名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀川馨の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀川馨のプロフィール

堀川馨、ほりかわ・かおる。日本の経営者。メガネメーカーのシャルマンの創業者。福井県出身。滋賀大学経済学部、繊維商社勤務を経て、兄が経営する堀川製作所(のちのホリカワ)に入社。同社社長を務めたのち、メガネフレームの販売会社シャルマン眼鏡(のちのシャルマングループ)を創業。同社を世界的高級メガネメーカーに育て上げた。また、福井県経済調査協会理事長などを務めた。

堀川馨の名言 一覧

技術を磨き上げると、思わぬところから声がかかります。理想のメガネフレームのために開発したエクセレンスチタンと微細レーザー接合の技術で医療器具をつくってほしいという依頼を医学部の先生から受けたのです。眼鏡というのは、完成までに200~250の工程を要します。しかも繊細さが求められる。私どもはこれらをすべて内製化してきました。その技術力を活かして、眼科用医療機器の新規事業を立ち上げました。実際に使っていただいている医師には「とても使いやすい」と喜んでもらえました。


眼鏡というのはコモディティ化が著しい商品だと思う人が多いでしょう。たしかに、中国が日本の数十倍もの生産量で価格競争力を高め、世界に輸出しています。生産量が増えれば必然的に技術力も備わってきます。私どもが本社を置く福井県鯖江市は、国内の95%を生産する眼鏡産業の集積地ですが、最近地盤沈下が目立ちます。しかし、そんな中でも圧倒的な技術力や、商品力を備ええていれば、世界で勝負することは可能です。


自社ブランドの眼鏡を世界に売りたいと、1980年に初めて海外進出しました。英語を話せる社員を1人採用し、最初はシンガポールに6泊7日のパッケージツアーで乗り込みました。観光はせず、2人で現地の代理店に「うちの商品を扱って欲しい」と頼んで回ったのです。いまではアジアや欧米を中心に世界100カ国で自社ブランドの眼鏡を販売しています。「シャルマン」といえば、世界のメガネ業界で通じるブランドに育ちました。


私は、眼鏡で培ってきた技術で福井県鯖江市をチタンの精密加工によって問題を解決する集積地にしたいと考えています。自社だけで展開するのではなく、地元の色々なメーカーと技術面で協力し合うことで地場の発展にもつなげたい。もともと福井の眼鏡産業は分業で成り立ってきたのですから。


堀川馨の経歴・略歴

堀川馨、ほりかわ・かおる。日本の経営者。メガネメーカーのシャルマンの創業者。福井県出身。滋賀大学経済学部、繊維商社勤務を経て、兄が経営する堀川製作所(のちのホリカワ)に入社。同社社長を務めたのち、メガネフレームの販売会社シャルマン眼鏡(のちのシャルマングループ)を創業。同社を世界的高級メガネメーカーに育て上げた。また、福井県経済調査協会理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

青木泰憲(プロデューサー)

『下町ロケット』は、主人公が自らの仕事に誇りを持って最後まで自分の夢を諦めないところが魅力。東日本大震災が起きたことで、撮影を早めたこともよく覚えています。こういう時にこそ、頑張っている人の背中を押すようなポジティブな作品をやるべきだと思ったんです。


西藤彰

連続性は今まで通りで変えたくないということ。この連続性をぶち壊して、非連続性に行かなくてはならない。


石渡美奈

体制への不満は、結局、私への不満だ。私は混乱が起きたいきさつを幹部から聞いていたが、人を介して聞く話は尾ひれがつき、大きな問題に膨らんでいると感じた。私の思いが幹部を通じて現場に伝わっていないがゆえに、こうした事態を招いたのなら、私が社員たちと向き合わなければいけないと考えた。1対1で向き合うのはエネルギーを要したが、実際に向き合って話を聞くと、人づてに聞く内容と違う部分が分かり、彼らの仕事への意欲が高いことも感じ取れた。私に話を聞いてもらいたかったということも分かった。これですべてが解決したわけではない。これからも成長のための混乱はまだまだ続くはずだ。ただ、今回のことで、「相手を理解したい」と思いながら人と向き合うことの重要性を痛感した。


岡藤正広

外国人との交渉に行くときは、予定どおり進まないかもしれないと思っておけ。ひょっとしたら日本に来てないかもしれない。会議にちょっと遅れてくるかもしれない。なんとか契約にこぎつげたと思ったら、最後にちゃぶ台返ししてくることだって、よくある。これは私がブランドビジネスを担当しているとき、嫌というほど経験しているからわかるんです。


飯田亮

明るいビジョンを掲げるのがリーダーの使命。


藤野祐美

企業における人材育成は、経営戦略の一環。人・モノ・金の経営資源のなか、唯一その価値が無限大に増殖するのは、人材資産であり、ゴーイング・コンサーンを図る上では要となるべきものです。いかなる人材資産も眠らせておくわけにはいかない。


升田幸三

男は毬であってはならぬ。ちょっと頭をなぜられてはポンとはずみ、指一本触れただけで転がる。はずみそうではずまず、転びそうで踏みとどまるものを持っていなければ男ではない。


武田信繁

褒美を与えるような善行があれば、その行ないがいかに大きくても、また、いかに些細な事でも、褒めたたえることを忘れてはならない。『三略』に、「賞は即時に行なえ」といっている。


勝間和代

まず私は、休日と決めた日には仕事を入れることをやめました。そうすると限られた時間の中で仕事をするクセがつき、できない仕事は断ることができ、人に仕事をまかせられるようになりました。


小笹芳央

私も創業者として言葉を大切にしております。当社は「ひとりひとりの本気がこの世界を熱くする」というコーポレートキャッチを掲げていますが、これも練りに練って熟成してできました。


佐々木常夫

他人を気にしてストレスを溜めていたら、決してその人は幸せになれません。他人が何を言おうと気にせずに粛々と仕事をこなしていくほうが、結果的に社内での評価も高まるし、自分の幸せにもつながるのは明らかです。


出川哲朗

これまで出会った人を思い出しても、何の疑いもなく、「自分はできる、成功する」とピュアに思っている人が成功している気がしますね。