名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀江泰(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀江泰(経営者)のプロフィール

堀江泰、ほりえ・やすし。日本の経営者。鉄道車両整備会社「堀江車輌電装」社長。高校卒業後、家業の堀江車輌電装に入社。常務などを経て四代目社長に就任。

堀江泰(経営者)の名言 一覧

少しずつ需要が縮小していく中、社員の雇用や生活水準の維持、向上に尽力するのは経営サイドの責務。


当社の創業者は私の祖父です。そこから父の代までに築き上げてきた技術やお客様との信頼関係は継承すべき財産です。しかし、時代のニーズに応えるためには広い視野や柔軟さも不可欠です。我々の業界の現状や将来を鑑みたとき、やはり革新すべき部分は革新しなければならないと、経営に携わる者としての判断を伝えました。


当社は家族経営を続けてきた昔ながらの日本的企業であり、それは良い意味で社員やお客様や地元の人を大切にする社風を培ってきました。父は義理堅く、お金を優先するような経営を嫌う人で、そうした精神は私も受け継がなければならないと考えています。だからこそ、現場にコミットしながら、話し合いを通じて私の考えや思い、将来の展望を親身に伝えました。


この業界は職人の世界です。現場の人間は自分の仕事にプライドを持って一徹に取り組んでいます。当時の代表は父でしたが、父をはじめ、多くの社員から「電装しかやったことのない会社が床の貼り替えなんてできるわけがない」と言われました。何度も話し合いを持ち、賛同してくれる社員を少しずつ増やしながら、どうにか現場をまとめました。


私が常務として経営に関わるまで、当社は鉄道車両の中でも電装系1本でやってきました。しかし、車両というのは客室の内装もあれば、骨組みなど車体の強度を担う構体もあります。ならば、鉄道車両にまつわるあらゆるサービスをワンストップ体制で提供できないかと考えました。1つの窓口ですべての対応が行えれば、お客様にとって大きなメリットだと思ったのです。


32歳で代表になりましたが、堀江車輌電装の名前と歴史、社員の生活を絶対に守ろうと決意しました。そして、公共性の高い仕事をやっていることを世間に発信し、今まで以上に誇りを持って仕事に取り組める職場環境を作る、広く深く社会に貢献する企業として当社を成長させる、そんな目標を持って尽力してきました。


堀江泰(経営者)の経歴・略歴

堀江泰、ほりえ・やすし。日本の経営者。鉄道車両整備会社「堀江車輌電装」社長。高校卒業後、家業の堀江車輌電装に入社。常務などを経て四代目社長に就任。

他の記事も読んでみる

手代木功

受験勉強も仕事も、努力は本人にしかできませんが、勝つための戦略や、やるべきこととやらなくていいことの判別と優先順位は、上の者が立ててあげるべきでしょう。社長塾や経営塾はその一つの実践法です。


阿部祐二

「どうすれば、効率よく英語を学べるんですか?」とよく聞かれるのですが、英語を効率よく学べる方法なんてありません。英語に関しては、様々な方法で勉強してきましたが、最も役立っていることは何かといえば、中学高校時代に英単語や英熟語をひたすら暗記したこと。


団琢磨

自己の使命を自覚し、堅固不動の自活的精神をもって事にあたれば、天は自ら助くる者を助くること、もとより疑いのなきことである。


島津貴久

若侍たちは、武芸・角力(すもう)・水練・山坂歩行などに励んで、普段から手足をならしておかねばならぬ。


岡島悦子

一般的には人脈について意識して取り組んでいる人は少ないのではないでしょうか。「真面目に仕事をしていれば、いつか活躍の場を与えられる」と考えている人が多いように思います。しかしそれは、白馬の王子様を待つようなものです。ただ待っているだけでは、チャンスが巡ってくる可能性はかなり少なくなると言わざるを得ません。


柿木隆介

日常的な悩みのほとんどが、時間をかけて悩んでも仕方がないことだ。それなのにすべて平等に悩んでいると、せっかくの成長のチャンスがただのストレスになってしまう。


藤森徹

基本的には、「自己資本比率が30%以上」あり、「借金が月商の3か月分以下」、「2年連続で営業利益がプラス」になっている企業が「安定企業」とされています。ですが、多くの人はこの程度の最低限の確認も行わずにビジネスを進めたり、転職を決めたりしているようです。これは非常に危険なことです。


西村晃(経済評論家)

特殊な能力の持ち主でないと分刻みで仕事ができないと思うのは、間違いです。たとえば、毎日の出勤前の慌ただしいひとときを想像してみてください。7時13分の電車に乗るには家を7時6分に出ないと間に合わない。そのためには7時前の朝食を済ませて……というように、ほとんどの人が分刻みで動いています。ところが、夜になった途端、ルーズになってしまいます。10時5分までに帰宅するとか、11時58分までに寝るなんて言いませんよね。10時くらいに帰りました。だいたい12時に寝ましたでしょ。徹夜で仕事をする人というのは、まさにこの感覚なのです。


岸見一郎

不幸にも感情的な物言いしかできない上司なら、部下のほうから上司の真意を引き出す働きかけが必要。感情的になっている人は、その自覚がないことがほとんど。「嫌い」という感情を、仕事の文脈に置き換えるのです。これも自分が成長するいい機会。上司のためではなく、自分のためだと思って接してみてください。たとえば「お前はどうしてこんなこともできないんだ!」と叱責されたとき、「あー、やっぱり嫌われてるな……」と嘆いたり落ち込んだりして終わらせるのではなく、「今回はすみませんでした。今後のために改善点を教えてください」と切り返してはどうでしょう。「そんなことは自分で考えろ」といわれるかもしれませんが、そこは食い下がっても大丈夫。部下が失敗を繰り返すとしたら、それは上司の管理責任や指導力が問われている証拠。問題は上司にあるわけですから、部下はアドバイスを求めていいのです。


沢野弘(澤野弘)

言葉は、使い方よりも、使うときの表情や言い方によって、大きく印象が変わるもの。


佐藤公平

企業が将来ずっと、社会に役立つものとして残っていくためには、個社だけ頑張ってもダメで、業界が変わり、業界のイメージから変わってもらわないといけない。


文野直樹

最近、1週間ほどセブ島に英語の語学留学をしてきました。正直なところ、英会話は一つも上達しないで帰ってきましたけどね(笑)。でも、体験したことで得られたものはたくさんありました。こういう実体験をすることで、様々な人たちの価値観が見えてきます。