名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

堀潤の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀潤のプロフィール

堀潤、ほり・じゅん。日本のジャーナリスト、ニュースキャスター。兵庫県出身。立教大学文学部卒業後、NHKに入局。岡山放送局を経て東京アナウンス室に異動。「ニュースウオッチ9」「Bizスポ」などの番組を担当。米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校に客員研究員として派遣されたのち、市民ニュースサイト「8bitNews」を立ち上げた。

堀潤の名言 一覧

誰かに聞いた内容を鵜呑みにせず、もし疑問を持ったなら原典に当たる習慣をつけるといいと思います。


社会で起きる出来事はAかBかと分離できるほど単純ではありません。メディアから完成品のニュースを受け取るだけではなく、私たちが当事者意識を持って能動的に情報を取りにいく。仕事で使う情報も同じです。


特定のテーマを追っていると、朝の連続ドラマを観るような楽しみも生まれます。主人公は誰か、見過ごせないバイプレーヤー(脇役)は誰か。登場人物の相関図が頭に入ると、俄然ニュースがおもしろくなります。この政治家、昨日はこう言っていたのに今日は逃げ腰だな、などと小さな変化もわかるようになるのです。


「わからない」は疑心暗鬼のもと。断片的にニュースを見て不安になるより、多くの情報を手にしたうえでニュースに接してみてください。各報道の「空白部分」を見つけて情報を補い空白を埋める作業をすれば、ふわふわした不安が減って具体的な問題が浮き彫りになります。


各情報媒体には各社の社風や記者自身の考え方が少なからず反映されることもあるでしょう。気になるニュースがあったら、まずは第一次情報に触れてからさまざまな媒体を見て、そのニュースがどのように報道されているかよく確認することをお勧めします。


各企業のホームページに掲載されたプレスリリースは情報の宝庫です。「隠蔽体質だ」と批判する人も多い東京電力でも、実は震災直後のテレビ会議の様子をアップしています。記事はこうした第一次情報を見たり、記者会見に参加したりして書かれているはずですが、スペースには限りがありますから、ひとつのニュースで情報をすべて網羅するのは難しい。


いまはインターネットであらゆる情報にアクセスできる時代。その気になれば密度の濃い第一次情報に簡単に辿りつき、ニュースの「大もと」に触れられます。たとえば賛否両論で議論が沸き起こった特定秘密保護法案。内閣府のホームページに詳しい解説が載っています。それを見ればこの法案が降って湧いたものではなく、以前から検討されてきた重要法案だったこともわかります。内閣府に限らず、官公庁は意外と資料をしっかり公開しているんですよ。


特定のメディアに頼らず、第一次情報に自ら積極的にアクセスしてからニュースを見るならどんなニュースサイトも役立ちます。


ニュースソースまでチェックできるのは、お金にも時間にも余裕のある比較的恵まれた人だと思います。ニュースから社会の不条理に気づき、無関心でいられなくなったひとりひとりのアクションが社会問題の解決につながります。それは恵まれた環境にいる人の責務ではないだろうかと僕は考えています。


堀潤の経歴・略歴

堀潤、ほり・じゅん。日本のジャーナリスト、ニュースキャスター。兵庫県出身。立教大学文学部卒業後、NHKに入局。岡山放送局を経て東京アナウンス室に異動。「ニュースウオッチ9」「Bizスポ」などの番組を担当。米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校に客員研究員として派遣されたのち、市民ニュースサイト「8bitNews」を立ち上げた。

他の記事も読んでみる

酒匂隆雄

常に保有しているポジションの、損益・シミュレーションを行うことは、為替ディーラーにとっては、常識ですよ


岩井俊憲

私は「志」を2つの意味を与えて解釈しています。志は第一に、「心指し」で、心の指し示す方向を意味します。リーダーにとっての使命、理念、ビジョンをもとに人々を導くことです。もう一つ、志は「心差し」で、心の物差しを意味します。これは、リーダーにとって心に決めた倫理観を伴う思いで、「やると決めたことはやる!」「やってはいけないことはやらない!」という決意です。


伊藤由美

最初に仕えたママが1日も休まない主義だったのです。それで私も「休まず」の信念を貫き通しています。それは、いつ何時どなたがいらっしゃるか分からないので、お店を休んでいては始まらないのです。そして休めないことが前提とされ、自己管理能力が高められると思うんです。


東山彰良

チャールズ・ブコウスキーの作品は、間違いなく、作家としての僕の原点ですね。ブコウスキーの本を読んでいると、書くことを運命づけられた人間は延々とそれをやり続けるしかない、たとえ結果がついてこなかったとしても、そこでやめるという選択肢が出てくるわけではなくて、とにかくやるしかないって運命のようなものを感じるんですよ。いまでも気分が落ち込んだときは、ブコウスキーの本を読み返します。


西田文郎

苦と楽は常に一対になっています。苦しい仕事をすればするほど、その分反対側への振り幅も大きく、やり遂げたときには大きな達成感を得ることができます。苦しくない仕事をしていたら振り幅も小さく、本当の楽しさも味わえません。


早川周作

ベンチャーは1000社あれば990社は倒産すると言われます。その中で残るには、社会意義を考えて、その「志」を持っているのか、5年後、10年後、15年後の「夢」、ビジョンを持っているかどうかが非常に重要になると考えています。


ジャコモ・カサノヴァ

相手を泣かせようと思うときは、まず自分から泣いてかからなければならない。だが笑わせようとするときは、自分は真面目ぶって構えていなければならない。


椎名武雄

Glorious Discontent!(栄光ある不満を持て)


金丸恭文

日本では法律を変えるだけでも膨大な時間がかかるのに、法律が変わってから、その意味を理解し、社会に変化が起こっていくのにもっともっと時間がかかる。ましてや、新しい人たちが興味を持ち、活躍できる場ができて、社会実装していくまでには時間がかかる。だから、規制改革というのは本当に根気よく説明・説得していかなければならない。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

「ノー・プライド、グッド・ライフ」つまらないプライドを捨てると俄然生きやすくなる。


田中和彦

私は様々な会社でコンサルティングをしていますが、とくに企業のトップに近い経営層の人ほど、「このままではいけない」という危機感を抱いています。ただ、トップの意向が現場にきちんと伝わっていないケースは多く、とくに中間管理職層は、「自分の意見を伝えても、どうせ会社は変わらない」と決めつけてしまいがちです。ですから、本当にやりたいことがあれば、より経営に近い人に提案するのもひとつの手。課長や部長が「そんなことは無理だ」と反対しても、社長のいる場で提案をすれば、「面白いアイデアだね」と聞いてくれるかもしれない。変革を起こして成長している会社ほど、そういう事例をよく耳にします。


石川康晴

売り上げが100億円を超えた時、現状のままではこれ以上、大きくできないと思ったんです。僕には経験知がある半面、論理力が乏しい。大学でそれを学んで経営に生かせば、会社をもっと大きくできると考えました。大学の先生はすごい。「こういう本を探しているんですが」と尋ねると、求めていた本をボンと瞬時に教えてくれます。本が1万冊くらい頭に入っているんじゃないでしょうか。今の若者の趣味・嗜好を直に感じられるのも、大学に通う利点ですね。