名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀正岳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀正岳のプロフィール

堀正岳、ほり・まさたけ。日本の理学博士、ブロガー。アメリカ イリノイ州出身。国立大学で気象変動・地球温暖化などを研究するかたわら、海外記事、仕事術、自己啓発、文具などをテーマとしブログ「Lifehacking.jp」を運営。同ブログは人気ブログとなった。著書に『情報ダイエット仕事術』『iPhone情報整理術』『できる100ワザ ツイッター』ほか。

堀正岳の名言 一覧

私のブログ「Lifehacking.jp」は、本業も忙しいので更新頻度は決して多くありません。ただその分、自分なりの考え方、見方を必ず盛り込むようにしています。だからこそ、多くの方に読んでいただけているのだと思います。


ブログの世界でも、人気になるブログを書く人は必ずテーマを絞っています。逆に、毎日書いても人気が出ないブログは、ある日は自分の趣味について、ある日は気になったニュースについて、ある日は今日食べた晩御飯についてと、テーマがバラバラなのです。


情報ダイエットを実現するためのカギは、「情報の量よりも、ある情報に対して自分独自の見方があるかどうかのほうが重要」ということに気づくことです。


使えない情報ばかりを溜め込んでしまう「情報メタボ」を予防する一番効果的な方法は、「定期的にアウトプットし続けることだ」といえます。また、そのための場としてブログが最適なのはいうまでもありません。


人気ブログを書いている人たちが声を揃えていうのは、「たとえ持っている情報が不完全な状態でも、つねにアウトプットをしていたほうが、結果的に価値のある情報が集まってくる」ということです。ブログを読んだ人たちから、「それについてはこんな調査結果がありますよ」というように有益な情報が寄せられるからです。つまり、情報を出し続けている人のところに、価値ある情報は集まってくるというわけです。


「すべての情報をインプットしてから、アウトプットを始めるのは不可能」ということも知っておいたほうがいいでしょう。私たちは論文を作成したり、プロジェクトを進めたりするとき、必要な情報をすべて集めてから取りかかろうと考えがちです。しかしそんなことをしていたら、いつまで経っても情報収集が終わらず、物事が進まないのは明らかです。


書評ブログを読んでいていつも感じるのは、「多読をしている人で、深く面白い書評が書けている人はほとんどいない」ということ。たんなる内容の要約で終わっているものが圧倒的多数なのですが、内容の要約であればアマゾンなどをみればすぐわかることですから、価値はほとんどありません。本当に大切なのは、これまで自分が読んできた本と組み合わせたり、自分の専門領域や興味関心に引き寄せて書評のなかに独自の観点を盛り込んでいくことなのに、それができずにいるのです。


情報ソースの見直しを続けていると、自分自身のテーマというのは次第に明確になってきます。私自身、その効果を実感したことがあり、いまでも2カ月に一度は見直しを行なっています。


「ニュースソースを信頼できる一カ所に絞り込み、あとは一切みない」というのも、情報ダイエットの鉄則です。


「情報収集のテーマを絞り込むと、重要な情報を逃してしまうのでは?」と思う人もいるかもしれません。この感情の裏には、「世の中の話題に遅れたくない」という不安があります。しかし、広く浅くいろいろなことを知っていることは、いまの時代にはほとんど価値がありません。先ほどの不安を解消するために情報メタボになるよりも、「自分がこれと決めた分野で知っていなければいけないことには、必ず通じている」という状態を目指すことをお勧めします。


情報収集テーマを絞り込むと、「自己ブランド力アップ」と「情報ダイエット」の両方を一気に実現できるのです。


やるべき仕事は情報収集以外にもたくさんありますから、自分の業界のあらゆる情報に精通するのは不可能。そこで私がお勧めしているのは、「自分はこの業界の○○という分野に絞って情報を集める」というように、情報収集の範囲を思いきって絞ることです。そうやって特定の分野の情報だけを集中して集めていくと、「アイツは中国市場の動向については、誰にも負けない見識をもっている」といったように、一目置かれる存在になれます。「この分野ならアイツに聞け」という自己ブランドを、短時間で確立できるのです。


