名言DB

9412 人 / 110637 名言

堀田力の名言

twitter Facebook はてブ

堀田力のプロフィール

堀田力、ほった・つとむ。日本の弁護士、検察官。京都出身。京都大学法学部を卒業し、司法試験合格に合格。その後、検事となり、札幌・旭川・大津各地方検察庁検事、大阪地方検察庁検事、大阪地方検察庁特別捜査部検事、法務省刑事局付検事、外務省在アメリカ合衆国日本大使館1等書記官、法務省刑事局参事官、東京地方検察庁特別捜査部検事、東京地方検察庁特別捜査部副部長、法務省刑事局総務課長、法務大臣官房人事課長、甲府地方検察庁検事正、最高検察庁検事、法務大臣官房長などを務め退官。さわやか法律事務所を設立。そのほか、財団法人さわやか福祉財団理事長、復興庁復興推進委員会委員などを務めた。

堀田力の名言 一覧

人は自分を30%のインフレで見て、他人を30%のデフレで見る。


一見まわり道のように思えることでも、前向きにやっているときっと糧になっていく。


福祉の世界に飛び込んでから、「自分一人ではたいしたことはできない」ということを痛感しています。


「こういうことをしたい」と自分の内から湧いてくる心の火を燃やし、「これぞ自分がやらなくて誰がやる」くらいの気概で情熱をかけていく。そうすると共鳴してくれる人が出てくる。人間のやりがいとか達成感というのは、他の人とつながっていくなかでふくらんでいくものではないでしょうか


使命感というと、自分が果たさなくてはならない義務や責任、あるいは与えられた任務のようなイメージもありますが、本当に大事なのは、自発的な想いや志を持って、楽しんでやることではないかと思います。


やる気と志があれば、情熱を共有する人とどんどんつながって変えていける。達成できるとうれしいから、また次の目標への励みになる。新たなやりがいが生まれます。


私は一応、理事長という立場ですが、私の決裁がなければ事が進まないということはいっさいありません。上下関係もなく、肩書きもない。大事なのは「想い」です。自分のできる範囲を広げていこうという情熱を持ち、多くの人に働きかけて、仲間をつくり、一緒に同じ目標に向かってがんばるという想いが大事です。


いろいろな人の力を借りたい、誰の力でも借りようと思って接していると、同じように情熱や信念を持っている人が共鳴して集まってきてくれる。「一緒にやってやろう」と飛び込んできてくれる頼もしい仲間がどんどん増えていきます。


継続的、恒常的に、みんなが自分のできることを少しずつやって助け合っていく社会にしていきたいというのが私たちの願いです。


外務省に出向してワシントンDCの日本大使館に勤務したとき、まさにウォーターゲート事件で揺れているころでした。私はこの機会にアメリカの汚職捜査の仕方を徹底的に学び取ろうと思いました。あの時期にアメリカに駐在し、司法省の高官たちと交流して、彼らの権力に対する毅然とした姿勢に触れ、法制度のありようを知ったことが、その後ロッキード事件で大いに役立つことになったわけですから、人生とは本当によくしたものです。


目標を定めてやると集中できることを司法試験の勉強で学んだので、私は自分の職務の中に何か目標を設定することにしました。常に自分でひとつテーマを定めて、それを自分のものにしていこうという仕事の仕方をしてきました。このスタイルは福祉にたずさわるようになったいまも変わりません。


検事としての振り出しは札幌でした。特捜部で汚職を摘発しようという志とは裏腹に、自分が処理しなくてはならないのは、警察からまわってくる無銭飲食とかコソ泥といった小さな事件です。しかしそこにはさまざまな人間のドラマがあります。人間って面白いな、人にはいろいろな生き方があるものだ、と勉強になりました。そう思うと、どんな仕事にもやりがいはある、と考えられるようになって、与えられた仕事を通して自分の糧にしていこうと思うようになりました。


有能だからといって、いつまでもその部下を手放さない人は、残酷なエゴイストである。


堀田力の経歴・略歴

堀田力、ほった・つとむ。日本の弁護士、検察官。京都出身。京都大学法学部を卒業し、司法試験合格に合格。その後、検事となり、札幌・旭川・大津各地方検察庁検事、大阪地方検察庁検事、大阪地方検察庁特別捜査部検事、法務省刑事局付検事、外務省在アメリカ合衆国日本大使館1等書記官、法務省刑事局参事官、東京地方検察庁特別捜査部検事、東京地方検察庁特別捜査部副部長、法務省刑事局総務課長、法務大臣官房人事課長、甲府地方検察庁検事正、最高検察庁検事、法務大臣官房長などを務め退官。さわやか法律事務所を設立。そのほか、財団法人さわやか福祉財団理事長、復興庁復興推進委員会委員などを務めた。

