名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀田健介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀田健介のプロフィール

堀田健介、ほった・けんすけ。モルガン・スタンレー証券(現:モルガン・スタンレーMUFG証券)会長。慶應義塾大学卒業後、住友銀行入行。同社で取締役、常務、専務、副頭取を経て退行。モルガン・スタンレー・ジャパン・リミテッド(のちのモルガン・スタンレー証券)の会長となった。商船三井監査役、小松製作所取締役なども務めた。父は住友の法皇と称された住友銀行頭取の堀田庄三。弟は大正製薬創業家に婿入りした上原明

堀田健介の名言 一覧

リスク管理なしに経済も政治も社会も考えられない時代になりました。「安全と水と空気はただ」という言葉も正しくない。安全についてはコストを考えなければなりません。


もうこんな高いビルにいるべきではない。同じニューヨークでも、ミッドタウンにある5から6階建てのビルにオフィスを移すことにしました。WTC(世界貿易センター)側から家賃を安くするので残ってほしいと頼まれました。反対を説得するのに時間がかかり、日米でリスクに対する考え方に大きな開きがあること感じました。
【覚書き|911のWTCへの飛行機テロの数年前、同ビルが爆弾テロで攻撃された時を振り返っての話。当時堀田氏は、住友銀行の専務としてアメリカに駐在していて、同社オフィスが世界貿易センタービルの96階にあった。このときのオフィス移転の決断が数年後、多くの住友銀行社員の命を救うこととなった】


モルガン・スタンレーには、ビジネス・コンティニュイティー・プランというものがあります。ここがつぶれたら、どこで決済や取引を継続するのか、常に事業の継続性を持とうというものです。我々は常に予測せぬリスクに投資しています。ビジネス・コンティニュイティー・プランは一種の保険料的な役割を果たしています。最悪のシナリオのときでも、事業を継続していくプランを考えておくことは、非常に重要な経営者の責任です。


最悪のケースに対応できるようにしておくことがリスク管理です。何が起きるかわからないのです。予兆や先駆けがあればいいけれど、何もなしに異常事態が出てくるのがいまの特徴です。20世紀の社会は「天災は忘れたころにやってくる」と言われていました。しかし、21世紀は「災害は忘れずにやってくる」、つまりリスクの中で生活していくのが我々の社会ということです。


堀田健介の経歴・略歴

堀田健介、ほった・けんすけ。モルガン・スタンレー証券(現:モルガン・スタンレーMUFG証券)会長。慶應義塾大学卒業後、住友銀行入行。同社で取締役、常務、専務、副頭取を経て退行。モルガン・スタンレー・ジャパン・リミテッド(のちのモルガン・スタンレー証券)の会長となった。商船三井監査役、小松製作所取締役なども務めた。父は住友の法皇と称された住友銀行頭取の堀田庄三。弟は大正製薬創業家に婿入りした上原明

他の記事も読んでみる

安藤美冬

私は会社員時代から意識してオフィスを離れて仕事をするようにしていました。いつも同じ人と同じ場所で仕事をしていると、思考回路が凝り固まってしまうような気がしたからです。とくに何かの企画を考える際は、会社近くの喫茶店やホテルのティールーム、訪問先企業のロビーなど、環境を変えて仕事をすることを意識していました。クリエイティブなアイデアをひねり出すため、場の力を借りるという感じです。


貞末良雄

外国では、どこの大学を卒業したかも、どんな有名企業の社員であるかも関係ない。自分「個人」が見られます。


清水陽平

匿名であっても、それまでの書き込みの内容や、SNSでつながる友人の断片的情報をつなぎあわせて、勤務先や実名が特定されることがあります。個人が特定されると自宅や勤務先にまで嫌がらせがいくケースも。業務やモラルに関わることになれば、評価が下がり、退職に追い込まれる事例も出ています。


佐藤浩志(コンサルタント)

ブランディングには、お金も時間もかかりますが、企業の収益が安定している時に次の一手を打つべきです。永くブランドを愛してくれるファンを逃さないために、こう思われたいという理想に向かっていくブランドの「生き方」を提案するのが当社の役目です。


朝倉千恵子

100年続いている老舗を見ると、やっぱり人を大事にしています。人を育てて、社員を含め縁あるすべての人や企業から、「あの社長と仕事ができてよかった」「あの会社に自分のすべてをかけてよかった」と言われる企業こそが長く続くのであり、私はそういう会社をつくりたいと思うのです。


田中仁(経営者)

既存のビジネスモデルをただ延長するのでは危険。新たな挑戦が求められている。


大倉忠司

私どもも30年以上やってきましたから、既存店売上高が落ち込む経験は、過去に何度もしてきました。リーマンショックの少し後に、低価格居酒屋が乱立したときもそうです。客単価が3000円以上の店が急に苦しくなって、均一価格にかなり参入してきたんです。これはもう外食の宿命です。その結果、2010~11年ごろは既存店売上高が前年同月の95%くらいで低迷しました。ただそれも、1年半くらいかけて回復していきました。お客様が戻ってきてくれたんです。特別なことをしたわけではありません。慌てず、ブレずに、しっかりとした品質の商品・サービスを提供し続けた。それだけです。当社の歴史を振り返ると、そんなことの繰り返しです。


一圓克彦

SNSは人とつながるツールなので、売り込みに使うのはNG。商売の話ばかりをしていると、「また売り込みだ」と周囲をうんざりさせます。ネットだと相手の顔が見えず、ついずうずうしく振るまいがちなので注意が必要です。


張本邦雄

営業での人間関係の構築は悩みを共有することがスタート。


佐藤可士和

宝の山はいろんな場所にころがっている。お酒を飲むことでも、スポーツをするときでも何でもいいけれど、「これはどうして面白いのだろう?」と思いながら楽しむ。どんな仕事でも、その体感が必ず何かの「解」になるときがある。


塚越寛

私の場合、会社の目的は「人を幸せにすること」だと考えている。幸せという言葉を使わずに経営などできない。人間が生きる目的はどんな場合も、突き詰めれば幸せになることであるからだ。


松本晃(経営者)

部下を持つ人は、組織全体で生産性をアップして成果を上げるための勉強をすべき。会社も学びたいという人は積極的に支援してあげるべき。例えばビジネススクールに行きたいなら費用を出してあげる。社員が知識を得るというのは会社にとって「投資」ですよ。管理職に支払う役職手当が少なすぎるのも問題です。チームを率いる大事な仕事ですから。手当が大幅に跳ね上がるなら、みんな目の色を変えてマネジメントを勉強すると思いますよ。