名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀尾正明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀尾正明のプロフィール

堀尾正明、ほりお・まさあき。日本のアナウンサー。早稲田大学第一文学部哲学科在学中から、文学座附属演劇研究所に入り、ミュージカルやテレビドラマに出演。俳優座退団後、26歳でNHKアナウンサーとして入局。NHK北九州放送局に配属され、5分間ドラマなどにも出演。その後、東京に異動し、芸能畑を担当したのち、「スタジオパークからこんにちは」の司会者となる。そのほか、「NHKニュース10」のキャスター、スポーツ番組司会などを行った。NHK退局後はフリーのアナウンサーとして活躍。そのほか、日本体育大学客員教授、エフエム戸塚取締役などを務めた。

堀尾正明の名言 一覧

どんな時代にも、リスクを取って本流以外の新たなことに挑戦する人がいなければ、組織は発展していきません。


どんな会社でも30代というのは、「自分は出世コース(本流)を目指すのか、それとも傍流を目指すのか」という見極めをすべき時期なのではないでしょうか。そして、自分は本流タイプじゃないと判断したら、いつか傍流を本流にできるくらいに力をつけようと考えて、傍流の道を突き進むのです。


30代になったあたりからは、あえて「NHKアナウンサーらしくないアナウンサー」を目指すようにしたんです。たとえば、「NHKアナウンサーは正確で読みも上手いけれど、面白くない」と思われているなら、自分は「タレントより面白い」と言われるようになろうじゃないかと。つまり、NHKアナウンサーのプラス面を極める王道を歩めないなら、マイナス面を全部ひっくり返す道を行ってやろうと考えたわけです。


HNKアナウンサーって、実は全国に500人以上もいるんです。そのうち、東京に行って活躍できるのはほんの一握りだけ。僕はかなり早い段階から、「東京には一生行けないだろうな」と思っていました。いわゆる出世コースからは、完全に外れてましたから。それで、30代になったあたりからは、あえて「NHKアナウンサーらしくないアナウンサー」を目指すようにしたんです。


38歳のときに東京へ異動になり、「スタジオパークからこんにちは」という新番組の司会に抜擢されたんです。僕はそのときも、それまで培ってきた「NHKらしくない自分」を思いっきりぶつけることにしました。そうしたら視聴者から「タレントではなく、ちゃんとしたNHKアナウンサーを司会にしてください」というお便りが来たんです(笑)。しめたと思いました。ヒットする番組というのは多くの場合、「51%が支持し、49%の人が批判するような番組」なんです。実際「スタジオパークからこんにちは」は大ヒットしました。


堀尾正明の経歴・略歴

堀尾正明、ほりお・まさあき。日本のアナウンサー。早稲田大学第一文学部哲学科在学中から、文学座附属演劇研究所に入り、ミュージカルやテレビドラマに出演。俳優座退団後、26歳でNHKアナウンサーとして入局。NHK北九州放送局に配属され、5分間ドラマなどにも出演。その後、東京に異動し、芸能畑を担当したのち、「スタジオパークからこんにちは」の司会者となる。そのほか、「NHKニュース10」のキャスター、スポーツ番組司会などを行った。NHK退局後はフリーのアナウンサーとして活躍。そのほか、日本体育大学客員教授、エフエム戸塚取締役などを務めた。

他の記事も読んでみる

湖中謙介

いま、ニーズが以前と比較にならないほど多様化しました。それから、とくに男性のお客様がスーツのお買い物に時間をかけなくなりました。以前はスーツを買いに行ったら1時間ぐらいはかけるかというのが普通でしたが、いまはできるだけ短い時間で済ませたいというお客様が大半です。そこで、商品バリエーションを豊富に揃えるとともに、お客様が自分のニーズに合った商品を短時間でサッと見つけられるような店づくりを徹底的に意識しました。


おちまさと

僕も、自分にイライラすることがまずない人間です。どうしてかというと、そもそも自分に期待していないからです。中学生のときに読んだ、尊敬するビートたけしさんの『たけし!』という本の最後に「人生に期待するな!」という一文があって、それを人生のベースにしてきています。他人へのイライラが「あの人にはこれをやってほしいのに、なぜこんなこともできないんだ!」というその人への期待と現実とのギャップから生まれるように、自分へのイライラも「俺はこうでなくてはいけないのに、なぜできないんだ!」という自分への期待と現実とのギャップから発生します。


小林喜光

経営者は大抵「危機感を持て」と言いますから、中途半端に言っても社員の意識には刺さりません。私自身、意識改革を促す時は、事業所内に標語などのポスターをよく張りました。「ポスター魔」とも言われたほどです。


三宅占二

経済全体の成長の中で、過去の成功体験を引き継げば、社員も会社も成長できる時代はとうに終わっています。現在は高度な専門性を持ち、自分に合った専門性ののばし方を、会社から与えられるのではなく、自分で勉強する気概を持たないといけません。


北村晴男

甲子園に行けなかったのは大きかった。「負けたら終わり」というのは弁護士になったいまも共通する考え方ですからね。高校3年の準々決勝で負けたのは本当に辛かった。10年はあの時の夢を見ましたね。


倉重英樹

私は全社員を集めて会社の現状を説明し、「会社の在り方を根本から変える」と宣言しました。組織や仕事のプロセスから、人事評価、賃金制度、情報システム、オフィスの場所とレイアウトに至るまで、あらゆる旧習にメスを入れようとしたのです。実際、改革の前後で変わっていないのは、会社の名前と社員の名前だけというほど徹底した改革でした。


倉重英樹

なんでもいいから感じたことを絵にしてもらい、それに対してみんなで感想を言い合う。これがチームワークを育みます。


熊倉貞武

社長を続ける中で、一番怖いと思ったのは、最後は何でも自分で決めなければ気が済まない独裁者のような存在になってしまうことです。


安渕聖司

つねに効率を頭に入れながら仕事をすれば、すべてのアクションにスピードがつくはずです。


内藤忍

苦手な仕事を後回しにすると、嫌な気分を長く引きずり、他の仕事にまで影響を与えかねません。そうならないためにも、苦手意識のある仕事は細切れにして、さっさと手をつけましょう。


安部修仁

むろん時価総額は高いことに越したことはありませんが、短期的に株価を上げようとは思っていません。我々は長期的に株価を上げるとこに判断の軸を置いた経営を標榜するということです。もし、株主が短期的に株価を上げることを望むのであれば、僕らに経営をさせない方がいい。


ジャック・アタリ

他人の幸せが自分の幸せと関係があるということに気づき、合理的な利他主義を選択したとき、世界はよりよい方向へ進むことができる。