名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

堀尚弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀尚弘のプロフィール

堀尚弘、ほり・なおひろ。ビジネスコンサルタント。東京出身。中央大学経済学部国際経済学科卒業後、警視庁入庁。公安部、警務部、生活安全部、総務部、機動隊などに勤務。退官後は出版社の編集企画課長、一部上場の施設管理会社勤務などを経てベストブレインを創業。企業のリスク管理、生産性アップなどのコンサルティングを行っている。著書に『成功する会社が必ずやっているリスク管理』。

堀尚弘の名言 一覧

私は組織の非効率化を「社内メタボ」と呼んでいますが、無駄な贅肉を落とすには、コミュニケーションが決定的に重要です。とくにマネジメント層の役割が大きい。たとえば、部下のちょっとした変化に気づいて声をかける「気づきトーク」などをコンサルティングでは提案しています。


PL/BS(損益計算書と貸借対照表)の数値をもっと身近な数値にブレークダウンすることが大切です。それぞれのマネジメントの範囲の中で、経営数値に結びつく具体的な指標を設定する。皆で共有できる数字があればわかりやすいし、社員のモチベーションアップにもつながります。


報告は「受け取るもの」ではなく、「要求するもの」です。


現場には思い込みがはびこっています。たとえば、営業マンは売上第一で売掛金の回収は経理の仕事など。そうした営業現場から「取引先の財務状況が悪化している」などの報告が出てくるはずもありません。問題を解消するには、具体的なマニュアルとともに、営業トークなどの行動様式をわかりやすく教えることです。これで現場はかなり変わるはずです。


万一のリスクに備えるよりは、日々の売上アップや資金繰りの方が大事というのが経営者の本音なんです。まさにそこが一番のポイントです。リスク管理への取り組みが収益に貢献することを理解すれば、経営者は本気になります。


リスク管理の基準と手順を分かりやすくまとめる。その運用をモニタリングし、共有できるデータとして記録する。これを継続するだけでも、リスクに強い組織になり、職場の利益体質化にもつながります。


堀尚弘の経歴・略歴

堀尚弘、ほり・なおひろ。ビジネスコンサルタント。東京出身。中央大学経済学部国際経済学科卒業後、警視庁入庁。公安部、警務部、生活安全部、総務部、機動隊などに勤務。退官後は出版社の編集企画課長、一部上場の施設管理会社勤務などを経てベストブレインを創業。企業のリスク管理、生産性アップなどのコンサルティングを行っている。著書に『成功する会社が必ずやっているリスク管理』。

他の記事も読んでみる

小林一雅(小林製薬)

ライバルとの競争をいかに勝ち抜くか。市場経済において企業が常に考え続けなければならない命題です。自社の強みと弱みは何か。自分の会社がお客様に最もメリットを提供できるビジネスモデルは何なのか。それを熟考するところからすべてが始まります。


鳥原隆志

段取りよく進めたつもりでも、途中でトラブルが発生することがあります。そこでの対応の仕方にも、注意すべきポイントがあります。インバスケット思考では、トラブルが発生したときの対処法として、問題発見→仮説→情報収集→対策というプロセスを踏みます。ここまでは大抵の人が実践しますが、段取りの下手な人は、トラブルについて関係者へ連絡すべきところを忘れてしまうなど、調整が抜ける傾向がみられます。たとえば会食場所を変更しなくてはならないときに、別のレストランに予約し直したものの、参加者に連絡するのを忘れてしまうなどです。こうした調整で大切なことは、利害関係者をきちんと見極めることです。誰に利害が発生するかを考えて、その人を中心に調整する必要があります。


窪島健悟

購入したときは長期にわたって所有するつもりでも、実際には、当初の想定よりも早く売却する方が多いのです。現金が必要になることもありますが、もっと良い投資物件が見つかったので、それを購入するための資金にするケースもあります。物件を売却して作った資金を、別の物件に再投資をしようと考えている方には、転職は慎重に考えたほうがいいとアドバイスしています。収入の安定性が高いほど、銀行の評価が高くなり、ローンが有利に組めるからです。


若松秀夫

これまでは、バッグの軽さなんて海外ではほとんど重要視されてきませんでした。ところが実際に私のバッグを使っていただくと、「やっぱり軽い方がいいよね」ということになるわけです。とくに海外向けということを意識しなくても、日本でいいものをつくっていけば、必ず海外の人たちにも評価されるという自信が私にはあります。


午堂登紀雄

イライラや不安などによって集中できないときは、「そのイライラや不安の内容を書き出す」のが効果的です。書いてみると、頭の中が整理でき、取り越し苦労だと気づいたり、イライラしていることがバカらしくなったりします。目の前のことに没頭できるようになるはずです。


金美花

どこにでも出店するというわけではありません。ルールはキッチンから近い場所にしか出店しない。常にできたてのケーキを食べていただきたいからです。


高原慶一朗

生理用品事業を立ち上げた当時、無我夢中でした。国内で先行していたアンネ(日本初の生理用品メーカーで、のちにライオンに吸収合併された)の工場見学をなんとか実現させてもらい、自分たちが攻めるべきところを分析しました。質の高い生産設備や全国の薬局をカバーする販売網など感心した点もありましたが、高コストな体質や改善の余地が大きい製品の品質など弱点もありました。決して勝てない相手ではないと確信しました。


山本徳次

菓子の世界は、商品も店も常に変化し続けています。回り続けている時計みたいなものですが、そのサイクルに慣れてしまってもダメです。お客さんには、常に何を見ても新鮮味と魅力を感じてもらわないといけませんから。


山田進太郎

重視しているのは失敗やミスそのものを責めないこと。大胆に挑戦した結果の失敗はいいのです。失敗を恐れて大胆さを失うほうがよほど問題です。ただし、失敗の原因を客観的に分析し、次回は失敗しないように対策を講じることも重要。それができる人こそプロフェッショナルというものでしょう。


永瀬昭幸

その国の言語を正しく学んでこそ、その背景にある文化や教養を一緒に吸収できる。


落合陽一

たとえAIが人間の仕事を代替しても、人間とAIの間には必ずギャップがあります。たとえば、経理が自動化されたとしても、領収書をきれいに揃えて会計ソフトに入れる仕事は人間がしなくてはいけない。AIで便利になるほど、面倒な仕事を嫌がる人が増えて、面倒くさい仕事をきちんとやれる人が意外に重要になってくる側面もあります。


大谷昭宏

いくら大変でも、やりたいことをやって、充実した時間を過ごすほうがいいじゃない。あと、自分の進むべき道を一度決めたら、石にかじりついてでも諦めないという気概だけは持ってほしい。