堀正岳の名言

堀正岳のプロフィール

堀正岳、ほり・まさたけ。日本の理学博士、ブロガー。アメリカ イリノイ州出身。国立大学で気象変動・地球温暖化などを研究するかたわら、海外記事、仕事術、自己啓発、文具などをテーマとしブログ「Lifehacking.jp」を運営。同ブログは人気ブログとなった。著書に『情報ダイエット仕事術』『iPhone情報整理術』『できる100ワザ ツイッター』ほか。

堀正岳の名言 一覧

私のブログ「Lifehacking.jp」は、本業も忙しいので更新頻度は決して多くありません。ただその分、自分なりの考え方、見方を必ず盛り込むようにしています。だからこそ、多くの方に読んでいただけているのだと思います。


ブログの世界でも、人気になるブログを書く人は必ずテーマを絞っています。逆に、毎日書いても人気が出ないブログは、ある日は自分の趣味について、ある日は気になったニュースについて、ある日は今日食べた晩御飯についてと、テーマがバラバラなのです。


情報ダイエットを実現するためのカギは、「情報の量よりも、ある情報に対して自分独自の見方があるかどうかのほうが重要」ということに気づくことです。


使えない情報ばかりを溜め込んでしまう「情報メタボ」を予防する一番効果的な方法は、「定期的にアウトプットし続けることだ」といえます。また、そのための場としてブログが最適なのはいうまでもありません。


人気ブログを書いている人たちが声を揃えていうのは、「たとえ持っている情報が不完全な状態でも、つねにアウトプットをしていたほうが、結果的に価値のある情報が集まってくる」ということです。ブログを読んだ人たちから、「それについてはこんな調査結果がありますよ」というように有益な情報が寄せられるからです。つまり、情報を出し続けている人のところに、価値ある情報は集まってくるというわけです。


「すべての情報をインプットしてから、アウトプットを始めるのは不可能」ということも知っておいたほうがいいでしょう。私たちは論文を作成したり、プロジェクトを進めたりするとき、必要な情報をすべて集めてから取りかかろうと考えがちです。しかしそんなことをしていたら、いつまで経っても情報収集が終わらず、物事が進まないのは明らかです。


書評ブログを読んでいていつも感じるのは、「多読をしている人で、深く面白い書評が書けている人はほとんどいない」ということ。たんなる内容の要約で終わっているものが圧倒的多数なのですが、内容の要約であればアマゾンなどをみればすぐわかることですから、価値はほとんどありません。本当に大切なのは、これまで自分が読んできた本と組み合わせたり、自分の専門領域や興味関心に引き寄せて書評のなかに独自の観点を盛り込んでいくことなのに、それができずにいるのです。


情報ソースの見直しを続けていると、自分自身のテーマというのは次第に明確になってきます。私自身、その効果を実感したことがあり、いまでも2カ月に一度は見直しを行なっています。


「ニュースソースを信頼できる一カ所に絞り込み、あとは一切みない」というのも、情報ダイエットの鉄則です。


「情報収集のテーマを絞り込むと、重要な情報を逃してしまうのでは?」と思う人もいるかもしれません。この感情の裏には、「世の中の話題に遅れたくない」という不安があります。しかし、広く浅くいろいろなことを知っていることは、いまの時代にはほとんど価値がありません。先ほどの不安を解消するために情報メタボになるよりも、「自分がこれと決めた分野で知っていなければいけないことには、必ず通じている」という状態を目指すことをお勧めします。


情報収集テーマを絞り込むと、「自己ブランド力アップ」と「情報ダイエット」の両方を一気に実現できるのです。


やるべき仕事は情報収集以外にもたくさんありますから、自分の業界のあらゆる情報に精通するのは不可能。そこで私がお勧めしているのは、「自分はこの業界の○○という分野に絞って情報を集める」というように、情報収集の範囲を思いきって絞ることです。そうやって特定の分野の情報だけを集中して集めていくと、「アイツは中国市場の動向については、誰にも負けない見識をもっている」といったように、一目置かれる存在になれます。「この分野ならアイツに聞け」という自己ブランドを、短時間で確立できるのです。


現代の知的労働者にとっては、情報が「足りない」ことよりも、情報が「多すぎる」ことのほうがより重大な問題です。実際、「情報をチェックする時間が足りない」「大量の情報をインプットするだけで精一杯。アウトプットの時間を十分に取れない」といった悩みをもつ人は少なくありません。


堀正岳の経歴・略歴

堀正岳、ほり・まさたけ。日本の理学博士、ブロガー。アメリカ イリノイ州出身。国立大学で気象変動・地球温暖化などを研究するかたわら、海外記事、仕事術、自己啓発、文具などをテーマとしブログ「Lifehacking.jp」を運営。同ブログは人気ブログとなった。著書に『情報ダイエット仕事術』『iPhone情報整理術』『できる100ワザ ツイッター』ほか。

他の記事も読んでみる

飯田久恵

「片づける」という作業自体も、仕事のやる気を高める効果があります。散らかっていた場所をきれいにすると、人間は達成感を味わい、脳内で神経伝達物質のドーパミンが分泌されて、「快」の状態に。すると気持ちが前向きになり、楽しく仕事に取りかかれて、やる気もアップするのです。


