名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀田直人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀田直人のプロフィール

堀田直人、ほった・なおと。日本の経営者。「ニチバン」社長。愛知県出身。慶應義塾大学工学部卒業後、ニチバンに入社。製品開発グループ統括マネジャー、安城工場長、執行役員、取締役経営管理部長などを経て社長に就任。

堀田直人の名言 一覧

他社の安値攻勢に負けないように何か1つでいいから差別化できる要素をつくろう。そして、お客様が求める水準に製品を高めていけるよう、諦めないことが大事だ。


長年お客様から支持を得てきた製品というのは、当社の財産です。こうした製品を開発するには、お客様が求めている使い勝手や品揃えにきちんと応えていくことが大事。


当社には「ニチバンにかかわるすべての人々の幸せを実現する」という理念があります。今後も社員を大切にする経営を忘れることなく、メーカーとして他社との差別化要素を持った独自の製品を開発し、ニチバンの営業力を高めてまいります。


以前から建設を進めてきた「先端技術棟(メディカル安城工場・先端応用研究所)」が本格稼働しました。今後の成長分野と位置づけるメディカル事業の生産拠点を再編し、鎮痛消炎剤や医療用貼付剤の需要拡大に対する生産能力を拡充し、次の100年につながるような人財育成の場にしたいと考えています。


粘着技術にこだわって100年、おかげさまで当社はこれまで幾多の試練を経ながらも、無事に100周年を迎えることができました。当社を支えていただいた全ての人に感謝申し上げます。これからの100年は今まで以上に変化の激しい時代だと思います。今後もそうした変化に対応できるよう努力すると共に、お客様・株主様や地域社会、そして社員といった全てのステークホルダーの信頼と期待に応える健全経営を進化させていきます。


堀田直人の経歴・略歴

堀田直人、ほった・なおと。日本の経営者。「ニチバン」社長。愛知県出身。慶應義塾大学工学部卒業後、ニチバンに入社。製品開発グループ統括マネジャー、安城工場長、執行役員、取締役経営管理部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

小林和之

僕は営業にいけと言われたので、それだったら辞めると。そうしたら当時の社長が「お前、面白いな」と。希望を聞かれて「自分は制作以外にはいきたくない」と答えました。すると「それもわかるけれど、エンドユーザー(商品の購入者)を理解するために営業はやったほうがいい」と。それで6か月間、制作と営業兼務になりました。1日、1~2時間しか寝ない日もあった。営業をやったことで、売り方を考えなければダメだなというのはよくわかりましたね。


日覺昭廣

儲けないと企業は成り立たないし、株価で測る時価総額も重要。しかし、社会貢献することに企業の存在意義がある。


小田禎彦

私どもは災難は災難だけど、打ちひしがれていてはダメで、いまこそ知恵も出して、禍を福にかえるようなことができないかと考えました。お得意先へお見舞いに人を出し、お見舞いに来てくださる方をお迎えする。それから全員集会を開いて社員同士がもう一ぺん、加賀屋の一員として心を通じ合ってがんばろうという機会を持つ。そして、お客様がいないこの機会に、もう一ぺんサービスをみがこうと、講習会を観光会館を借りて実施する。それから寿司職人も今のままではダメではないかと、銀座の「久兵衛」さんに修業に預かってもらう。その他、コンベクション、ブラストチラーという「蒸す、焚く、焼く、煮る」が何でもできる夢の調理器具ですが、この機会に使えるようにトレーニングに行かせた。このようなことで、教育、慰問をしました。
【覚書き|2007年の能登半島地震で被災した当時を振り返っての発言】


永守重信

人は誰しも、自分が従事している仕事には冷静な目を向けにくい。異変や波乱があっても、それは「一時的なもので、やがて平常に戻るだろう」と思い込む。


夏原武

客に嘘をつかない正直なやり方でも営業はできるし、必ず利益は出るはずなんです。若い世代を中心に、そういったまっとうな不動産業者も増えてきています。なので(『正直不動産』)連載開始以降、業界からは「よく書いてくれた」という声が多く、取材を申し込んでも断られることはほとんどありません。


勝俣恒久

私が各部門に言っているのは「公正・公平、これだけは守って闘って欲しい」ということです。競争を長い目で見たとき、「東電はフェアじゃない」と思われることの方が痛手です。もちろん、奪われたお客様を取り戻すことは、重要な経営課題です。今後、お客様に選ばれるように、価格の面だけでなく、ブランド力の強化や当社独自の付加価値サービスの提供をしていかなければなりません。
【覚書き|電力小売りの一部自由化が始まった当時を振り返っての発言】


盛田昌夫

最近は経営者も萎縮してしまい、コスト削減ばかりしている人たちが増えています。減収増益の経営は威張れるものではありません。明日につながるものを生んでいないからです。


青野慶久

仕事をたくさん抱えてしまって身動きが取れない人は実際多いと思います。部下がそういう状況に陥っているとき、私はあえて「仕事の品質を落とせ」といいます。一見、暴論のようですが、根性論を捨ててロジカルに考えれば、そう考えざるを得ません。いままで3時間かけていた仕事を1時間でやらなければならないとなったら、質を下げるしかありません。無理してクオリティを維持しようとすれば、期限までに終わらなかったという最悪の結果にもなりかねません。そうならないために、品質を下げるという選択肢もありうることは、ちゃんと認識しておいた方がいいと思います。


鎌田浩毅

お勧めしているのが、自分に合わないと感じた本はすぐに手放してしまうことです。自分が理解しやすい本に出合うまで、どんどん取り替えても良いのです。本には「マッチング」があるので、1回読んで1割しか理解できなかったなら、その本と相性が悪いのです。2~7割理解できるなら、もう一度読んでみる価値があると考えましょう。8割理解できたら、それは何度も読み返すべき良書なのです。


俣野成敏

会社に対してイライラする原因のひとつは、自分がコントロールできる時間が限られていることでしょう。会社の中でイキイキと楽しく働いている人は、自分の意思で動いている時間の割合が大きい。イライラしないようにするには、自分の意思で動く時間を増やすことが重要です。スケジュール帳を開いて、指示を受けて動いている時間と自分の意思で動いている時間を色分けしてみてください。そうして「見える化」することが第一歩です。


越智直正

経営者は自分一人が技を磨いていてもダメ。人を動かす方法を勉強しなはれ。


宮田昇始

ヒアリングのときに、もし相手が本当に課題を感じていれば、途中で「自分から」大変だったエピソードを語り始めてくれる。「役所でかなり待たされたのが嫌だった……」とか。語り始めたら、定量的に聞き返すことが大事。「かなり待たされた」ではなく、「何時間待たされましたか?」と。