堀江翔太の名言

堀江翔太のプロフィール

堀江翔太、ほりえ・しょうた。日本のラグビー選手。大阪府出身。帝京大学卒業。NZ・カンタベリーアカデミー留学を経て、三洋電機ワイルドナイツ(のちのパナソニックワイルドナイツ)に入団。パナソニックワイルドナイツ主将、サンウルブズ初代キャプテン、日本代表共同キャプテンを務めた。

堀江翔太の名言 一覧

過去じゃなくて、とにかく今を大事にしてやれば、ミスや挫折が成果や成功につながることがある。

堀江翔太の名言|とにかく今を大事に

国内外でのあらゆる経験が自分のラグビーの枠を広げてくれた。経験主義ですね、僕は。

堀江翔太の名言|国内外でのあらゆる経験が自分のラグビーの枠を広げてくれた

大学くらいから、王道とずれた道を歩んだことが、少しずつ自分の強みになることも感じはじめた。王道を歩いてこなかったからこそたどり着いた「強み」がある。

堀江翔太の名言|王道を歩いてこなかったからこそたどり着いた「強み」がある

過去の挫折を、そのまま後悔するのは、「今」その経験を活かしてないから。じゃあ、どうすればよかったか、考えて修正して、行動を起こせば、必ず未来に結果がついてくるはず。

堀江翔太の名言|挫折を生かすには

「これが俺のスタイル」なんてこだわっているうちは個性なんて出せない。まずチームの理想に自分ができることを寄せることが大前提。その上で、そこからはみでた部分が他にない武器になる。

堀江翔太の名言|まずチームの理想に自分ができることを寄せることが大前提

あまりなんやかんやと指示しないようにはしています。なんかもう偉そうに聞こえてしまう年齢になったので。

堀江翔太の名言|あまりなんやかんやと指示しないようにはしています

いちラグビー選手として考えたら、他国のチームに参加して海外の選手と切磋琢磨した方が得るものは大きいかもしれない。けれど、「日本のラグビーのためにはどうするのがベストか」と冷静に俯瞰で見て、僕は日本に残ろうと。

堀江翔太の名言|「日本のラグビーのためにはどうするのがベストか」と冷静に俯瞰で見る

中学時代のバスケ経験も活きました。僕の細かなステップワークやハンドリングは独特で、相手選手から「やりづらい」と言われます。これはあきらかにバスケの動きが染み付いているからなんですよ。

堀江翔太の名言|中学時代のバスケ経験も活きた

2013年シーズンにはレベルズ(オーストラリア)に誘われて、サンウルブズより前にスーパーリーグにも参加しています。このときもまったく試合に出られなかったんですけどね。ただ今だからいえますが、当時のレベルズはプレーもダメなうえ雰囲気が悪かった。試合に出られないまま帰るのもシャクだから「チームがダメになる理由」を学ぼうとメモにとりまくりました。「他の選手がいる前で一人の選手を責め立てる」「レギュラーとサブを対立関係にさせる」などです(笑)。帰国後、それをパナソニックのコーチに伝え、チームづくりに活かしてもらいました。

堀江翔太の名言|「チームがダメになる理由」を学ぼうとメモにとりまくった

高校まではただただ監督に言われたとおり動いていた。そのうえバックス、ウィング、フルバックといろんなポジションをやらされました。まず、それが活きた。大学ではじめてしっかりと戦術と戦略を理解したうえで、動くように指示されました。すると、相手選手がどう動きたがるか、何をいやがるかがなんとなく見えたんです。実際に自分が立ったことのあるポジションだから、わかるんですよ。結果、監督が意図する狙い通りの戦術を、他の誰より忠実に再現できたと思います。

堀江翔太の名言|いろんなポジションをやった経験が活きた

日本ラグビーを背負う、なんていうとおこがましいですが、自然とそんな見方、考え方になってきましたね。やけに客観視するというか、「俺が俺が」ではなく、俯瞰でみるというか。でも、これはラグビーを続ける中で身についた感覚。もっといえば、ラグビーで挫折を繰り返してきたから、かもしれないですね。

堀江翔太の名言|挫折を繰り返してきたから得た視点

堀江翔太の経歴・略歴

堀江翔太、ほりえ・しょうた。日本のラグビー選手。大阪府出身。帝京大学卒業。NZ・カンタベリーアカデミー留学を経て、三洋電機ワイルドナイツ(のちのパナソニックワイルドナイツ)に入団。パナソニックワイルドナイツ主将、サンウルブズ初代キャプテン、日本代表共同キャプテンを務めた。

ページの先頭へ