堀田力の名言

堀田力のプロフィール

堀田力、ほった・つとむ。日本の弁護士、検察官。京都出身。京都大学法学部を卒業し、司法試験合格に合格。その後、検事となり、札幌・旭川・大津各地方検察庁検事、大阪地方検察庁検事、大阪地方検察庁特別捜査部検事、法務省刑事局付検事、外務省在アメリカ合衆国日本大使館1等書記官、法務省刑事局参事官、東京地方検察庁特別捜査部検事、東京地方検察庁特別捜査部副部長、法務省刑事局総務課長、法務大臣官房人事課長、甲府地方検察庁検事正、最高検察庁検事、法務大臣官房長などを務め退官。さわやか法律事務所を設立。そのほか、財団法人さわやか福祉財団理事長、復興庁復興推進委員会委員などを務めた。

堀田力の名言 一覧

人は自分を30%のインフレで見て、他人を30%のデフレで見る。


一見まわり道のように思えることでも、前向きにやっているときっと糧になっていく。


福祉の世界に飛び込んでから、「自分一人ではたいしたことはできない」ということを痛感しています。


「こういうことをしたい」と自分の内から湧いてくる心の火を燃やし、「これぞ自分がやらなくて誰がやる」くらいの気概で情熱をかけていく。そうすると共鳴してくれる人が出てくる。人間のやりがいとか達成感というのは、他の人とつながっていくなかでふくらんでいくものではないでしょうか


使命感というと、自分が果たさなくてはならない義務や責任、あるいは与えられた任務のようなイメージもありますが、本当に大事なのは、自発的な想いや志を持って、楽しんでやることではないかと思います。


やる気と志があれば、情熱を共有する人とどんどんつながって変えていける。達成できるとうれしいから、また次の目標への励みになる。新たなやりがいが生まれます。


私は一応、理事長という立場ですが、私の決裁がなければ事が進まないということはいっさいありません。上下関係もなく、肩書きもない。大事なのは「想い」です。自分のできる範囲を広げていこうという情熱を持ち、多くの人に働きかけて、仲間をつくり、一緒に同じ目標に向かってがんばるという想いが大事です。


いろいろな人の力を借りたい、誰の力でも借りようと思って接していると、同じように情熱や信念を持っている人が共鳴して集まってきてくれる。「一緒にやってやろう」と飛び込んできてくれる頼もしい仲間がどんどん増えていきます。


継続的、恒常的に、みんなが自分のできることを少しずつやって助け合っていく社会にしていきたいというのが私たちの願いです。


外務省に出向してワシントンDCの日本大使館に勤務したとき、まさにウォーターゲート事件で揺れているころでした。私はこの機会にアメリカの汚職捜査の仕方を徹底的に学び取ろうと思いました。あの時期にアメリカに駐在し、司法省の高官たちと交流して、彼らの権力に対する毅然とした姿勢に触れ、法制度のありようを知ったことが、その後ロッキード事件で大いに役立つことになったわけですから、人生とは本当によくしたものです。


目標を定めてやると集中できることを司法試験の勉強で学んだので、私は自分の職務の中に何か目標を設定することにしました。常に自分でひとつテーマを定めて、それを自分のものにしていこうという仕事の仕方をしてきました。このスタイルは福祉にたずさわるようになったいまも変わりません。


検事としての振り出しは札幌でした。特捜部で汚職を摘発しようという志とは裏腹に、自分が処理しなくてはならないのは、警察からまわってくる無銭飲食とかコソ泥といった小さな事件です。しかしそこにはさまざまな人間のドラマがあります。人間って面白いな、人にはいろいろな生き方があるものだ、と勉強になりました。そう思うと、どんな仕事にもやりがいはある、と考えられるようになって、与えられた仕事を通して自分の糧にしていこうと思うようになりました。


有能だからといって、いつまでもその部下を手放さない人は、残酷なエゴイストである。


堀田力の経歴・略歴

堀田力、ほった・つとむ。日本の弁護士、検察官。京都出身。京都大学法学部を卒業し、司法試験合格に合格。その後、検事となり、札幌・旭川・大津各地方検察庁検事、大阪地方検察庁検事、大阪地方検察庁特別捜査部検事、法務省刑事局付検事、外務省在アメリカ合衆国日本大使館1等書記官、法務省刑事局参事官、東京地方検察庁特別捜査部検事、東京地方検察庁特別捜査部副部長、法務省刑事局総務課長、法務大臣官房人事課長、甲府地方検察庁検事正、最高検察庁検事、法務大臣官房長などを務め退官。さわやか法律事務所を設立。そのほか、財団法人さわやか福祉財団理事長、復興庁復興推進委員会委員などを務めた。

