。