名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

堀正岳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀正岳のプロフィール

堀正岳、ほり・まさたけ。日本の理学博士、ブロガー。アメリカ イリノイ州出身。国立大学で気象変動・地球温暖化などを研究するかたわら、海外記事、仕事術、自己啓発、文具などをテーマとしブログ「Lifehacking.jp」を運営。同ブログは人気ブログとなった。著書に『情報ダイエット仕事術』『iPhone情報整理術』『できる100ワザ ツイッター』ほか。

堀正岳の名言 一覧

私のブログ「Lifehacking.jp」は、本業も忙しいので更新頻度は決して多くありません。ただその分、自分なりの考え方、見方を必ず盛り込むようにしています。だからこそ、多くの方に読んでいただけているのだと思います。


ブログの世界でも、人気になるブログを書く人は必ずテーマを絞っています。逆に、毎日書いても人気が出ないブログは、ある日は自分の趣味について、ある日は気になったニュースについて、ある日は今日食べた晩御飯についてと、テーマがバラバラなのです。


情報ダイエットを実現するためのカギは、「情報の量よりも、ある情報に対して自分独自の見方があるかどうかのほうが重要」ということに気づくことです。


使えない情報ばかりを溜め込んでしまう「情報メタボ」を予防する一番効果的な方法は、「定期的にアウトプットし続けることだ」といえます。また、そのための場としてブログが最適なのはいうまでもありません。


人気ブログを書いている人たちが声を揃えていうのは、「たとえ持っている情報が不完全な状態でも、つねにアウトプットをしていたほうが、結果的に価値のある情報が集まってくる」ということです。ブログを読んだ人たちから、「それについてはこんな調査結果がありますよ」というように有益な情報が寄せられるからです。つまり、情報を出し続けている人のところに、価値ある情報は集まってくるというわけです。


「すべての情報をインプットしてから、アウトプットを始めるのは不可能」ということも知っておいたほうがいいでしょう。私たちは論文を作成したり、プロジェクトを進めたりするとき、必要な情報をすべて集めてから取りかかろうと考えがちです。しかしそんなことをしていたら、いつまで経っても情報収集が終わらず、物事が進まないのは明らかです。


書評ブログを読んでいていつも感じるのは、「多読をしている人で、深く面白い書評が書けている人はほとんどいない」ということ。たんなる内容の要約で終わっているものが圧倒的多数なのですが、内容の要約であればアマゾンなどをみればすぐわかることですから、価値はほとんどありません。本当に大切なのは、これまで自分が読んできた本と組み合わせたり、自分の専門領域や興味関心に引き寄せて書評のなかに独自の観点を盛り込んでいくことなのに、それができずにいるのです。


情報ソースの見直しを続けていると、自分自身のテーマというのは次第に明確になってきます。私自身、その効果を実感したことがあり、いまでも2カ月に一度は見直しを行なっています。


「ニュースソースを信頼できる一カ所に絞り込み、あとは一切みない」というのも、情報ダイエットの鉄則です。


「情報収集のテーマを絞り込むと、重要な情報を逃してしまうのでは?」と思う人もいるかもしれません。この感情の裏には、「世の中の話題に遅れたくない」という不安があります。しかし、広く浅くいろいろなことを知っていることは、いまの時代にはほとんど価値がありません。先ほどの不安を解消するために情報メタボになるよりも、「自分がこれと決めた分野で知っていなければいけないことには、必ず通じている」という状態を目指すことをお勧めします。


情報収集テーマを絞り込むと、「自己ブランド力アップ」と「情報ダイエット」の両方を一気に実現できるのです。


やるべき仕事は情報収集以外にもたくさんありますから、自分の業界のあらゆる情報に精通するのは不可能。そこで私がお勧めしているのは、「自分はこの業界の○○という分野に絞って情報を集める」というように、情報収集の範囲を思いきって絞ることです。そうやって特定の分野の情報だけを集中して集めていくと、「アイツは中国市場の動向については、誰にも負けない見識をもっている」といったように、一目置かれる存在になれます。「この分野ならアイツに聞け」という自己ブランドを、短時間で確立できるのです。


