名言DB

9419 人 / 110788 名言

堀江翔太の名言

twitter Facebook はてブ

堀江翔太のプロフィール

堀江翔太、ほりえ・しょうた。日本のラグビー選手。大阪府出身。帝京大学卒業。NZ・カンタベリーアカデミー留学を経て、三洋電機ワイルドナイツ(のちのパナソニックワイルドナイツ)に入団。パナソニックワイルドナイツ主将、サンウルブズ初代キャプテン、日本代表共同キャプテンを務めた。

堀江翔太の名言 一覧

過去じゃなくて、とにかく今を大事にしてやれば、ミスや挫折が成果や成功につながることがある。


国内外でのあらゆる経験が自分のラグビーの枠を広げてくれた。経験主義ですね、僕は。


過去の挫折を、そのまま後悔するのは、「今」その経験を活かしてないから。じゃあ、どうすればよかったか、考えて修正して、行動を起こせば、必ず未来に結果がついてくるはず。


「これが俺のスタイル」なんてこだわっているうちは個性なんて出せない。まずチームの理想に自分ができることを寄せることが大前提。その上で、そこからはみでた部分が他にない武器になる。


大学くらいから、王道とずれた道を歩んだことが、少しずつ自分の強みになることも感じはじめた。王道を歩いてこなかったからこそたどり着いた「強み」がある。


あまりなんやかんやと指示しないようにはしています。なんかもう偉そうに聞こえてしまう年齢になったので。


いちラグビー選手として考えたら、他国のチームに参加して海外の選手と切磋琢磨した方が得るものは大きいかもしれない。けれど、「日本のラグビーのためにはどうするのがベストか」と冷静に俯瞰で見て、僕は日本に残ろうと。


中学時代のバスケ経験も活きました。僕の細かなステップワークやハンドリングは独特で、相手選手から「やりづらい」と言われます。これはあきらかにバスケの動きが染み付いているからなんですよ。


2013年シーズンにはレベルズ(オーストラリア)に誘われて、サンウルブズより前にスーパーリーグにも参加しています。このときもまったく試合に出られなかったんですけどね。ただ今だからいえますが、当時のレベルズはプレーもダメなうえ雰囲気が悪かった。試合に出られないまま帰るのもシャクだから「チームがダメになる理由」を学ぼうとメモにとりまくりました。「他の選手がいる前で一人の選手を責め立てる」「レギュラーとサブを対立関係にさせる」などです(笑)。帰国後、それをパナソニックのコーチに伝え、チームづくりに活かしてもらいました。


高校まではただただ監督に言われたとおり動いていた。そのうえバックス、ウィング、フルバックといろんなポジションをやらされました。まず、それが活きた。大学ではじめてしっかりと戦術と戦略を理解したうえで、動くように指示されました。すると、相手選手がどう動きたがるか、何をいやがるかがなんとなく見えたんです。実際に自分が立ったことのあるポジションだから、わかるんですよ。結果、監督が意図する狙い通りの戦術を、他の誰より忠実に再現できたと思います。


日本ラグビーを背負う、なんていうとおこがましいですが、自然とそんな見方、考え方になってきましたね。やけに客観視するというか、「俺が俺が」ではなく、俯瞰でみるというか。でも、これはラグビーを続ける中で身についた感覚。もっといえば、ラグビーで挫折を繰り返してきたから、かもしれないですね。


堀江翔太の経歴・略歴

堀江翔太、ほりえ・しょうた。日本のラグビー選手。大阪府出身。帝京大学卒業。NZ・カンタベリーアカデミー留学を経て、三洋電機ワイルドナイツ(のちのパナソニックワイルドナイツ)に入団。パナソニックワイルドナイツ主将、サンウルブズ初代キャプテン、日本代表共同キャプテンを務めた。

他の記事も読んでみる

今村暁

未来のことを朝書くと、目標やその日やることを忘れずに、日中行動できるようになります。そして、夜はその日の出来事と感情を整理して書くことで、目標に向かって前向きな気持ちを持ち続けるようになります。


永井孝尚

午後に行う作業はインプットのみに絞り込んでいます。そして情報を詰め込んだままさっと定時に帰宅。ブログを書いたり、妻と食事をして夜11時に就寝。要は、夕方6時から仕事は忘れるんです。翌朝起きると、前日インプットした情報が繋がり、アイデアがパッとひらめく。これを、集中できる朝の時間にアウトプットする。だから、素早く質の高い企画書が書けるわけです。残業や徹夜だと脳がオーバーヒートして質が下がります。


藤原智美

必要なのは、あくまで主張の裏付けとなる数字だけであり、それに直接関係のない数字は省くべきです。数字やデータを使うなら、自分の主張に沿ったものをひとつかふたつに絞って見せた方がいいでしょう。


本田宗一郎

需要があるからつくるのではない。我々が需要を創り出すのだ。


村上太一

10年という単位で言うと、「あの会社は求人からスタートしたんだ」と言われるような企業になりたい。私が起業したのは、人が不便に感じているものを便利にするとか、人の生活を変えられるようなサービスを提供したいからです。世の中に必要とされるものをいかに作れるか。それが自分が幸せだと感じる瞬間なわけで、求人はスタートにすぎません。ですから成功報酬型モデルにとらわれているわけではありません。市場で最適な仕組みは何かと考えた結果、いまは成功報酬というのが最適であるケースが多いというだけです。


蔭山洋介

大げさに語ることが聞き手の感動につながるとは限らない。大事なのは「何ゆえに自分が行動するのか」を静かに語り掛けるパワー。そのためには、体験を淡々と語り、「なぜ自分はこの感情を持ったのか」を伝えることが必要。


ゲーテ

古い基礎を人々は貴ぶが、同時にどこかで再び初めから基礎を築きだす権利を放棄してはならない。


野坂英吾

大きな変更に関しては、どの経営者も意識しています。しかし、ちょっとした微調整や小さな変化を5個、10個と積み上げることの方が、実は大きな変更よりも何倍も効果があるのです。小さな変化を積み重ねていくと抜本的な変革のきっかけが見えて来るようになります。単純に小さなことを続けるのではなく、常に大変革のことを頭の片隅に置きながら、積み上げていくと、抜本的な変革が出来るタイミングが出てくるので、そのときは満を持して大変革を実行します。そして、また小さな変化を生み出せるベースを築いていくのです。


永田豊志

図解で記憶すると、情報をまとまったストーリーとして理解・記憶できるので、いざ思い出そうとする時に、キーワードの1語をきっかけにして全体の情報を引き出しやすくなる。


三木谷浩史

辞書でベンチャーという言葉の語源を調べたら、アドベンチャーからadを取ったものと書いてあった。ベンチャービジネスはビジネスにおける冒険なのだ。この冒険の成否は、個々の社員がどれだけ能力を開花させるかにかかっている。そしてビジネスの舞台で自分の能力を開花させるには、日々改善するという意識が何よりも役に立つのだ。