堀田健介の名言

堀田健介のプロフィール

堀田健介、ほった・けんすけ。モルガン・スタンレー証券(現:モルガン・スタンレーMUFG証券)会長。慶應義塾大学卒業後、住友銀行入行。同社で取締役、常務、専務、副頭取を経て退行。モルガン・スタンレー・ジャパン・リミテッド(のちのモルガン・スタンレー証券)の会長となった。商船三井監査役、小松製作所取締役なども務めた。父は住友の法皇と称された住友銀行頭取の堀田庄三。弟は大正製薬創業家に婿入りした上原明

堀田健介の名言 一覧

リスク管理なしに経済も政治も社会も考えられない時代になりました。「安全と水と空気はただ」という言葉も正しくない。安全についてはコストを考えなければなりません。


もうこんな高いビルにいるべきではない。同じニューヨークでも、ミッドタウンにある5から6階建てのビルにオフィスを移すことにしました。WTC(世界貿易センター)側から家賃を安くするので残ってほしいと頼まれました。反対を説得するのに時間がかかり、日米でリスクに対する考え方に大きな開きがあること感じました。
【覚書き|911のWTCへの飛行機テロの数年前、同ビルが爆弾テロで攻撃された時を振り返っての話。当時堀田氏は、住友銀行の専務としてアメリカに駐在していて、同社オフィスが世界貿易センタービルの96階にあった。このときのオフィス移転の決断が数年後、多くの住友銀行社員の命を救うこととなった】


モルガン・スタンレーには、ビジネス・コンティニュイティー・プランというものがあります。ここがつぶれたら、どこで決済や取引を継続するのか、常に事業の継続性を持とうというものです。我々は常に予測せぬリスクに投資しています。ビジネス・コンティニュイティー・プランは一種の保険料的な役割を果たしています。最悪のシナリオのときでも、事業を継続していくプランを考えておくことは、非常に重要な経営者の責任です。


最悪のケースに対応できるようにしておくことがリスク管理です。何が起きるかわからないのです。予兆や先駆けがあればいいけれど、何もなしに異常事態が出てくるのがいまの特徴です。20世紀の社会は「天災は忘れたころにやってくる」と言われていました。しかし、21世紀は「災害は忘れずにやってくる」、つまりリスクの中で生活していくのが我々の社会ということです。


堀田健介の経歴・略歴

堀田健介、ほった・けんすけ。モルガン・スタンレー証券(現:モルガン・スタンレーMUFG証券)会長。慶應義塾大学卒業後、住友銀行入行。同社で取締役、常務、専務、副頭取を経て退行。モルガン・スタンレー・ジャパン・リミテッド(のちのモルガン・スタンレー証券)の会長となった。商船三井監査役、小松製作所取締役なども務めた。父は住友の法皇と称された住友銀行頭取の堀田庄三。弟は大正製薬創業家に婿入りした上原明

他の記事も読んでみる

山口範雄

仮説が間違っていると見事に売れない。


林高生

自転車はある程度しっかりしたクオリティが担保されていれば、乗り心地が圧倒的に変わることはありません。サイト内には街での風景などを合わせた写真を掲載し、サイズ感や用途を容易に想像できるように心がけています。これまで自転車のECは、割高な配送料と同時に、購入者が組み立てなければならない点が障壁となって敬遠されてきました。そこでサイマでは、自転車の専属整備士が整備を行い、すぐに乗れる状態でお客様の自宅まで配送していることを強みとしています。自転車通販業界でのナンバーワンを目指します。


藤沢久美

私自身も、自分をどうモチベートするか日々戦いで、トライ&エラーを繰り返していますよ。とくに原稿の執筆は、自然に気持ちが乗ってくるまで待っていたら、絶対に締め切りに問に合いませんので、自分をどう乗せるか、いろいろ工夫しています。たとえば、あまり集中できないと感じるときには、あえていったん休憩をとることも大切だったりします。私の場合は、チョコレートを食べたり、熱いお茶を飲んだり、ワンセグでテレビ番組を観たり、5分くらい別のことをします。それでも集中できないときはあきらめて、違う仕事をするしかありませんが、このとき、必ずやっておくべきことがあります。それは、気持ちが乗ってきたときに、すぐに仕事に取りかかれるための準備です。


