堀江徹の名言

堀江徹のプロフィール

堀江徹、ほりえ・てつ。日本人コンサルタント、経営者。組織人事コンサルティングとアウトソーシング企業、エーオンヒューイットジャパンの社長。大阪生まれ。早稲田大学卒。住友商事、ヘイ・コンサルティンググループのグローバル・ディレクターを経てエーオンヒューイットジャパンに入社。組織改革、リーダー選抜、教育などのコンサルティングを行っている。アメリカ、イギリス、シンガポール、中国、タイなどの国々で駐在経験を持つ人材マネジメントの専門家。

堀江徹の名言 一覧

日本企業は有能なマネジャークラスへの報酬が低い。年功序列報酬制度のため、勤続年数が長いだけで、無能で貢献度の低い人間が、入社間もないけれども有能で多くの仕事をこなしている人間よりも多くの報酬を得ている。これは能力を自負する人材にとっては我慢できない事態で、このため日本企業では仕事のできる人から辞めていき、そこそこ働いて安定した生活が確保されることを重視する人材だけが残る傾向にある。


一般に欧米企業では、極端に言えば「優秀な人間は何としても確保するが、そうでない人間が辞めるのはしょうがない」と考えている。待遇面でも重要な人材に厚く、それ以外の人材に薄い。公正な「ひいき」をしている。日本企業はこの逆で、ワーカークラスに対しては賃金もよく、福利厚生も充実している。普通に働いている並のレベルの人材を、大きな差をつけずに全員昇給・昇格させる。本来「ひいき」されるべき優秀な人材、高業績を上げた人材が逃げていくわけである。


欧米企業では、早期に幹部候補生を選抜し、真のリーダーになるために、つまり、幹部層に入学するための育成を施す「入学型」選抜教育がなされる。これに対して日本企業は、いまあるいは過去の仕事で一定の高業績を実現できた者を卒業させて、ご褒美として次の層に上げるという「卒業型」選抜を採択してきた。卒業型では下のポジションで成功しても、上のポジションで成功するとは限らないし、優秀な人材の早期選抜は実現しない。


最大の課題は、世界のどの地域にも適用できるようなリーダー選抜の基準を準備することと、どのような人材をその企業のリーダーにするかというリーダー像を明確にすることだ。


日本企業には体系的な人材育成プログラムがない。日本企業の場合、新人研修やワーカーのスキルアップには熱心だ。しかし、上の層になればなるほど、育成プログラムがなくなり、緻密な育成プログラムを用意する欧米企業と正反対である。これでは意欲のある人材は残らないし、入ってこないだろう。


グローバル化時代に日本企業が生き残るためには、各国の優秀な現地人材をいかに登用してダイバーシティ(人種・国籍・性別・年齢を問わない人材活用)なオペレーション(事業・運営)を実現していくかにかかっている。そのためには現地人材を選抜育成するシステムを構築すること、優秀な人材に働いてみたいと思ってもらえるグローバルブランディングが不可欠である。


欧米企業は、企業理念とビジネスプランを受けて、その企業のグローバルリーダー像を明確にしている企業が多い。一方、日本の大手企業54社に対するグローバル化に関するアンケートの結果、グローバルリーダーの要件を確立していると答えた会社は11%となっている。


国によって企業に求めるものが違うにもかかわらず、おしなべて日本企業には人気がない。その最大の理由は、日本では何もかもが「曖昧」であることだ。仕事の責任範囲、昇格基準、給与体系、評価基準など人事諸制度が明確でないばかりか、企業の経営理念、海外拠点の経営方針もはっきりしない。


堀江徹の経歴・略歴

堀江徹、ほりえ・てつ。日本人コンサルタント、経営者。組織人事コンサルティングとアウトソーシング企業、エーオンヒューイットジャパンの社長。大阪生まれ。早稲田大学卒。住友商事、ヘイ・コンサルティンググループのグローバル・ディレクターを経てエーオンヒューイットジャパンに入社。組織改革、リーダー選抜、教育などのコンサルティングを行っている。アメリカ、イギリス、シンガポール、中国、タイなどの国々で駐在経験を持つ人材マネジメントの専門家。