現代の知的労働者にとっては、情報が「足りない」ことよりも、情報が「多すぎる」ことのほうがより重大な問題です。実際、「情報をチェックする時間が足りない」「大量の情報をインプットするだけで精一杯。アウトプットの時間を十分に取れない」といった悩みをもつ人は少なくありません。


堀正岳の経歴・略歴

堀正岳、ほり・まさたけ。日本の理学博士、ブロガー。アメリカ イリノイ州出身。国立大学で気象変動・地球温暖化などを研究するかたわら、海外記事、仕事術、自己啓発、文具などをテーマとしブログ「Lifehacking.jp」を運営。同ブログは人気ブログとなった。著書に『情報ダイエット仕事術』『iPhone情報整理術』『できる100ワザ ツイッター』ほか。

他の記事も読んでみる

尾方僚

仕事は自らつくるものという意識を持ちましょう。書類の整理、議事録づくり、上司の手伝い……何でもいいので、自発的に取り組む仕事、業務プラスアルファの仕事を意識的に組み込みましょう。良い癖づけになり、いつしか仕事が集まる人になれます。


トーマス・カーライル

現在というものは、過去のすべての生きた集大成である。


飯田泰之

昔の教え子に会うと「英語を勉強したほうがいいですかね」と聞かれたりしますが、「君の会社では英語は使わないだろう」と言いたくなるケースは少なくないですね。もちろん英語が必要な人もいるでしょうが、優先順位をつければ、勉強するよりも飲み会に参加することのほうがはるかに大事な仕事も多いでしょう。学生時代に優秀だった人ほど「ちゃんとお勉強をすれば何かリターンがある」と考えがちです。これは正しくない。ネットスラングで言うところの「意識高い系」雑誌が資格試験や英語学習を煽るせいもありますが。


幸田真音

経済の視点から歴史を眺めてみると、まったく違う景色が見えてくる。


ダライ・ラマ14世

非常に複雑な現実のありようというものを正しく把握しようと思ったら、ひとつの角度からだけその問題をとらえてはいけません。全体的な視野、様々な角度から問題に光を当てる必要があります。


中原淳

「効率よく手に職をつけられる手段」として資格の勉強を始める人も少なくありませんが、「資格を取りさえすれば安泰」という時代ではありません。今や弁護士ですら仕事がない人もいるといいます。資格を取得しても、投じたコストと時間に見合った成果が得られるかどうかはその人次第と言えます。


黒田武志

我々は「ビジネスを通じて偉大な作品をつくる」という企業理念を掲げています。ここでいう作品とは、宅配便を使ったリサイクルの仕組みのことを指しています。私が歳をとって企業家人生を振り返るときに、「いい作品をつくった」と人々に言ってもらえるような仕組みが完成すれば、それに勝る喜びはありません。


永守知博

父(永守重信)は厳しいですね。理屈じゃない、昔の昭和の厳しさです。勉強しろとか、こう生きろといったことは一切言いませんが、社会に迷惑をかけることはするなとしつけられました。


上田準二

社長になってまずやったのは、「現場の声を聞くこと」でした。全国の現場に出向き、社員や加盟店に現状と課題を聞いて回ります。「我々はどこがセブンに劣っているのか」「現場は何に困っているのか」。この時、上から目線で指示することはしません。とにかく聞く。現状や課題、全てを受け止めた上で「じゃあ、こうしよう」と方針を出しました。


牛島信

「買われたくなければ上場しなければいい」と言ったのは村上ファンドの村上世彰氏ですが、上場しているということは誰でもその株が買えるということです。蛇の目ミシン株主代表訴訟の最高裁判決では「証券取引所に上場され、自由に取引されている株式について」は「会社にとって好ましくないと判断される者がこれを取得して株主になることを阻止することはできない」と言い切りました。好ましくなくても株は買えるし、過半数の株を押さえれば経営権が取れる。それが上場していることの意味です。


樋口星覚(樋口星太郎)

心だけを安定させようとしてもできません。まず体を整えることから始めましょう。体が整うと息が整ってくる。息が整うと心が整ってくる。これを禅では「調身・調息・調心」と言います。体、息、心の順で整い、心は最後なのです。


細川信義

ビジネスは一人ではできないので、困ったときに誰を知っているかが大きな転換点になる。