名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

堀江徹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀江徹のプロフィール

堀江徹、ほりえ・てつ。日本人コンサルタント、経営者。組織人事コンサルティングとアウトソーシング企業、エーオンヒューイットジャパンの社長。大阪生まれ。早稲田大学卒。住友商事、ヘイ・コンサルティンググループのグローバル・ディレクターを経てエーオンヒューイットジャパンに入社。組織改革、リーダー選抜、教育などのコンサルティングを行っている。アメリカ、イギリス、シンガポール、中国、タイなどの国々で駐在経験を持つ人材マネジメントの専門家。

堀江徹の名言 一覧

日本企業は有能なマネジャークラスへの報酬が低い。年功序列報酬制度のため、勤続年数が長いだけで、無能で貢献度の低い人間が、入社間もないけれども有能で多くの仕事をこなしている人間よりも多くの報酬を得ている。これは能力を自負する人材にとっては我慢できない事態で、このため日本企業では仕事のできる人から辞めていき、そこそこ働いて安定した生活が確保されることを重視する人材だけが残る傾向にある。


一般に欧米企業では、極端に言えば「優秀な人間は何としても確保するが、そうでない人間が辞めるのはしょうがない」と考えている。待遇面でも重要な人材に厚く、それ以外の人材に薄い。公正な「ひいき」をしている。日本企業はこの逆で、ワーカークラスに対しては賃金もよく、福利厚生も充実している。普通に働いている並のレベルの人材を、大きな差をつけずに全員昇給・昇格させる。本来「ひいき」されるべき優秀な人材、高業績を上げた人材が逃げていくわけである。


欧米企業では、早期に幹部候補生を選抜し、真のリーダーになるために、つまり、幹部層に入学するための育成を施す「入学型」選抜教育がなされる。これに対して日本企業は、いまあるいは過去の仕事で一定の高業績を実現できた者を卒業させて、ご褒美として次の層に上げるという「卒業型」選抜を採択してきた。卒業型では下のポジションで成功しても、上のポジションで成功するとは限らないし、優秀な人材の早期選抜は実現しない。


最大の課題は、世界のどの地域にも適用できるようなリーダー選抜の基準を準備することと、どのような人材をその企業のリーダーにするかというリーダー像を明確にすることだ。


日本企業には体系的な人材育成プログラムがない。日本企業の場合、新人研修やワーカーのスキルアップには熱心だ。しかし、上の層になればなるほど、育成プログラムがなくなり、緻密な育成プログラムを用意する欧米企業と正反対である。これでは意欲のある人材は残らないし、入ってこないだろう。


グローバル化時代に日本企業が生き残るためには、各国の優秀な現地人材をいかに登用してダイバーシティ(人種・国籍・性別・年齢を問わない人材活用)なオペレーション(事業・運営)を実現していくかにかかっている。そのためには現地人材を選抜育成するシステムを構築すること、優秀な人材に働いてみたいと思ってもらえるグローバルブランディングが不可欠である。


欧米企業は、企業理念とビジネスプランを受けて、その企業のグローバルリーダー像を明確にしている企業が多い。一方、日本の大手企業54社に対するグローバル化に関するアンケートの結果、グローバルリーダーの要件を確立していると答えた会社は11%となっている。


国によって企業に求めるものが違うにもかかわらず、おしなべて日本企業には人気がない。その最大の理由は、日本では何もかもが「曖昧」であることだ。仕事の責任範囲、昇格基準、給与体系、評価基準など人事諸制度が明確でないばかりか、企業の経営理念、海外拠点の経営方針もはっきりしない。


堀江徹の経歴・略歴

堀江徹、ほりえ・てつ。日本人コンサルタント、経営者。組織人事コンサルティングとアウトソーシング企業、エーオンヒューイットジャパンの社長。大阪生まれ。早稲田大学卒。住友商事、ヘイ・コンサルティンググループのグローバル・ディレクターを経てエーオンヒューイットジャパンに入社。組織改革、リーダー選抜、教育などのコンサルティングを行っている。アメリカ、イギリス、シンガポール、中国、タイなどの国々で駐在経験を持つ人材マネジメントの専門家。

