名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

堀江薫雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀江薫雄のプロフィール

堀江薫雄、ほりえ・しげお。日本の経営者、経済学博士。東京銀行頭取。徳島県出身。東京帝国大学法学部政治学科を卒業後、東京銀行の前身である横浜正金銀行に入行。海外支店に勤務。終戦後、横浜正金銀行改組室長に就任し、東京銀行への改組を担当。取締役、常務、副頭取、頭取、会長を歴任。国際金融問題の権威で、経済審議会、関税率審議会などで活躍。東京大学、京都大学で講師として国際金融論を教えた。主な著書に『国際為替金融講話』『国際金融講義』『国際通貨基金の研究』『国際経済論』『国際金融』など。

堀江薫雄の名言 一覧

不安や人気の勢いというものは恐ろしく、また信用というものは微妙なものである。
【覚書き|第一次大戦中の好景気と、その後に発生した金融パニックについて語った言葉】


横浜正金銀行(のちの東京銀行)では、「たとえ間違った意見でも、黙っているよりは勝る」という考え方が強かった。何事にも意見を持てということであり、これは行員対支店長、支店長対重役、重役対頭取いずれの場合もそうであって、オピニオンとオリジナリティのない者は駄目とされていた。大多数の正金の人間が、いつも勤勉努力して、緊張感を持ち続けてきたのは、おそらくこのせいではなかろうか。


横浜正金銀行(のちの東京銀行)には、正金スピリットという伝統的な気風があった。これにはそれなりの背景もある。

  1. 人員採用が厳重なため優秀な人材が集まること。
  2. 身分保障がしっかりしていて、正金を生涯の働き場所と決めることができたこと。
  3. 首脳部が常に他の銀行界に劣るような待遇を行員に与えてはならないとし、銀行の利益と名誉を守るという精神に徹していたこと。

支店長といえば、正金(東京銀行の前身、横浜正金銀行)では、支店長と呼ばずに支配人といったが、支配人に何でもできる広範な権限を与えていたことがひとつの特徴であった。これは外国為替という仕事が、遠隔地の間にまたがり、また敏速を要するという関係もあったであろうが、やはり、上下の信頼関係がスムーズであった証拠である。


思うに昭和2年の金融パニックは、第一次大戦後の日本経済のインフレ病を大正9年のパニック処理で完全に治療、回復させていなかったことに原因する。それ以降、依然として放漫な経営を続けた業者と銀行とが、いつかは徹底的な手術をしなければならない運命にあったわけだ。それを怠っていたところへ、さらに世間一般の不安と不信の真理に勢いがついてどうにも処理できなくなったのが、昭和2年の金融パニックの実態であろう。


横浜正金銀行(のちの東京銀行)は上下の信頼感が強く、四季の儀礼的な挨拶や贈答などは一切しないでよいことになっていた。その半面、頭取や重役の門戸は行員のためにいつも解放され、下の者が上役を役名で呼ばず、たとえ頭取でも井上さん、児玉さん、大久保さんなどと呼んだ。


横浜正金銀行(のちの東京銀行)には、一種の正金スピリットという伝統的な気風がある。それは行員が上下一体となって協力し、己を捨てて銀行のために尽くし、銀行を通じて日本国の国際発展に寄与しようという気概である。私は入行してすぐ、この正金スピリットに触れて、心から頼もしく感じた。


このような国際環境の中では、我が国も百年の大計を立て、外国企業の直接投資自由化にも積極的な姿勢で取り組み、また日本企業の海外進出も進んで行うべきである。かくて、経営や資本そのものが日本へ入り、日本からも盛んに出ていくのが、将来の大勢ではないかと思う。こうなると相互にワールドエンタープライズへの発展ということになる。


