名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀木エリ子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀木エリ子のプロフィール

堀木エリ子、ほりき・えりこ。日本の経営者、和紙プロデューサー。京都出身。高校卒業後、4年間の銀行員生活を経て、和紙商品開発会社へ入社。その後、和紙ブランド「SHIMUS」を立ち上げ、建築と和紙の新しい関係を提案。和紙製造の新技術開発を行った。主な受賞に、日本建築美術工芸協会賞、インテリアプランニング国土交通大臣賞、京都府あけぼの賞、日本現代藝術奨励賞、ウーマン・オブ・ザ・イヤー2003、女性起業家大賞、SDA賞/サインデザイン優秀賞、Joie de Vivre(いのち華やぐ)賞、京都創造者賞/アート・文化部門、The Trebbia European Award for Creative Activities for 2012(TREBBIA財団/チェコ共和国)など。

堀木エリ子の名言 一覧

よく「堀木さんは、天職が見つかってよかったですね」と言われるんですが、それは違うと思います。天職とは、「私はこれを天職にするんだ」と決心するから天職になるんです。若い人が「一生懸命になれるものが見つからない」と嘆いていますが、それは見つからないんじゃなくて、決心しないだけだと思います。


いまこの時代に、私たちは志を持って、いかにものごとを成し遂げることができるかが、人の生き様として最も尊く、大切なことだと思います。


突然の事故や病気など、死に様は自分では選べなくても、生き様はそれぞれ自分の個性で選ぶことができます。これは大切なことです。


大病を患った人ほどよく言いますが、私たちは本当に生かされているんだと思います。仕事をすることも生きていることも、人の役に立つためではないかと感じます。


スタッフに対して、作品の対処法をはじめ、書き綴っていきました。すると、予想以上にやるべきことが多く、「スタッフだけでは到底無理。とても死ねない。私がやらなければ!」と気づいたんです。そこで、どうしたらいち早く達成できるかを真剣に考えて、次々と行動に移しました。全身麻酔の手術をした4日後に、東京に出張に行ったくらいです。先生も驚いていました。
【覚書き|悪性ガンの手術をしたときを振り返っての発言】


20代、30代のころは私も、自分の楽しみや幸せのために仕事をしていました。でも、それをずっと続けていても、実はあまり楽しくありません。とくに40代以降は、社会にお返しするというスタンスで仕事をすると、やりがいの感じ方も結果の出方も、変わってくるのではないでしょうか。


巨大な和紙をすく技術や、骨組みやノリを使わずに立体物をつくる手法も、昔の人のように道具からつくっていけば、革新的な技術につながるのでは、という発想から生まれたものなんです。


説得できないなら、継続することでわかってもらおうと決意しました。新しいやり方を採りいれれば、和紙の世界は人の心に響くものとして発展できる、現代建築においても必要不可欠な存在になれる、との揺るぎない思いもありました。長い道のりですが、自分がやっていることが間違っていなければ、いつかはわかってくれると考えたのです。
【覚書き|当初、和紙職人さんたちに企画を理解してもらえなかったことについて語った言葉】


もちろん、私の作品に芸術性があると認めてもらえるのは嬉しいのですが、デザイナーになりたい、芸術家になりたいと思って、いまの仕事をしてきたわけではないんです。和紙の新技術を開発したのも、ヘルメット姿で和紙をかついで足場にあがるのも、私がやらなかったら素晴らしい和紙の文化がなくなってしまうという切実な使命感からです。


作品は単独でつくるのではなく、全体との調和を必ず考えて、周囲の空気や気配を察し、その移ろいに配慮します。建物自体のコンセプトから突出しすぎず、かといって埋没しない作品をつくることで、和紙の素材の良さが活かせます。


デザイン画を描き、紙をすくようになったのも、世の中の役に立つ和紙をつくるため、職人さんに協力していただきたいという思いからです。職人さんに拒まれて終わる前に、まず私がやってみることで、「下手だなぁ、貸してみろ」と手を貸してもらうきっかけをつくるのが、大切なことだと考えているのです。


