名言DB

9412 人 / 110637 名言

堀田孝治の名言

twitter Facebook はてブ

堀田孝治のプロフィール

堀田孝治、ほった・こうじ。日本のビジネストレーナー、キャリアコンサルタント。中央大学法学部卒業後、味の素に入社。様々な部署を経験したのち独立。著書に『自分を仕事のプロフェッショナルに磨き上げる7つの行動原則』『生まれ変わっても、この「仕事」がしたい』。

堀田孝治の名言 一覧

いま思えば、当時(20代)は深く考えることをしないで、「どうしよう」といつも悩んでいました。本当の自分や立ち位置がわかっていなかったからでしょう。


仕事に忙殺されて、30歳のときに体調を崩して倒れたんですよ。ベッドで、「自分はこうあるべきだと強く思い込んでいたけど、それを変えないといけない」と思いました。じゃあ、本当の自分って何だろう……。それを把握せずに新しい一歩を始められないと考えました。


堀田孝治の経歴・略歴

堀田孝治、ほった・こうじ。日本のビジネストレーナー、キャリアコンサルタント。中央大学法学部卒業後、味の素に入社。様々な部署を経験したのち独立。著書に『自分を仕事のプロフェッショナルに磨き上げる7つの行動原則』『生まれ変わっても、この「仕事」がしたい』。

他の記事も読んでみる

大見知靖

今や中堅・中小企業もメディアを持てる時代になりました。自らメディアを持ち情報を発信できることは、企業にとって大きなメリットです。しかし、経営者のほとんどがマーケティングやテクノロジーをあまり理解せずに、SNSを使っているという理由だけで若手社員にウェブでの情報発信を任せています。その結果、若手社員も仕事となると何を発信していいのか分からず、せっかくのメディアを生かせていないのが現状です。当社は、ソーシャルメディア、オウンドメディア、マスメディアの3つのメディアをビジネスのためのマーケティングツールとして利用できるように「企業のメディア化」として体系化。クライアント自らが自社メディアを活用し、集客と売り上げを上げるスキルを身に付ける研修を行い、ブランディングとマーケティングの仕組みづくりをお手伝いしています。


高島宏平(髙島宏平)

今後は、発想力より「目利き力」が必要になると思います。ネットに転がる大量のアイデアの中から、自分の課題を解くのに最も参考になるアイデアはどれか、探し当てる力ですね。この能力が高いほど、解決策を的確に導き出すことができ、速やかに課題を解決できます。


小出伸一

今結論が出ないことに決断を下す。市場や技術の動きは5年、10年先にならないと分かりませんが、動き始めるのは今。この決断は大切になる。


富山忠一

稼げない人は、大衆心理に自分もそのまま乗せられてしまうような人です。たとえば現在大ブームの商品を後追いで扱おうとして、値崩れや売れ残りにあって失敗してしまうとか。


分林保弘

世阿弥の言葉には哲学的なものがとても多い。中でも私が好きなのは「離見の見(りけんのけん)」という言葉です。私は営業マン時代、自分の言葉がお客さんにどのように伝わっているのか、お客さんから見て自分の言葉はどのように伝わっているのか、常に反復していました。だから世阿弥の言葉は別に芸能の世界だけでなく、ビジネスの世界でも経営の世界でも、あるいは世界に通用する非常にいい言葉だと思っています。


真山仁

テーマと物語の面白さの両立には心を砕きます。面白いからこそ、無関心の人にも届く。


成毛眞

トップが「現場目線」で何かを変える。すると現場に「変われる」「変わっていいんだ」という気持ちが芽生える。その先の大きな変化は、そこから始まる。


吉田忠裕

私や社長などの役員が世界中の拠点に出張するときには、アジアでもアメリカでもヨーロッパでも、現地の社員を20人ぐらい集めて語り合う場を設けるようにしているんです。社内ではこれを「車座集会」と呼んでいるんですけれど、ここで私は経営理念を語るというよりは、むしろ彼らの話を聞くようにしているんですね。すると、いきなり質問攻めにあうんです。


伊集院静

一文字一文字を埋める。書き上げる責任を果たす。これには地道さと無縁ではいられない。


樋口廣太郎

私の持論の一つに「メーカー大根役者論」というのがあります。メーカーというのは役者でなくてはならない、役者でも、二枚目でわがままが通るような役者ではなく、大根役者でなくてはならない、というわけです。監督はお客様です。演出は流通のみなさん、小売店さんです。こういう味、こういう商品があればいいということを言ってもらい、いただいた役柄を忠実にやるのがメーカーです。そういう感覚でお客様の求めておられるものを敏感にキャッチし、それを演じる、こういった姿勢にならなければいけないということです。


人見ルミ

20代のときに報道ディレクターとして働いていたんですが、心身の疲労を感じ、退職してインドでマインドフルネスのエッセンスを学びました。帰国してから仕事を再開したんですが、違う視点から物事を見られるようになったので、上司からなにか嫌なことを言われても、悩まないようになりましたね。おかげで仕事に集中できて、ミスも激減しました。ミスはリカバリーに時間がかかり、生産性を低下させる要因ですからね。


夏野剛

僕はどんな仕事も短時間で済ませればいいと考えているわけではありません。単純作業や判断はスピードが大事ですが、新しいアイデアを出す場合は思いきり時間をかけるべきです。「iモード」というネーミングもそこにたどり着くまで、ずいぶん時間をかけました。


大崎真孝

大学卒業以来、外資系企業に勤めています。グローバル企業の一員として、ローカルとグローバルな視点のバランスを常に考えてきました。外資系企業に勤めている人間は、世界の潮流を理解したうえで、それがローカルにどう当てはまるのかを考えなければなりません。私も主軸は日本に置いて、グローバルの動向を理解し、日本のお客様に提案し、世界のスタンダードに通用するものを採用していただく努力をしてきました。


数土文夫(數土文夫)

チームビルディングというのは経営者に必要な能力のひとつですが、それができるためには、自分が社長になったら財務は誰、経理は誰に任せるというように、日ごろから部下のこと、それも長所をよく見ておく必要があります。


吉田耕作(統計学者)

協調によって会社全体の生産性を底上げすれば、勤労時間を短縮しても仕事をこなし切れる体制が整う。