名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀尚弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀尚弘のプロフィール

堀尚弘、ほり・なおひろ。ビジネスコンサルタント。東京出身。中央大学経済学部国際経済学科卒業後、警視庁入庁。公安部、警務部、生活安全部、総務部、機動隊などに勤務。退官後は出版社の編集企画課長、一部上場の施設管理会社勤務などを経てベストブレインを創業。企業のリスク管理、生産性アップなどのコンサルティングを行っている。著書に『成功する会社が必ずやっているリスク管理』。

堀尚弘の名言 一覧

私は組織の非効率化を「社内メタボ」と呼んでいますが、無駄な贅肉を落とすには、コミュニケーションが決定的に重要です。とくにマネジメント層の役割が大きい。たとえば、部下のちょっとした変化に気づいて声をかける「気づきトーク」などをコンサルティングでは提案しています。


PL/BS(損益計算書と貸借対照表)の数値をもっと身近な数値にブレークダウンすることが大切です。それぞれのマネジメントの範囲の中で、経営数値に結びつく具体的な指標を設定する。皆で共有できる数字があればわかりやすいし、社員のモチベーションアップにもつながります。


報告は「受け取るもの」ではなく、「要求するもの」です。


現場には思い込みがはびこっています。たとえば、営業マンは売上第一で売掛金の回収は経理の仕事など。そうした営業現場から「取引先の財務状況が悪化している」などの報告が出てくるはずもありません。問題を解消するには、具体的なマニュアルとともに、営業トークなどの行動様式をわかりやすく教えることです。これで現場はかなり変わるはずです。


万一のリスクに備えるよりは、日々の売上アップや資金繰りの方が大事というのが経営者の本音なんです。まさにそこが一番のポイントです。リスク管理への取り組みが収益に貢献することを理解すれば、経営者は本気になります。


リスク管理の基準と手順を分かりやすくまとめる。その運用をモニタリングし、共有できるデータとして記録する。これを継続するだけでも、リスクに強い組織になり、職場の利益体質化にもつながります。


堀尚弘の経歴・略歴

堀尚弘、ほり・なおひろ。ビジネスコンサルタント。東京出身。中央大学経済学部国際経済学科卒業後、警視庁入庁。公安部、警務部、生活安全部、総務部、機動隊などに勤務。退官後は出版社の編集企画課長、一部上場の施設管理会社勤務などを経てベストブレインを創業。企業のリスク管理、生産性アップなどのコンサルティングを行っている。著書に『成功する会社が必ずやっているリスク管理』。

他の記事も読んでみる

曽野綾子

英語がどれだけできようが、母国の文化を理解し自国語を使いこなせることなくして、国際人の資格は持ち得ない。


磯崎功典

一番の思い出は40代半ば、旧尼崎工場跡地近くでホテル事業に携わったときだ。立ち上げ前から稼働率の低さが予想された。人件費抑制のため、自分が泊まり込み、365日24時間、あらゆることに対応した。お客様と一緒に救急車に乗ったこともある。ほぼ休暇もなく、ベッドで寝ることもなかった。人は命令だけでは心から動かない。このとき率先垂範という言葉の持つ意味を実感した。


ジェイソン・ダーキー

人材教育はきちんと行えば成果が出るものです。設備投資などと同じように、投資だという感覚で資金を出すべきです。目的があり、どのくらいの資金を投じ、どのようなリターンを得たいかといった形でシンプルに考えればいいのです。


和崎信哉

常に先進的な技術を取り入れてきて、ソフト面でも半歩先を行く感覚のコンテンツを作ってきました。時代の半歩先を行くということも、WOWOWがどんな形になっても変えてはいけないポリシーです。


太田和伸

計画ありきの行動は意味がありません。自分ができることから始めていくと、次の可能性が見えてくる。私も最初から「店舗をやりたい」なんて言ってたらムリでしたね。


安めぐみ

ステファニー(演じる役名)は、実際の私とは全然違うタイプだけど、わかるなあと思う部分もあります。誰でも触れられたくない一面はあるし、それをずけずけと言われたら、私だって「キーッ!」ってなりますから。そういう共感できるところを、演技にも活かしていきたいですね。


平井伯昌

その時にできるベストを尽くしていれば、調子は戻ってくる。


草刈貴弘

我々は決して、株価が下がったから株を手放すという「損切り」はしませんが、その企業が変わってしまったという理由から「縁切り」することはあります。


高岡浩三

私は30歳で部長になったため、早い時期からスイス本社の外国人たちと直接議論する機会に恵まれた。しかし、矢継ぎ早に浴びせられる質問に対し、論理的な答えを返して相手を納得させるのはとてつもなく難しい。当初はこうした質問にすぐには答えられず、何度も悔しい思いをした。だが、元来負けず嫌いの私は、一つひとつの質問について考え抜き、必ず答えを出すようにした。


和田秀樹

社内のムードを味方につけておくことが大切。根回しをして、周りが「いいね」というムードを作っておく。普段からウソやズルをせず、協力を惜しまない態度が、信用を得ていきます。


香山誠

まずはデータありきで、そこにAIを導入すると、もしかしたら新しいビジネスにトランスフォーメーションできる可能性が出てきます。ある面では、現状を自ら壊しながら新しい付加価値のあるビジネスに変えていく必要があるかもしれません。自ら覚悟して新時代に適合したビジネスモデルを構築していくのが、経営者の役割でしょう。


白井一幸

パニックから抜け出す、冷静な思考を取り戻すのは難しくありません。例えば追い込まれた打者であれば、「この場面でやるべきことは何だ?」「狙い球はどうする?」「打球方向は?」と自問を始めた瞬間に思考は動き出します。緊張はそのままに、頭を動かせばいいのです。