現代の知的労働者にとっては、情報が「足りない」ことよりも、情報が「多すぎる」ことのほうがより重大な問題です。実際、「情報をチェックする時間が足りない」「大量の情報をインプットするだけで精一杯。アウトプットの時間を十分に取れない」といった悩みをもつ人は少なくありません。


堀正岳の経歴・略歴

堀正岳、ほり・まさたけ。日本の理学博士、ブロガー。アメリカ イリノイ州出身。国立大学で気象変動・地球温暖化などを研究するかたわら、海外記事、仕事術、自己啓発、文具などをテーマとしブログ「Lifehacking.jp」を運営。同ブログは人気ブログとなった。著書に『情報ダイエット仕事術』『iPhone情報整理術』『できる100ワザ ツイッター』ほか。

他の記事も読んでみる

安部修仁

リーダー候補にはハードワークは避けられないと思う。


奥正之

月曜から金曜日の日中は、銀行の内外でお客様に会ったり、会議に出たりすることが多いのですが、毎日一時間、一人でじっくりものごとを考える時間を確保するよう、秘書に言っています。とくに金曜日は2時間、その週の出来事を振り返り、考えを整理する時間に充てています。


泉谷直木

「自分はできる」と信じてチャレンジすれば、できることは確実に増える。より大きな目標に挑もうとするモチベーションも生まれる。


永守重信

当社は若くても意欲のある人には、どんどん仕事を任せ、昇進させる世にしている。もちろん上手くいかなければ降格することもある。挑戦は責任と表裏の関係だからだ。でも、手を挙げれば何度でも挑戦できるから、一度降格しても復活する人はたくさんいる。


枡野俊明

過去の失敗がトラウマとなり、新しい仕事に踏み出せない人がいます。しかし過去は過去、悔やんだところで何も変わるはずはないのですから、放っておけばいいのです。


村上太一

子供のころから経営者になりたいと思っており、高校に入学すると、本格的に起業の準備を始めました。創業メンバー探し、簿記二級などの資格取得、そして起業に向けた読書を始めたのもこの頃です。ビジネスの発想法や着眼点、アイデアを現実に落とし込む方法などをビジネス書などから学ぼうと考えたのです。ひと月に10~20冊は読んでいたと思います。


成毛眞

いかにも英語らしく発音できるとカッコイイじゃないですか。カッコよくしゃべれると、自分の英語に自信が持てて口調も堂々としてくるものです。だから、この人はカッコよく話すなと思う人の真似をするのはいいと思います。


ニーチェ

仕事が自分を強くする。


馬田一

開発力とはやっぱり人です。伝統的な仕組みとチームワーク。そのチームも、たとえば日本全体で見れば自動車メーカーと一緒になってやったりして、日本が得意だと思う分野を伸ばしていくのです。このことは市場の環境が変わろうが、変わるまいが、常に我々が目指していく方向じゃないかと思っています。


中田敦彦

僕は自分たちに漫才やコントの才能があるとは思わないので、そこは勝負の場ではないと思っています。でも音楽に関することは強みですから磨き抜く。長所を伸ばし、短所は無視がモットーです。


高田明(ジャパネットたかた)

テレビ通販は、どう伝えるかで商品の売れ行きが全く異なります。例えば、値段を言って、続いて注文を受け付ける電話番号を伝えるとき、私は必ず間を置いていました。わずかでも、間があるかないかでお客様からの反響に大きな差が出ます。値段を言った後、1秒でも0.5秒でも静寂を置くことがお客様の背中を押すのです。


服部真二

技術の革新性を追い求めることはもちろん重要なのですが、これからはそれに加えて遊び心がなければならないと考えています。そうした技術のあり方を感性の技術、エモーショナル・テクノロジーと呼んでいます。