名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

堀田健介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀田健介のプロフィール

堀田健介、ほった・けんすけ。モルガン・スタンレー証券(現:モルガン・スタンレーMUFG証券)会長。慶應義塾大学卒業後、住友銀行入行。同社で取締役、常務、専務、副頭取を経て退行。モルガン・スタンレー・ジャパン・リミテッド(のちのモルガン・スタンレー証券)の会長となった。商船三井監査役、小松製作所取締役なども務めた。父は住友の法皇と称された住友銀行頭取の堀田庄三。弟は大正製薬創業家に婿入りした上原明

堀田健介の名言 一覧

リスク管理なしに経済も政治も社会も考えられない時代になりました。「安全と水と空気はただ」という言葉も正しくない。安全についてはコストを考えなければなりません。


もうこんな高いビルにいるべきではない。同じニューヨークでも、ミッドタウンにある5から6階建てのビルにオフィスを移すことにしました。WTC(世界貿易センター)側から家賃を安くするので残ってほしいと頼まれました。反対を説得するのに時間がかかり、日米でリスクに対する考え方に大きな開きがあること感じました。
【覚書き|911のWTCへの飛行機テロの数年前、同ビルが爆弾テロで攻撃された時を振り返っての話。当時堀田氏は、住友銀行の専務としてアメリカに駐在していて、同社オフィスが世界貿易センタービルの96階にあった。このときのオフィス移転の決断が数年後、多くの住友銀行社員の命を救うこととなった】


モルガン・スタンレーには、ビジネス・コンティニュイティー・プランというものがあります。ここがつぶれたら、どこで決済や取引を継続するのか、常に事業の継続性を持とうというものです。我々は常に予測せぬリスクに投資しています。ビジネス・コンティニュイティー・プランは一種の保険料的な役割を果たしています。最悪のシナリオのときでも、事業を継続していくプランを考えておくことは、非常に重要な経営者の責任です。


最悪のケースに対応できるようにしておくことがリスク管理です。何が起きるかわからないのです。予兆や先駆けがあればいいけれど、何もなしに異常事態が出てくるのがいまの特徴です。20世紀の社会は「天災は忘れたころにやってくる」と言われていました。しかし、21世紀は「災害は忘れずにやってくる」、つまりリスクの中で生活していくのが我々の社会ということです。


堀田健介の経歴・略歴

堀田健介、ほった・けんすけ。モルガン・スタンレー証券(現:モルガン・スタンレーMUFG証券)会長。慶應義塾大学卒業後、住友銀行入行。同社で取締役、常務、専務、副頭取を経て退行。モルガン・スタンレー・ジャパン・リミテッド(のちのモルガン・スタンレー証券)の会長となった。商船三井監査役、小松製作所取締役なども務めた。父は住友の法皇と称された住友銀行頭取の堀田庄三。弟は大正製薬創業家に婿入りした上原明

他の記事も読んでみる

本郷孔洋

良い経営者は、節税もうまい。


品川正治

経済大国になろうとは、戦後あの廃墟の中、よくも壮大な誓いを立てたものです。それをまた私たちは見事に実現した。大いに誇っていい達成ではありませんか。にもかかわらず、もっと大きくしなければ幸せな国民生活が作れないかに思い込んでいるから、そこに焦燥が生まれるのです。何が一番大切か、考えるゆとりが失われるのです。


山西健一郎

三菱電機では各本部の本部長になると執行役を兼務します。その執行役は「三菱電機の執行役」として、企業全体の視点で経営判断をすべきです。しかし本部生え抜きの人材は、「各本部の利益代表」という発想から抜けられないこともあります。このため他の本部から抜擢する人事を意図的に行ってきました。また、常務クラスが集まって経営課題を議論する場もつくっています。こうして次の経営層の人材に厚みをつくっておくことが将来の三菱電機の役に立つことだと思います。


木瀬照雄

何のために仕事をするのか常に考えて欲しい。そのときは3つの見方で見るといい。ひとつは「未来から見る」こと。2つ目は「2ランク上の立場(役職)から見る」こと。そして3つめは「お客様の立場で見る」こと。


金森政雄

粘って粘り抜く。そうすればいつかは曙光が見えてくるものと私は確信しています。


山田義仁

高い目標を達成するには、常識的なことばかりやっていてはダメだ。


山田満(経営者)

大手が業績不振で赤字になり苦しんでいるでしょう。私はトップダウンだけで、現場の声をしっかり吸い上げていないのではないかと思います。


貝沼由久

ツーアウトかスリーアウトチェンジかはその状況によるが、社員がたとえ失敗してもワンアウトチェンジには絶対にしない。


辻芳樹

父を含め、私の親世代の経営者は大半がトップダウンですから、教員の自由裁量が大きい辻調グループにも受け身の風土は存在していました。そこで私の代になって合議制を採用しました。重大なことを決めるときは教員と徹底的に議論します。能動的に考え、仕事をしてもらいたいからです。


樋口武男

社長に就任してまだ2年足らずだった私は、ある大きな決断を下しました。それは、大和ハウスグループが抱えていた負の遺産を一括して整理することでした。損失を数年にわたって少しずつ計上すれば、決算上は黒字を保つことも可能でした。ですが、黒字の額が少ない状態が何年も続くと、社員のやる気をそいでしまう。そう考えて、あえて赤字決算に踏み切りました。


マーク・ハード

勝利を手にしても、いつまでも美酒に酔いしれていてはいけない。すぐ次の目標へと頭を切り替えるのだ。


村口和孝

たまたま売れて利益が出ることもあるが、どこかでおかしくなる。一瞬利益が出て成功しているように見えるので「驕った経営」の状態となり、本人は実力で成功していると思いこんでいるだけ、修正が効かないことが多く、余計に事態は厄介である。