他の記事も読んでみる

加来耕三

日清戦争当時、国力を比較すると清国が50で日本は1くらい。でも、英国だけは日本が勝つと公言していました。その理由を「日本人は自分たちで船を動かし、修理も自分たちでする。一方、清国は、船を欧州から購入し、動かすのも欧米人。彼らに忠誠心はない」というのです。結果は、ご存じのとおり。こうした数と力に頼る解決策を採れば、結局は何事もなし得ないということです。日本の企業もいつしか教育できる人間がいなければ外部から専門家を呼んでくるようになりました。何としてでも自分たちで次のリーダーを育てよう、とはしません。かつての清国のような大国的な意識になってしまっている気がします。


宗次直美

うちの店は狭いので、どこからでもお客様の視線を感じていなければいけません。スタッフの背中に目がついていないようなときは、背中をひとつピターンと張り(叩き)ますよ(笑)。


池田繁美(コンサルタント)

よく「お客様を大切に」と強調されますが、実際にお客様と接するのは社員です。ですから、経営者はお客様のことを言うよりも先に、まず社員を大事にしなければならない。


橋下徹

国は口ばっかり出して、現場のことを何もわかっていない。いまの日本のありとあらゆる領域は、民主主義の名のもとに「決定できない」「決定してないから責任をとらない」という枠組み・仕組みになっている。知事や市町村長の仕事もそうですし、教育行政も誰が責任を取っているのかわからないような仕組みになっている。僕はこうしたおかしな仕組みを変えて「決定できる民主主義、責任をとる民主主義」にしたいのです。


ティム・ペック

当社の企業風土のひとつとして、分権化を重視していることが挙げられます。これはグローバルカンパニーでは珍しいことですが、個々のグループ会社が、担当するマーケットに関しての全責任を負っているのです。つまり、会社組織自体が、上部組織に相談しなければ何事も決められないという体制ではないのです。


メンタリストDaiGo

苦手な相手やムカつく相手と接するときは、相手を変えることを考えるより、自分のメンタル面を鍛えたほうが早い。


長谷川和廣

「ひと花咲かせてやろう」という欲を持つことが大切です。いまの地位にしがみつこうとする依存心を捨てること。そして前向きな成功のイメージを持って、人生を切り開いていく。そんな気概を持った人が大きく伸びていくでしょう。減点主義で差をつけた時代は終わりました。これからは何が何でも、利益やシェアを奪い取ってくる社員が勝ち組かもしれません。


新谷学

まず、私たちは、読者から何に対してお金を払っていただいているのかを突き詰めて考える。「週刊文春」の武器はコンテンツであり、最大の武器はスクープです。このスクープ力をさらに磨き、最強化していくことが、「週刊文春」というビジネスモデルを存続させる上で最も重要だと確信しています。


鈴木喬(経営者)

うちは「製造業」というより「お客様満足業」。お客様の好き、嫌いで戦っている世界です。今、生きているのが不思議ですね。毎日バクチをやってるようなもの。一寸先は闇ですよ。


安岡正篤

乱世になればなるほど我々は余裕というものを持たなければならない。余裕があって初めて本当にものを考えることもできる、本当に行動を起こすこともできるわけです。ことに善人は神経が細いから、なおさら本当の意味の余裕が必要であります。


遠藤健(経営者)

損害保険会社がなぜ介護事業をやるのかと、よく言われます。でも、施設の整備のような場面では、資本力を生かすことができるし、IT活用など仕事の効率を上げるノウハウも使えます。独立系の多い従来の介護会社とは異なる力を持ち込めると思っています。


永山治

大きな流れをとらえることが大事。時代の潮目を読み、事業の枠組みをしっかり整えれば、多少のトラブルが起こっても解決できる。


小田禎彦

従業員が充実感を覚えながら働くようでなければ、付加価値のあるサービスは提供できない。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

つらい時は、引退して海外で勉強したいということばかり考えていた。でも、最後には踏み留まることになりました。コンビニやスーパーの店頭で10年以上生き残った商品に対する責任を感じたと言うか、デザインしたものが企業と自分の子どものようで見捨てられなかったんですね。


真藤昌瑳熙

部下に仕事を任せられない問題のほとんどは、本人のマインドセットに原因があります。多くの上司は「自分でなければこの仕事はできないから、部下に任せられない」と口にしますが、本当は「仕事を多く抱えることで自分を重要な存在だと思いたい」「部下が自分よりも成長すると、立つ瀬がない」という「無価値感」への恐怖があるのです。