名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

堀田力の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀田力のプロフィール

堀田力、ほった・つとむ。日本の弁護士、検察官。京都出身。京都大学法学部を卒業し、司法試験合格に合格。その後、検事となり、札幌・旭川・大津各地方検察庁検事、大阪地方検察庁検事、大阪地方検察庁特別捜査部検事、法務省刑事局付検事、外務省在アメリカ合衆国日本大使館1等書記官、法務省刑事局参事官、東京地方検察庁特別捜査部検事、東京地方検察庁特別捜査部副部長、法務省刑事局総務課長、法務大臣官房人事課長、甲府地方検察庁検事正、最高検察庁検事、法務大臣官房長などを務め退官。さわやか法律事務所を設立。そのほか、財団法人さわやか福祉財団理事長、復興庁復興推進委員会委員などを務めた。

堀田力の名言 一覧

人は自分を30%のインフレで見て、他人を30%のデフレで見る。


一見まわり道のように思えることでも、前向きにやっているときっと糧になっていく。


福祉の世界に飛び込んでから、「自分一人ではたいしたことはできない」ということを痛感しています。


「こういうことをしたい」と自分の内から湧いてくる心の火を燃やし、「これぞ自分がやらなくて誰がやる」くらいの気概で情熱をかけていく。そうすると共鳴してくれる人が出てくる。人間のやりがいとか達成感というのは、他の人とつながっていくなかでふくらんでいくものではないでしょうか


使命感というと、自分が果たさなくてはならない義務や責任、あるいは与えられた任務のようなイメージもありますが、本当に大事なのは、自発的な想いや志を持って、楽しんでやることではないかと思います。


やる気と志があれば、情熱を共有する人とどんどんつながって変えていける。達成できるとうれしいから、また次の目標への励みになる。新たなやりがいが生まれます。


私は一応、理事長という立場ですが、私の決裁がなければ事が進まないということはいっさいありません。上下関係もなく、肩書きもない。大事なのは「想い」です。自分のできる範囲を広げていこうという情熱を持ち、多くの人に働きかけて、仲間をつくり、一緒に同じ目標に向かってがんばるという想いが大事です。


いろいろな人の力を借りたい、誰の力でも借りようと思って接していると、同じように情熱や信念を持っている人が共鳴して集まってきてくれる。「一緒にやってやろう」と飛び込んできてくれる頼もしい仲間がどんどん増えていきます。


継続的、恒常的に、みんなが自分のできることを少しずつやって助け合っていく社会にしていきたいというのが私たちの願いです。


外務省に出向してワシントンDCの日本大使館に勤務したとき、まさにウォーターゲート事件で揺れているころでした。私はこの機会にアメリカの汚職捜査の仕方を徹底的に学び取ろうと思いました。あの時期にアメリカに駐在し、司法省の高官たちと交流して、彼らの権力に対する毅然とした姿勢に触れ、法制度のありようを知ったことが、その後ロッキード事件で大いに役立つことになったわけですから、人生とは本当によくしたものです。


目標を定めてやると集中できることを司法試験の勉強で学んだので、私は自分の職務の中に何か目標を設定することにしました。常に自分でひとつテーマを定めて、それを自分のものにしていこうという仕事の仕方をしてきました。このスタイルは福祉にたずさわるようになったいまも変わりません。


検事としての振り出しは札幌でした。特捜部で汚職を摘発しようという志とは裏腹に、自分が処理しなくてはならないのは、警察からまわってくる無銭飲食とかコソ泥といった小さな事件です。しかしそこにはさまざまな人間のドラマがあります。人間って面白いな、人にはいろいろな生き方があるものだ、と勉強になりました。そう思うと、どんな仕事にもやりがいはある、と考えられるようになって、与えられた仕事を通して自分の糧にしていこうと思うようになりました。


有能だからといって、いつまでもその部下を手放さない人は、残酷なエゴイストである。


堀田力の経歴・略歴

堀田力、ほった・つとむ。日本の弁護士、検察官。京都出身。京都大学法学部を卒業し、司法試験合格に合格。その後、検事となり、札幌・旭川・大津各地方検察庁検事、大阪地方検察庁検事、大阪地方検察庁特別捜査部検事、法務省刑事局付検事、外務省在アメリカ合衆国日本大使館1等書記官、法務省刑事局参事官、東京地方検察庁特別捜査部検事、東京地方検察庁特別捜査部副部長、法務省刑事局総務課長、法務大臣官房人事課長、甲府地方検察庁検事正、最高検察庁検事、法務大臣官房長などを務め退官。さわやか法律事務所を設立。そのほか、財団法人さわやか福祉財団理事長、復興庁復興推進委員会委員などを務めた。