熊谷正寿

ただのナンバーワンではいけません。ナンバーワンには2種類あります。それは、「圧倒的ナンバーワン」と「なんちゃってナンバーワン」です。「圧倒的ナンバーワン」とは、競合が遥かに及ばないレベルの地位を築いている状態で、7割以上のマーケットシェアを獲得するということだと考えています。「なんちゃってナンバーワン」とは、世の中によくある順位構成で1番、2番、3番となだらかに並んでいき、2番と3番が合併すると、1番を超してしまうような状態のことです。


笹氣健治

諦めずに最後までやり抜くためには、「自己肯定感」をもつことが重要。「自分にはムリかも」といった自己否定感は、挫折につながりやすいのです。自己肯定感をもつには、小さな成功体験を積み重ねることが役に立ちます。それが自信と勇気につながり、困難に立ち向かう原動力となります。


笠原健治

ウェブサイトを好循環に乗せるには、ユーザーが求めるサービスに常に敏感であることが大事です。そのためには、ユーザーの声を聞くしかありません。


内田和成

若手ビジネスマンは課題を自分ですべて決められません。しかし、課題を自分で見つけようという意識を持っていると、上司から課題を与えられたときでも対応がまったく違ってきます。指示の狙いを明確にしたうえで作業に入った場合と、それを明確にしなかった場合、どちらがより速く、上司の期待に応えるものができるか明らかでしょう。


横山美弥子

うつになれば、本人のみならず、上司も同僚も大きなダメージを被ります。職場の生産性も損なわれる。上司は、「うつが出たらどうする」ではなく「うつを出さないためにどうする」という日頃の取り組みが必要な時代なのです。


羽入佐和子

ある時、企業でお客様相談を担当する卒業生が「哲学が役に立つことが分かりました」と言ってきました。大学の授業での議論を通して考え方が多様にあることを学び、そのおかげで相談に来る人たちの主張が理解でき、提案もできるということでした。


萩本欽一

無駄にこそ価値がある。人がやらないことに運がくる。


島井哲志

時に、「酒やタバコでストレス解消になっている」と言い訳をする人がいます。また「ストレスのほうががんのリスクは高い」という人もいます。しかし、そういった場合の「ストレス」の使われ方には作為的なものを感じざるをえません。ストレス解消の方法は、酒やタバコ以外にもいくらでもあるからです。心理学を学んでいるのに、「飲酒や喫煙はストレス発散になる」という無責任な人たちもいます。酒やタバコに寛容な日本社会を見るにつけ、我々、心理学者がいかに力不足だったかを痛感します。


百田尚樹

あくまで僕の経験ですが、アイデアの独自性を左右するのは、インプットの「量」だと思います。一部の天才を除けば、ほとんどの人の脳味噌はゼロから何かを思いつくほど優れてはいない。ですから何かを生み出すには、とにかく「入れる」しかないのです。


星野伸之

プロ入り後、何よりも恥ずかしかったのは、自分の投げたボールのスピードが球場の電光掲示板に表示されないこと。最初はなぜ、自分の投げたボールだけが出ないのかと不安だったんですが……遅すぎて出なかったんです(笑)。だからあの頃はマウンドに上がると対戦相手のことよりもスピードガンのことがまず頭にあった。また表示されなかったらどうしようと。そこで変則的なフォームを身につけました。以前は手首を後ろに持ってきていた。でも、これだと球種を見破られてしまう。そこで体の側面で隠すような投げ方に変えたんです。


鎌田實

とかく我々日本人は世の中の通念というものに弱い面があります。世間の目を気にして、やりたいことを自制してしまいがちです。それは一方で、一歩踏み出す怖さから目をそらす言い訳にしている面もありますが。


曽山哲人

あれこれといくつも基準を設けると、採用はその基準に沿った人物像にしばられてしまいます。ですから当社では、最小限の根本的なところだけを基準としており、その分、個性豊かな人材が集まるようにしているのです。


ページの先頭へ