名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀江裕介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀江裕介のプロフィール

堀江裕介、ほりえ・ゆうすけ。日本の経営者。料理動画アプリ「kurashiru(クラシル)」を展開する「dely(デリー)」社長。群馬県出身。慶應義塾大学環境情報学部中退。大学在学中にクックパッド子会社コーチ・ユナイテッド勤務を経てdelyを設立。料理動画アプリ・クラシルを開始。

堀江裕介の名言 一覧

資本力も組織力もないスタートアップが大企業に勝てることがあるとしたら、意思決定のスピードとオペレーションを勢いよく回すくらいしかない。


僕自身、プログラミングができるわけでも、人より秀でた才能があるわけでもありません。でも努力なら人一倍できる。


僕はこれまで、自分がオンリーワンになれる場所を見つけて、自分なりの切り口を生かして戦ってきた。


多くの人が、短期的な合理性だけに基づき、意思決定をしています。長期の目標を決め、そこから逆算して、目の前の1日は何をするかを考えるような視点も重要だと考えています。


確かに勇気は必要でしたが、どう考えても見込みがないことが明らかになった事業を続けるより、恥を忍んで撤退する道を選ぶほうがまし。


まだ誰もその価値に気付いていない分野にいち早く参入できれば、競争密度はさらに低くなります。その上で頑張ってオペレーションを回せば、自分にもジャイアントキリングが起こせるのではないかと思いました。


3~5年で企業価値1000億円を達成するためには、市場の立ち上がりが早く、拡大が見込めて、海外も狙える事業でなければならない。


経営者としては、苦しい状態こそが素晴らしい。今後は僕の妄想のスケールしだいですが、たぶんもっと社会的に意義がある目標を掲げてまた戦い続けて、もがき苦しむことになる。でも、それが楽しいんです。


バイラルメディアで上場した企業は、日本には1社もありません。なぜかと言えば、Facebookがアルゴリズムを変更したことで、閲覧が一気に減ったからです。料理レシピ動画も、Googleの上で勝負していたら先がありません。外部環境に左右されず、自分たちでコントロールできるようにすることが大切です。


過去の失敗を改めて考えると、リスクを冒して小さなスタートアップに入社してくれた社員に、輝かしいキャリアを提供できなかったことが一番の問題だったように思います。いまはその反省を踏まえ、社員の3年後、5年後の人生がより良いものになるよう、全力で経営に向き合っています。


自分にはどういう面白さがあるのか、どこに踏み出せばオンリーワンになれるのか、客観的に自分を見つめることが大事なのは経営者だけに限りません。世の中の流れに惑わされず進むべき道を見つけ、自分の市場価値を高めるために、自己を見つめ直すことはとても大事なことだと思います。


多くの企業が料理レシピ分野に参入していますが、戦略を間違えています。クックパッドは、20年かけて集めた270万品を超えるレシピ情報を持っており、そこで勝負しても、一生追いつけません。しかし、動画ならば、自分たちが先行できる。


レシピ動画は海外でもいけるはず。海外で日本食は注目されていますが、つくり方が独特でわからないので、ブログで調べている人が大勢います。クックパッドの海外展開がうまくいっていないからクラシルもダメだと言われますが、クックパッドが苦戦しているのは国内の資産を活用できていないから。僕らは違います。


投資してくれる方には「目に殺気があった」とよく言われます。クックパッドは時価総額4000億円に達するまでに約20年かけています。それに対して、僕はそのとき、3年でクックパッドを追い抜くと言った。もちろん口だけなら誰でも言えます。本当にそれをやり抜く胆力があるかどうかを見てくれたんじゃないかと。


1兆円規模の企業にしようと思えば、新たなトレンドをいち早くつかみ、新規事業に取り組まなければなりません。大事なのは常にアンテナを高く張って情報を捉えることですが、ソフトバンクの孫さん、楽天の三木谷さん、サイバーエージェントの藤田さん、GMOグループの熊谷さんクラスの優れた経営者が、かつてどのような戦いを挑んでこられたのか、また、インターネットやソーシャルゲーム、スマートフォンがどのような変遷をたどって普及してきたのか、常に歴史から学ぶようにしています。


(最初に手がけたデリバリー事業の失敗は)競合を見誤ったことですね。本当に戦うべき相手は同業他社などではなく、コンビニエンスストアだったのです。サービス開始当初は、注文の密度を上げるために渋谷エリアに絞って営業していたのですが、数分も歩けばすぐにコンビニエンスストアに出くわすような環境では、利用者にとって配送料500円は非常に重い。海外とは前提条件がまったく違っていたわけです。強いていうなら、配送料を上回る便利さを提供できなかったことが敗因でした。


大学生時代、企業の決算書を読み込んでいました。過去にさかのぼり、毎年の決算書を見ていると、ある時点で、特定の経営指標が前面に出なくなったりします。その企業は、何を隠したがっているのか、それはどういう意図なのかなどを考えていくと、そこにストーリーがある。さらに、自分で事業を始めてからは、肌感覚で決算書の内容をつかめるようになりました。その肌感覚は、事業のアイデアにもつながります。


僕のライバルは、大企業の幹部経験者や華々しい実績を持つベテラン経営者の皆さんたちです。こうした方々と互角に渡り合うために、僕は「24歳」×「起業家」×「勝負師」という自分の特徴を強く打ち出すべきだと考えました。そうすれば、多くの方に僕らの取り組みを知っていただくきっかけになると考えたからです。それが結果として、様々なメディアに取り上げられたり、名だたる投資家の皆さんにご支援をいただく契機になったりもしました。


