名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀潤の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀潤のプロフィール

堀潤、ほり・じゅん。日本のジャーナリスト、ニュースキャスター。兵庫県出身。立教大学文学部卒業後、NHKに入局。岡山放送局を経て東京アナウンス室に異動。「ニュースウオッチ9」「Bizスポ」などの番組を担当。米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校に客員研究員として派遣されたのち、市民ニュースサイト「8bitNews」を立ち上げた。

堀潤の名言 一覧

誰かに聞いた内容を鵜呑みにせず、もし疑問を持ったなら原典に当たる習慣をつけるといいと思います。


社会で起きる出来事はAかBかと分離できるほど単純ではありません。メディアから完成品のニュースを受け取るだけではなく、私たちが当事者意識を持って能動的に情報を取りにいく。仕事で使う情報も同じです。


特定のテーマを追っていると、朝の連続ドラマを観るような楽しみも生まれます。主人公は誰か、見過ごせないバイプレーヤー(脇役)は誰か。登場人物の相関図が頭に入ると、俄然ニュースがおもしろくなります。この政治家、昨日はこう言っていたのに今日は逃げ腰だな、などと小さな変化もわかるようになるのです。


「わからない」は疑心暗鬼のもと。断片的にニュースを見て不安になるより、多くの情報を手にしたうえでニュースに接してみてください。各報道の「空白部分」を見つけて情報を補い空白を埋める作業をすれば、ふわふわした不安が減って具体的な問題が浮き彫りになります。


各情報媒体には各社の社風や記者自身の考え方が少なからず反映されることもあるでしょう。気になるニュースがあったら、まずは第一次情報に触れてからさまざまな媒体を見て、そのニュースがどのように報道されているかよく確認することをお勧めします。


各企業のホームページに掲載されたプレスリリースは情報の宝庫です。「隠蔽体質だ」と批判する人も多い東京電力でも、実は震災直後のテレビ会議の様子をアップしています。記事はこうした第一次情報を見たり、記者会見に参加したりして書かれているはずですが、スペースには限りがありますから、ひとつのニュースで情報をすべて網羅するのは難しい。


いまはインターネットであらゆる情報にアクセスできる時代。その気になれば密度の濃い第一次情報に簡単に辿りつき、ニュースの「大もと」に触れられます。たとえば賛否両論で議論が沸き起こった特定秘密保護法案。内閣府のホームページに詳しい解説が載っています。それを見ればこの法案が降って湧いたものではなく、以前から検討されてきた重要法案だったこともわかります。内閣府に限らず、官公庁は意外と資料をしっかり公開しているんですよ。


特定のメディアに頼らず、第一次情報に自ら積極的にアクセスしてからニュースを見るならどんなニュースサイトも役立ちます。


ニュースソースまでチェックできるのは、お金にも時間にも余裕のある比較的恵まれた人だと思います。ニュースから社会の不条理に気づき、無関心でいられなくなったひとりひとりのアクションが社会問題の解決につながります。それは恵まれた環境にいる人の責務ではないだろうかと僕は考えています。


堀潤の経歴・略歴

堀潤、ほり・じゅん。日本のジャーナリスト、ニュースキャスター。兵庫県出身。立教大学文学部卒業後、NHKに入局。岡山放送局を経て東京アナウンス室に異動。「ニュースウオッチ9」「Bizスポ」などの番組を担当。米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校に客員研究員として派遣されたのち、市民ニュースサイト「8bitNews」を立ち上げた。

他の記事も読んでみる

中山マコト

不思議なものでネタ帳をアトランダムにパラパラ見返すと、一見、関係のないネタ同士から企画が生まれることがあります。それは、時代の空気を吸ったネタ同士が引き起こす化学反応のようなもの。個々のネタの感じ方や捉え方が深ければ深いほど、化学反応が起きる確率は高まります。逆に数カ月しても何の反応も起こさないネタは、破り捨ててしまえばよい。躊躇する必要はありません。よいネタなら脳が必ず覚えているはずです。


毛利輝元

家が無事に長続きするのは、やり方いかんにある。それをうまくやった上で、家の内にいる一人一人の者を、その器量次第で取り持ち、人に国を取られないように心がけ、さらに果報がよければ、他国に対しても戦いを仕かけることができるのである。


藤田田

儲けるとは何か。簡単なことだ。去年より売り上げを伸ばし、利潤を上げればよいのである。これを毎年繰り返していけば、企業は必ず成長していく。


ジム・ロジャーズ

退職金を投資して拙した人たちは、口をそろえてこう言う。「銀行員や証券会社の営業担当者に言われた通りの金融商品を買ったら損をした」と。そもそも投資は、自分の頭で考えてやるべきことだ。だから銀行や証券会社の人などに頼らず、自分で理解できるものだけに投資すべきなんだ。


樫尾幸雄

失敗から得た教訓が、斬新な製品を今なお世に送り出し続ける、カシオの強さの根幹になっている。


三枝匡

自らの仕事の成果を感じる組織の規模で、「創って、作って、売る」サイクルを構築すれば、お客様に喜ばれたり、ヒット商品を生み出した喜びを感じることができる。


茂木誠

さまざまな過去のケースを知れば知るほど、深い考察ができるようになる。


大橋光夫

危機感だけが、昭和電工に残っている唯一の財産だ。その危機感を持っている人だけ、ついてきてほしい。


ハワード・マークス

今日や明日の相場がどうなるかは分からないし、気にかけてもいない。4年間について論じるのはやぶさかではないが、4日間といった短期の予想はしない。
【覚え書き|今後の相場予想を聞かれて】


山本梁介

一人ひとりの社員に自分の夢を描く機会を持たせるようにしています。社員は皆、必ず上司と部下の関係にあります。課長であっても、自分の下には部下がおり、部長と言う上司が存在します。当社では、上司と部下のコミュニケーションは「話し込み」と呼び、対話する時間が設けられています。上司は部下が自分の夢を書く「チャレンジシート」と行動計画を記した「ランクアップノート」というツールを使っています。部下の長所を知り、目標を明確化し、自分の目標と会社の目標をどのように近づけていくか考えるようにサポートします。


ハンス・アンダーソン

先日、ある店舗でこんなことがありました。二か所の陳列ディスプレイのうち、片方は素晴らしいのに、片方の出来が悪かった。そこで店長とディスプレイ担当のスタッフを呼んだのですが、「こう直しなさい」とは言わずに、ふたつのディスプレイについての感想を聞きました。すると二人は「片方はあまり良くない」と気づきました。「ではどのように直したらよいと思う?」と尋ねると、優れた改善策を聞くことができました。


堀江貴文

人間が考えたことは実現すると言われますが、口に出さなければ実現しません。だから僕は、まず口にする。