堀尚弘の名言

堀尚弘のプロフィール

堀尚弘、ほり・なおひろ。ビジネスコンサルタント。東京出身。中央大学経済学部国際経済学科卒業後、警視庁入庁。公安部、警務部、生活安全部、総務部、機動隊などに勤務。退官後は出版社の編集企画課長、一部上場の施設管理会社勤務などを経てベストブレインを創業。企業のリスク管理、生産性アップなどのコンサルティングを行っている。著書に『成功する会社が必ずやっているリスク管理』。

堀尚弘の名言 一覧

私は組織の非効率化を「社内メタボ」と呼んでいますが、無駄な贅肉を落とすには、コミュニケーションが決定的に重要です。とくにマネジメント層の役割が大きい。たとえば、部下のちょっとした変化に気づいて声をかける「気づきトーク」などをコンサルティングでは提案しています。


PL/BS(損益計算書と貸借対照表)の数値をもっと身近な数値にブレークダウンすることが大切です。それぞれのマネジメントの範囲の中で、経営数値に結びつく具体的な指標を設定する。皆で共有できる数字があればわかりやすいし、社員のモチベーションアップにもつながります。


報告は「受け取るもの」ではなく、「要求するもの」です。


現場には思い込みがはびこっています。たとえば、営業マンは売上第一で売掛金の回収は経理の仕事など。そうした営業現場から「取引先の財務状況が悪化している」などの報告が出てくるはずもありません。問題を解消するには、具体的なマニュアルとともに、営業トークなどの行動様式をわかりやすく教えることです。これで現場はかなり変わるはずです。


万一のリスクに備えるよりは、日々の売上アップや資金繰りの方が大事というのが経営者の本音なんです。まさにそこが一番のポイントです。リスク管理への取り組みが収益に貢献することを理解すれば、経営者は本気になります。


リスク管理の基準と手順を分かりやすくまとめる。その運用をモニタリングし、共有できるデータとして記録する。これを継続するだけでも、リスクに強い組織になり、職場の利益体質化にもつながります。


堀尚弘の経歴・略歴

堀尚弘、ほり・なおひろ。ビジネスコンサルタント。東京出身。中央大学経済学部国際経済学科卒業後、警視庁入庁。公安部、警務部、生活安全部、総務部、機動隊などに勤務。退官後は出版社の編集企画課長、一部上場の施設管理会社勤務などを経てベストブレインを創業。企業のリスク管理、生産性アップなどのコンサルティングを行っている。著書に『成功する会社が必ずやっているリスク管理』。

他の記事も読んでみる

津谷正明

弊社は1988年に米国のタイヤメーカー・ファイアストン社を買収しました。このことは、結果的に当社の第二創業ともいえる大きな成功をもたらしましたが、統合直後は大混乱でした。その原因は、コミュニケーション不全にありました。お互いが自分たちの言い分を通すことに躍起となり、議論が進まない。当時私も、現場の一員としてこの問題を痛感しました。


菊池武夫(タケオキクチ)

日本では戦後30年以上続くファッションブランドは極めて少ない。紳士服に限れば、約30年も続いているのはタケオキクチぐらいではないでしょうか。私と同じ頃に始まったメンズブランドの多くが、その後、姿を消しました。日本では企業も消費者も、ブランドを育てる努力をしてこなかったからでしょう。


佐藤秀樹(経営者)

私は、個人向けと機関投資家向け両方の商品を手掛けてきましたが、この2つを経験してきた者は、この業界にそれほど多くはいらっしゃらないでしょう。それが私自身の強みだと思っています。


田島貴男

時代を超えて残っていくポップス、つまりスタンダード曲というのがあります。それは何が違うのかと見ていくと、感性の表現があって、それからメロディも、実はすごく凝っているんだけどもシンプルに聞こえる、というような。バート・バカラックとかビートルズってそうですよね。つまり、作れそうで作れない曲。ビートルズ風みたいなのは作れたとしても、あれくらいのクオリティや完成度の高い曲が作れるかというとやはり誰も作れない。


大橋禅太郎

あなたの組織では、組織の意図が合意されていますか。社長であれば、会社の意図を社員と合意することによって、会社としての成果が出せます。課長なら、課の意図を課のメンバーと合意することで、課としての成果が出せます。そして、その組織の意図には、「いつまでに、どれだけのことを達成する」というように、日付と数値が伴っていることが不可欠です。


