名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀江翔太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀江翔太のプロフィール

堀江翔太、ほりえ・しょうた。日本のラグビー選手。大阪府出身。帝京大学卒業。NZ・カンタベリーアカデミー留学を経て、三洋電機ワイルドナイツ(のちのパナソニックワイルドナイツ)に入団。パナソニックワイルドナイツ主将、サンウルブズ初代キャプテン、日本代表共同キャプテンを務めた。

堀江翔太の名言 一覧

過去じゃなくて、とにかく今を大事にしてやれば、ミスや挫折が成果や成功につながることがある。


国内外でのあらゆる経験が自分のラグビーの枠を広げてくれた。経験主義ですね、僕は。


過去の挫折を、そのまま後悔するのは、「今」その経験を活かしてないから。じゃあ、どうすればよかったか、考えて修正して、行動を起こせば、必ず未来に結果がついてくるはず。


「これが俺のスタイル」なんてこだわっているうちは個性なんて出せない。まずチームの理想に自分ができることを寄せることが大前提。その上で、そこからはみでた部分が他にない武器になる。


大学くらいから、王道とずれた道を歩んだことが、少しずつ自分の強みになることも感じはじめた。王道を歩いてこなかったからこそたどり着いた「強み」がある。


あまりなんやかんやと指示しないようにはしています。なんかもう偉そうに聞こえてしまう年齢になったので。


いちラグビー選手として考えたら、他国のチームに参加して海外の選手と切磋琢磨した方が得るものは大きいかもしれない。けれど、「日本のラグビーのためにはどうするのがベストか」と冷静に俯瞰で見て、僕は日本に残ろうと。


中学時代のバスケ経験も活きました。僕の細かなステップワークやハンドリングは独特で、相手選手から「やりづらい」と言われます。これはあきらかにバスケの動きが染み付いているからなんですよ。


2013年シーズンにはレベルズ(オーストラリア)に誘われて、サンウルブズより前にスーパーリーグにも参加しています。このときもまったく試合に出られなかったんですけどね。ただ今だからいえますが、当時のレベルズはプレーもダメなうえ雰囲気が悪かった。試合に出られないまま帰るのもシャクだから「チームがダメになる理由」を学ぼうとメモにとりまくりました。「他の選手がいる前で一人の選手を責め立てる」「レギュラーとサブを対立関係にさせる」などです(笑)。帰国後、それをパナソニックのコーチに伝え、チームづくりに活かしてもらいました。


高校まではただただ監督に言われたとおり動いていた。そのうえバックス、ウィング、フルバックといろんなポジションをやらされました。まず、それが活きた。大学ではじめてしっかりと戦術と戦略を理解したうえで、動くように指示されました。すると、相手選手がどう動きたがるか、何をいやがるかがなんとなく見えたんです。実際に自分が立ったことのあるポジションだから、わかるんですよ。結果、監督が意図する狙い通りの戦術を、他の誰より忠実に再現できたと思います。


日本ラグビーを背負う、なんていうとおこがましいですが、自然とそんな見方、考え方になってきましたね。やけに客観視するというか、「俺が俺が」ではなく、俯瞰でみるというか。でも、これはラグビーを続ける中で身についた感覚。もっといえば、ラグビーで挫折を繰り返してきたから、かもしれないですね。


堀江翔太の経歴・略歴

堀江翔太、ほりえ・しょうた。日本のラグビー選手。大阪府出身。帝京大学卒業。NZ・カンタベリーアカデミー留学を経て、三洋電機ワイルドナイツ(のちのパナソニックワイルドナイツ)に入団。パナソニックワイルドナイツ主将、サンウルブズ初代キャプテン、日本代表共同キャプテンを務めた。

他の記事も読んでみる

小宮一慶

大前提となるのは、情報をインプットすることが習慣になっているかどうか。たとえば電車に乗るとケータイでゲームをしている人をよく見るけれど、あれはヒマつぶしではなく、情報収集の貴重な時間をつぶしているだけ。1年間、ゲームをやめて、新聞やネットのニュースを読んだり、景色を定点観測するだけでも、大げさではなく人生が変わると思いますよ。


柳井正

父に対しては尊敬する部分と、そうじゃない部分や教師と反面教師の部分がありますね。その二つの間で、自分というものを自分で発見するということが必要なんだと思います。


篠原欣子

女性社員も男性社員も会社を良くしたいと思うからこそ衝突や摩擦はあったけれども、ネガティブなものではありませんでした。むしろ仕事の生産性やモチベーションは上がっていきました。それぞれの社員が切磋琢磨して、良いアイデアが生まれ、皆が成長したいと思うようになった。


眞鍋政義

女子チームの監督をするようになって気づいたのですが、女性にはもともと仲のいい者同士で固まる傾向があります。たいていは2人組をつくって行動する。不思議なことに、2人組同士が合流して4人になることはあっても、3人、5人というように奇数になることは滅多にありませんでした。こうした仲良しグループにいくつも分かれていてはチームの一体感を醸成することができません。だから、スタッフも含めてメンバー間のコミュニケーションを活性化させる工夫を色々と施しました。たとえば、食事のときに席順を決めるくじ引きを割り箸でつくってスタッフと選手が入り混じって座るようにしました。ここには、選手が何を求めているかスタッフに聴き取ってほしいという狙いもありました。


武田双雲

人生を決めるのは、夢の大きさだと思う。いまの自分があるのは、本気ででっかい夢を追いかけたから。そのひと言に集約される。


井上ゆかり(経営者)

転機になったのは、あるトレーニングで企業再生の専門家に出会ったこと。彼は、ターンアラウンドのプロで、3年間で結果を出すと、また次の3年間に向かう、という経験を何クールもやってきた人でした。こんな仕事があるんだ、こういう生き方もあるんだ、と思いました。まさに経営のプロ。これはかっこいいな、と思って。私はマーケティングのプロになりたいと思って、プロになった。


森田勉(経営者)

男は体を鍛えないとノルアドレナリンが分泌されない。この脳内ホルモンの分泌が少なければ性欲、物欲などの欲求がセーブされ、やる気が起きないよ。


布施孝之

おすすめのビールは、今年の目玉新商品である「本麒麟」と「キリン・ザ・ストロング」だ。奇をてらわず、どちらもお客様のニーズのど真ん中に対応した新商品で、非常に売れている。この夏にたくさん飲んでいただくことで、定番ブランドとして長期的に育てていきたい。


五十嵐幹

ベンチャーキャピタルにいたときに、約1000人の経営者と会いました。一番印象に残った経営者は誰かと聞かれますが、実はまだ結論が出ていません。なぜなら、やはり成功の法則は人それぞれだと感じたからです。自分の強みを活かしながら、着実に進んでいく方が成功していると思います。


秋元康

誰しも最初は頑張ろうと思うものですが、えてして飽きてしまいます。しかし、一流の方々が飽きることはないのです。仕事に慣れてからどこまで貪欲になれるかが勝負。


林田正光

CS(顧客満足度)向上には、ES(従業員満足度)を高めることも大切。将来に夢と希望を持てるような職場環境をつくることは、結果的にCSを高めることにつながる。


渡文明

イノベーションとは新機軸、刷新、革新といった広い意味がある。生産技術に限らず、新製品の導入、新市場や新資源の開拓、新しい経営組織の実施などを含めた概念だ。