名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

堀田純司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀田純司のプロフィール

堀田純司、ほった・じゅんじ。日本の作家、編集者。大阪出身。上智大学文学部ドイツ文学科卒業。大学在学中から編集者として働く。その後、エッセイストやノンフィクション作家として活躍。主な著書に『スゴい雑誌 「業界誌」の底知れない魅力』『僕とツンデレとハイデガー』『オッサンフォー』『萌え萌えジャパン 二兆円市場の萌える構造』『自分でやってみた男』ほか。共著に『自殺するなら、引きこもれ 問題だらけの学校から身を守る法』『ガイナックス・インタビューズ』『肉食と草食の日本史』ほか。

堀田純司の名言 一覧

グローバリゼーションが進展し、物や人、さらに情報の流動性が高まれば、ローカルな慣習や伝統は希薄になっていくだろうと、かつては考えられていたものでした。しかし現実には流動性とともに異文化接触の軋轢も高まり、グローバリゼーションが進むとともに、どこの国でもむしろナショナリズムの高揚が見られるようになった。おそらくこれは、多くの人にとって予想していなかった出来事ではないでしょうか。まったく人の世は思ったとおりにはなりません。


20世紀にミルトン・フリードマンが「選択の自由」を訴えて以来、数十年が経ち、世の中には確かに自由があふれるようになりました。あまりにも選択肢があると、人はむしろ無力感を感じてしまうそうで、これはフリードマンも予想していなかったことではないでしょうか。いや「そんな主体性のないことではいかん」と怒られるのかもしれませんが、実際のところ実績ある企業経営者でもコンサルタントに頼ったり、それどころか占い師に助言を求めていたりするわけで、それもまた人間の真実だと思います。


かつてに比べるといまの世の中は選択の幅が広がって、私などはこれはいいことだと思います。しかし問題は、そんな織田信長みたいに、あるいは元中日監督の落合博満氏のように「オレ流」で迷いなく生きられる人なんて、そうはいないところ。ましてや史上最大の情報量に囲まれている私たちにしてみれば、むしろ選択肢がありすぎで、これはこれで結構大変なことなのかもしれません。


堀田純司の経歴・略歴

堀田純司、ほった・じゅんじ。日本の作家、編集者。大阪出身。上智大学文学部ドイツ文学科卒業。大学在学中から編集者として働く。その後、エッセイストやノンフィクション作家として活躍。主な著書に『スゴい雑誌 「業界誌」の底知れない魅力』『僕とツンデレとハイデガー』『オッサンフォー』『萌え萌えジャパン 二兆円市場の萌える構造』『自分でやってみた男』ほか。共著に『自殺するなら、引きこもれ 問題だらけの学校から身を守る法』『ガイナックス・インタビューズ』『肉食と草食の日本史』ほか。

他の記事も読んでみる

小山昇

社長と部長、課長と一般社員では、それぞれ置かれている立場が違います。立場が違えば、見える風景も、物事を判断するときの尺度もまったく異なってきます。だから、上司が自分の立場から指示したところで、部下には伝わりません。


山崎将志

アクションプランには、「5W1H」の要素が必要ですが、そのなかでとくに、「誰が」「何を」「いつまでに」するのか、という点をしっかり確認することが必要です。


樋口廣太郎

停滞しているときこそ、足元には変化の胎動が生まれ、チャンスが芽生えているものです。前途を悲観せず、変化を見据えて逆境をチャンスに変えること。それこそ、企業のトップの役割ではないでしょうか。


佐藤肇(スター精密)

私の人生の節目ではいつも逆風が吹いていた。


やすひさてっぺい(安久鉄兵)

仕掛けの積み重ねでメディアにも取り上げられ、2010年には会員数が1000人を超えた。これを強みに、大手企業に飛び込み営業をしました。唐揚げに対する熱い思いを熱く語りながら。1000人もの会員がいる怪しげな団体。しかも、テーマは唐揚げ。そのギャップに、多くの企業が興味を持ち、イベントの協賛が取れました。


大竹美喜

社員が昨年と同じことをやっているようでは、成長は望めません。


三浦知良

(食事について)意識し始めたのは35歳過ぎてからです。それまではしっちゃかめっちゃか。いまでもそういうときはあります。試合まで時間が空くときは脂っこいものも食べるし、みんながいうほどストイックじゃないですよ。人間ね、なんで仕事するかといったら遊ぶためだし、楽しむためでしょう。いい仕事をするためには思いっきり遊ばないと。


佐藤浩市

期待していたのとは、現場の事情が違ったとしても、角度を変えて探せば、別のやりがいが見えてくるかもしれない。そんな努力すら放棄して、ただ単に「こんなの楽しくない」「思っていたよりも面白くない」とグチるだけでは、その先にチャンスは巡ってこない。


若山陽一

当社には「エントリー制度」というものがあり、年に1度、現場の全社員がマネージャーや執行役員に立候補できます。中卒で時給900円で働いていたある社員は、今は執行役員です。彼は現場のライン長からマネージャーとなり、そこで社員採用で結果を残し、採用部門の執行役員にエントリーしてきました。彼のこれまでの実績と、それまで別々だった中途と新卒の採用の一本化の提案を評価して、執行役員に採用しました。彼以外にも、エントリー制度によって執行役員になった社員は、全執行役員中3割ほどを占めていますし、今後、もっと増やしていこうと考えています。


田村潤

自分でつくった目標を持ってもらうと姿勢が変わる。自分が決めたことなので、達成する意識も強くなる。上からの指示待ち人間だったのが、自分から動くようになる。


柳井正

異業種の人のほうが、この業界の常識にとらわれずに、「なぜだろう」「どうしてだろう」と原理原則から取り組むことができる。同業種だと、「こうなっているのが当たり前」と見なして、無理・無駄の存在する現状を肯定しながら進もうとする。改革には現状否定が欠かせない。


山口周

私の場合、「何がクライアントにとって最もいいことか」を判断の軸に置いている。それを最優先事項と考えれば、自分が取るべき行動はすぐ決定できる。