小笹芳央

ビジネスの世界ではよく、「1つのクレームの背後には30の不満がある」と言われます。1つクレームを頂いたら、懸命に対応するだけでなく、「他にも何か問題があるはずだ」という視点でサービスや商品を点検する必要がある。日頃からクレームの芽をつぶす努力をしてください。


竹中宣雄

私は若い社員を相手に話をする機会があると、必ずプロ野球の3割打者の話をします。ご承知のように、プロ野球選手は4月の頭から10月の初旬までの約6カ月間、月曜日と金曜日以外はずっと試合をやり続けます。一回の試合で打席に立つチャンスは4回から5回。このうちの3割ヒットを打てば、一流のバッターだといわれます。2割8分だと凡庸な選手。2割7分9厘だと、ちょっと身分の保証はできないよと。これが、プロ野球の世界です。


松波晴人

サービスというのは、勘と経験、つまり暗黙知の側面が強いものです。例えば同じ系列のチェーン店でも、店舗によって差がありますよね。その店独自の工夫や個人の努力に依っているからノウハウが広がらない。成績の良い営業マンに、どういうノウハウがあるのかと聞いても多くの人は「たまたま、お客さんが良い人ばっかりなんですよ」と答える人もいて、言葉として説明出来ないケースが多い。


齋藤勇(齊藤勇)

自分が考えているほど、まわりは人の失敗を気にしていません。むしろ、小さな失敗は、人間関係の潤滑剤になります。人は気の抜けない相手より、時々失敗をする相手の方に親しみを感じます。普段は完璧でも少し抜けたところがある人を評して「人間味がある」という言い方をすることがありますが、これは好意の表現です。そう考えれば、ささいな失敗に気を病むこともないはずです。


ロバート・キヨサキ

赤ん坊のときは誰でも、よちよち歩きから始めて何度も転びながら歩き方を学ぶ。その素晴らしいところは、何度転んでも笑って立ち上がることだ。あなたが、今の自分の経済状態を立て直したい、経済的自由を手に入れたいと真剣に願うなら、自分が犯した間違いから学ぶことだ。


宿澤広朗

ロンドン駐在時代に強く意識したのはチェース・マンハッタンなどだし、初めて支店長になった時は他の都銀だった。いつもライバルに勝つために全力を注いだ。


佐藤康博

単体の金融機関がいかに強かろうとも、ホームグラウンドである日本の金融や産業が、ぺんぺん草が生えるような状況になってしまった時に、国際金融社会において日本の金融機関がリスペクトされることはあり得ないだろうと思います。やはり日本の金融機関である以上、日本を強くするということに深く関わっていないと、結局は世界でも戦っていけません。ドイツ銀行やJPモルガン・チェースしかり、海外で活躍する金融機関はホームグラウンドにしっかりと根を下ろしている。


町田勝彦

企業のブランド育成のためのコミュニケーション活動7つのポイント

  1. コンプライアンス(法令順守)の徹底をする
  2. 企業ブランドを高めるテーマに集中する
  3. 専門用語を使わず、子供からお年寄りまで誰からも受け入れられるわかりやすい表現をする
  4. 表現のトーンや雰囲気を統一させる
  5. コミュニケーション活動もオンリーワンでなければならない
  6. お客様の心に届くまで継続する
  7. 投資対効果を常に考え、一円足りとて無駄にしてはいけない

常見陽平

若手社員は、先輩や上司の経験やネットワークを侮るなかれ。歯向かうよりも助けてもらい、懐柔して仲間になるぐらいの姿勢でつきあうといい。


マキャベリ(マキャヴェッリ)

民衆というものは、やさしく扱ってやるか、徹底的に叩きつぶすかのいずれかである。


似鳥鶏

声が大きい攻撃的な人ときちんと論証する人が争うと、前者が勝ってしまう。そして、多数が支持した意見は正しいとされるのが、民主主義の恐ろしいところ。独裁者だって、最初は人気者の顔をしてやってきます。バイアスがかかった意見ではないか、我々もしっかりと見極める必要がある。


中村勘三郎・18代目(5代目 中村勘九郎)

これまで「型破り」なことをたくさんやってきたけれど、それは型があったからできたこと。過去から学ばずに新しいことをやるのは、「型なし」っていう。あっちにふらふら、こっちにふらふらして、お客様にウケそうなものだけやっているのは型なしなんだ。


南場智子

トイレが汚いのが絶対許せないとか、サービスを見てもこんなに分かりにくいのは絶対にダメとか、経営として重要と思うところに関しては、細かく入っていくところはあります。でも思い付きで現場を翻弄することはないようにしています。


玉塚元一

本物の実力を身につけたいなら、ベンチプレスだけでは不十分です。ラグビーで本物の筋肉を鍛えるには、タックルされたり、地面に叩きつけられたり、実践を積み重ねる必要があります。仕事の実力も同じで、実践を通してしか身につきません。


ページの先頭へ