名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀田力の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀田力のプロフィール

堀田力、ほった・つとむ。日本の弁護士、検察官。京都出身。京都大学法学部を卒業し、司法試験合格に合格。その後、検事となり、札幌・旭川・大津各地方検察庁検事、大阪地方検察庁検事、大阪地方検察庁特別捜査部検事、法務省刑事局付検事、外務省在アメリカ合衆国日本大使館1等書記官、法務省刑事局参事官、東京地方検察庁特別捜査部検事、東京地方検察庁特別捜査部副部長、法務省刑事局総務課長、法務大臣官房人事課長、甲府地方検察庁検事正、最高検察庁検事、法務大臣官房長などを務め退官。さわやか法律事務所を設立。そのほか、財団法人さわやか福祉財団理事長、復興庁復興推進委員会委員などを務めた。

堀田力の名言 一覧

人は自分を30%のインフレで見て、他人を30%のデフレで見る。


一見まわり道のように思えることでも、前向きにやっているときっと糧になっていく。


福祉の世界に飛び込んでから、「自分一人ではたいしたことはできない」ということを痛感しています。


「こういうことをしたい」と自分の内から湧いてくる心の火を燃やし、「これぞ自分がやらなくて誰がやる」くらいの気概で情熱をかけていく。そうすると共鳴してくれる人が出てくる。人間のやりがいとか達成感というのは、他の人とつながっていくなかでふくらんでいくものではないでしょうか


使命感というと、自分が果たさなくてはならない義務や責任、あるいは与えられた任務のようなイメージもありますが、本当に大事なのは、自発的な想いや志を持って、楽しんでやることではないかと思います。


やる気と志があれば、情熱を共有する人とどんどんつながって変えていける。達成できるとうれしいから、また次の目標への励みになる。新たなやりがいが生まれます。


私は一応、理事長という立場ですが、私の決裁がなければ事が進まないということはいっさいありません。上下関係もなく、肩書きもない。大事なのは「想い」です。自分のできる範囲を広げていこうという情熱を持ち、多くの人に働きかけて、仲間をつくり、一緒に同じ目標に向かってがんばるという想いが大事です。


いろいろな人の力を借りたい、誰の力でも借りようと思って接していると、同じように情熱や信念を持っている人が共鳴して集まってきてくれる。「一緒にやってやろう」と飛び込んできてくれる頼もしい仲間がどんどん増えていきます。


継続的、恒常的に、みんなが自分のできることを少しずつやって助け合っていく社会にしていきたいというのが私たちの願いです。


外務省に出向してワシントンDCの日本大使館に勤務したとき、まさにウォーターゲート事件で揺れているころでした。私はこの機会にアメリカの汚職捜査の仕方を徹底的に学び取ろうと思いました。あの時期にアメリカに駐在し、司法省の高官たちと交流して、彼らの権力に対する毅然とした姿勢に触れ、法制度のありようを知ったことが、その後ロッキード事件で大いに役立つことになったわけですから、人生とは本当によくしたものです。


目標を定めてやると集中できることを司法試験の勉強で学んだので、私は自分の職務の中に何か目標を設定することにしました。常に自分でひとつテーマを定めて、それを自分のものにしていこうという仕事の仕方をしてきました。このスタイルは福祉にたずさわるようになったいまも変わりません。


検事としての振り出しは札幌でした。特捜部で汚職を摘発しようという志とは裏腹に、自分が処理しなくてはならないのは、警察からまわってくる無銭飲食とかコソ泥といった小さな事件です。しかしそこにはさまざまな人間のドラマがあります。人間って面白いな、人にはいろいろな生き方があるものだ、と勉強になりました。そう思うと、どんな仕事にもやりがいはある、と考えられるようになって、与えられた仕事を通して自分の糧にしていこうと思うようになりました。


有能だからといって、いつまでもその部下を手放さない人は、残酷なエゴイストである。


堀田力の経歴・略歴

堀田力、ほった・つとむ。日本の弁護士、検察官。京都出身。京都大学法学部を卒業し、司法試験合格に合格。その後、検事となり、札幌・旭川・大津各地方検察庁検事、大阪地方検察庁検事、大阪地方検察庁特別捜査部検事、法務省刑事局付検事、外務省在アメリカ合衆国日本大使館1等書記官、法務省刑事局参事官、東京地方検察庁特別捜査部検事、東京地方検察庁特別捜査部副部長、法務省刑事局総務課長、法務大臣官房人事課長、甲府地方検察庁検事正、最高検察庁検事、法務大臣官房長などを務め退官。さわやか法律事務所を設立。そのほか、財団法人さわやか福祉財団理事長、復興庁復興推進委員会委員などを務めた。

