名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀江薫雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀江薫雄のプロフィール

堀江薫雄、ほりえ・しげお。日本の経営者、経済学博士。東京銀行頭取。徳島県出身。東京帝国大学法学部政治学科を卒業後、東京銀行の前身である横浜正金銀行に入行。海外支店に勤務。終戦後、横浜正金銀行改組室長に就任し、東京銀行への改組を担当。取締役、常務、副頭取、頭取、会長を歴任。国際金融問題の権威で、経済審議会、関税率審議会などで活躍。東京大学、京都大学で講師として国際金融論を教えた。主な著書に『国際為替金融講話』『国際金融講義』『国際通貨基金の研究』『国際経済論』『国際金融』など。

堀江薫雄の名言 一覧

不安や人気の勢いというものは恐ろしく、また信用というものは微妙なものである。
【覚書き|第一次大戦中の好景気と、その後に発生した金融パニックについて語った言葉】


横浜正金銀行(のちの東京銀行)では、「たとえ間違った意見でも、黙っているよりは勝る」という考え方が強かった。何事にも意見を持てということであり、これは行員対支店長、支店長対重役、重役対頭取いずれの場合もそうであって、オピニオンとオリジナリティのない者は駄目とされていた。大多数の正金の人間が、いつも勤勉努力して、緊張感を持ち続けてきたのは、おそらくこのせいではなかろうか。


横浜正金銀行(のちの東京銀行)には、正金スピリットという伝統的な気風があった。これにはそれなりの背景もある。

  1. 人員採用が厳重なため優秀な人材が集まること。
  2. 身分保障がしっかりしていて、正金を生涯の働き場所と決めることができたこと。
  3. 首脳部が常に他の銀行界に劣るような待遇を行員に与えてはならないとし、銀行の利益と名誉を守るという精神に徹していたこと。

支店長といえば、正金(東京銀行の前身、横浜正金銀行)では、支店長と呼ばずに支配人といったが、支配人に何でもできる広範な権限を与えていたことがひとつの特徴であった。これは外国為替という仕事が、遠隔地の間にまたがり、また敏速を要するという関係もあったであろうが、やはり、上下の信頼関係がスムーズであった証拠である。


思うに昭和2年の金融パニックは、第一次大戦後の日本経済のインフレ病を大正9年のパニック処理で完全に治療、回復させていなかったことに原因する。それ以降、依然として放漫な経営を続けた業者と銀行とが、いつかは徹底的な手術をしなければならない運命にあったわけだ。それを怠っていたところへ、さらに世間一般の不安と不信の真理に勢いがついてどうにも処理できなくなったのが、昭和2年の金融パニックの実態であろう。


横浜正金銀行(のちの東京銀行)は上下の信頼感が強く、四季の儀礼的な挨拶や贈答などは一切しないでよいことになっていた。その半面、頭取や重役の門戸は行員のためにいつも解放され、下の者が上役を役名で呼ばず、たとえ頭取でも井上さん、児玉さん、大久保さんなどと呼んだ。


横浜正金銀行(のちの東京銀行)には、一種の正金スピリットという伝統的な気風がある。それは行員が上下一体となって協力し、己を捨てて銀行のために尽くし、銀行を通じて日本国の国際発展に寄与しようという気概である。私は入行してすぐ、この正金スピリットに触れて、心から頼もしく感じた。


このような国際環境の中では、我が国も百年の大計を立て、外国企業の直接投資自由化にも積極的な姿勢で取り組み、また日本企業の海外進出も進んで行うべきである。かくて、経営や資本そのものが日本へ入り、日本からも盛んに出ていくのが、将来の大勢ではないかと思う。こうなると相互にワールドエンタープライズへの発展ということになる。


堀江薫雄の経歴・略歴

堀江薫雄、ほりえ・しげお。日本の経営者、経済学博士。東京銀行頭取。徳島県出身。東京帝国大学法学部政治学科を卒業後、東京銀行の前身である横浜正金銀行に入行。海外支店に勤務。終戦後、横浜正金銀行改組室長に就任し、東京銀行への改組を担当。取締役、常務、副頭取、頭取、会長を歴任。国際金融問題の権威で、経済審議会、関税率審議会などで活躍。東京大学、京都大学で講師として国際金融論を教えた。主な著書に『国際為替金融講話』『国際金融講義』『国際通貨基金の研究』『国際経済論』『国際金融』など。

他の記事も読んでみる

キャンディス・パート

幸せなとき、人の身体と脳からは、前向きな経験をうながす化学物質、幸せの果汁と呼べるものが分泌されている。


峰岸真澄

長期的な数値目標は示しませんが、長期的な戦略ビジョンは掲げています。それは、リクルートのサービス領域すべてで、世界一になることです。まず、中期目標に掲げたように人材関連事業が先行して世界一を目指し、販促支援事業はアジアでナンバーワンになる。その後、時期は定めていませんが、全事業でグローバルナンバーワンの座を狙います。


宮田真里子(経営者)

何度も挫けそうになりました。しかし、人生起こること全てに意味があるのではないでしょうか。そのときは辛く悲しい出来事でも、必ず自分に働きかける何かがあり、その後の人生の原動力になっていく。私はそう信じています。


小林靖弘

人の言われたとおりにやって失敗をしたら「言われた通りやってみましたけどうまくいきませんでした」と人のせいにしがちです。しかし自分で考えたこと、自分で決めたことならば普通、人のせいにはしません。自分の何がいけなかったのかと考えるのです。そうすると周りの人とすごくいいパートナーシップが出来て、いい仕事が出来ていくと思っています。


山村輝治

数多くのお客様にご愛顧いただいているミスタードーナツも、やはり時代の変化に対応していかなければなりません。そこで私は、直接お客様の生の声を聞きたいと考えて、「ミスドファンミーティング」を毎月、各都道府県単位で行なってまいりました。私からお話しをして、その後、お客様と懇談したり、試食していただいたりするのですが、その場でこれまで何度も、お客様の目線での鋭いご指摘をいただきました。


小倉広

「相手が喜びそうな行動のリスト」を書くことをおすすめします。どうしたら相手に喜んでもらえるか、という発想を習慣化することで、無意識に他人のことを大切にする気持ちや行動が養われます。行動が習慣化すると、自然と相手にとっての自己重要感を意識できるようになります。


古森重隆

歯を食いしばって頑張った先に人間としての成長がある。それが生きるということ。


山本真司

忙しいとつい保留してしまいがちな簡単な事務仕事などは、会議が始まる前の時間や、タクシーでの移動中などのスキマ時間に組み込むようにしました。そのために、モバイル機器を縦横無尽につないで、どこでも仕事ができる状況を作るように心がけました。「定時に帰る」という目標があればこそ、工夫はどんどん生まれてくるものです。


佐藤有美(経営者)

自分とは違う価値観を知ることで、新しいアイデアが生まれることもある。


吉岡隆治

現地のエージェントを探し、彼らを通して直接、現地で商売をする。それが私たちのビジネスモデルです。日本に住んでいる日本人だけでは、いくら優秀で、どれだけ言葉ができても、現地の人のようにはいきません。その国で生活し、文化に通じ、社会を肌で知っている人と一緒に輪を広げていくのです。


和田裕美

各自の得意分野や好みに合った仕事を担当した方がいい。好きなことができれば、取り掛かりが早くなる。そして自信を持って取り組み、自尊心を高めることにもなる。それがやりがいとなり、継続につながるのです。


藤田晋

僕は結構、勝負勘みたいなものを大事にしているんですが、勝率の高いところを見つけたら大きく勝負する。起業のタイミングがまさにそうでした。