名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀江徹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀江徹のプロフィール

堀江徹、ほりえ・てつ。日本人コンサルタント、経営者。組織人事コンサルティングとアウトソーシング企業、エーオンヒューイットジャパンの社長。大阪生まれ。早稲田大学卒。住友商事、ヘイ・コンサルティンググループのグローバル・ディレクターを経てエーオンヒューイットジャパンに入社。組織改革、リーダー選抜、教育などのコンサルティングを行っている。アメリカ、イギリス、シンガポール、中国、タイなどの国々で駐在経験を持つ人材マネジメントの専門家。

堀江徹の名言 一覧

日本企業は有能なマネジャークラスへの報酬が低い。年功序列報酬制度のため、勤続年数が長いだけで、無能で貢献度の低い人間が、入社間もないけれども有能で多くの仕事をこなしている人間よりも多くの報酬を得ている。これは能力を自負する人材にとっては我慢できない事態で、このため日本企業では仕事のできる人から辞めていき、そこそこ働いて安定した生活が確保されることを重視する人材だけが残る傾向にある。


一般に欧米企業では、極端に言えば「優秀な人間は何としても確保するが、そうでない人間が辞めるのはしょうがない」と考えている。待遇面でも重要な人材に厚く、それ以外の人材に薄い。公正な「ひいき」をしている。日本企業はこの逆で、ワーカークラスに対しては賃金もよく、福利厚生も充実している。普通に働いている並のレベルの人材を、大きな差をつけずに全員昇給・昇格させる。本来「ひいき」されるべき優秀な人材、高業績を上げた人材が逃げていくわけである。


欧米企業では、早期に幹部候補生を選抜し、真のリーダーになるために、つまり、幹部層に入学するための育成を施す「入学型」選抜教育がなされる。これに対して日本企業は、いまあるいは過去の仕事で一定の高業績を実現できた者を卒業させて、ご褒美として次の層に上げるという「卒業型」選抜を採択してきた。卒業型では下のポジションで成功しても、上のポジションで成功するとは限らないし、優秀な人材の早期選抜は実現しない。


最大の課題は、世界のどの地域にも適用できるようなリーダー選抜の基準を準備することと、どのような人材をその企業のリーダーにするかというリーダー像を明確にすることだ。


日本企業には体系的な人材育成プログラムがない。日本企業の場合、新人研修やワーカーのスキルアップには熱心だ。しかし、上の層になればなるほど、育成プログラムがなくなり、緻密な育成プログラムを用意する欧米企業と正反対である。これでは意欲のある人材は残らないし、入ってこないだろう。


グローバル化時代に日本企業が生き残るためには、各国の優秀な現地人材をいかに登用してダイバーシティ(人種・国籍・性別・年齢を問わない人材活用)なオペレーション(事業・運営)を実現していくかにかかっている。そのためには現地人材を選抜育成するシステムを構築すること、優秀な人材に働いてみたいと思ってもらえるグローバルブランディングが不可欠である。


欧米企業は、企業理念とビジネスプランを受けて、その企業のグローバルリーダー像を明確にしている企業が多い。一方、日本の大手企業54社に対するグローバル化に関するアンケートの結果、グローバルリーダーの要件を確立していると答えた会社は11%となっている。


国によって企業に求めるものが違うにもかかわらず、おしなべて日本企業には人気がない。その最大の理由は、日本では何もかもが「曖昧」であることだ。仕事の責任範囲、昇格基準、給与体系、評価基準など人事諸制度が明確でないばかりか、企業の経営理念、海外拠点の経営方針もはっきりしない。


堀江徹の経歴・略歴

堀江徹、ほりえ・てつ。日本人コンサルタント、経営者。組織人事コンサルティングとアウトソーシング企業、エーオンヒューイットジャパンの社長。大阪生まれ。早稲田大学卒。住友商事、ヘイ・コンサルティンググループのグローバル・ディレクターを経てエーオンヒューイットジャパンに入社。組織改革、リーダー選抜、教育などのコンサルティングを行っている。アメリカ、イギリス、シンガポール、中国、タイなどの国々で駐在経験を持つ人材マネジメントの専門家。

他の記事も読んでみる

石川康晴

1日2000本流れるCMの中で、人間が覚えるのは、70から80くらい。見たことがある、覚えているという中に入るには、ユニークとか創造性とか新しいワードでモノづくりをしないと、メッセージのあるCMはつくれません。


鎌上信也

攻めの姿勢は打ち出しますが、守りも大事。今のOKIの弱点は財務です。自己資本比率が20%台では、我々の事業規模からすると脆弱過ぎる。会社を取り巻く経営環境は目まぐるしく変わるので、まずは厳しい状況になっても耐えられる財務基盤を作る必要があります。そのためには、自己資本比率をもっと上げなければいけません。


岡野雅行(岡野工業)

仕事っていうのは、成功するまでは失敗の連続なんだよ。失敗するのが嫌だなんていっていたら、成功なんてあるわけがない。


出雲充

いくら努力しても、新人がそうそう大きな業務を任せられることはありませんが、コピー取りなどの雑務は新人でもベテランでも同じくチャンスがあり、しかも漠然とやっている人が多いので差をつけやすい。工夫して仕事の効率を上げれば時間の余裕ができ、その時間で先輩たちの仕事を手伝えば可愛がられて、「こっちの仕事もやってみる?」といったチャンスも回ってくるわけです。


森秀明

数十ページの提案書より、プレゼンテーションの場で語った一言が相手の心を動かすこともあります。提案書を完成品と捉えるのではなく、「これからよりよい案を生み出すための叩き台」だと、相手にもそう伝えたほうがいい。すると顧客側は、「この提案者は、当社の現状に合わせて柔軟な対応をしてくれそうだ」と感じ、あなたの提案を採用してくれるというわけです。


阿部寛

僕はラクしてこの世界に入った人間。学生時代からメンズノンノのモデルをして、表紙までやらせていただいて、アッという間に役者にもなれた。でも、段々、人から飽きられてきた。つくづく自分は武器を持たずに、この世界に入ったんだと身に染みましたね。どうするか模索する日々が続いたんです。


森雅志

今後人口減少は避けられません。そこで地方都市が持続性を高めるには選択と集中しかない。


樋口武男

正しいことが正しいこととして通る社風にしなければいけない。当たり前のことが当たり前に通るような会社にしなければいけない。


須田勝也(経営者)

他の人材サービス会社とスピード競争になることもありますね。ただ、そこで拙速な対応をしてしまっては、顧客企業の利益にも働く人の幸せにもなりません。


弘兼憲史

「とりあえず、話題のビジネス書を買った」「今朝は勉強会に参加した」など、投資した「お金」や「時間」に満足して終わっている人があまりにも多いようにも思います。誰もが読んでいるビジネス書に目を通し、同業者が集まるセミナーに出席したところで、本当に自分のスキルアップにつながっているでしょうか。大事なのは、その自己投資が自分にとって本当に必要な投資(お金)かどうかということ。この部分が抜け落ちている人が多いように思います。


渡辺謙

映画作りで監督やスタッフと思いを共有できているか否かは、生命線といってもいいでしょう。とくに、監督と思いを共有できるかが何よりも大切です。「観客の心に響く映画をつくろう」という思いさえ共有していれば、あとは、いい作品に仕上げるために意見を出し合っていくだけです。


大塚寿

プレゼンを成功させるためには、相手へのヒアリングや資料の読み込みなどの事前準備がカギを握るわけです。よく準備をした者だけに、プレゼンの神様は微笑みます。