堀江薫雄の経歴・略歴

堀江薫雄、ほりえ・しげお。日本の経営者、経済学博士。東京銀行頭取。徳島県出身。東京帝国大学法学部政治学科を卒業後、東京銀行の前身である横浜正金銀行に入行。海外支店に勤務。終戦後、横浜正金銀行改組室長に就任し、東京銀行への改組を担当。取締役、常務、副頭取、頭取、会長を歴任。国際金融問題の権威で、経済審議会、関税率審議会などで活躍。東京大学、京都大学で講師として国際金融論を教えた。主な著書に『国際為替金融講話』『国際金融講義』『国際通貨基金の研究』『国際経済論』『国際金融』など。

他の記事も読んでみる

川崎秀一

どんなことでもスムーズにいくことの方が珍しい。課題や問題点が出てくるに決まっている。


鈴木清一

加盟店と本部は車の両輪。本部は商品やシステムを開発するが、最終的に販売・接客するのは加盟店なのだから、どちらが良くても、どちらが悪くても、車はまっすぐ走らない。だから開発する本部と販売する加盟店は運命共同体だ。


松浪健四郎

スポーツとほとんど関係のない一般の企業からも本学に求人が出てきています。どこの企業も新入社員がすぐに辞めてしまうという悩みを抱えている。その点、本学の学生のように、やり抜こうとする力が企業にとって魅力になっていると思います。ですから偏差値が高い、学問の知識が豊富という能力は、企業にあっては、もはやそれほど大きなポイント材料になっていないのです。


明間輝行

一口にリーダーといっても、社長となると物事を見ていく視点が全然違います。副社長まではゴルフでいえばフロントティでプレイしているようなものですが、社長はバックティ、もうあとがないんです。相談できる人間がいるのは副社長まで。社長は全部自分で判断する。真剣勝負の連続です


西野浩輝

ポイントは、いかにネガティブにならないようにするか。ポジティブ思考を保てば、自ずと運気も上向いてきますからね。


内藤裕紀

ファンの人達というのは、会社がうまくいった時は喜んでくれ、下がった時も一緒に頑張ろうと思える人達だと思います。そういう人たちとやっていくほうが、誰のために頑張っているのかわかりやすく、私達も頑張り甲斐があります。


坂下智保

プロダクトマネージャーを経験したことは、目標に向けて意識を一つにしていく点が生かせる。ただ、経営は変化に柔軟に対応しなければならず、そこは違う部分。


岩村水樹

私は「自分の人生のCEOになろう」と提唱しています。将来、自分の人生を振り返った時にどう思うかを考えて、人の評価ではなく、自分の評価に照らして生きるということです。自分ができるところに集中して時間や労力のリソースを配分する。できないところは割り切ってできる人に任せる。たとえば家事のアウトソーシングサービスを利用する。あるいはその時々に応じて、家族と過ごす時間を増やす。その配分を自分で決めることが人生のCEOとしての戦略になります。大切なのは、自分がどういう人生を送りたいかを主体的に考えることです。


村上太一

人生の中でもっとも時間を費やすのは仕事です。だから仕事が楽しくなければ人生も楽しくないというのが僕の持論。そのためにはやはり自分のやりたいことを軸にして仕事を選んだほうがいい。


松本光一(経営者)

もし今やりたい事があるのなら、自分を信じて行動してみてください。自分を芯から信じることが出来るのは自分だけです。やらないで後悔することだけはしないでください。


渡邉美樹

あなたの人生では、あなたが主人公です。他人を気にしすぎることなく、自分が正しいと思うやり方でしっかりやれば、必ずどこかで見てくれている人がいます。


和田裕美

人が1つになって結果を出すために必要な4つのポイント。

  1. 「志を共有する」。活動の目的を明確にし、全員で理解すること。
  2. 「同じ目標に向かう」。明確な数字や結果を追いかけること。
  3. 「役割分担」。各自の得意分野や好みに合った仕事を担当した方がいい。
  4. 「自由がある」。本人が気持ちよく、自分の意思で参加することが、チームがまとまるための最も重要なポイント。