名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀江薫夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀江薫夫のプロフィール

堀江薫夫、ほりえ・しげお。日本の銀行家。東京銀行頭取。東京大学卒業後、横浜正金銀行に入行。海外支店を渡り歩き、第二次世界大戦終戦後は同銀行を東京銀行へ改組する改組室長を務める。その後頭取、会長を務めた。

堀江薫夫の名言 一覧

この正金(正金銀行)には、一種の正金スピリットという伝統的な気風がある。それは行員が上下一体となって協力し、銀行を通じて日本国の国際発展に寄与しようという気概である。


堀江薫夫の経歴・略歴

堀江薫夫、ほりえ・しげお。日本の銀行家。東京銀行頭取。東京大学卒業後、横浜正金銀行に入行。海外支店を渡り歩き、第二次世界大戦終戦後は同銀行を東京銀行へ改組する改組室長を務める。その後頭取、会長を務めた。

他の記事も読んでみる

反町隆史

まだ人間としても、役者としても伸び代があるはず。だから、『相棒』は僕にとって成長することを目標として取り組めました。


内田篤人

試合で頑張るのは当然。一番頑張るのは練習かな。練習からみんな戦っているから、この練習をやれていればいいなと思っている。


山本憲明

人は1日に平均して10分間、探し物をしている。探し物をしなくて済むよう、モノを減らすことをつねに意識しています。そうしないと、モノは自然に増えてしまう。


篠原菊紀

ひらめきの多くは、思いついた後で「なるほど」「そうだったのか」と手を打ちたくなるような発想だ。そのような反応をするとき、頭の中には事前にだいたいの「見込み」「知っている感じ」が存在している。しかし見込みの段階で思いつかずに悩んでいたときと、ひらめいたあとでは、着眼点が変わってしまっている。


伊藤明(伊東屋)

伊東屋は明治37年に銀座で創業しました。初代の勝太郎(曾祖父)はこのときどういう思いだったのか、彼が書き残したものを読み解き、書いていない部分は想像力を働かせ、「伊東屋らしさ」とは何なのかを分析していきました。


伊藤隆行

「くだらない」は褒め言葉。中途半端な気持ちで作った番組は「これはダメ」「面白くない」とは言われても、「くだらない」とは言われません。テレ東はアナーキーな番組を唯一やれる局だから、振り切った番組を作り、「くだらない」と言われたい。


山田昇(ヤマダ電機)

当社の経営理念は「創造と挑戦」である。挑戦して失敗したらそれはしかたない。何もやらないより、挑戦することで問題を発見したほうがいい、というのが当社の社風である。だから、誰もが目標や課題には積極的に取り組んでくれる。


田中マルクス闘莉王

負けると悔しい。でも、仮に負けても、あまり落ち込まないんです。次勝つためにどうするか、反省しつつすぐ次に目を向ける性分だから。


本田圭佑

いい組織は、短期的に見すぎない。


江崎利一

私は商売における広告の効果と重要性を十分認めていたので、その後、どんなに資本が乏しく、また金繰りに苦しんだときでも、広告だけは続けて出した。もともと私は広告は人を動かす術であると考え、郷里にいるころから気合術、催眠術などの本をわざわざ東京から取り寄せて勉強していた。いまでいう心理学、販売活法といったものである。


安永竜夫

我々はポートフォリオを入れ替えるのではなく補強していきます。既に連結で4万7000人の社員と460の会社を抱えます。グループの社員や会社が、単体の三井物産からの指示を待っていては、攻めを加速できません。それぞれが自律的に動けるようにすることで、伸びる事業をもっと伸ばしていく。


酒井光雄

接待は基本的にデートと同じだ。いい接待は相手に喜んでもらえ、記憶に残してもらえる。