名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀江翔太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀江翔太のプロフィール

堀江翔太、ほりえ・しょうた。日本のラグビー選手。大阪府出身。帝京大学卒業。NZ・カンタベリーアカデミー留学を経て、三洋電機ワイルドナイツ(のちのパナソニックワイルドナイツ)に入団。パナソニックワイルドナイツ主将、サンウルブズ初代キャプテン、日本代表共同キャプテンを務めた。

堀江翔太の名言 一覧

過去じゃなくて、とにかく今を大事にしてやれば、ミスや挫折が成果や成功につながることがある。


国内外でのあらゆる経験が自分のラグビーの枠を広げてくれた。経験主義ですね、僕は。


過去の挫折を、そのまま後悔するのは、「今」その経験を活かしてないから。じゃあ、どうすればよかったか、考えて修正して、行動を起こせば、必ず未来に結果がついてくるはず。


「これが俺のスタイル」なんてこだわっているうちは個性なんて出せない。まずチームの理想に自分ができることを寄せることが大前提。その上で、そこからはみでた部分が他にない武器になる。


大学くらいから、王道とずれた道を歩んだことが、少しずつ自分の強みになることも感じはじめた。王道を歩いてこなかったからこそたどり着いた「強み」がある。


あまりなんやかんやと指示しないようにはしています。なんかもう偉そうに聞こえてしまう年齢になったので。


いちラグビー選手として考えたら、他国のチームに参加して海外の選手と切磋琢磨した方が得るものは大きいかもしれない。けれど、「日本のラグビーのためにはどうするのがベストか」と冷静に俯瞰で見て、僕は日本に残ろうと。


中学時代のバスケ経験も活きました。僕の細かなステップワークやハンドリングは独特で、相手選手から「やりづらい」と言われます。これはあきらかにバスケの動きが染み付いているからなんですよ。


2013年シーズンにはレベルズ(オーストラリア)に誘われて、サンウルブズより前にスーパーリーグにも参加しています。このときもまったく試合に出られなかったんですけどね。ただ今だからいえますが、当時のレベルズはプレーもダメなうえ雰囲気が悪かった。試合に出られないまま帰るのもシャクだから「チームがダメになる理由」を学ぼうとメモにとりまくりました。「他の選手がいる前で一人の選手を責め立てる」「レギュラーとサブを対立関係にさせる」などです(笑)。帰国後、それをパナソニックのコーチに伝え、チームづくりに活かしてもらいました。


高校まではただただ監督に言われたとおり動いていた。そのうえバックス、ウィング、フルバックといろんなポジションをやらされました。まず、それが活きた。大学ではじめてしっかりと戦術と戦略を理解したうえで、動くように指示されました。すると、相手選手がどう動きたがるか、何をいやがるかがなんとなく見えたんです。実際に自分が立ったことのあるポジションだから、わかるんですよ。結果、監督が意図する狙い通りの戦術を、他の誰より忠実に再現できたと思います。


日本ラグビーを背負う、なんていうとおこがましいですが、自然とそんな見方、考え方になってきましたね。やけに客観視するというか、「俺が俺が」ではなく、俯瞰でみるというか。でも、これはラグビーを続ける中で身についた感覚。もっといえば、ラグビーで挫折を繰り返してきたから、かもしれないですね。


堀江翔太の経歴・略歴

堀江翔太、ほりえ・しょうた。日本のラグビー選手。大阪府出身。帝京大学卒業。NZ・カンタベリーアカデミー留学を経て、三洋電機ワイルドナイツ(のちのパナソニックワイルドナイツ)に入団。パナソニックワイルドナイツ主将、サンウルブズ初代キャプテン、日本代表共同キャプテンを務めた。

他の記事も読んでみる

金森重樹

事業にしろ副業にしろ、広告費を出し惜しみする人は大きく稼ぐことはできない。


鑄方貞了(鋳方貞了)

相手の長所を褒める時は、相手が素直に受け取ってくれる褒め方をすること。それには、相手が自信を持っているところを褒めるのが一番。


川村誠

経験したことのない事業がたくさんあったため、社長になって最初の1年間は休日返上で勉強に取り組みました。週末も資料を家に持ち帰り、読み続けました。ほかにも、工場の現場に足を運んだり、それぞれの事業を担当する部長から話を聞いたり。この時、常に重視したのは、各事業の「現状」「課題」「今後どうしたいのか」を押さえることです。


土光敏夫

死んだあとのことは引き受けてやるから、死ぬ気でやれ。


楠木建

優れた戦略をストーリーとしてつくっている人に共通しているのは、自分自身でそのストーリーを面白がっているということです。自分で面白くて仕方がなければ、おのずと人にも語りたくなります。そうやってストーリーが組織全体に浸透し、実行されるのです。優れた戦略ストーリーをつくった経営者は割と「話したがり」です。


水田正道

人材サービスは情報がすべて。


小宮一慶

投資信託はうまく使わないと、投資信託運用会社、そしてそれを販売している証券会社や銀行が儲けるためだけの商品になってしまいます。彼らは損をしません。投資家が得をしても損をしても、とにかく販売すればするほど手数料が入るからです。下手に乗ってしまうと、手数料を取られて泣きを見るだけということになりかねません。


ジョン・マッケンロー

僕の心の奥に、いつも僕にはまだ何か可能性が残っている。それを試さずにやめるのは卑怯じゃないか。自分自身を騙しているという気持ちがあったんだ。


吉村元久

中小企業にはいい技術や製品があっても、細かい無駄が多かったりする。それを取り除き、コツコツいい商品を生み出している中小企業が評価される環境を整えるのが我々の仕事。


真田幸村(真田信繁)

我らが大坂城に籠城する上は、必死の覚悟をしているので、この世で会う機会はもうないだろう。私の娘の「すへ」はお心に叶わないところもあろうが、お見捨てなきように、お願い申し上げます。
【覚え書き|長女の夫へ宛てた手紙】


小倉昌男

理論だけじゃ利益は出ない。しかし経営に筋道を立てないと利益が出ないことも事実。過当競争で構造不況だという。しかし儲けている企業もある。なら、どうして自社がだめなのか、どうすればいいのか。トップは汗を流すことだけじゃ十分ではない。【覚書き:理屈が多い経営と揶揄されたときの返答。理論と行動の両輪が必要と言う趣旨の発言。】


大前研一

リーダーは1人のアドバイザーがいればおよそ間違いのない意思決定ができます。3人のアドバイザーが出てくると、意見調整の時間の方が構想を練る時間より長くなります。いままでの政治家はだいたいそれで失敗しています。