中谷康夫

単に個々の場面でコスト削減や業務効率化を行うのではなく、調達から製造、在庫管理、販売といったプロセス全体の最適化を図りたい。そうした要請が強まっています。どんな産業のサプライチェーンも物流、ロジスティクスを抜きには考えられませんから、そこで当社の技術や蓄積してきたノウハウが生きてくる。私自身は、これからの物流会社はサプライチェーン・ソリューション・プロバイダであるべきだと考えています。


平尾誠二

私はプレイを貫く軸を、ミスをなくすという考え方よりも、チャンスを生かすほうに置いています。取られたら取り返せばいいじゃないですか。ミスしないことに意識を向けていると、プレーの選択肢が少なくなるだけ。私は選手に自分達のチャンスがあったら全部攻めろ、と指示します。だから、少々の失点は怖くない。


田中マルクス闘莉王

お金以前の問題。そろそろ終わりを意識するサッカー人生の中で、お世話になった日本に対して少しでも恩返しをしたい。京都(サンガ)を昇格させたいし、何かを残したい思いは強い。浦和や名古屋ではリーグ優勝のタイトルを取りましたし、京都でもうひと暴れしたいなと思って、戻ってきたんです。


遠藤信博

エンジニアは「見えている欲求」よりも奥深いところにある真の人間社会の欲求を満たすソリューションを提供しなければならない。「人間の本質的な欲求を満たすためにどう使うか」という観点での技術革新を進めるべき。


松本幸夫

私はビジネスパーソンを対象にした研修の講師を務めることが多いのですが、「残業を減らす方法を教えてほしい」という要望は、最近とくに多くなっていると感じます。そうした方々にはまず、自分の時間の使い方を記録して、それを分析することから始めてもらうのですが、そこで愕然とする人も多いようです。その人自身としては、「仕事量が多い」「予定外の仕事が発生する」といった理由で自分の残業が多くなっていると思っていたのに、どうもそれだけが理由ではない、という事実がわかってくるからです。


古市忠夫

店のお客さんに強引に誘われて初めてコースを回ったあと、すぐにゴルフというスポーツに魅せられ、一生懸命、夢中になって練習に励みましたよ。そして、「大神戸ゴルフ倶楽部」の会員になったのが、ゴルフを始めてから10年目、39歳のときです。いまでも覚えていますが、入会金は155万円。大金を妻に出してもらったからには、絶対にうまくなってやると心に誓いました。そして、入会と同時に「クラブチャンピオンになること」「ハンディキャップをゼロにすること」、ふたつの目標を立てました。実力に比べるとあまりに高い目標だったので、「そんなん、無理に決まっとる」と、周囲から笑われましたけどね。


進藤晶弘

私は三菱電機に所属し、1965年頃から半導体ビジネスに携わってきました。日本の半導体メーカーは製造部門に経営資源を投入し「設備をベースとした競争」をしようとしていました。一方、米国は「人材をベースとした競争」に力点を置いてきました。半導体のアーキテクチャ(設計思想)やアルゴリズム(論理構成)が、勝敗の分かれ目と考えたのです。実際に半導体を製造する下流の部分はあまり重視せず、多くの場合、海外のメーカーが量産を請け負っていました。韓国や台湾のメーカーが日本と同じ生産設備を使うようになれば、量産品を日本で生産する意味がなくなります。


出口治明

日本の老人経営者は、すぐに志とか信念を持ち出しますが、よく考えれば何を言っているのかわからない話が多い。そんなのデータがないじゃないかと言われたら、すぐに揺らぎますよ。事実やデータに基づいていない理念は共感を呼びません。


近藤聖司

ブランド化によって、産地の生産量は20%伸びましたが、日本全体で考えればわずか2%の伸びでしかありません。それでも、今治の人たちが「おらが町のタオル」を応援してくれるようになったのです。それが、大きいのだと思います。


村口和孝

決意によって過去の歴史は、忌まわしい削除すべき歴史ではなく、無駄なことは何もない宝の山となる。未来への飛躍のための重要な踏み板となるのではないだろうか。


ページの先頭へ