名言DB

9412 人 / 110637 名言

堀尾正明の名言

twitter Facebook はてブ

堀尾正明のプロフィール

堀尾正明、ほりお・まさあき。日本のアナウンサー。早稲田大学第一文学部哲学科在学中から、文学座附属演劇研究所に入り、ミュージカルやテレビドラマに出演。俳優座退団後、26歳でNHKアナウンサーとして入局。NHK北九州放送局に配属され、5分間ドラマなどにも出演。その後、東京に異動し、芸能畑を担当したのち、「スタジオパークからこんにちは」の司会者となる。そのほか、「NHKニュース10」のキャスター、スポーツ番組司会などを行った。NHK退局後はフリーのアナウンサーとして活躍。そのほか、日本体育大学客員教授、エフエム戸塚取締役などを務めた。

堀尾正明の名言 一覧

どんな時代にも、リスクを取って本流以外の新たなことに挑戦する人がいなければ、組織は発展していきません。


どんな会社でも30代というのは、「自分は出世コース(本流)を目指すのか、それとも傍流を目指すのか」という見極めをすべき時期なのではないでしょうか。そして、自分は本流タイプじゃないと判断したら、いつか傍流を本流にできるくらいに力をつけようと考えて、傍流の道を突き進むのです。


30代になったあたりからは、あえて「NHKアナウンサーらしくないアナウンサー」を目指すようにしたんです。たとえば、「NHKアナウンサーは正確で読みも上手いけれど、面白くない」と思われているなら、自分は「タレントより面白い」と言われるようになろうじゃないかと。つまり、NHKアナウンサーのプラス面を極める王道を歩めないなら、マイナス面を全部ひっくり返す道を行ってやろうと考えたわけです。


HNKアナウンサーって、実は全国に500人以上もいるんです。そのうち、東京に行って活躍できるのはほんの一握りだけ。僕はかなり早い段階から、「東京には一生行けないだろうな」と思っていました。いわゆる出世コースからは、完全に外れてましたから。それで、30代になったあたりからは、あえて「NHKアナウンサーらしくないアナウンサー」を目指すようにしたんです。


38歳のときに東京へ異動になり、「スタジオパークからこんにちは」という新番組の司会に抜擢されたんです。僕はそのときも、それまで培ってきた「NHKらしくない自分」を思いっきりぶつけることにしました。そうしたら視聴者から「タレントではなく、ちゃんとしたNHKアナウンサーを司会にしてください」というお便りが来たんです(笑)。しめたと思いました。ヒットする番組というのは多くの場合、「51%が支持し、49%の人が批判するような番組」なんです。実際「スタジオパークからこんにちは」は大ヒットしました。


堀尾正明の経歴・略歴

堀尾正明、ほりお・まさあき。日本のアナウンサー。早稲田大学第一文学部哲学科在学中から、文学座附属演劇研究所に入り、ミュージカルやテレビドラマに出演。俳優座退団後、26歳でNHKアナウンサーとして入局。NHK北九州放送局に配属され、5分間ドラマなどにも出演。その後、東京に異動し、芸能畑を担当したのち、「スタジオパークからこんにちは」の司会者となる。そのほか、「NHKニュース10」のキャスター、スポーツ番組司会などを行った。NHK退局後はフリーのアナウンサーとして活躍。そのほか、日本体育大学客員教授、エフエム戸塚取締役などを務めた。

他の記事も読んでみる

藤原智美

人間の思考は無秩序で、文章を書く順序と必ずしも一致しているわけではありません。ものごとを考えるとき、たとえば起承転結の「起」がないのに「結」が思い浮かんだり、なぜか「転」だけがぼんやりと見えたりすることがあります。その混沌とした状態は、文章という形でアウトプットしてはじめて整理されます。つまり文章とは、完成された思考を表現するために書くのではなく、思考を完成させるために書くのです。


大儀見浩介

上司には部下との信頼関係を構築し、失敗や成功を受け止める環境づくりが求められる。一番ダメなのは、選手や部下がミスを隠そうとしたり、失敗をとりつくろおうとするような環境です。失敗に気づき、経験、成長、進化のきっかけと捉えると、ミスを次に生かしていけます。こうしたミスを受け止められる環境づくりが、職場の上司の重要な役割なのです。


