名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

堀田浩司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀田浩司のプロフィール

堀田浩司、ほった・こうじ。日本の経営者。外国人F1ドライバーとサッカー選手の日本でのマネジメント活動を行うプロ・フィット・スポーティング創業者。愛知県出身。アパレル小売の鈴屋に入社。鈴屋で実務を学んだ後、水着とフィットネスウェア卸販売の会社を創業。事業軌道に乗せたのち友人に譲り、レーシングチームのレイトンハウスのアパレル部門立上げを行う。その後、外国人スポーツ選手の日本での活動をマネジメントする事業を展開した。イタリアンレストラン、サングラス直営店のほか、様々な事業を手掛けている。

堀田浩司の名言 一覧

成功した要素がもうひとつあるとしたら、イタリアでのビジネススタイルが自分の性に合っていたからかもしれません。イタリアでは、友達になって、本当に仲良くならないと一緒に仕事をやっていけませんから。


鈴屋社内にはSUZUYA大学という研修プログラムがあり、鈴木義雄社長のもとでファッション・小売・経営の基本を叩きこまれました。「40歳までには独立してビジネスを立ち上げなさい」というのが鈴木社長の考え方でした。


アレジ(F1レーサーのジャン・アレジ)がフェラーリに乗ることになって、彼の日本でのマネジメントを頼まれたのが、海外の選手をマネジメントする仕事を始めたきっかけです。サッカー事業は「F1だけじゃなく、サッカーもやってみたら?」と、友人からユベントスのスタッフを紹介されたのがはじまりでした。


鈴屋を辞めたあと、友人の住むカリフォルニアのナパバレーで3か月過ごしたりして、新しいビジネスを模索していました。鈴屋のようなアパレルでは、毎週商品開発をして、新商品をつくりださなくてはならず、それに疲れたのもあって。年間通して売れるものを探して行き着いたのが水着とフィットネスウェアでした。


堀田浩司の経歴・略歴

堀田浩司、ほった・こうじ。日本の経営者。外国人F1ドライバーとサッカー選手の日本でのマネジメント活動を行うプロ・フィット・スポーティング創業者。愛知県出身。アパレル小売の鈴屋に入社。鈴屋で実務を学んだ後、水着とフィットネスウェア卸販売の会社を創業。事業軌道に乗せたのち友人に譲り、レーシングチームのレイトンハウスのアパレル部門立上げを行う。その後、外国人スポーツ選手の日本での活動をマネジメントする事業を展開した。イタリアンレストラン、サングラス直営店のほか、様々な事業を手掛けている。

他の記事も読んでみる

池谷幹男

旧来型の方が居心地がいいかもしれない。営業のあり方、やり方を変えていくという大きなチャレンジであることは確か。しかし、お客様に「よかったね」と言っていただくためにも、新たな体制が重要になる。


永守重信

日本電産らしさは「泣かない、逃げない、やめない」スピリッツである。


平野敦士カール

もともと人見知りの性格で初対面の人とはうまく話をできない人もいます。私も以前は大変な人見知りでした。そこで、自ら考案したのが「ビジネス仲人」という役割を演じることです。ランチを主催し、自分が知る二人の出会いの場を提供する。いわば幹事です。ビジネス仲人の最大の役得は、自分に特に取り柄がなくても、その人に有益なアドバイスができなくても人を紹介するだけでありがたがれ、自分の価値を高められることです。


大久保佳代子

まだ何もやっていないし、このままで終わるはずがない。そんな根拠のない自信を持っていたんです。だから、「二足のわらじを履いて苦労したね」とよく言われるのですが、全然そんなことはありませんでした。会社とお笑いとの両方に逃げ道があるから、むしろラクでした。


マーク・マグワイア

野球は99%が精神的なものだと思う。
【覚書き:デビュー4年間ホームランは30本台をキープしていたが、打率がじりじりと下がっていっていた。また、離婚など私生活のトラブルもあり精神科に通うことになる。そこで精神科医の指導を野球に取り入れ、メンタルの強化と相手の心理を読むことを学び、多くの記録を叩きだした】


吉永泰之

米テスラ・モーターズの台頭が示すように、新しいプレーヤーが自動車産業に入ってきて、産業自体の形態や戦い方が変わってくる可能性が高いわけです。だから、既存の競争関係だけを前提に今後を考えるべきではない。


近藤良平

20代の頃、ダンスの世界に、あきれていた。何でこんなに女子ばっかりで、こんなにみんなナルシスティックで、こんなに眠くなる作品ばっかり作るのかな……って。生意気だけど、だったら自分で作った方が面白くなるじゃん、と思ってました。意外と作る方の自信はあったんでしょうね。「自分が楽しむものは自分で作る!」みたいな。


ゲオルク・ジンメル

一般に青年が主張する内容は正しくない。しかし、青年が主張する行為自体は正しいものだ。


谷川一也

当初から自社製品にこだわった会社にしようと独立、この分野に鉱脈を見つけました。しかし、調べてみると先行者が死屍累々。そこで、通常のソフトウエア技術者が考えない手法で試してみると、突破できました。


鶴野充茂

情報をゴチャゴチャの状態で渡されてしまうと、それを受け取った相手が整理をしなくてはなりません。当然それでは負担になりますから、相手に聞く耳を持ってもらえなくなる可能性が高い。受け取りやすく整理をしてから話す必要があります。


坂根正弘

まず何よりビジネスモデルを作るのだというトップの強い意志が必要。その上で独自で持っていない技術が必要なら、買収も検討すればいい。


清野智

観光資源ということでは、やはり奈良・京都が有名です。それから東京でしょうね。訪日外国人の間では、これまで「ゴールデンルート」と呼ばれる東京・名古屋・京都が中心なのですが、既に奈良と京都は宿泊能力の面から、ほぼ満杯になってきています。その中で今後は東北をもっと前面に出していかなければと思っています。東北にはたくさんの素材があります。ところが残念なことに、地理的な問題で東北の観光素材は点在しています。京都であれば、どこか1か所に連泊して1週間かけて見学できるのですが、仙台で連泊して東北を回ろうとしても無理があります。ならば、我々が移動するコースを提案していく必要があります。では、何を目的にお客様は来られるのか。温泉に入るというテーマでコースを示すのも一つの手です。それから、冬のシーズンであれば、雪を見る、雪に触るコースもあるでしょうね。何泊するかによって様々なルートを提案することができると思います。