名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀木エリ子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀木エリ子のプロフィール

堀木エリ子、ほりき・えりこ。日本の経営者、和紙プロデューサー。京都出身。高校卒業後、4年間の銀行員生活を経て、和紙商品開発会社へ入社。その後、和紙ブランド「SHIMUS」を立ち上げ、建築と和紙の新しい関係を提案。和紙製造の新技術開発を行った。主な受賞に、日本建築美術工芸協会賞、インテリアプランニング国土交通大臣賞、京都府あけぼの賞、日本現代藝術奨励賞、ウーマン・オブ・ザ・イヤー2003、女性起業家大賞、SDA賞/サインデザイン優秀賞、Joie de Vivre(いのち華やぐ)賞、京都創造者賞/アート・文化部門、The Trebbia European Award for Creative Activities for 2012(TREBBIA財団/チェコ共和国)など。

堀木エリ子の名言 一覧

よく「堀木さんは、天職が見つかってよかったですね」と言われるんですが、それは違うと思います。天職とは、「私はこれを天職にするんだ」と決心するから天職になるんです。若い人が「一生懸命になれるものが見つからない」と嘆いていますが、それは見つからないんじゃなくて、決心しないだけだと思います。


いまこの時代に、私たちは志を持って、いかにものごとを成し遂げることができるかが、人の生き様として最も尊く、大切なことだと思います。


突然の事故や病気など、死に様は自分では選べなくても、生き様はそれぞれ自分の個性で選ぶことができます。これは大切なことです。


大病を患った人ほどよく言いますが、私たちは本当に生かされているんだと思います。仕事をすることも生きていることも、人の役に立つためではないかと感じます。


スタッフに対して、作品の対処法をはじめ、書き綴っていきました。すると、予想以上にやるべきことが多く、「スタッフだけでは到底無理。とても死ねない。私がやらなければ!」と気づいたんです。そこで、どうしたらいち早く達成できるかを真剣に考えて、次々と行動に移しました。全身麻酔の手術をした4日後に、東京に出張に行ったくらいです。先生も驚いていました。
【覚書き|悪性ガンの手術をしたときを振り返っての発言】


20代、30代のころは私も、自分の楽しみや幸せのために仕事をしていました。でも、それをずっと続けていても、実はあまり楽しくありません。とくに40代以降は、社会にお返しするというスタンスで仕事をすると、やりがいの感じ方も結果の出方も、変わってくるのではないでしょうか。


巨大な和紙をすく技術や、骨組みやノリを使わずに立体物をつくる手法も、昔の人のように道具からつくっていけば、革新的な技術につながるのでは、という発想から生まれたものなんです。


説得できないなら、継続することでわかってもらおうと決意しました。新しいやり方を採りいれれば、和紙の世界は人の心に響くものとして発展できる、現代建築においても必要不可欠な存在になれる、との揺るぎない思いもありました。長い道のりですが、自分がやっていることが間違っていなければ、いつかはわかってくれると考えたのです。
【覚書き|当初、和紙職人さんたちに企画を理解してもらえなかったことについて語った言葉】


もちろん、私の作品に芸術性があると認めてもらえるのは嬉しいのですが、デザイナーになりたい、芸術家になりたいと思って、いまの仕事をしてきたわけではないんです。和紙の新技術を開発したのも、ヘルメット姿で和紙をかついで足場にあがるのも、私がやらなかったら素晴らしい和紙の文化がなくなってしまうという切実な使命感からです。


作品は単独でつくるのではなく、全体との調和を必ず考えて、周囲の空気や気配を察し、その移ろいに配慮します。建物自体のコンセプトから突出しすぎず、かといって埋没しない作品をつくることで、和紙の素材の良さが活かせます。


デザイン画を描き、紙をすくようになったのも、世の中の役に立つ和紙をつくるため、職人さんに協力していただきたいという思いからです。職人さんに拒まれて終わる前に、まず私がやってみることで、「下手だなぁ、貸してみろ」と手を貸してもらうきっかけをつくるのが、大切なことだと考えているのです。


