名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

堀川馨の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀川馨のプロフィール

堀川馨、ほりかわ・かおる。日本の経営者。メガネメーカーのシャルマンの創業者。福井県出身。滋賀大学経済学部、繊維商社勤務を経て、兄が経営する堀川製作所(のちのホリカワ)に入社。同社社長を務めたのち、メガネフレームの販売会社シャルマン眼鏡(のちのシャルマングループ)を創業。同社を世界的高級メガネメーカーに育て上げた。また、福井県経済調査協会理事長などを務めた。

堀川馨の名言 一覧

技術を磨き上げると、思わぬところから声がかかります。理想のメガネフレームのために開発したエクセレンスチタンと微細レーザー接合の技術で医療器具をつくってほしいという依頼を医学部の先生から受けたのです。眼鏡というのは、完成までに200~250の工程を要します。しかも繊細さが求められる。私どもはこれらをすべて内製化してきました。その技術力を活かして、眼科用医療機器の新規事業を立ち上げました。実際に使っていただいている医師には「とても使いやすい」と喜んでもらえました。


眼鏡というのはコモディティ化が著しい商品だと思う人が多いでしょう。たしかに、中国が日本の数十倍もの生産量で価格競争力を高め、世界に輸出しています。生産量が増えれば必然的に技術力も備わってきます。私どもが本社を置く福井県鯖江市は、国内の95%を生産する眼鏡産業の集積地ですが、最近地盤沈下が目立ちます。しかし、そんな中でも圧倒的な技術力や、商品力を備ええていれば、世界で勝負することは可能です。


自社ブランドの眼鏡を世界に売りたいと、1980年に初めて海外進出しました。英語を話せる社員を1人採用し、最初はシンガポールに6泊7日のパッケージツアーで乗り込みました。観光はせず、2人で現地の代理店に「うちの商品を扱って欲しい」と頼んで回ったのです。いまではアジアや欧米を中心に世界100カ国で自社ブランドの眼鏡を販売しています。「シャルマン」といえば、世界のメガネ業界で通じるブランドに育ちました。


私は、眼鏡で培ってきた技術で福井県鯖江市をチタンの精密加工によって問題を解決する集積地にしたいと考えています。自社だけで展開するのではなく、地元の色々なメーカーと技術面で協力し合うことで地場の発展にもつなげたい。もともと福井の眼鏡産業は分業で成り立ってきたのですから。


堀川馨の経歴・略歴

堀川馨、ほりかわ・かおる。日本の経営者。メガネメーカーのシャルマンの創業者。福井県出身。滋賀大学経済学部、繊維商社勤務を経て、兄が経営する堀川製作所(のちのホリカワ)に入社。同社社長を務めたのち、メガネフレームの販売会社シャルマン眼鏡(のちのシャルマングループ)を創業。同社を世界的高級メガネメーカーに育て上げた。また、福井県経済調査協会理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

武野龍

一番大事なことは「継続」。継続していくためには、今やっていることをどう受け継ぎ、どう形を変えていくのか。これからどういうお客さまと結び付いていくのか。


岡本太郎

よく、あなたは才能があるから、岡本太郎だからやれるので、凡人には難しいという人がいる。そんなことはウソだ。やろうとしないから、やれないんだ。それだけのことだ。


ブルワー=リットン

およそ事業をなすのに必要なのは、能力ではなく、それをやり遂げるという決心である。


成田裕

欧米と違い、東南アジアでありがたいのは、ヤクルトレディや社員がお客様と対面できる機会が多いことです。お客様から直にフィードバックがあるため、社員のモチベーションアップにつながっています。


ジェイ・エイブラハム

あなたに関わる人々を、すべてクライアントとして扱ってください。そうすることで、あなたのビジネスや、社内での地位、市場での成功は飛躍的に伸びる。


井出健義

当社では、いろんな部分の見直しと改善を行っています。例えば、お客様のデータの大掃除。実際にあった話なんですが日本で一番有名な「スズキ イチロー」という顧客データを社内で検索したら、ちょうど彼の背番号と同じ51人が出てきたんです(笑)。冗談みたいな話ですが、昔の社会保険庁の年金記録と同じで、消し込みが不十分でした。それでお客様のデータベースを整理したら、アクティブと呼んでいる、1年に1回以上サービス入庫されているお客様が30万人以上、それ以外に当社と何らかの関係を持っている方が50万人以上いました。


似鳥昭雄

自分のためだけにする努力よりも人の幸せのためにする努力の方がやる気が出る。


上田彩子

相手に同調することが大切です。仕草や姿勢といった行動の同調、視線やうなずきといった表情の同調があります。同調すると、相手は自分に共感してくれていると感じ、好感度が上がります。例えば、ある人が会話の最中に顔を触るという仕草をした場合、同じように顔を触った人への好感度が、そうでない人に比べ上がることが、実験的にわかっています。


吉田忠裕

ボリュームゾーンを攻略したいという思いは、15年ほど前からありました。どのレベルの単価を狙うべきか、ずっと議論してきました。「安かろう、悪かろう」ではない、YKKらしい「安かろう、良かろう」を提供するには何をすべきか。逆に、それができなければ、いずれ、YKKはおかしくなる。そんな危機感がありました。


前刀禎明

いまも忘れられない光景ですが、ウォークマンの新製品発表会で経営トップが製品を逆さに持って紹介するという失態を目にしたことがあります。自社の製品に対し強い愛情があれば、こんなことが起きるはずはありません。
【覚書き|ソニー時代を振り返っての発言】


平井政光

現在提供している金や銀のオンライン取引サービスを始めたきっかけは、私が資産運用をサポートしているあるお客様の「金を購入したいのだが、海外にいい事業者はないか」という一言でした。調べてみると、ロンドンに非常に利用しやすく、手数料などの面でもメリットのあるサービスが見つかり、これならばより幅広く日本のお客様に展開する価値があると判断したのです。実物資産である金は、株式などと比べて価格変動も緩やかな傾向があり、多くの人が投資の入り口としてチャレンジするのにも適しています。


渡辺實(経営者)

仕事をやってみるとハードで、会社を辞めようと思ったことは3回くらいありました。そんな中でも会社を辞めなかったのは、会社が自分を引き立ててくれたということもありますし、それに対する恩返しをしたいと思ったからです。若い企業でしたから年齢を重ねてくると皆からエネルギーをもらえました。これが一番大きいです。