名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

堀江翔太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀江翔太のプロフィール

堀江翔太、ほりえ・しょうた。日本のラグビー選手。大阪府出身。帝京大学卒業。NZ・カンタベリーアカデミー留学を経て、三洋電機ワイルドナイツ(のちのパナソニックワイルドナイツ)に入団。パナソニックワイルドナイツ主将、サンウルブズ初代キャプテン、日本代表共同キャプテンを務めた。

堀江翔太の名言 一覧

過去じゃなくて、とにかく今を大事にしてやれば、ミスや挫折が成果や成功につながることがある。


国内外でのあらゆる経験が自分のラグビーの枠を広げてくれた。経験主義ですね、僕は。


過去の挫折を、そのまま後悔するのは、「今」その経験を活かしてないから。じゃあ、どうすればよかったか、考えて修正して、行動を起こせば、必ず未来に結果がついてくるはず。


「これが俺のスタイル」なんてこだわっているうちは個性なんて出せない。まずチームの理想に自分ができることを寄せることが大前提。その上で、そこからはみでた部分が他にない武器になる。


大学くらいから、王道とずれた道を歩んだことが、少しずつ自分の強みになることも感じはじめた。王道を歩いてこなかったからこそたどり着いた「強み」がある。


あまりなんやかんやと指示しないようにはしています。なんかもう偉そうに聞こえてしまう年齢になったので。


いちラグビー選手として考えたら、他国のチームに参加して海外の選手と切磋琢磨した方が得るものは大きいかもしれない。けれど、「日本のラグビーのためにはどうするのがベストか」と冷静に俯瞰で見て、僕は日本に残ろうと。


中学時代のバスケ経験も活きました。僕の細かなステップワークやハンドリングは独特で、相手選手から「やりづらい」と言われます。これはあきらかにバスケの動きが染み付いているからなんですよ。


2013年シーズンにはレベルズ(オーストラリア)に誘われて、サンウルブズより前にスーパーリーグにも参加しています。このときもまったく試合に出られなかったんですけどね。ただ今だからいえますが、当時のレベルズはプレーもダメなうえ雰囲気が悪かった。試合に出られないまま帰るのもシャクだから「チームがダメになる理由」を学ぼうとメモにとりまくりました。「他の選手がいる前で一人の選手を責め立てる」「レギュラーとサブを対立関係にさせる」などです(笑)。帰国後、それをパナソニックのコーチに伝え、チームづくりに活かしてもらいました。


高校まではただただ監督に言われたとおり動いていた。そのうえバックス、ウィング、フルバックといろんなポジションをやらされました。まず、それが活きた。大学ではじめてしっかりと戦術と戦略を理解したうえで、動くように指示されました。すると、相手選手がどう動きたがるか、何をいやがるかがなんとなく見えたんです。実際に自分が立ったことのあるポジションだから、わかるんですよ。結果、監督が意図する狙い通りの戦術を、他の誰より忠実に再現できたと思います。


日本ラグビーを背負う、なんていうとおこがましいですが、自然とそんな見方、考え方になってきましたね。やけに客観視するというか、「俺が俺が」ではなく、俯瞰でみるというか。でも、これはラグビーを続ける中で身についた感覚。もっといえば、ラグビーで挫折を繰り返してきたから、かもしれないですね。


堀江翔太の経歴・略歴

堀江翔太、ほりえ・しょうた。日本のラグビー選手。大阪府出身。帝京大学卒業。NZ・カンタベリーアカデミー留学を経て、三洋電機ワイルドナイツ(のちのパナソニックワイルドナイツ)に入団。パナソニックワイルドナイツ主将、サンウルブズ初代キャプテン、日本代表共同キャプテンを務めた。

他の記事も読んでみる

桐山一憲

現場はきつい状況ですが、営業スキルで勝負するように追い込まれ、どんどん鍛えられました。筋トレに痛みはつきものです。また「すべての取引において公平」と堂々と示すことで、取引先からの信頼にもつながりました。誠実さと透明性が信頼を生み、長期的にはプラスに働くことが実感できました。
【覚書き|取引先へのリベート全廃の責任者として働いたときを振り返っての発言】


フィリップ・コトラー

選択肢はいくらでもある過剰生産の経済において、ひとつの製品を際立たせ、新しい意味と名前を与え、消費者の欲しいという気持ちに火をつける。これが現代マーケティングの醍醐味なのです。


福嶋康博

自分の感覚を信じ、信念を貫き通すことが重要ですが、同時に大切なのが軌道修正です。事業を始めてみて「あ、これはダメだ」と思ったら、すぐに止められる見切りができるかどうかです。


角川春樹

映画に参入しても成功するはずがないという声もあったが、映画参入以前に『ある愛の詩』『いちご白書』など、洋画の原作本やノベライゼーションの編集を手がけ、それが軒並みベストセラーになった。その経験から、映画と音楽と出版が「三位一体」として噛み合えば、社会現象を起こせるという確信があったのである。そして、1976年に製作した『犬神家の一族』が大ヒットし、私の確信は証明される。その後、プロデュースから監督、そして役者として出演と、映画をとことん追究した。


大野直竹

今のビジネスモデルを踏襲するだけでは成長は難しい。どう事業領域を広げるかが大事。新領域はひょっとしたら隣の事業部に関わっているかもしれない。


石井淳蔵

コカコーラもネスレも、ソニーもアップルも、P&Gも花王もロレアルも、フォルクスワーゲンもホンダも、世界に名だたる消費財メーカーは、マーケティング努力の大半を顧客との交流の場(ブランド)をつくることに注力してきた。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

気高い精神で、意義のある素晴らしい日々を過ごしている人はもちろんのこと、単に世俗的な成功を目指している場合でも、心を荒らす考えは、すぐにでも一掃して追い払わなければなりません。善良さや純粋さを否定する考え、すべてを脅かす卑しい思いは、たちまち心をすさんだ状態にしてしまいます。


本田宗一郎

人生は「見たり」「聞いたり」「試したり」の3つの知恵でまとまっているが、多くの人は「見たり」「聞いたり」ばかりで一番重要な「試したり」をほとんどしない。ありふれたことだが失敗と成功は裏腹になっている。みんな失敗を恐れるから成功のチャンスも少ない。


和仁達也

お金は誰が運んでくるかと言うと、結局のところ人です。事業で成功して、継続的に収益を上げている経営者に共通しているのが人を魅きつける力です。人を魅きつける人というのは人に対して投資をしている人。


金指潔

経営計画を策定しても、それをきちんと推進していくためには企業の風土が大事。


吉貴寛良

トヨタには「なぜを5回繰り返す」という問題解決法があります。5回にあまり意味はなく、要はしつこく追いかけろ、という意味なんです。いつまでしつこくやるのか、といえば、ナローダウン、つまり、絞り込みが続く限り続けるということ。


冨山和彦

戦は失敗すれば死んでしまいますが、ビジネスでは負けても死にません。よく後継者候補を社内で一番強い部署に入れて勝ち戦を続けさせるという話がありますが、それはやってはいけないんです。それよりも負け続けて傷だらけのほうがいい。真っ先に負け戦から逃げる人物かどうかを見きわめるには、実際に負けないと分かりません。経営者候補はタフな環境に置いて、10年くらいかけて育てていく必要があります。