堀木エリ子の経歴・略歴

堀木エリ子、ほりき・えりこ。日本の経営者、和紙プロデューサー。京都出身。高校卒業後、4年間の銀行員生活を経て、和紙商品開発会社へ入社。その後、和紙ブランド「SHIMUS」を立ち上げ、建築と和紙の新しい関係を提案。和紙製造の新技術開発を行った。主な受賞に、日本建築美術工芸協会賞、インテリアプランニング国土交通大臣賞、京都府あけぼの賞、日本現代藝術奨励賞、ウーマン・オブ・ザ・イヤー2003、女性起業家大賞、SDA賞/サインデザイン優秀賞、Joie de Vivre(いのち華やぐ)賞、京都創造者賞/アート・文化部門、The Trebbia European Award for Creative Activities for 2012(TREBBIA財団/チェコ共和国)など。

他の記事も読んでみる

井上真央

演じることは最終的には自分との戦いなので、柔軟でありたい。


築山節

自分がこれまでどのような仕事をしてきて、何が得意かを振り返りましょう。比較的好きな業務や、人に頼られることなどがきっとあるはずです。そうした物事を、文書やデータに「まとめる」ことがまずはお勧め。自分の得意分野や専門分野を、平易に説明できるようにしておくのです。難しいことを易しく説明するのはなかなか難しいものです。その試行錯誤を繰り返す過程で自分自身の中でも理解が深まり、より精緻な記憶として定着させることができます。


鈴木敏文

私はこれまで何度となくチャレンジしてきましたが、少し失敗かなと思うことはあっても、大ヤケドをしたことはありませんでした。それは失敗だなと思ったら修正すればいいわけで、特にリーダーというのは先が読めるかどうかというのが大事なんです。


伊藤慎介

業界を動かし、勝つための仕組みを作り出す官の役割は今の時代にも必要だと思う。例えば、経産省が力を入れる「第4次産業革命」には国内企業しか参加していないが、国内だけの独自制度を作っても意味がない。場合によっては海外勢を巻き込むといった大局に立った判断が必要になる。それは民には担いきれない役割だからだ。


中村獅童(二代目)

実際のところ、若い時から「俺はロックスターになる」と言い続けているような人が、ロックスターになったりする。大事なのは、思い続けること、諦めないこと。


渡辺捷昭

課題は無数にあります。さらなる技術革新。コストの低減。開発から製品化までのリードタイムの短縮。そして販売・サービス網の拡充。つまり、やみくもに販売台数で世界一を目指すのではなく、地道に目の前の課題の克服を目指すことこそ、第一義だと思います。


石渡美奈

会話は、言葉以上に表情や動きでメッセージが伝わります。声のトーンや表情、しぐさはとても意識しています。同じ「ありがとう」でも、心のこもらない口だけの「ありがとう」では、感謝の気持ちは伝わらないですよね。


吉野佳秀

これからの挑戦としては、リサイクルや産業廃棄物の業界をまとめたいと考えています。これらに関する産業のことを静脈産業と言い、一方で製造業を動脈産業と言います。弊社は解体業ですから、どちらかと言えば静脈産業に入るかもしれません。まだ具体的には考えていませんが、この動脈と静脈の間に着手したいですね。


DJ AMIGA

DJとして心掛けていることは、自分が楽しむこと。やはり、自分が楽しんでないとお客さんも楽しく無いと思うので。


太田英昭

何の土地勘もないところで商売ができるほど、世の中は甘くないので、少しでも土地勘のあるところでリスクテイクしながら、一歩でも二歩でも出て行き、幅を拡げていくことが、私の最大の仕事であり義務。


西村英俊

ご承知のように弁護士も種々の専門分野に分かれています。弁護士は専門性の合ったところで、適切なときに起用することが大切です。それには自社がある件に関してどんな問題を抱えているかという点を的確に知って選任するしかありません。


古市幸雄

支出に占める割合が多いのは、住宅費、クルマ、保険の3つです。この3大支出を収入の2割程度に収めるのが節約への近道となります。逆にいえば、3大支出にメスを入れずして、支出を抑えるのは難しいのです。玉子が10円安く買えたとしても、家賃の高いマンションを借りていたら節約も何もないでしょう。交通の便が良い都心に住んでいれば車はいらないし、専業主婦の生命保健は不要なはずです。「普通」の幻想に惑わされずに、必要なものは残し、不要なものは切り捨てましょう。