他の記事も読んでみる

アンドリュー・カーネギー

私は特別な人間ではない。しいて言えば普通の人よりちょっと努力しただけだ。


茂木健一郎

「まとまった時間がなければ勉強できない」というのは幻想にすぎない。僕はいま、朝から晩までわずかな時間の隙間を縫って何かしら勉強するようにしているが、その結果、いまや瞬間的にフロー状態(深く集中した状態)に入れるようになった。意識の切り替えが素早くできるおかげでストレスとも無縁である。


エラン・カッツ

自動車事故の多くは運転中の携帯電話の操作が原因。情報を見てその意味を認識するまでには約2秒もかかるからです。だから、運転中は携帯を脇に置いて使わない、触れないと決めておく。自分ではほんのちょっとだと思っても、気が散ることで主たる作業に与える影響は、時に致命的といえるほど大きいのです。


守島基博

日本の企業は、たとえその人が極めて優秀だとわかっていても、社運をかけるような仕事を10年目の社員に任せているだろうか。上司やリーダーは、2回失敗した若者に3回目のチャンスを与え、また本人もその課題(でも、とても重要な課題)を堂々とこなすことがあるだろうか。


ハンナ・アーレント

働くことには、労働と仕事と活動の3つがある。「労働」とは人を消耗させる、できればしたくないもの。「仕事」とは、新しい価値をつくり出す創造的なこと。そして「活動」とは、社会に働きかけること。「仕事」と「活動」から人は充実感を得る。


岩明均

初めに心に浮かんだ、おぼろげな完成予想を大きく上回る出来に「なりそう」と思った瞬間が、楽しく嬉しく勢いが出ます。難しいと感じるのは、常に「期間内に作画を完成させる」という事。マンガ家としての基本ですが、デビュー以来30年以上ずっとこればっかりです。


豊田泰光

最近、人に賭ける心意気みたいなものを感じる機会が減りました。働く方も、働かせる方もどこかマニュアル的で、ある一線を踏み越えようとしませんよね。そうなった原因の多くは、人間関係の希薄化にあると思います。思い切って部下に仕事を託すといっても、その部下のことを上司が良く理解していなければ、無理難題を押し付けるだけになりかねない。


宮坂学

チームを率いるには、その規模を考えながら運営しないといけない。少人数のチームと大人数のチームでは、リーダーシップの取り方が全く異なります。まずはそれを自覚することが重要。


古田新太

ドーンと構えてくれる主役がいる舞台では、自分はそのサイドで何をやってもいいんだ。自分が舞台上でイタズラを仕掛けても、この人たちなら受け止めて返してくれる。ほかの役者さんを信頼できるようになったことで、それまでよりも幅が広がり、いろんな役をやらせてもらえるようになったんです。


三原淳

本部と加盟店、どちらが上ということはなく、FCビジネスは相互理解や信頼関係によって成り立つものだと考えています。「FC(フランチャイズ)=仲間づくり」という想いを大切にしたいのです。そうした想いから私は年に2回、オーナー会を開いています。大事なのは、加盟店さん同士のつながりをつくること。


山崎大地

宇宙旅行が始まってからでは遅いので、今のうちから準備を始め、お客さんの発想を盛り込みながらサービスをつくり込んでいます。


スティーブ・ジョブズ

30代や40代のアーティストが斬新なものを生み出して社会に貢献できることはめったにない。


清家篤

どんなにIT化やロボット化が進んでも、人にしかできない仕事がある。


増田順

単に使い勝手を考えた製品(モノ)を開発するのではありません。病院づくりに慣れていない方々が自分たちの働く環境を積極的に、かつ納得した形で意思決定していただくプロセスも併せて開発する必要があると捉えました。我々はこのことを「モノ」づくりではなく「コト」づくりと定義し、事業活動を大きく変化させていきます。


前田晃伸

勉強でもなんでも、自分で自覚して行動しない限り駄目だと思うんです。僕は親父に「義務教育は中学までだ。だからそこまでは親が面倒を見るが、高校から先は強制しない。勉強が嫌なら働いてもいい」といって育てられました。だいいち、親父が私の学校に顔を見せたことは一度もありません。「学校は親が勉強するところじゃない。お前が勉強するところだ」と言っていました。


ページの先頭へ