名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

堀江徹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀江徹のプロフィール

堀江徹、ほりえ・てつ。日本人コンサルタント、経営者。組織人事コンサルティングとアウトソーシング企業、エーオンヒューイットジャパンの社長。大阪生まれ。早稲田大学卒。住友商事、ヘイ・コンサルティンググループのグローバル・ディレクターを経てエーオンヒューイットジャパンに入社。組織改革、リーダー選抜、教育などのコンサルティングを行っている。アメリカ、イギリス、シンガポール、中国、タイなどの国々で駐在経験を持つ人材マネジメントの専門家。

堀江徹の名言 一覧

日本企業は有能なマネジャークラスへの報酬が低い。年功序列報酬制度のため、勤続年数が長いだけで、無能で貢献度の低い人間が、入社間もないけれども有能で多くの仕事をこなしている人間よりも多くの報酬を得ている。これは能力を自負する人材にとっては我慢できない事態で、このため日本企業では仕事のできる人から辞めていき、そこそこ働いて安定した生活が確保されることを重視する人材だけが残る傾向にある。


一般に欧米企業では、極端に言えば「優秀な人間は何としても確保するが、そうでない人間が辞めるのはしょうがない」と考えている。待遇面でも重要な人材に厚く、それ以外の人材に薄い。公正な「ひいき」をしている。日本企業はこの逆で、ワーカークラスに対しては賃金もよく、福利厚生も充実している。普通に働いている並のレベルの人材を、大きな差をつけずに全員昇給・昇格させる。本来「ひいき」されるべき優秀な人材、高業績を上げた人材が逃げていくわけである。


欧米企業では、早期に幹部候補生を選抜し、真のリーダーになるために、つまり、幹部層に入学するための育成を施す「入学型」選抜教育がなされる。これに対して日本企業は、いまあるいは過去の仕事で一定の高業績を実現できた者を卒業させて、ご褒美として次の層に上げるという「卒業型」選抜を採択してきた。卒業型では下のポジションで成功しても、上のポジションで成功するとは限らないし、優秀な人材の早期選抜は実現しない。


最大の課題は、世界のどの地域にも適用できるようなリーダー選抜の基準を準備することと、どのような人材をその企業のリーダーにするかというリーダー像を明確にすることだ。


日本企業には体系的な人材育成プログラムがない。日本企業の場合、新人研修やワーカーのスキルアップには熱心だ。しかし、上の層になればなるほど、育成プログラムがなくなり、緻密な育成プログラムを用意する欧米企業と正反対である。これでは意欲のある人材は残らないし、入ってこないだろう。


グローバル化時代に日本企業が生き残るためには、各国の優秀な現地人材をいかに登用してダイバーシティ(人種・国籍・性別・年齢を問わない人材活用)なオペレーション(事業・運営)を実現していくかにかかっている。そのためには現地人材を選抜育成するシステムを構築すること、優秀な人材に働いてみたいと思ってもらえるグローバルブランディングが不可欠である。


欧米企業は、企業理念とビジネスプランを受けて、その企業のグローバルリーダー像を明確にしている企業が多い。一方、日本の大手企業54社に対するグローバル化に関するアンケートの結果、グローバルリーダーの要件を確立していると答えた会社は11%となっている。


国によって企業に求めるものが違うにもかかわらず、おしなべて日本企業には人気がない。その最大の理由は、日本では何もかもが「曖昧」であることだ。仕事の責任範囲、昇格基準、給与体系、評価基準など人事諸制度が明確でないばかりか、企業の経営理念、海外拠点の経営方針もはっきりしない。


堀江徹の経歴・略歴

堀江徹、ほりえ・てつ。日本人コンサルタント、経営者。組織人事コンサルティングとアウトソーシング企業、エーオンヒューイットジャパンの社長。大阪生まれ。早稲田大学卒。住友商事、ヘイ・コンサルティンググループのグローバル・ディレクターを経てエーオンヒューイットジャパンに入社。組織改革、リーダー選抜、教育などのコンサルティングを行っている。アメリカ、イギリス、シンガポール、中国、タイなどの国々で駐在経験を持つ人材マネジメントの専門家。

他の記事も読んでみる

アンジェロ・ボナーティ

不景気だからといってネオンを消してしまえば街は真っ暗になってしまい、何も見えなくなります。だから私は、ネオンをつけたまま、あらゆるリスクに対処していくつもりです。


素野福次郎

家庭も学校も当てになりませんので、企業で教育をしなくてはね。企業は道場ですよ。
【覚書き|TDKが急成長していたころに成長の秘訣を問われた時の言葉。当時管理職の40%が他者からのヘッドハンティング組であったため、一致団結を図るため社員教育に力を入れていた】


原田泳幸

人材育成が最大の課題。あくまでも人材育成が最優先です。この順番を間違えると「質」が落ちて失敗してしまいます。


潮田健次郎

経営者には喜びがある一方で、一度失敗したら奈落の底だ。


鈴木おさむ

もし仮に、まったく同じ実力の二人の放送作家がいて、そのうち一人が「キャバクラのことだったら誰にも負けない」という奴だったとしたら、絶対にそっちに仕事を頼みますよね。だから僕は、少しでも興味が湧いたことは何でもやってみて、それをネタにするようにしています。たとえば、SMが面白いと思ったら、SMクラブに徹底的に通って、その経験を面白おかしく語れるようにするわけです。


秋元康

「クールジャパン」の本質とは、自国のコンテンツに自信を持つことです。納豆にたとえると、今までは外国人に売るために臭いや粘りを消そうとしていた。でも糸を引き、臭うのが納豆なんだ、と開き直る。それが必要なんだと思います。


秋里英寿

仮説を持っていないと、論点の範囲が限りなく広がってしまいます。売上が伸びないといっても、その原因は多岐にわたり、商品力のアップ、プライシングの見直し、サービス面での競合との差別化など、いくつもの論点が出てきます。それらをひとつひとつ細分化して考えていったら時間がいくらあっても足りません。


小田禎彦

こんなことがありました。あるお客様がお母様の形見の写真とご位牌を持って、「お母さん、来たわよ」と言われるのを私どもの客室係が耳にした。子細を尋ねると、亡きお母様が加賀屋に来るのを楽しみにしていたが果たせなかったとのこと。それで、客室係が調理係に伝えて陰膳(かげぜん)と精進料理一品とを用意してさしあげた。それでお客様一行が涙、涙で喜んでくださったのです。これは客室係だけでできたわけではありません。調理師がその話を聞いて、「おお、そうか。忙しいけどつくってやるぞ」と客室係が気を利かしたことを形にしたわけですね。こういうところが加賀屋でなくてはなりません。


キャロル・ドゥエック

学校の成績は、不変の能力の測定であると見られがちですが、実際は「現状、どのように目的を実行できたか」ということを示しているにすぎず、その人の潜在能力についてはまったく教えてくれません。


前川正雄

禅は中国から日本に入ってきたものですが、中国の禅と日本の禅はまるで違うものです。中国の禅はひたすら座って思索するだけですが、日本の禅は思索の後に必ず行動を伴います。それが端的に現れているのが剣道や弓道、華道といった日本独自の稽古事の世界です。それらの基礎には禅が存在します。経営もそうで、何かに悩み、その解決策を徹底的に考えた後、その策を試すという行動が不可欠です。


清水浩(電気自動車)

「やるべきこと」「やりたいこと」「やっていること」が一致した瞬間、これこそが人生の幸せだと思います。


岡田武史

本来サッカーとは、ピッチの中の選手が考え、判断するスポーツです。そうした個を持った選手でなければ、世界で戦うことができません。