堀田浩司の名言

堀田浩司のプロフィール

堀田浩司、ほった・こうじ。日本の経営者。外国人F1ドライバーとサッカー選手の日本でのマネジメント活動を行うプロ・フィット・スポーティング創業者。愛知県出身。アパレル小売の鈴屋に入社。鈴屋で実務を学んだ後、水着とフィットネスウェア卸販売の会社を創業。事業軌道に乗せたのち友人に譲り、レーシングチームのレイトンハウスのアパレル部門立上げを行う。その後、外国人スポーツ選手の日本での活動をマネジメントする事業を展開した。イタリアンレストラン、サングラス直営店のほか、様々な事業を手掛けている。

堀田浩司の名言 一覧

成功した要素がもうひとつあるとしたら、イタリアでのビジネススタイルが自分の性に合っていたからかもしれません。イタリアでは、友達になって、本当に仲良くならないと一緒に仕事をやっていけませんから。


鈴屋社内にはSUZUYA大学という研修プログラムがあり、鈴木義雄社長のもとでファッション・小売・経営の基本を叩きこまれました。「40歳までには独立してビジネスを立ち上げなさい」というのが鈴木社長の考え方でした。


アレジ(F1レーサーのジャン・アレジ)がフェラーリに乗ることになって、彼の日本でのマネジメントを頼まれたのが、海外の選手をマネジメントする仕事を始めたきっかけです。サッカー事業は「F1だけじゃなく、サッカーもやってみたら?」と、友人からユベントスのスタッフを紹介されたのがはじまりでした。


鈴屋を辞めたあと、友人の住むカリフォルニアのナパバレーで3か月過ごしたりして、新しいビジネスを模索していました。鈴屋のようなアパレルでは、毎週商品開発をして、新商品をつくりださなくてはならず、それに疲れたのもあって。年間通して売れるものを探して行き着いたのが水着とフィットネスウェアでした。


堀田浩司の経歴・略歴

堀田浩司、ほった・こうじ。日本の経営者。外国人F1ドライバーとサッカー選手の日本でのマネジメント活動を行うプロ・フィット・スポーティング創業者。愛知県出身。アパレル小売の鈴屋に入社。鈴屋で実務を学んだ後、水着とフィットネスウェア卸販売の会社を創業。事業軌道に乗せたのち友人に譲り、レーシングチームのレイトンハウスのアパレル部門立上げを行う。その後、外国人スポーツ選手の日本での活動をマネジメントする事業を展開した。イタリアンレストラン、サングラス直営店のほか、様々な事業を手掛けている。

他の記事も読んでみる

プラトン

優しくなりなさい。あなたの出会う人々は皆、困難な戦いに挑んでいるのだから。


小室淑恵

数をこなす時代は、ミスをさせないよう、上司が厳しく緊張感を持って部下を管理する手法が有効でした。しかし、創造性を発揮させるには、そのやり方では逆効果です。上司に怒られてばかりで萎縮したメンバーは、いいアイデアや企画があってもなかなか提案しないし、会議でも発言しません。これでは、チームとして付加価値の高い仕事をすることなど不可能です。


柴田励司

一流の人というのは、時間をリッチに使える人のことです。


マイケル・ポーター

人々とのつながりを構築したいという、とても社会的な思いから始めた起業家もいます。別の起業家は病気を発見する機械を作ることに情熱を燃やすかもしれませんし、人々が買い物をする方法を変えることに情熱を燃やす人もいます。そこから生まれた企業のひとつが米アマゾン・ドット・コムです。より効率的にエネルギーを使う方法を考案するなど、全く別のことに情熱を燃やす人もいるはずです。


島井哲志

時に、「酒やタバコでストレス解消になっている」と言い訳をする人がいます。また「ストレスのほうががんのリスクは高い」という人もいます。しかし、そういった場合の「ストレス」の使われ方には作為的なものを感じざるをえません。ストレス解消の方法は、酒やタバコ以外にもいくらでもあるからです。心理学を学んでいるのに、「飲酒や喫煙はストレス発散になる」という無責任な人たちもいます。酒やタバコに寛容な日本社会を見るにつけ、我々、心理学者がいかに力不足だったかを痛感します。


加藤千麿

新しいことにチャレンジするとき、止める場合もあります。とにかく試みて試みて、軌道に乗らなければ、早いうちに止めていく。いったん手を打つ。でも、最初からノーノーノーでは駄目なんです。言葉は悪いけど、役所の発想はそうでしょう。最初からノーノーノーで、できないという前提で行っちゃうんですから。ノーが一番楽なんですよ本当は。ああ止めとけっていうのが一番楽なんですね。


いっこく堂

ある日、地方公演の後、内輪の宴会でモノマネを見せたんです。すると、ベテラン俳優の米倉斉加年さんが「おまえはひとりでやっている時の方が生き生きしているな」と言ってくれました。この言葉がぽんっと背中を押してくれて、新しいことを始める気になったんです。


福田俊孝

入居者の入れ替え時の原状回復費用や専有部分の設備保証もサブリースでカバーしています。住宅では水周りを中心に機器や設備の故障が少なくありません。このサービスは、突発的な修繕費用の発生が重なってしまったお客さまの声からアイデアが生まれました。顧客の課題を一つずつ解決することで、サービスの質を高めています。


窪田規一

勢いとやる気だけでは駄目。成功するには、ビジネスモデルをしっかり作ろう。


河野裕(小説家)

小説のジャンルを無視したものを書きたいという思いは強く持っています。なんだかよくわからなくて特定のジャンルにカテゴライズできない小説を書きたいんですよ。小説をジャンルで区別することは「会議室的な思考」でパッケージングすることだと思うんです。もちろん、それも大事なことだとわかっていますが、小説は「ひとり」というもっとも少ないマンパワーで作ることができるものなので、だからこそ作家個人の一番奥にある「素」を出すべきものだし、それはジャンルと関係なく、自分をただ作品にぶつけることでしか出てこない。それってジャンル分けと、どうしても矛盾してしまうんですよ。


山田真哉

身の周りの数字の意味もひとつひとつじっくり読み込むと、いままで意識してこなかった新しい数字のチカラがみえてくるはずです。数字の背後にある「誰かの意図」にアンテナを張ることで、「表現としての数字」に気づけるのです。


御立尚資

仕事のやり方として良く言及されるのは、「なぜ」を繰り返した現状分析をもとに課題を抽出し、仕事を組み立てることです。しかし、この「なぜ」を多用すると、ものごとが細分化されすぎて、かえってものごとの本質を見失ってしまうことがあります。そこで重要なのは、「so what?(だから何なの?)」という、「なぜ」の次に来るべきソリューションを考えられるかどうかです。


ロベルト佃

私が代理人契約をしている選手全員の共通点は、「絶対に負けない」という気持ちを内に秘めていること。競争心がある選手しか上にはいけないと思うんです。


高原豪久

初心忘れるべからずという言葉がありますが、そういう言葉があるということは、人は初心を忘れやすいということですよ。


廣瀬光雄

ビジネスの機会は海外に限りなくある。それを探しに行くためには若くなければできません。ですから、若い人たちには是非とも外を見に行っていただきたい。私もまだまだ第一線で挑戦していきたいと思っています。


ページの先頭へ