最初は社内に料理のできる人も動画編集のできる人もいなかったので、ぜんぶ自分でやりました。じつは最初のフードデリバリーで失敗してからレシピ動画にいきつくまで約1年ありました。その間は半分潰れたような状態で、メディア事業をやっていました。そんなときに僕がいきなり「これからはレシピ動画だ」と言っても、社員は誰もついてこ強い。だから最初は1人でつくるしかなかったんです。でも、つくったものを見せたら反応がよくて、料理ができる社員が協力してくれるようになりました。


慶應も昔はたしかに大勢の起業家がいました。クックパッドの佐野陽光さんも慶應出身で、授業に来てくれたこともあります。でも、最近は目立った起業家が少なく、同級生にもいなかった。これなら実際に働いたほうが早いと思って、クックパッドの子会社で働き始めました。習い事で教えたい人と教わりたい人をマッチングするプラットフォームをつくっている会社です。そこで3~4か月、毎日15時間ほど、本気で働きました。集客のためのコンテンツづくりとか、地味な作業をやり続けました。やってみてわかったのは、インターネットはそれほど複雑ではないということ。自分で一から挑戦したい気持ちが強くなって独立しました。


堀江裕介の経歴・略歴

堀江裕介、ほりえ・ゆうすけ。日本の経営者。料理動画アプリ「kurashiru(クラシル)」を展開する「dely(デリー)」社長。群馬県出身。慶應義塾大学環境情報学部中退。大学在学中にクックパッド子会社コーチ・ユナイテッド勤務を経てdelyを設立。料理動画アプリ・クラシルを開始。

他の記事も読んでみる

藤田晋

当社は昔から「成果だけでは抜擢しない」と決めています。一緒に働く人から「この人なら大丈夫」と思える人格者であるかどうかを見ます。


岡本太郎

未熟ということをプラスの面に突き上げることが人間的であり、素晴らしいことだと思わなければいけない。よく世間一般では完成された人は素晴らしいというが、この世の中には、完成なんてことは存在しないんだ。完成なんてことは他人が勝手にそう思うだけだ。世の中を支配している基準という、意味のない目安で他人が勝手に判断しているだけだ。


小松文子

単なる「もの知り」を育てることはしない。これがすべての教員に共通する考えです。ご存じのとおり、情報セキュリティの世界では日々新たなインシデントが発生し、1年もすれば最先端の対策が当たり前のものになっている。そうした中で、知識や技能だけを身に付けても、それはすぐに陳腐化してしまいます。


重光武雄(辛格浩)

広告代をケチるのは節約とはいわない。売りげを減らすだけだ。


三枝匡

負けている要素を少しずつ「改善」していくという感覚では、大した成果は期待できません。何らかのイノベーションを編み出して、それをきっかけに競争優位性を一気に生み出すような勝負を仕掛けることができれば、事業は大きく飛躍します。


植西聰

落ち込んでいるときに悩みを人に話す際は、「ただ聞いてくれるだけでいいから」と、事前に相手にいっておくことも大切です。なぜなら、相手が「それなら、こうすれば?」などと意見やアドバイスをしてきたとき、それが親切心から出たものであっても、責められているかのように感じる可能性があるからです。ただあなたの話を傾聴し、共感を寄せてくれる相手に、安心して話せる環境をつくりましょう。


藤井孝一

読書と水泳は似ている、と私は考えています。水泳では、「呼吸」が重要であるように、読書もまたインプットとアウトプットの循環が欠かせないからです。泳げない人の多くは、息を吸うことに専念するあまり、吐くことを忘れています。身体は、息を吐けば酸素を自然と吸い込むようにできているのに。読書も同じです。本を読んでも身にならない人は、新しい情報を取り入れるだけで満足し、頭の中で知識がよどんでいます。


陳海騰

ひとつのマーケットを2社で占めている状況下では、ユーザーの観点から見れば決して満足度が高いわけではなく、まだ足りないところがあるはずです。3社か4社加わった方が競争原理が働いて、もっといいサービスができると思います。


野中郁次郎

合理的な考え方や分析も大事ですが、それだけでは優れたパフォーマンスを実現することはできません。イノベーションは、分析からは起こらない。


岩下尚史

どうして歌舞伎をはじめ伝統芸能を見るようになったのか、ですって? 何の理屈もありません。皆さんが思春期に女の子のおっぱいを触りたいと思ったのと同じことですよ。中村歌右衛門が見たくて歌舞伎に行き、水谷八重子が見たくて新派に、藤山寛美を見たくて松竹新喜劇を見ていた。いつも入口は、人でした。俳優や女優の芸や風貌に惹かれ、どうしても見たいものだけを、親や他人には知られないように見に行ったものでした。


佐藤富雄

毎日、定時に出社して定時になえるという人は、早起きをしていつもより早く家を出て、雰囲気の良いホテルで朝食をとり、ゆっくりコーヒーを飲んでから出社してはいかがでしょうか。いつもと違う通勤ルートで出社するのも手です。環境や行動が変わると、脳は刺激を受けて活性化します。新鮮な気持ちで仕事に取り組むことができるでしょう。


萩本欽一

歳をとると、家庭菜園とか盆栽とか、じっとみてる趣味が多くなるけど、それじゃ駄目。歳とるほど無謀なことをした方がいいんだ。