他の記事も読んでみる

松井忠三

良品計画では、「デッドライン」という管理の仕組みをつくりました。デッドラインすなわち締め切りは確実に遵守する。そのかわり、そこに至るまでのあいだは自由にやってよいという管理の仕方です。これによって、次第に当事者意識も高まってきます。


白川敬裕

知識が深まるともっと深く知りたくなって、さらに勉強したくなります。好奇心をエネルギーにしたプラスのスパイラルが自分の中に生まれれば、カバーできるスキルや知識、教養の範囲は黙っていても広がっていきます。


奥田務

企業改革は行き着くところ風土改革ですが、これはとても測りづらい。そこで、5年間にわたり、毎年、コンサルタントを使い、営業を担当する約4000人のリーダーシップや変化を好む姿勢などの改善度を面接と調査で定点観測してきました。それを見るとやはり、確実に変わっています。間隔じゃなくて目に見える数値に置き換えないと、改革を受ける側も納得しないのです。


川島永嗣

結果が明確に出るアスリートの世界では、いいときもあれば、悪いときもあるのは当然のこと。だからこれからも、結果だけにとらわれず、常に最高のパフォーマンスができるよう、準備だけは怠らず、自分を磨いていきたい。


伊勢谷友介

大学院を卒業した後、監督として映画を25、6歳で公開しているんですが、その時、監督は手段であって、自分の目的は何かと、生物として最大限の目的とは何か、と自分を問い詰めたわけです。そこで、「人類が地球に生き残るため」ということに行き着いたんです。


能町光香

部署や部門を越えた知り合いを増やしましょう。同期会の幹事を務める、同好会やクラブを立ち上げて参加者を募るなど、社内の交流を意識的に増やすこと。そこで普段接しない部署の人と積極的に関わり、仲良くなっておくのです。そうすることで、「わからないことを聞ける相手」が増えるでしょう。こうした人脈は、守備範囲外の出来事や予想外のトラブルに遭遇したときの助けとなります。


筒井義信

ナンバーワンにこだわると発信し続けているのは、それが社内のモチベーションに直結するから。売上高が他社に抜かれ続ければ、利益にも響き、取り返しのつかないことになる。


三宅裕之

もし英語を勉強したくなったら、「まず3ヶ月打ち込もう」というように期間を決めて取り組むのもいい方法です。長期間、全力疾走すると息切れしますが、短期間なら全力で取り組みやすい。そうするうちに、全力で打ち込む気持ちよさがわかってくるので、学習が楽しくなってくるでしょう。


荒濱一

「仕組み」を軌道に乗せられれば、その後は楽ですが、そこに至るまでには、数限りないトライ・アンド・エラーを繰り返さなくてはなりません。実際に「仕組み」で稼いでいる人たちは全員、例外なく、猛烈な努力家ですよ。


戸塚隆将

実際は、世界のトップレベルの仕事をする人でも、いわゆる「英語ベラペラ」でない人も案外多い。受験英語をベースとする英文法の基礎力があり、LとRの正確な発音さえしっかり身につけていれば、世界の第一線で堂々と戦うことが出来る。


吉田敬(お笑い芸人)

19の時に雇われ社長を2か月やったんです。お中元シーズンに、箱入りの素麺を贈り物用の化粧箱に詰め替えるって作業。これを200万円預かって請け負ったんです。人を雇わへんかったら、200万円全部僕のもんやけど、とても終わらへん。そこで、時給1000円で何人かバイトを雇ったんです。そしたら、明らかにできるヤツと、できへんヤツが出てきて。僕からしたら、できるヤツが同じ1000円で助かるなぁと思ってたんです。ところが、急にそいつが辞めるって言い出した。そのとき、僕は時給1500円を払ってでも辞めてほしくないと思った。だから、「周りには内緒や」って言って、バイト代を上げた。この体験は大きかった。人は辞めてほしくないヤツに、金を出してしまうんやなって。


佐々木常夫

組織の中で朝から夕方まで毎日働いていれば、自分の人生観や価値観、生き様などが、毎日の仕事ぶりにすべて表れてしまいます。ちょっとやそっと取り繕っても、どうせ本性はバレます。それならいっそのこと、予断を持たずに自然体で振る舞うほうがいい。そうすれば案外バカにされることはありません。