堀江薫夫の名言

堀江薫夫のプロフィール

堀江薫夫、ほりえ・しげお。日本の銀行家。東京銀行頭取。東京大学卒業後、横浜正金銀行に入行。海外支店を渡り歩き、第二次世界大戦終戦後は同銀行を東京銀行へ改組する改組室長を務める。その後頭取、会長を務めた。

堀江薫夫の名言 一覧

この正金(正金銀行)には、一種の正金スピリットという伝統的な気風がある。それは行員が上下一体となって協力し、銀行を通じて日本国の国際発展に寄与しようという気概である。


堀江薫夫の経歴・略歴

堀江薫夫、ほりえ・しげお。日本の銀行家。東京銀行頭取。東京大学卒業後、横浜正金銀行に入行。海外支店を渡り歩き、第二次世界大戦終戦後は同銀行を東京銀行へ改組する改組室長を務める。その後頭取、会長を務めた。

他の記事も読んでみる

辻慎吾

我々は権利者とお話をして、その人に信頼されなければ一緒に再開発なんてできません。ご自分の命の次に大事な資産を託す、信用して一緒にやろうというためには、まず人として認められなければいけない。


井上達彦

「代理学習(他者から学ぶこと)」には、コストとリスクが低く、幅広く学ぶことができるといった長所がありますが、学習の程度が浅くなりがちです。一方、「経験学習(経験し学ぶこと)」では、コストとリスクは高くなりますが、深い洞察が得られます。ただし、自分の経験ばかりに固執すると視野が狭くなるという短所があります。


岩井俊二

最近は、文春砲の影響なのか、社会が「正しくないことはすべて悪だ!」みたいな雰囲気になっているのは息苦しいよね。恋愛って倫理や理屈で簡単に割り切れるものじゃないから、時代の流れがそういう方向に向かっているとしたら怖い。


樋口宏江

私の母は、専業主婦でしたが、母の料理の手伝いをしているうちに、「料理って楽しい」という気持ちがどんどん大きくなってきて、小学校の時にはもう、将来は料理の世界に行くと決めていました。


清水陽平

ネットの炎上を防ぐには、「常に公開されているという認識をしっかりともつこと」「価値観を押しつける発言は避けること」の2つが特に大事。


福嶋康博

よく新規事業で、「もうちょっと追加投資したら成功するかもしれない」と考え、継続的に投資することがあります。しかし、段々と泥沼に入り込むだけです。「あと5000万円あればなんとかなる」と思って事業を続け、撤退の時期を見誤ることは避けるべきです。「あといくら追加投資があったら」、「あと3カ月あれば」と言う人はいつまでたっても「あといくら」、「あともう3カ月」となります。そもそも、どの事業も始めてすぐに、当たるかどうかの答えは出ます。


幸田真音

ブラックな働き方がいいとはいいません。でもワークライフバランスは最終的に一生のなかで取れればいいと私は思っています。人生は長いし、いずれ嫌でも動けなくなるから30代は一生懸命突っ走ればいいと。


村木厚子

ゆっくり歩いても、時間が経てば、案外距離は稼げているものです。少しずつできることを積み重ねていくと、前に進んでいる自分を自覚できます。ゆっくり進めば周囲にある様々な景色も見える。そうしているうちに、また元気になれたりします。


岩佐大輝

イチゴをブランド化するには、まず品質がいいものを安定的に供給することが大切です。それはIT化でクリアできました。次に必要なのは、売る場所です。具体的にいうと、伊勢丹のような高級百貨店に並べてもらうレベルにしないといけない。東京の大田市場に通って、最初から百貨店のバイヤーさんを巻き込みました。何回も食べてもらって、「これは酸っぱい」とか、「粒の大きさはこれくらいでいい」と意見を聞いて、売れるブランドを一緒につくっていったような感じですね。


安岡正篤

後ろ姿がしょんぼりしているのは、不徳であることを示しているのだ。怒り肩がいいのかと言うと、これもよろしくない。後光が差すというか、徳のある人は後ろ姿が凛々しく、元気であふれているのである。


横山信弘

そもそも、顧客のためにならない会議を開く必要はありません。「その会議はお客様のためになるのか」を考えてみたとき、目的が内向きだったり、曖昧な場合は出る必要がないのです。ただし、議事録には確実に目を通すようにしましょう。これは、会議に参加しなかった人の最低限のマナーです。また、日頃から上司や役員とのコミュニケーションを大切にしておくことで、ムダな会議の芽を摘むのも手です。なぜなら、彼らがムダな会議を開くのは、下から報告が上がってこないから。であれば、こちらから逐一進捗を報告し、情報を提供・共有することで、ムダな報告会を阻止することができるのです。


伊藤雅俊(味の素)

私の趣味は街歩きと料理なのですが、これもマーケットのプロになるために必要な訓練なのかもしれません。歩きながら、食べながら、料理をつくりながら、お客様と同化することができるのです。


根岸秋男

生命保険は、契約した瞬間がスタートです。保障の内容はもちろん大切ですが、30年、40年のご契約をいただくわけですから、その間、安心をお届けできてこそ、商品の価値が生まれる。


山﨑武司(山崎武司)

日頃の練習方法は、基本的には自分の好きにやらせてもらっています。そうやって主張して、自由にできるということは責任も求められます。結果を出せなければ排除されて当たり前。


山本梁介

逆境の際に逃げずに乗り越えようとする人だけに、ピンチをチャンスに変えるアイデアがひらめく。


ページの先頭へ