堀木エリ子の経歴・略歴

堀木エリ子、ほりき・えりこ。日本の経営者、和紙プロデューサー。京都出身。高校卒業後、4年間の銀行員生活を経て、和紙商品開発会社へ入社。その後、和紙ブランド「SHIMUS」を立ち上げ、建築と和紙の新しい関係を提案。和紙製造の新技術開発を行った。主な受賞に、日本建築美術工芸協会賞、インテリアプランニング国土交通大臣賞、京都府あけぼの賞、日本現代藝術奨励賞、ウーマン・オブ・ザ・イヤー2003、女性起業家大賞、SDA賞/サインデザイン優秀賞、Joie de Vivre(いのち華やぐ)賞、京都創造者賞/アート・文化部門、The Trebbia European Award for Creative Activities for 2012(TREBBIA財団/チェコ共和国)など。

他の記事も読んでみる

吹越満

正直なところ、僕、俳優って仕事に向いてないと思うんですよ。でも好きなんですよ。またこれが、どう好きなのか、うまく言えないんですけど。


窪田健一(経営者)

「それが正しいのか」という問いは常に自分にしています。「バランス」も結構気にしています。あと「走りながらやる事」。状況は常に変わります。時間は絶えず流れている訳ですから。走りながら考える、走りながら作り上げて行くように、常に意識してやらなければと思っています。それと、自分自身が素直である事、謙虚である事、誠実である事。素直に考えるというのではなく、物事を素直に受け止める。そうしないと正しい判断ができないと思います。


奥島孝康

指導者に対する信頼も自発的な行動力も、指導者のかける「ほめ言葉」一つが重要なきっかけになる。


松本正義

亀井(正夫・会長)さんは、人を見るとき肩書きに関係なく「将来性がある」と思った若手に声をかけて育てる。私も大いに薫陶を受けました。


出口治明

人間は過去からしか学ぶことができません。過去の事例に照らし合わせ、最適だと思われる決断をする。その判断材料は多ければ多いほどいい。だから、世界史が役立ちます。


坂東眞理子

自分より若い人は、教えたり叱ったりするだけの対象ではありません。逆にこちらが教わることもあります。先日アメリカに行ったとき、親しい友人から「rebirth coach」という言葉を聞きました。自分を生まれ変わらせ、再生してくれる人を大切にすべきだというのです。歳をとると、自分の性格や興味を決めつけて守備範囲を狭めてしまいがちです。だからこそ一層好奇心をもって、知らない分野について教えてくれる若い人を大切にしましょう。


フォルクマル・デナー

R&D(研究開発)活動を支えるのが、財団が会社を所有するという組織構造にあります。新しいアイデアを市場に投入するには時間がかかります。短期利益を求めるような投資家に左右されない会社の所有形態が、長期的視点でR&Dに取り組める理由のひとつです。


横田雅俊

プロセスを設計管理するときに注意してほしい点が二つある。

  1. プロセスにはアクションを必ず関連付ける。
    プロセス管理の目的は、現状を把握して、次にとるべき行動を明確にすることにある。たとえばヒアリングに入ったものの、何を聞いていいのかわからないという状況では、プロセスを管理する意味がない。プロセスごとに目的を明確化し、訪問前に具体的なトークの流れを準備しておくとよい。
  2. プロセスに日付をつける。
    自分の行動を日付とともに管理すると、そのプロセスに入ったのはいつか、いつからプロセスが進んでいないかが把握できる。前回訪問から三カ月も空いているからすぐに訪問というように、最優先でやるべきことが明確になる。

児玉康孝

他者のコインランドリーチェーンは遊休地の活用法やサイドビジネスとして提案するケースもありますが、そもそもこれらのモデルでは必ず立ち行かなくなるオーナーが出てきます。そこに市場性があるかどうかは二の次で、遊休地ありきで事業を始めてしまうからです。儲かるわけがありませんよね。そこで私はまず、この事業モデルを完全否定することから始めました。そして、綿密なマーケティングをもとに、収益が上がる場所で事業を行うようにしたのです。他の事業では当たり前のことですが、それすらできていなかったのが、我々が参入する以前のコインランドリー業界でした。


永守重信

一生懸命説明すると、それを理解してくれる人が必ずいる。だから、諦めずに、できることはやろうという心境でいます。


高妻容一

仕事を始めたきっかけといった「初心」や「原点」を思い出し、今までの努力を再確認することで、自信につながる。今の仕事内容を確認する機会にもなる。「将来、どんな自分でありたいか」という青写真を描くことが、イメージトレーニングになる。


村田昭治

何事も実行を効果的に進めるには、その表裏にかかわる人のすべてが、新政策に関する情報を相互に交換し、意見を述べ合うことが重要だ。一方的に流す情報は、情報の目的である政策の共有や意識の共有をまったくもたらさないし、経済的価値も社会的価値も生まない。