名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀田孝治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀田孝治のプロフィール

堀田孝治、ほった・こうじ。日本のビジネストレーナー、キャリアコンサルタント。中央大学法学部卒業後、味の素に入社。様々な部署を経験したのち独立。著書に『自分を仕事のプロフェッショナルに磨き上げる7つの行動原則』『生まれ変わっても、この「仕事」がしたい』。

堀田孝治の名言 一覧

いま思えば、当時(20代)は深く考えることをしないで、「どうしよう」といつも悩んでいました。本当の自分や立ち位置がわかっていなかったからでしょう。


仕事に忙殺されて、30歳のときに体調を崩して倒れたんですよ。ベッドで、「自分はこうあるべきだと強く思い込んでいたけど、それを変えないといけない」と思いました。じゃあ、本当の自分って何だろう……。それを把握せずに新しい一歩を始められないと考えました。


堀田孝治の経歴・略歴

堀田孝治、ほった・こうじ。日本のビジネストレーナー、キャリアコンサルタント。中央大学法学部卒業後、味の素に入社。様々な部署を経験したのち独立。著書に『自分を仕事のプロフェッショナルに磨き上げる7つの行動原則』『生まれ変わっても、この「仕事」がしたい』。

他の記事も読んでみる

徳重徹

従来は社員や自分に対して、単純に「これで売れるか」と問うだけでした。しかし今は「本気で売れるか」と質問しています。この「本気」が入るだけで、より突っ込んだ調査をし、より現場にも行き、より事業をリアルに考えるようになります。


カーリー・フィオリーナ

私がベル・システムを選んだ理由の一つは、幹部育成プログラムが整備されていることだった。若手の幹部候補は、あらゆる部署を次々に体験できる。いわゆるアップ・オア・アウト(昇進か、転職か)で、能力を認められれば上へ行けるが、ダメだと判定されれば転職を促される。いいじゃないのと私は思った。いろいろな経験をして成長できる。何が好きなのかわかっていないのだから、たくさんの部門で働けるのは面白い。クビになる可能性は大いにありそうだけれど、貴重な経験だと思えば、それもよし。
【覚書き|ビジネススクール卒業後、ベルシステムに入社を決めた経緯を振り返っての発言】


久保田裕也

創業以来、地道に取り組んできたことが実を結びつつあり、出版社さん、作家さんもオーディオブックに対して積極的に取り組まれるようになっています。ユーザーさんの数も加速度的に増加しています。


川西勝三

経営者に必要なのは、何をやったらどうなるのかということを正しく判断する「推測判断力」です。これが大事です。現在やっていることをベストを尽くしてやるだけではダメなのです。


井植薫

たいていの企業は、商品を作り、売ることを第一にしていますが、私は先に「いい人間」をつくり、いい人間が作るから「いい商品」が生まれ、いい商品だから「よく売れる」のだという順序でモノを考えています。売らんがために闇雲に商品を作り、それを売るために東奔西走することは、企業にとっても、社員にとっても不幸なことではないでしょうか。


内田樹

ネットで書くというのは僕にとってはごく自然な立ち位置なんですよ。中学生のときはガリ版で個人的なニューズレターを刷って、友達に配っていました。大学でも、同人誌を出して配ったりした。ホームページをはじめたときも、50人くらいの知り合いを読者に想定して書いていた。やっていることはいつも一緒なんです。


夏野剛

管理職は他人のマネジメントをすることになります。個人の仕事の何倍、何十倍、何百倍ものアウトプット(成果)を生み出せるだろうし、面白い機会を得ることができます。その人の人生を左右する重要なターニングポイントでもあります。


稲垣精二

国内市場のパイは大きく伸びてはいきませんが、独自性でやっていく。第一生命グループの独自性でお客様にどんどん信頼していただけるような、そういう余地はまだまだある。


荒川詔四

いまはとくに変化の激しい時代です。瞬間の意思決定が求められる立場になって、情報は頭の中に直接叩きこまなければいけないと考えるようになりました。経営の采配を振るう立場なら、情報は記録に残すのではなく、記憶にとどめて、必要に応じて新鮮なうちに使うことが大切なのです。


漆紫穂子

落ち込んでいる生徒に対して「やればできる」といった言葉をかけるのは、無責任な気がします。それよりも、相手のことをよく見ながら、やる気のスイッチが入るような環境を整えてあげることの方が大事だと思っています。


小宮隆太郎

これから海外の人との仕事は増えるでしょう。議論を恐れず、時には少数派になることを恐れず、積極的に背景の異なる人々と触れ合うのが大事です。


織田大蔵

確かに「事業は人なり」ではあるが、だからといって単純に、力量のある人物、野心のある人物を会社にいれればいいのかというと、そういうものではない。中小企業なんかは、なまじ小才の利く人間より、一歩一歩努力していく人間集団の方が強くなれる。