堀田直人の名言

堀田直人のプロフィール

堀田直人、ほった・なおと。日本の経営者。「ニチバン」社長。愛知県出身。慶應義塾大学工学部卒業後、ニチバンに入社。製品開発グループ統括マネジャー、安城工場長、執行役員、取締役経営管理部長などを経て社長に就任。

堀田直人の名言 一覧

他社の安値攻勢に負けないように何か1つでいいから差別化できる要素をつくろう。そして、お客様が求める水準に製品を高めていけるよう、諦めないことが大事だ。


長年お客様から支持を得てきた製品というのは、当社の財産です。こうした製品を開発するには、お客様が求めている使い勝手や品揃えにきちんと応えていくことが大事。


当社には「ニチバンにかかわるすべての人々の幸せを実現する」という理念があります。今後も社員を大切にする経営を忘れることなく、メーカーとして他社との差別化要素を持った独自の製品を開発し、ニチバンの営業力を高めてまいります。


以前から建設を進めてきた「先端技術棟(メディカル安城工場・先端応用研究所)」が本格稼働しました。今後の成長分野と位置づけるメディカル事業の生産拠点を再編し、鎮痛消炎剤や医療用貼付剤の需要拡大に対する生産能力を拡充し、次の100年につながるような人財育成の場にしたいと考えています。


粘着技術にこだわって100年、おかげさまで当社はこれまで幾多の試練を経ながらも、無事に100周年を迎えることができました。当社を支えていただいた全ての人に感謝申し上げます。これからの100年は今まで以上に変化の激しい時代だと思います。今後もそうした変化に対応できるよう努力すると共に、お客様・株主様や地域社会、そして社員といった全てのステークホルダーの信頼と期待に応える健全経営を進化させていきます。


堀田直人の経歴・略歴

堀田直人、ほった・なおと。日本の経営者。「ニチバン」社長。愛知県出身。慶應義塾大学工学部卒業後、ニチバンに入社。製品開発グループ統括マネジャー、安城工場長、執行役員、取締役経営管理部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

水道橋博士

ブログをはじめたおかげで、40代からは文章を書く仕事が増えました。『お笑い男の星座2』や『藝人春秋』といった本も出せました。最近ではルポライター芸人と言われたりしてます。


大川隆法

会社が一定以上の大きさになったならば、「怖さ」というか、「恐ろしさ」を感じなくてはいけない。「はたして自分の能力がついていけるかどうか」ということに対する怖さを感じ始めたら、経営者としては本物。


黒田如水(黒田官兵衛)

人には気が合う気が合わないということがある。主人が家来を使う場合には、とくにありがちなことだ。気の合う家来が、もし善人であったならば、国の重宝となるが、悪人であったとすれば、国家の妨げとなるのであるから、大変な違いである。家来たちの中に、たとえ自分と気が合わない者がいて、それを傍ら近く召し使い、軽い用事を勤めさせることがあっても、その者に心を奪われてはならない。


今泉卓也

私の転機は最初の起業と挫折です。12年にCTO(最高技術責任者)としてゲーム会社の立ち上げに参画したのが、私の企業経営の第一歩でした。苦労しながら1本目のゲームを開発、発売して売り上げが立ったのですが、次のゲームが出る前に徐々に落ちてきてしまう。2本目を出してもやはり同じでした。苦しい中で人も次々に辞めていき、13年には解散を決断しました。しかし、ここで終わりたくないと思った私は、そのゲーム会社にも出資をしていたインキュベーターで、現在当社の社外取締役を務めている村田祐介に相談し、改めて起業して現在に至ります。


山田義仁

本人たちは当たり前と思っているやり方が、実は成長を妨げているという部分は、制御機器部門以外にも会社の中にまだまだあると思っている。


岩切章太郎

よく世間では、私のことを夢を見る男とか、ユートピアン(夢想家)とかいう。そのとおりだと自分でも思うが、なんでもいいから日本の新しいモデルになるようなものをつくってみたいという気持ちがいつも私を駆り立てるのである。そして柄にもない、大それたことと思いながら田舎住まいのただひとつの生きがいだから、どうか許していただきたいと心の中でお詫びしている次第である。


安田佳生

ビジネスで重視されるのは結果です。しかし同時にプロセスの重要性も忘れてはいけません。ひとつのことを長く、しつこく考えると、思考は深まっていきます。答えが出ても考え続ける習慣によって、プロセスの精度だけでなく、成功とみなされる確率も上がるはずです。


高田明(ジャパネットたかた)

100年、200年続く会社になるためには、事業継承は大切なこと。いつかはやらなくてはなりません。これには割り切りと覚悟が必要。


岸良裕司

相手が外国人であっても同じ分野の人間同士であれば、共通の専門用語や知識のベースもあります。ですから、資料の該当箇所を指さして単語や数字をどんどん羅列し、それに「グッド、バッド、ベター」といった言葉を加えていけば、だいたいのことは十分に通じるんです。英語が下手でも、ちゃんと意思疎通がとれれば、話の通じる人と評価されます。それは英語が話せるということでしょう?


金田一秀穂

知らない人同士がいると緊張しますが、「こんにちは」と一言でも声がけすると、ほっと安心しますよね。声がけは、ふっとストレスを緩和させる効果がある。


井上英明

仕事を通して何かを学ぼうと思ったら、徹底的に仕事にのめり込んでもいいと思いますよ。先日も、心臓外科の先生と天ぷら屋さんに行きましたが、そこのご主人は天ぷらに徹底的にのめり込んで、天ぷらを通して勉強していらっしゃる。一緒に行った外科医は心臓を、そして私は花を通して勉強している。仕事から学ぶには、ある程度のめり込む必要があるでしょうし、のめり込みながらも自分を忘れるのではなく、何かを吸収しようという意識が大切だと思います。


小林一雅(小林製薬)

小林製薬はもともと小さな薬問屋で、そこからメーカーへと転じました。ただ、製薬会社の本社が集結する大阪の道修町(どしょうまち)において、問屋時代の当社は極めて存在感が薄かった。ライバルと呼ぶのもおこがましいような大手製薬会社がひしめいており、まともに戦っても勝負にならない。悔しい思いをしたことは多々ありました。その中でも自分たちが唯一無二の存在だということは証明したい。そのためにはどうするか。そして、「同業他社がやらないことをする」をモットーにした商品開発に行き着きました。


赤川次郎

私は小説を書く前、ストーリーを考えません。簡単な設定だけを決めておき、あとは流れに任せて書いていきます。だって先がわかったらつまらないじゃないですか。自分も読者の一人と思って、書き進めていくのです。


中村靖(経営者)

水道設備にセンサーを装着して稼働データを収集しても、それだけでは意味がありません。作業員が「いつ」「どんな順番」で点検するかといった、人間の活動に伴うデータを組み合わせることで、新たな価値が生まれる。


荒木飛呂彦

自分も若いころは、読者アンケートの票数にライバル心を抱くことはありました。だけど、人を倒したいなんて思っても駄目なんですよね。そのうち徹夜で締め切りに追い詰められると、そんなことは言っていられなくなって、結局、自分との戦いになるんです。むしろ、他の作家さんたちを尊敬するスタンスでやっている方が、いい漫画を描けるような気がします。


ページの先頭へ