名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀田直人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀田直人のプロフィール

堀田直人、ほった・なおと。日本の経営者。「ニチバン」社長。愛知県出身。慶應義塾大学工学部卒業後、ニチバンに入社。製品開発グループ統括マネジャー、安城工場長、執行役員、取締役経営管理部長などを経て社長に就任。

堀田直人の名言 一覧

他社の安値攻勢に負けないように何か1つでいいから差別化できる要素をつくろう。そして、お客様が求める水準に製品を高めていけるよう、諦めないことが大事だ。


長年お客様から支持を得てきた製品というのは、当社の財産です。こうした製品を開発するには、お客様が求めている使い勝手や品揃えにきちんと応えていくことが大事。


当社には「ニチバンにかかわるすべての人々の幸せを実現する」という理念があります。今後も社員を大切にする経営を忘れることなく、メーカーとして他社との差別化要素を持った独自の製品を開発し、ニチバンの営業力を高めてまいります。


以前から建設を進めてきた「先端技術棟(メディカル安城工場・先端応用研究所)」が本格稼働しました。今後の成長分野と位置づけるメディカル事業の生産拠点を再編し、鎮痛消炎剤や医療用貼付剤の需要拡大に対する生産能力を拡充し、次の100年につながるような人財育成の場にしたいと考えています。


粘着技術にこだわって100年、おかげさまで当社はこれまで幾多の試練を経ながらも、無事に100周年を迎えることができました。当社を支えていただいた全ての人に感謝申し上げます。これからの100年は今まで以上に変化の激しい時代だと思います。今後もそうした変化に対応できるよう努力すると共に、お客様・株主様や地域社会、そして社員といった全てのステークホルダーの信頼と期待に応える健全経営を進化させていきます。


堀田直人の経歴・略歴

堀田直人、ほった・なおと。日本の経営者。「ニチバン」社長。愛知県出身。慶應義塾大学工学部卒業後、ニチバンに入社。製品開発グループ統括マネジャー、安城工場長、執行役員、取締役経営管理部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

井村雅代

私が心がけているのは、わかりやすい指導者であるということです。怒られる基準が曖昧だと、選手は何をしていいのかわからず不安だと思うのです。だから、私は選手に「私はこういうことが大嫌い。こういうことをしたら怒るから」と、怒るポイントを必ず伝えています。


内田和成

自社が市場を開拓したとしても油断はできません。みなさんはホームベーカリー(家庭用パン焼き器)を最初に世に送り出したメーカーをご存知でしょうか。いまやホームベーカリー市場は年間出荷数43万台に成長しましたが、この市場を切り開いたのは船井電機でした。しかしその後、大手メーカーが続々と参入し、船井電機は早々に市場から撤退を余儀なくされました。市場性が高ければ、他社にとっても魅力的な新規事業になります。たとえブルーオーシャン(競合なし市場)を見つけたとしても、その後の競合との戦いに負けてしまえば元も子もありません。


佐瀬守男

自分を成長させるヒントは、日々の仕事のディテール(細部)の中にあります。たとえば弊社でいえば、どうやって青のりをかけたらおいしく見えるか。あるいはお客様へどんな声の掛け方をしたら喜んでいただけるのか。そういった現場の小さな仕事と真剣に向かい合い続けることで、やがて本当の実力がついてくるはずです。


白石康次郎

心・技・体を整えて、大胆なことを慎重に――これが成功の秘訣ですね。


吉松徹郎

ユーザーはどんどん選択をしなくなっていくと思います。昔は与えられる情報が少なかったので、「もっと情報を得て自分で選択したい」との意思が強かったのですが、気付けば自身の選択できる情報量をはるかに超えていて、もはや自力では判断できなくなっています。ホームページからネットで何か購入される場合も、検索して出てきた最初のページ、つまり与えられた選択肢の中から選んでいませんか。もしかしたら、自分のニーズにより近い商品があるかもしれないのに、「知る必要は無い」と勝手に思ってしまっているわけです。


アルフレッド・アドラー

ライフスタイル(生き方の癖)とは、人生の設計図であり、人生という舞台の脚本である。ライフスタイルが変われば、人生はガラリと変わるだろう。


栩木敬

経営者には「社員=パートナー」と考えるタイプと「社員=コスト」と考えるタイプがいて、後者は利益が上がらなくなると人員削減や労働力の非正規化に走り、福利厚生もまた単なるコストとして切り捨てます。しかし、福利厚生はむしろ投資であって、上手に活用すれば会社に多大な恩恵をもたらしてくれるのです。


森永卓郎

私の大きな目標は、コレクションを並べる博物館として使える物件を購入すること。そのために資金をプールしています。また、資金が少しでも貯まるよう、行きつけの立ち食いそば屋では、必ず割引クーポンを使うなど、徹底して節約を心がけています。ちなみにハブラシやシャンプーは一切買わず、出張先のホテルのアメニティを持ち帰り、それをストックして使っています(笑)。


朝倉千恵子

部下に仕事を任せ、権限を委譲するとき、部下にきちんと理解させなければならないことがあります。

  1. 最後の責任は上司である自分がとるという重い決断の上で任せたのだから、最終責任者への報告は仕事上、義務であるということ。
  2. 報告を求めるのは「あなたという人」を疑っているからではなく、「仕事」を疑っているのだということ。

人のやる仕事ですから、完璧なんてありえません。ミスもすれば、忘れもするものです。たまには手を抜きたくなることだってあるでしょう。だからこそ、チェックし、管理しなければならない。それは、相手が「あなただから」ではなく、「誰であっても」そうなのだということを説明し、理解させるのです。


ケリー・マクゴニガル

心理学的には、日々の選択する数を減らせば減らすほど心理状態が良くなります。どうも人間は選択する権利を非常に貴重なことと捉え、何でも自分で決めなくてならないと考えがちです。そんなことはありません。投資でも同じでしょう。決断や選択する機会を減らすことで、ストレスも減らせます。


筒井道隆

僕はむしろ自分がリーダーになりたいというよりは、リーダーのサポートをしたいんですよね。自分が前面に出ていくのはもともと苦手なんです。ポジション柄、自分がやらないといけない場合はやります。ただ、別にリーダーがいて、そのリーダーシップに殉じて行動していくほうが痺れます。実は誰からも日の目を見ない、裏方が好きですね。


池上彰

私は子供のころから就職して1~2年目まで、ずっと内気で引っ込み思案でした。それがいまでは、国内外の様々な人に会って取材したり、テレビに出たり。記者になって、存分に仕事をしたいという思いが私を変えていきました。伝える力はいくつになっても伸ばすことができると強調したいです。