他の記事も読んでみる

内田和成

スピードと質の双方が求められるビジネスの現場では、仮説を立て、ものごとを答えから考える「仮説思考」が重要になる。まず「仮の答え」である仮説を立ててから、細かい作業にかかるという方法で、コンサルタントの必須スキルだ。この仮説の立て方は、各人各様で上席はないが、私は突然ひらめくことが多い。


鳥塚亮

「地元の足を守る」という考え方だけではダメ。ローカル線に魅力を感じる都会の人たちを呼び込み、地域にお金を落としていってもらわなければならない。


キャロル・ドゥエック

企業はどれくらい結果を出したかということよりも、どれくらい進歩しているかということに注目をすべきです。その評価体系が企業内に行き渡り、進歩が報われると、より多くのイノベーションが起こるようになるでしょう。


稲村純三

昨年、入社10年以内の社員約20人が中心になり、明電グループ社員が共有し、実践すべき行動指針を策定しました。若い人たちに社員として進むべき道を考えてもらったのです。内容は、常に問題意識を持って物事を考え続けよう、みんなで考え、みんなで行動しよう、そしてお客様から愛される会社になろう、というものです。


ジャスパー・チャン

アマゾンは根本的にテクノロジー企業です。買い物や(映画や音楽などの)エンターテインメントのコンテンツを楽しむ方法や、家庭での生活をもっと楽にできるようなやり方を考え続けています。常に昨日よりもっと良くなるような方法を考え、進化を続けています。


倉持淳子

習慣化の目安は3か月です。1か月ごとの短期目標を3回クリアすれば、あとは意識しなくても自然に体が動くはずです。3か月たっても短期目標をクリアできなければ、行動を間違えている可能性が大です。その場合は別のアプローチで目標達成を模索したほうがいいでしょう。


江崎利一

なるほど、グリコ・キャラメルなら、既存のキャラメル類におんぶされて、楽に伸びられるかもしれないが、それでは新しい栄養菓子を売り出す意義がない。それに既存商品を追い越すことは絶対にできないだろう。キャラメルではない新しい菓子が、グリコなのである。売り出す苦労は、覚悟の上のこと。簡単、剴切(がいせつ=よく当てはまる)で語呂がよく、広告の原則にもかない、効果の上でも有利と判断したからである。
【覚書き|商品名を「グリコ・キャラメル」にした方がいいという大勢の意見を無視し、「グリコ」の名で販売開始した理由について語った言葉】


西村克己

「どういった人が買うのか」という素朴な疑問から仮説を立て、さらに過去の経験やデータをもとに検証を重ねつつ、具体的な「売れる商品」に結びつける。このように仮説を連想させるのが成功の秘訣。


中村勘三郎・18代目(5代目 中村勘九郎)

悩むのは家の中だけでいい。稽古場ではとにかくやれ、動物的に動け。


船津浩三

一部上場の大手システムインテグレーターは上流工程から参画するケースがありますが、我々のような新規上場の会社は通常、二次請けになる場合が多いんです。しかし当社は、たとえば大手生命保険会社や大手ホテルチェーンなどと長年、直接取引をするなど実績があります。お仕事をさせていただく中で信頼していただき、それが直接取引につながったのです。現在、全体の売り上げの45%がエンドユーザーさんとの直接取引になっていますし、開発案件の受注の75%が継続での受注です。これが安定した受注、収益力につながっており、当社の強みになっています。


山中伸弥

しっかりしたビジョンがあれば、どんな仕事もとても楽になる。決断を迫られた時や悩み事がある時も、ビジョンに立ち戻ればいい。そこから自然と進むべき道が見えてくるはず。だからこそ若いうちに、しっかりとしたビジョンを持ってほしい。


冨安徳久

常識の中で考えていては、世の中が変わった時に付いていけません。私たちが生き残るためには、変化に適応していかなければなりません。