三田紀房

仕事が速い人と遅い人の差は、「思いきり」がいいか悪いかの差だと思います。ウチのスタッフをみていても、思いきりがいい子は「こうだ」と決めたら、余計なことはせずにどんどんそれに取り組んでいきます。だから当然、アウトプットも速くなります。逆に思いきりが悪い子は、迷いながら仕事を進めていきますから、仕上がりも遅くなります。それだけの違いです。


茂木健一郎

人間の脳の使われ方の中で、最も高度なものの一つは、コミュニケーションである。知識やスキルは、人工知能やロボットに置き換えられてしまう時代。関係性や、絆こそが、ビジネスで最も大切な「人的資源」となる。


鈴木貴子(経営者)

営業日報は社員同士が褒め合い、成功事例を真似るためのツールであるということもできます。現場での成功がリアルタイムに示されているのですから、それを参考にすればいい。そうすれば、ナレッジやノウハウも分かち合うことになります。当社では「全員経営」を目指してきました。自分が担当している分野が、会社の業績にどれだけ貢献できているのかを知るうえでも、営業日報の情報共有は貴重といえます。そして、目標達成に皆が前向きになれば会社は強くなるのです。


染谷和巳

「いままで私は皆さんに甘かった。これからは細かいことも厳しく言わせていただきます」と宣言して、その日から厳しくすればいい。最初は慣れてないだろうし、周囲からも反発を食らいますよ。でも、やり通すこと。当社の研修を終えた人も、やり続ければ板についてくる。周囲も受け入れてくれるから、この人の言うことを聞かなければダメだと上下関係がピシッとします。


安田道男

「憧れは会社を破滅させる」という言葉があります。これは、自分の相対的優位性を見誤り、憧れだけで新しい分野で勝負しようとすると失敗するという意味です。いわば、夢だけにとらわれているビジネスマンです。極端な例でいえば、イチローほどの優れた運動能力を持つ人が、将棋の世界でトップを目指そうとするようなものです。


森英恵

世界では、自分のルーツがしっかりしていないと戦えません。


嶋津良智

米国コーネル大学の心理学教授であり、近年注目を集める行動経済学の研究者でもあるトーマス・ギロビッチ博士によると、人間は、行動したときの後悔より、行動しなかったときの後悔の方が深く心に残のだそうです。


羽生善治

将棋は、突き詰めると自己否定につながるところがあります。どの手を選ぶかはすべて自分の責任ですから、ミスをしたり失敗したりするのもすべて自分のせい。そう考えていくと、「結局、自分はダメなんだ」ということになりかねません。自己否定に陥らないためにどうするかというと、ある種のいいかげんさ、適当さが非常に大事なのかなと思います。


園田天光光

これまでいろんなことがありましたが、へこたれませんでした。お金が足りなくなっても、お金をつくるのは自分の義務で当たり前のことと思えば、苦労に感じないんです。


樋口泰行

能力主義とか年功序列崩壊とか言われていますが、能力で見るのは当たり前だと思います。ただ、会社が能力主義の点数表に書かれている項目しか見なくなると、社員も点数稼ぎに走ります。そのうち組織がバラバラになり、お客様と話していても「その件は私の担当じゃありませんから」みたいなことを平気で口に出す人も出てくる。これでは会社全体としての力が上がりません。そこを補完するような包容力のある評価を心がけたいです。


主藤孝司

アイデアをよどみなく生み出していくためには、アンテナを常に張っておくに尽きる。


重久吉弘

ロシアのみならず、中国でもサウジアラビアでも、世界の国々がこんなことを望んでいる、こういうことに苦しんでおられるという時に「こうした構想で国を変えていったらいかがでしょうか? 日揮はそのお手伝いができます。プラントの建設でも、事業投資でも、どんな形でも貢献ができます」と提案をしていく。これが基本になります。


星野源

好きっていう気持ちは大事。自分はこれが好きなんだ、好きだからやっているんだという部分がブレちゃうと、総崩れになる。