名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

堀江泰(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀江泰(経営者)のプロフィール

堀江泰、ほりえ・やすし。日本の経営者。鉄道車両整備会社「堀江車輌電装」社長。高校卒業後、家業の堀江車輌電装に入社。常務などを経て四代目社長に就任。

堀江泰(経営者)の名言 一覧

少しずつ需要が縮小していく中、社員の雇用や生活水準の維持、向上に尽力するのは経営サイドの責務。


当社の創業者は私の祖父です。そこから父の代までに築き上げてきた技術やお客様との信頼関係は継承すべき財産です。しかし、時代のニーズに応えるためには広い視野や柔軟さも不可欠です。我々の業界の現状や将来を鑑みたとき、やはり革新すべき部分は革新しなければならないと、経営に携わる者としての判断を伝えました。


当社は家族経営を続けてきた昔ながらの日本的企業であり、それは良い意味で社員やお客様や地元の人を大切にする社風を培ってきました。父は義理堅く、お金を優先するような経営を嫌う人で、そうした精神は私も受け継がなければならないと考えています。だからこそ、現場にコミットしながら、話し合いを通じて私の考えや思い、将来の展望を親身に伝えました。


この業界は職人の世界です。現場の人間は自分の仕事にプライドを持って一徹に取り組んでいます。当時の代表は父でしたが、父をはじめ、多くの社員から「電装しかやったことのない会社が床の貼り替えなんてできるわけがない」と言われました。何度も話し合いを持ち、賛同してくれる社員を少しずつ増やしながら、どうにか現場をまとめました。


私が常務として経営に関わるまで、当社は鉄道車両の中でも電装系1本でやってきました。しかし、車両というのは客室の内装もあれば、骨組みなど車体の強度を担う構体もあります。ならば、鉄道車両にまつわるあらゆるサービスをワンストップ体制で提供できないかと考えました。1つの窓口ですべての対応が行えれば、お客様にとって大きなメリットだと思ったのです。


32歳で代表になりましたが、堀江車輌電装の名前と歴史、社員の生活を絶対に守ろうと決意しました。そして、公共性の高い仕事をやっていることを世間に発信し、今まで以上に誇りを持って仕事に取り組める職場環境を作る、広く深く社会に貢献する企業として当社を成長させる、そんな目標を持って尽力してきました。


堀江泰(経営者)の経歴・略歴

堀江泰、ほりえ・やすし。日本の経営者。鉄道車両整備会社「堀江車輌電装」社長。高校卒業後、家業の堀江車輌電装に入社。常務などを経て四代目社長に就任。

他の記事も読んでみる

佐分利ユージン

ミリセカンドで顧客の要望を解析し、最適なタイミングとデザインで情報を見せられなければ顧客は逃げていくのが今の時代だ。


中野信子

脳は酸素要求量が多く、栄養もたくさん使います。体としては、なるべく脳の働きを抑えて酸素や栄養などのリソースを節約したい。そこで年齢を重ねるにつれて節約モードになります。節約モードに入ると、たとえば何かを経験しても、「これは重要なことではない」と注意を向けなくなり、記憶しようとしなくなります。


吉岡隆治

本当に親しくなって初めてビジネスができる。1年のうち半分は海外出張という生活を続けてきましたが、まずは商売を抜きにして、人との出会いを求めてのものでした。


澤田秀雄

私の企業家人生は失敗の連続。失敗したときほど明るく元気に振舞い、原因を突きとめて、教訓にすれば、必ず成功します。


竹之内幸子

昼前後にミーティングがあるときは、手料理を振る舞います。といっても、私がつくるのはカレーライスなど、手のかからないものがほとんど。それでも夜と違ってランチだから、手軽なメニューでも喜ばれる。出勤前に会社近くのスーパーで材料をそろえ、朝から仕込みます。このために、キッチンのついたオフィスを探したんですよ。


川田修(ライフプランナー)

私はゴルフ倶楽部では一切、保険の営業をしません。保険について聞かれたらアドバイスをさせていただく程度です。本当は喉から手が出るほどお客様になっていただきたい方もいらっしゃいますが、ぐっと我慢しています。損得の関係が一切なく、本気でプレーしているので、純粋にゴルフが楽しいんです。だから本音でいろいろ話せるし、親しくなれるのだと思います。


吉田昌生

川を木の葉が流れていくとします。その葉をつかもうとすれば、川に落ちて思考の激流に飲み込まれる。でも放っておけば、木の葉はただ流れ去るのみです。過去にも未来にもとらわれず、「今、ここ」でじっとしている。それが理想的な瞑想ヨガです。


バラク・オバマ

平和と安全を求める人たちにお伝えします。私たちはみなさんを支援します。そしてアメリカと言う希望の灯はかつてのように輝いているのかと、それを疑っていたすべての人たちに告げます。私たちは今夜この夜、再び証明しました。この国の力とは、武器の威力からくるのでもなく、富の巨大さからくるのでもない。この国の力とは、民主主義、自由、チャンス、そして不屈の希望という私たちの理想が内包する、その揺るぎない力を源にしているのだと。それこそが、アメリカと言う国の素晴らしさです。


南壮一郎

三木谷(浩史・楽天創業者)さんに教えてもらったのは、「ビジネスに大義名分があるか」ということでした。この事業があれば多くの人の役に立てる。社会の問題を解決できる。そういうビジネスでないかぎり発展しないと。


青野慶久

仕事をたくさん抱えてしまって身動きが取れない人は実際多いと思います。部下がそういう状況に陥っているとき、私はあえて「仕事の品質を落とせ」といいます。一見、暴論のようですが、根性論を捨ててロジカルに考えれば、そう考えざるを得ません。いままで3時間かけていた仕事を1時間でやらなければならないとなったら、質を下げるしかありません。無理してクオリティを維持しようとすれば、期限までに終わらなかったという最悪の結果にもなりかねません。そうならないために、品質を下げるという選択肢もありうることは、ちゃんと認識しておいた方がいいと思います。


遠山正道

スマイルズでは現在、約200人の従業員の半数近くが新卒で入社しており、当社以外で社会人として働いた経験がない社員の割合が高まっています。中にはほかの会社をのぞいてみたいという社員もいるでしょう。こうした社員が当社を辞めることなく、ほかの会社で働くチャンスを得られるようにする。そのための仕組みとして、提携先企業と一定期間、社員を入れ替える「交換留職制度」を実施しています。


岩田松雄

経営をするときは、できるだけ多くの店舗を訪問するようにしました。それでも頻繁に訪問することは不可能なので、店舗のリーダーあてにメールで「社長からの手紙」を送り続けました。社長室とお店との距離を縮めることで、理念、ミッションの深化、浸透を図りたかつたのです。