他の記事も読んでみる

中村直樹

業界に長くいると、お客様の視点と自分たちの視点がどうしても乖離してきます。バーニーズに出向した当初、とくにそれを感じました。バイヤー会議で、お客様の好みの話がほとんど出てこない。売り場の声が反映されず、「これカッコいいよね?」と自分たちの好みで、お客様が求めていない商品を揃えがちになっている……。これはまずいと思い、会議ではつねに「お客様は本当にコレを求めているのか?」と投げかけてきました。


深谷紘一

デンソーの塀の中に入ったとき、尊敬すべき立派な技能者(製造部門の人)がまずいて、こちらも尊敬の目で見るという感覚を技術者(開発・設計部門の人)は持っていると思います。立派な技能者と心の広い技術者とがおのずと交流し合う中から、素晴らしいコンセプトや構造の設計がきっちり出来上がっていくことになるのです。両者のまったく対等な関係を会社の中につくっていかなければなりません。


大橋徹二

かつてコマツが社運をかけて取り組んだ一大プロジェクト「マルA対策」。1960年代、資本自由化によって最大のライバル、キャタピラー社の日本上陸が決まったが、当時のコマツ製品は同社と比べ品質に大きな差があった。コマツはグローバル競争に耐えうる水準まで品質を改良するため、組織の質や信頼性まで含めたTQC(総合品質管理)活動を導入。短期間で品質の信頼性・耐久性を向上させ、生き残った。


稲盛和夫

セラミック分野での研究成果や技術を世界で試してみたいという思いを持ち、京セラを創業したのは27歳のときです。それからは、ただひたむきに、一生懸命、仕事に打ち込んできたつもりです。京セラは幸運にも発展を続け、私は経営者として称賛されるようになりました。


神田昌典

物事を見聞したときに、どこに着眼するかは大事。


佐々木常夫

鈍感力は人生を生き抜くうえで欠かせないと思います。他人に何をされても気にしない。失敗してもいちいち気に病まない。他人と自分を比較して悩まない。そうした「鈍さ」が、些細なことで揺るがない強さにつながるのです。


小山薫堂

何かプロジェクトを始める時、僕が必ず考えていることは、「その仕事は新しいか」「その仕事は自分にとって楽しいか」「その仕事は誰を幸せにするのか」という3点。なかでも重視しているのが、3番目の「その仕事は誰を幸せにするのか」です。


伊藤一郎(経営者)

想像力がない人がリーダーになると、目先の起きたことだけに絆創膏を貼るようなことしかしなくなってしまう。


為末大

努力こそが勝利への道。そう考え続けてきましたが、才能や運が占める比率が高いと感じ始めました。どれだけ努力しても勝てない選手がいる。なぜ自分はトップになることができたのか。社会に対してどんな役割を果たすべきなのか。そんなことを考え始めました。


前田新造

100%お客様の志向の会社に生まれ変わるために、学んでもらいたいもの。それは、お客様の期待を遥かに超えるものをもって応えるために絶対に必要な「感謝の念」と「感動する気持ち」です。新人研修では、「感謝の気持ちをいかに引き出すか」に重点を置いています。声高に「感謝、感謝」というわけではありませんが、しばらくすると、研修生たちは講師、食堂でご飯をつくってくれる人、掃除をしてくれる人に自然に感謝の意を表するようになります。


立花陽三

「楽天は弱い。優勝なんて無理」という人もいました。ただ、私はけっして無理難題だとはとらえていませんでした。もちろん優勝へのハードルが高いことはわかっています。でも、ビジネスでは競合が無数にいるのに対して、プロ野球はライバルがリーグに5社と考えたのです。ビジネスで新しい事業を興して成功するより、プロ野球で優勝することのほうが、まだ確率は高いだろうと。


北沢利文

正しいことを、軸をぶれさせず誠実に伝えれば、あらゆることが実現する。