名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀洋一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀洋一のプロフィール

堀洋一、ほり・よういち。日本の工学博士。「東京大学」教授。東京大学工学部電気工学科卒業、同大学院工学系研究科博士課程修了。東京大学工学部電気工学科助手、講師、助教授、東京大学工学部総合試験所助教授などを経て教授に就任。

堀洋一の名言 一覧

多くの人が注目する場で優れた技術をアピールすることは重要だと思います。それによって、画期的な応用のアイデアが大学などから生まれるかもしれないからです。


堀洋一の経歴・略歴

堀洋一、ほり・よういち。日本の工学博士。「東京大学」教授。東京大学工学部電気工学科卒業、同大学院工学系研究科博士課程修了。東京大学工学部電気工学科助手、講師、助教授、東京大学工学部総合試験所助教授などを経て教授に就任。

他の記事も読んでみる

西多昌規

家族やベット、好きな動物の画像など、自分向けの癒やしの画像を携帯に常備しておくのもいいでしょう。イライラしてきたに時に癒やしの画像を見れば、落ち着いてきて、キレるのを防げます。古典的ですが、効果は絶大なので試してみてください。


藤本昌義

若いうちに失敗を経験することは大事なので、とことん考えて決断し、どんどんチャレンジしてほしい。現場でOJTによって教え、また教わることが大切です。それにより経験が蓄積されて現場の力となり、人間を大きくするのです。そうやって人を育てていく文化をつくっていきたい。


佐藤義雄

ネガティブな感情を乗り越えて営業活動を行うためには、やはり自分の仕事のコアをしっかりと自覚するための使命感教育が重要です。使命感教育のベースになるのはアドボカシー(擁護、支援、唱道)といった考え方でしょうか。やはり、単なるお金儲けをしているのではなく、お客様や社会の役に立っているのだ、それが自分の喜びなのだということを徹底的に心に刻み込んでいくことになります。


出口治明

最初は迷ってもいい。ラン・アンド・テストを繰り返し、分からないことがあれば、人に聞き、本に問い、道を探せばいい。そうしてひとたび腹が決まったら、迷わず振り返らずに進めばいい。


石川直樹

冒険家や探検家と呼ばれる人たちは、多くの場合、極端な生き方をしています。世間から見れば、はみ出しているところもあるかもしれませんが、彼らは日常の安定のために自分を押し殺すのではなく、そこから一歩踏み出して、自分の信念に従っています。それが冒険家と呼ばれる人たちの魅力だと思うし、僕もそれに憧れるのです。


稲盛和夫

できるだけ現場を回り、直接社員に話すようにしてきました。たとえばキャビンアテンダント(客室乗務員)にはこんな話をしました。「客室乗務員の皆さんがお客様に一番接するのですから、お客様にJALは本当に素晴らしいと思っていただけるかどうかは皆さん次第です」と。給料も下がり、ボーナスも出ないという経済的にも大変な状況でありながら、今まで以上の働きと、今まで以上のサービスをしていかなければ会社としてはやっていけないと口酸っぱく言ってきました。また、パイロットにも同じようなことを言いました。整備部門の社員にも、生産性を上げて、少しでも低コストでさらに安全な良い整備をして欲しいと。そういったことを繰り返して私が話し、社員もJALフィロソフィを勉強していくと、どんどんサービスが向上し、無駄が省けるようになり、結果として採算も良くなってきました。


藤森義明

リーダーの育成はリーダーが担うべき重要な役割の一つ。


鎌田富久

現状の機器はその上で動く数々のアプリによって普及しているとも言えます。そこにいきなり互換性の無い製品を出せば、今持っている強みを失ってしまうので、現在の強者は変化できないのです。したがって、全く違うモノは全く違うところから出て来るしかない。そろそろ画面を使わないデバイスが出てくるチャンスだと思います。一度誰かが正解を見つけて、その上で動き出すアプリやサービスが揃い始めれば、それがプラットフォームになって市場でも大勝できるでしょう。


安宅和人

データや手法ありきで、数字をこねくり回すことが分析ではない。「何のために取り組んでいるのか」という目的が曖昧なケースが多すぎる。目的を明確にして初めて、成果につながる分析結果を出すことができる。


青田嘉光

私が社長になったばかりの頃、あるお客さまのところにご挨拶に行き「とにかく良い空間を作ります」と申し上げましたら、先方から「良いのは当たり前。求めているのは短い納期です」と言われました。早く仕上げて少しでも売上げを上げる。私はそれまでずっと文化空間の分野を歩いて来た人間なので、比較的長いスパンでの案件対応が多かったのですが、ビジネスの時間の流れがますます早くなっていることに対応しなければと改めて再認識したんです。


中山泰男

人は無形資産です。バランスシートに表れる有形資産の価値を大きく評価する時代から、無形資産重視の時代へと移りつつあります。その意味では、当社の強みである経営理念を具現化できる人財は、他社には簡単に真似ができない高い参入障壁と言えるでしょう。


山本亮(コンサルタント)

かつての僕はマイナス思考の人間関係の中に身を置き、失敗をしても慰め合える居心地のよさにどっぷりつかっていました。そんな生活を送るうちに、自分を変えたいという思いが強くなりましたが、そう簡単にはいきません。だったら、これまでのマイナス思考の人間関係から抜け出し、目標とする人や成功している人とつき合っていけばいいと思ったんです。