名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

堀尾正明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀尾正明のプロフィール

堀尾正明、ほりお・まさあき。日本のアナウンサー。早稲田大学第一文学部哲学科在学中から、文学座附属演劇研究所に入り、ミュージカルやテレビドラマに出演。俳優座退団後、26歳でNHKアナウンサーとして入局。NHK北九州放送局に配属され、5分間ドラマなどにも出演。その後、東京に異動し、芸能畑を担当したのち、「スタジオパークからこんにちは」の司会者となる。そのほか、「NHKニュース10」のキャスター、スポーツ番組司会などを行った。NHK退局後はフリーのアナウンサーとして活躍。そのほか、日本体育大学客員教授、エフエム戸塚取締役などを務めた。

堀尾正明の名言 一覧

どんな時代にも、リスクを取って本流以外の新たなことに挑戦する人がいなければ、組織は発展していきません。


どんな会社でも30代というのは、「自分は出世コース(本流)を目指すのか、それとも傍流を目指すのか」という見極めをすべき時期なのではないでしょうか。そして、自分は本流タイプじゃないと判断したら、いつか傍流を本流にできるくらいに力をつけようと考えて、傍流の道を突き進むのです。


30代になったあたりからは、あえて「NHKアナウンサーらしくないアナウンサー」を目指すようにしたんです。たとえば、「NHKアナウンサーは正確で読みも上手いけれど、面白くない」と思われているなら、自分は「タレントより面白い」と言われるようになろうじゃないかと。つまり、NHKアナウンサーのプラス面を極める王道を歩めないなら、マイナス面を全部ひっくり返す道を行ってやろうと考えたわけです。


HNKアナウンサーって、実は全国に500人以上もいるんです。そのうち、東京に行って活躍できるのはほんの一握りだけ。僕はかなり早い段階から、「東京には一生行けないだろうな」と思っていました。いわゆる出世コースからは、完全に外れてましたから。それで、30代になったあたりからは、あえて「NHKアナウンサーらしくないアナウンサー」を目指すようにしたんです。


38歳のときに東京へ異動になり、「スタジオパークからこんにちは」という新番組の司会に抜擢されたんです。僕はそのときも、それまで培ってきた「NHKらしくない自分」を思いっきりぶつけることにしました。そうしたら視聴者から「タレントではなく、ちゃんとしたNHKアナウンサーを司会にしてください」というお便りが来たんです(笑)。しめたと思いました。ヒットする番組というのは多くの場合、「51%が支持し、49%の人が批判するような番組」なんです。実際「スタジオパークからこんにちは」は大ヒットしました。


堀尾正明の経歴・略歴

堀尾正明、ほりお・まさあき。日本のアナウンサー。早稲田大学第一文学部哲学科在学中から、文学座附属演劇研究所に入り、ミュージカルやテレビドラマに出演。俳優座退団後、26歳でNHKアナウンサーとして入局。NHK北九州放送局に配属され、5分間ドラマなどにも出演。その後、東京に異動し、芸能畑を担当したのち、「スタジオパークからこんにちは」の司会者となる。そのほか、「NHKニュース10」のキャスター、スポーツ番組司会などを行った。NHK退局後はフリーのアナウンサーとして活躍。そのほか、日本体育大学客員教授、エフエム戸塚取締役などを務めた。

他の記事も読んでみる

栗原博

機器だけで儲かってきた時代は変わった。それでも視点を少しずらせば、我々がやるべきことはたくさん見つかる。


茂木友三郎

経済人の役割は、事業の創造。とにかく事業を作り出し、付加価値を高めること。


安徳孝平

最初はゲームの作り方というものが全く分からなかったので、見よう見まねで試行錯誤の繰り返しでした。


竹之内幸子

昼前後にミーティングがあるときは、手料理を振る舞います。といっても、私がつくるのはカレーライスなど、手のかからないものがほとんど。それでも夜と違ってランチだから、手軽なメニューでも喜ばれる。出勤前に会社近くのスーパーで材料をそろえ、朝から仕込みます。このために、キッチンのついたオフィスを探したんですよ。


筒井康隆

最近驚いたのが、30年ほど前に書いた『旅のラゴス』っていう本が、去年あたりからバカ売れしたんですよ。文庫になってからはロングセラーとして毎年3000~4000冊ぐらいは売れていたものの、去年くらいから突然売れ出して、20万部くらいの大増刷になったというんですからねえ。なぜ、こんなに売れてるのか? 本当のところ、出版社もわからないというんです。『旅のラゴス』はSFアドベンチャーの作品で、空間を移動する男や壁抜け男とかテープレコーダー男といった、いろんなものが出てきてね。SFとしてはストレートなアイデアばかりだけど、僕としてはシリアスな作品の一つなんです。「自分にも、こういうシリアスなものが書けるんだぞ」という、裏ワザみたいな形で書いたんですけど、今ごろになって突然また売れだした。世の中が閉塞的というか、つまらなくなっているからかな。


勝俣恒久

最初に競争を意識したのは95年の制度改革でIPP(独立系発電事業者)が火力分野に参入したときです。IPPの方が安いとなれば、そちらから買います。そうなれば、当社は仕事がなくなるということですから、猛烈な刺激になりました。これまでのやり方では、とても太刀打ちできません。当社の火力部門は、IPPがどういうやり方をしているのかを徹底的に調べて、コストダウンの仕組みを学びました。IPPの参入は、社内を刺激し、様々な仕事のあり方を変えるきっかけになりました。


宮本恒靖

「ここへ行きたい」と決めて、逆算して行動する方が合理的だとは思います。しかし、自分としてはぐ自分の引き出しの中へいろんなものを入れておきたいんです。将来的にどう繋がるのか分からないけれど、その時々に興味のあること、ベストだと思うことをやっていけば、その経験が後々、生きてくると思うから。


横田雅俊

育成を諦めた上司の下で、周囲にロールモデルも存在しない状態で人が育つのは難しい。


稲垣浩之

もちろん、不動産投資もリスクはゼロではありません。空室や滞納、家賃相場の下落など、いくつかのリスクは想定できます。ただし、「自分はなんのために不動産投資をするのか」という目的を明確にし、それに合った手法でリスクとリターンのバランスをとれば、リスクコントロールは十分可能です。


松田総一

私は元々、機械と人間の境目を無くして融合したいと考えてきました。機械側が人間を見守っていて、さりげなくサポートしてくれるようになれば、両者の境目が無くなってくるのではないかと思い、ディープラーニングに目を付けました。もはや誰も「私はインターネットを使っています」とは言わないですよね。これと同じで、じきに「弊社はディープラーニングを取り入れています」などとは誰も言わなくなるはずです。


太田光

自分はあんまり面白くないけど、これは女子高生にはウケるじゃないかって作ったネタは、やっぱり失敗することも多い。なにより自分が楽しくできないのはマイナスですよね。


大儀見浩介

夢を実現する過程が明確化すると、自然と「やれそうだな」という気持ちになります。これは心理学用語で「内発的動機」と呼ばれ、人に強制される「外発的動機」より練習の効果を高めることが分かっています。