名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

堀田直人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀田直人のプロフィール

堀田直人、ほった・なおと。日本の経営者。「ニチバン」社長。愛知県出身。慶應義塾大学工学部卒業後、ニチバンに入社。製品開発グループ統括マネジャー、安城工場長、執行役員、取締役経営管理部長などを経て社長に就任。

堀田直人の名言 一覧

他社の安値攻勢に負けないように何か1つでいいから差別化できる要素をつくろう。そして、お客様が求める水準に製品を高めていけるよう、諦めないことが大事だ。


長年お客様から支持を得てきた製品というのは、当社の財産です。こうした製品を開発するには、お客様が求めている使い勝手や品揃えにきちんと応えていくことが大事。


当社には「ニチバンにかかわるすべての人々の幸せを実現する」という理念があります。今後も社員を大切にする経営を忘れることなく、メーカーとして他社との差別化要素を持った独自の製品を開発し、ニチバンの営業力を高めてまいります。


以前から建設を進めてきた「先端技術棟(メディカル安城工場・先端応用研究所)」が本格稼働しました。今後の成長分野と位置づけるメディカル事業の生産拠点を再編し、鎮痛消炎剤や医療用貼付剤の需要拡大に対する生産能力を拡充し、次の100年につながるような人財育成の場にしたいと考えています。


粘着技術にこだわって100年、おかげさまで当社はこれまで幾多の試練を経ながらも、無事に100周年を迎えることができました。当社を支えていただいた全ての人に感謝申し上げます。これからの100年は今まで以上に変化の激しい時代だと思います。今後もそうした変化に対応できるよう努力すると共に、お客様・株主様や地域社会、そして社員といった全てのステークホルダーの信頼と期待に応える健全経営を進化させていきます。


堀田直人の経歴・略歴

堀田直人、ほった・なおと。日本の経営者。「ニチバン」社長。愛知県出身。慶應義塾大学工学部卒業後、ニチバンに入社。製品開発グループ統括マネジャー、安城工場長、執行役員、取締役経営管理部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

木暮康雄

私は学生時代に起業しました。中身は中古書籍のECサイト運営会社。ここでこの「爾今生涯(じこんしょうがい)」という言葉に出会いました。「今からやっても遅くはない」。この言葉に背中を押されるように、第2の起業を決め、当社を創業しました。


幸田真音

企業買収など所詮は他人事、自分達の会社は関係ないという考えはとても危険です。経営者は緊張感を持って経営をしなければなりません。


南部靖之

私は、世の中のリーダーには、共通する四つの力があると考えています。一つは「活力」、次に「共有力」、それから「影響力」、最後に「今を見る力」。


和田秀樹

敗者を救うシステムは、もう機能していません。だから受身ではいけません。自分で動かなければ、状況は変わらない。延々と悪循環をくり返すのがオチ。勝ち組との差は、さらに広がる一方です。そこで、まず考え方を変えましょう。


鈴木喬(経営者)

成功体験が多すぎると、方向転換ができないんです。私が大ナタを振るえたのは、よそから来た人間だったからでしょう。


金指潔

入社当時、新規事業を担う部署の上司が、最初に出会った師匠と呼べる存在でした。「思い」を具体化するためには、頭の中が血だらけになるまで考え抜け――。当時の上司の教えを、いまでも大切にしています。


押井守

仕事をしているときの顔は一切家庭には持ち込まず、「僕はあなたと結婚した時と同じ、ただのダメな男ですよ」という姿勢を崩さない。家では夫の顔、娘の前では父の顔、仕事場では監督の顔とそれなりに上手く使い分けられるように努力している。


三木谷浩史

僕はいつも自分にこう問いかけている。この作業で省くべき無駄はないだろうか、もっと早く処理できるようにこの作業を改善できないだろうか。速度はいつでも優先課題なのだ。


伊藤隆行

企画書はタイトルがすべて。


岩佐琢磨

たとえばBluetoothを使った機械をゼロからつくると非常に大変ですが、Bluetoothの通信モジュールを買ってくれば面倒くさい設計が不要になり、値段も一個数百円、最少発注数量100個で買えます。こうしたさまざまなモジュールがいま、非常に良くなって山ほど売られるようになったので、それらを自在に組み合わせれば世の中にないモノを生み出せるようになっているんです。


塩原研治

セイコーの研修センターは土日になると休みなのですが、休みは「カリキュラム通りではなく時計の勉強を自由にできる日」と思っていたぐらい、時計の世界に入りびたっていました。


森川亮

社内には僕の言うことを聞かない人もいっぱいいます。でも、それはいいこと。僕は経営者が神みたいな存在になるのはよくないと思っている。変化がない時代はいいけれど、変化が速い時代は、神が言ったことも否定しなきゃいけないから。