堀田庄三の名言

堀田庄三のプロフィール

堀田庄三、ほった・しょうぞう。日本の銀行家。住友銀行頭取。愛知県出身。京都帝国大学経済学部卒業後、住友銀行に入行。東京事務所所長、取締役、常務取締役、副社長などを経て頭取に就任。20年間住友銀行のトップを務め、合理主義的経営を行った。堀田イズムと呼ばれた合理主義経営や強いリーダーシップを発揮したことから「堀田天皇」と呼ばれた。そのほか、経済同友会代表幹事などを務めた。

堀田庄三の名言 一覧

己を捨てることが、成功の最も大切なことだ。


人間は、見えないものだ。人を評価するとき、自分の目で見きわめるのはもちろんだが、その上司、同僚や同期、さらに部下の意見さえも聞いて判断しなさい。人の能力や個性はそれくらい見えないものだ。


嫌いだったけれど、私は彼らの能力を買って使ってきた。
【覚書き|名誉会長に退いたとき、ある会食で堀田氏が現役役員の中で嫌いな人物の名前を列挙していった。上記はその後に続けた言葉】


堀田庄三の経歴・略歴

堀田庄三、ほった・しょうぞう。日本の銀行家。住友銀行頭取。愛知県出身。京都帝国大学経済学部卒業後、住友銀行に入行。東京事務所所長、取締役、常務取締役、副社長などを経て頭取に就任。20年間住友銀行のトップを務め、合理主義的経営を行った。堀田イズムと呼ばれた合理主義経営や強いリーダーシップを発揮したことから「堀田天皇」と呼ばれた。そのほか、経済同友会代表幹事などを務めた。

他の記事も読んでみる

伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

私が小学生くらいの頃でしょうか、おやじが道楽ばかりするので、よく夫婦喧嘩をしていました。母親は喧嘩して涙を流していても、お客様の前に出ると一転して笑顔になりました。もしお客様に泣き顔なんか見せると、あの店は暗いといって次から買いに来てくれない。商売とはそういうものだというのを教わりました。


畑中好彦

アステラス製薬は合併によって誕生した企業ということもあり、多様性を尊重し、様々な人の意見を受け入れる企業風土が整っています。これは我々の大きな強みです。


上野和典

時間がないと思えば集中力も増すものです。社長になってから、私は社員の子供の誕生日に直筆の誕生日カードを送っているのですが、その数は月平均50通です。私はスキマ時間を活用して、1日か2日で一気に書き上げています。会議と会議の間の15分でもトップギアで集中できるのは、これが締め切りのある誕生日カードだからです。誕生日までに発送できなければ受け取る相手に失礼です。差し迫った状況を自分でつくることで、エンジンをかけているのです。


蟹瀬誠一

年寄りになったから遊ばなくなるのではなく、遊ばなくなるから年寄りになる。年齢を重ねても老人になる必要はありません。


野口実(ABCマート)

私はこの仕事しかしないという縦割りになってしまうと、やっぱりコストもかかります。本社の定休日は金曜日で、週末はみんな店に出ます。私も日曜祝日は必ず店に出ています。「一人二役は必ずみんなでやろう」とやっています。


柳川範之

多様な年齢層の多様な経験を持った人が集い、勉強すること自体に大きな意義があることである。様々な経験から出てきた意見のぶつかり合いが、思いがけない気づきや新鮮な発想を学生に与え、学びを促進する。その点でも日本の大学は、もっと様々な年齢層の学生をあふれさせることが必要ではないだろうか。


ウォルター・クライスラー

どんな偉大な会社であっても、各自の持つ知能やエネルギーを出し合って共通の成果を生み出す。


中野信子

脳科学的に日本人は自分の領域を死守しようとする性質が強いんです。だから、自分を変化させることに抵抗がある人が多い。ただ、元々の性質は遺伝子的に決まっていても、他人の行動をマネるだけで脳内に変化を起こせます。たとえば、自信がない人でも、両手を上げた「グリコのポーズ」を取り続ければ、やる気のホルモンが増えるんです。ハーバード大学のエイミー・カディという学者の実験結果があります。弱い自分を変えたいなら、自信のあるポーズを取れば効果があります。


ジェイ・エイブラハム

サバイバルのためには、とにかくやるしかない。


吉田穂波

私は「時計は10分進めておく」「締め切りは常に相手から提示された日付の5日前に設定する」というルールを設けています。以前、ある偉い方にお会いする際、どうしても持参したい資料を取りに戻ったために10分遅刻してしまった、という苦い経験があって、以後常に時計を10分進めるようにしたのです。「締め切りは常に5日前に」も同様に、過去の自分の失敗経験から導き出したものです。


岩田弐夫

要するに、責任者として最も大切なことは、あらゆる意味で私がないということです。人を挙ぐるには、すべからく退くことを好むものを挙ぐるべし。


堀江貴文

僕には東大受験の必勝法があるのです。英語の場合、単語帳を丸暗記するだけ。それだけで東大は受かります。色々難しい事を考えずシンプルに丸暗記すればいいのです。生半可な丸暗記ではなくて、200ページの単語帳だったら、本を閉じたとき用法を含めて200ページすべてを暗唱できるようにする。そのくらいの丸暗記をすれば、どこの大学でも楽勝で合格します。ものごとを複雑に考えずにシンプルにやるべきことをやる。ほんとうにこれだけなのです。


コリン・アングル

ルンバを進化させることは、効率良くきれいに床を掃除することに関係していなければなりません。ワイヤレスとか無線LAN機能に対応させることは、そのぶんルンバのコストに直結してきます。それにより追加のコストが掛かることは、現状ビジネス的にも割に合わないし、それをユーザーに押し付けることは違うと思うんです。だから、我々はルンバにそういった直接掃除力のアップに繋がらないような機能をつけていないのです。


早下隆士

英語だけで単位取得して卒業できるコースをつくるのは、非常に難しく、総論は賛成でも各論になると「分野によっては日本語で教えなければ」といった意見も出ていました。そうした中、影響力のある先生に協力していただき「これからの時代、なぜ英語コースが必要なのか」を説得し、最終的に意見をまとめることができました。


新井豪一郎

転機とは、辛い体験と一緒にやってくるもの。


ページの先頭へ