他の記事も読んでみる

小池百合子

自分を印象づけることができたら、次は「また会いたいな」と思わせることが大切です。そう思われるのは、面白い話をしてくれる人、自分にとって有益な意見をくれる人でしょう。


小林喜光

人は、いくつになっても「怒れる人間」でないとダメだと思います。怒り、悔しさがあるから変えよう、変わろうとするのです。


佐藤優

同志社大学の神学部に進むかどうかで、悩んでいたとき、埼玉県浦和高校で倫理を担当していた堀江六郎先生に「神学部じゃ将来食べていけませんよね?」と聞いたら、「佐藤君、本当に好きなことをやっている人で、食べていけていない人を僕は一人も知りません。ただし、本当に好きなことに限られますよ」と。その言葉で僕は同志社大学の神学部に進むことを決めました。


佐藤康行

ハーバード大学での75年にわたる研究によれば、人間の幸せの最大の基準値は良好な人間関係にあるそうです。コミュニケーション不全が、メンタルの問題を引き起こす原因となっているのです。


米田功

どんなに緊張しても歩くことは誰でもできますよね。僕らはまさに歩くことと同じくらいになるまで技を身に付けてきたという自負がありました。たとえ寝起きで寝ぼけていても完璧に演技ができる。その自信があるからこそ、どんなに緊張していても怖じ気づくことなく、演技ができたんだと思います。


本田宗一郎

技術屋ってのは、手でモノを作る商売なんで、しゃべったり、文章を書いたりするのは俺は苦手なんだよ。その俺にかしこまった人生訓だの家庭訓だなんて苦手だね。だいたい、おれにとって家庭訓が一番難しいってことは、世間様のほうがよく知っているよ。それでもまあ、自分の生き方を強いて言うなら「当たり前のことを当たり前にやる」ってことかな。こんなことは人生訓にゃならないかもしれないけど、俺はこれまで当たり前のことを当たり前にやってきたつもりだよ。


野村克也

言い訳を言う人間のもとにはツキというか、運は回ってこないんだ。鹿児島弁で「議(ぎ)」というらしいが、議を言えば余計に勝てなくなるんだよ。


金井誠太

よく誤解されますが、ベンチマークというのは、競合で一番高性能な部分をピックアップ。すること、ではありません。もっと細かくて、「ここは軽さを狙う、ここは安さを狙う、ここは思い切り性能を狙う」とアプローチを決めた上で、それぞれの分野でもっとも優れた競合を探し、その手法を勉強した上でさらに上回る知恵を出そう、少なくとも、同等のものは出さねばならない、という考え方です。


劉海涛

成長し続けるには変化に対応できるかどうか、それが一番大事。


池史彦

日本国内では「若者のクルマ離れ」が叫ばれているが、我々自動車メーカーの方が、消費者から離れていたのではないか。


柳井正

自分たちは、世の中に役立つものをこれからもつくり続けなければいけない。


柳川範之

これから先、ビジネス環境がどう変化するかを正確に予測することはできません。ですから、「このスキルを身につけておけば間違いない」と言えるスキルはない。強いて挙げれば、「環境が変わったときに、その新しい環境に対応した新しいスキルを身につけられる能力」でしょう。身につけるべきは、個別のスキルではなく、環境の変化に対応できる能力なのです。


ヨハネ・パウロ・2世

未来は今日始まる。明日始まるのではない。


テリー伊藤

俺はこれまで仕事を通して、壮絶な人生を過ごした人にたくさん会ってきたけど、人間ってすごいんですよ。どんなに過酷な経験をした人でも、「あの経験があるから、いまがある」っていうんだ。


菊原智明

相手への印象を大きく左右するのが姿勢です。会議や打ち合わせの際に椅子の背に寄りかかって話を聞くと、「熱心ではない」と見られてしまいます。猫背で下を向きながら歩くと、「やる気がない」印象を与えることもあるんです。


ページの先頭へ