名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀田健介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀田健介のプロフィール

堀田健介、ほった・けんすけ。モルガン・スタンレー証券(現:モルガン・スタンレーMUFG証券)会長。慶應義塾大学卒業後、住友銀行入行。同社で取締役、常務、専務、副頭取を経て退行。モルガン・スタンレー・ジャパン・リミテッド(のちのモルガン・スタンレー証券)の会長となった。商船三井監査役、小松製作所取締役なども務めた。父は住友の法皇と称された住友銀行頭取の堀田庄三。弟は大正製薬創業家に婿入りした上原明

堀田健介の名言 一覧

リスク管理なしに経済も政治も社会も考えられない時代になりました。「安全と水と空気はただ」という言葉も正しくない。安全についてはコストを考えなければなりません。


もうこんな高いビルにいるべきではない。同じニューヨークでも、ミッドタウンにある5から6階建てのビルにオフィスを移すことにしました。WTC(世界貿易センター)側から家賃を安くするので残ってほしいと頼まれました。反対を説得するのに時間がかかり、日米でリスクに対する考え方に大きな開きがあること感じました。
【覚書き|911のWTCへの飛行機テロの数年前、同ビルが爆弾テロで攻撃された時を振り返っての話。当時堀田氏は、住友銀行の専務としてアメリカに駐在していて、同社オフィスが世界貿易センタービルの96階にあった。このときのオフィス移転の決断が数年後、多くの住友銀行社員の命を救うこととなった】


モルガン・スタンレーには、ビジネス・コンティニュイティー・プランというものがあります。ここがつぶれたら、どこで決済や取引を継続するのか、常に事業の継続性を持とうというものです。我々は常に予測せぬリスクに投資しています。ビジネス・コンティニュイティー・プランは一種の保険料的な役割を果たしています。最悪のシナリオのときでも、事業を継続していくプランを考えておくことは、非常に重要な経営者の責任です。


最悪のケースに対応できるようにしておくことがリスク管理です。何が起きるかわからないのです。予兆や先駆けがあればいいけれど、何もなしに異常事態が出てくるのがいまの特徴です。20世紀の社会は「天災は忘れたころにやってくる」と言われていました。しかし、21世紀は「災害は忘れずにやってくる」、つまりリスクの中で生活していくのが我々の社会ということです。


堀田健介の経歴・略歴

堀田健介、ほった・けんすけ。モルガン・スタンレー証券(現:モルガン・スタンレーMUFG証券)会長。慶應義塾大学卒業後、住友銀行入行。同社で取締役、常務、専務、副頭取を経て退行。モルガン・スタンレー・ジャパン・リミテッド(のちのモルガン・スタンレー証券)の会長となった。商船三井監査役、小松製作所取締役なども務めた。父は住友の法皇と称された住友銀行頭取の堀田庄三。弟は大正製薬創業家に婿入りした上原明

他の記事も読んでみる

似鳥昭雄

流れを先取りして、人より5年先にやらないといけない。


渡辺秀一(経営者)

ある意味では人は社風に染まっていきますよね。だから僕は、会社同士が合併する時のキーポイントは、カルチャーが似ていることだと思っています。基本的なカルチャー、例えば、人に優しくしようとか、そういうものが非常に大事になるのです。


大坪清

働き方改革とはマネジメント改革でもある。さらに抜本的な意識改革にはワークスタイルそのものの改革が欠かせない。結果として、誰もが等しくキャリアを形成できるようになれば、モチベーションも上がり企業の活力と成長にもつながっていく。それこそがまさに全要素生産性向上の核心でもある。


篠山紀信

たとえば役者の撮影であれば、決め顔をつくる直前や直後、そのほんの一瞬の表情にこそ、撮る価値があると思っています。予定調和はつまらない。


有本隆浩

法改正、制度改正を常に注視し、どこよりも早く対応してきた。だからこそ先駆者としてマーケットを握れた。


田中イデア

小さな共感を積み重ねていくと、お互いに気持ちが同じ方向に向くようになります。その流れに乗って本題につなげていくのも手です。


土合朋宏

事実や数字は不動です。だから「誰とでも」共有できる。「自分」と「相手」の認識を一致させるための「土台」にできる。自分が何かを主張する場合は、その土台になる「事実」を積み上げて説明しないと、「根拠がない」と判断されてしまう。


橘玲

基本的なことですが、お金を貯めるには「収入を増やす」か「支出を減らす」か「持っている資産を高い利回りで運用する」かしかありません。

資産形成=(収入-支出)+(資産×運用利回り)

このたった3つの要素で決まります。世の中には「こうすればお金持ちになれる」といったハウツー本があふれていますが、この3つを手を替え品を替え説明しているだけなのです。


寺田和正

ピンチをいかにチャンスに変えていけるのか、そこが大切。


作田久男

人は他人のために生きるのではなく、自分の意思で生きていることを忘れてはいけません。しかし同時に、己の自律を大事にするということは、すなわち他人も大事にするということなのです。人間は集団生活を営むことが大前提の生き物ですから、好き勝手やっていいということはありません。


小宮一慶

歴史や古典などは、人心掌握術やコミュニケーションなど、部下をいかに動かすか、30歳を過ぎたビジネスマンには有益な勉強の一つです。


藻谷浩介

ある島の小さな町の温泉施設建設計画のコンサルを担当したときのことです。県から「過大投資を防ぐために関わってほしい」と話があり、行ってみると「学歴だけの若造が東京から何しに来た」という空気。しかも片道6時間もかかる遠い場所。ですが私は嬉々として修行に励みました。この場で通じないなら、大きな仕事はできっこありません。