名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀坂明弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀坂明弘のプロフィール

堀坂明弘、ほりさか・あきひろ。日本の経営者。「日本旅行」社長。熊本県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本国有鉄道に入社。西日本旅客鉄道(JR西日本)財務部経理課副長、執行役員総務部長、取締役兼常務執行役員総務部長、日本旅行取締役などを経て社長に就任。

堀坂明弘の名言 一覧

ヒントは現場にある。マーケットに近い現場に解決策がある。


色々な経験を経たお陰で何が起きても対応できるという自信に繋がった。


堀坂明弘の経歴・略歴

堀坂明弘、ほりさか・あきひろ。日本の経営者。「日本旅行」社長。熊本県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本国有鉄道に入社。西日本旅客鉄道(JR西日本)財務部経理課副長、執行役員総務部長、取締役兼常務執行役員総務部長、日本旅行取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

村上憲郎

ビジネスパーソンとして生きていくうえで最も基本となる知識は、「会社のしくみ」「財務・簿記の知識」「経済学」などです。どんな仕事をするにせよ、これらの知識を持っているか否かの差は大きい。


曽山哲人

私たちは、「言うことは壮大、やることは愚直」というのが、活躍する人のキーワードだと考えています。大きいことを言えば、まずそれだけ自分に気合が入りますし、応援者も増えやすくなります。もちろん、現実はそれほど甘くないので、愚直に実行する力も大切ですが、まずは夢や目標が語れるかどうかです。


シェイクスピア

逆境から与えられる収益は美しい。それはヒキガエルに似て、醜く毒を持っていても、その頭の中には、貴重な宝玉が隠されている。


井村公彦

住友商事とKDDIという親会社の力もどんどん使っていきたい。住友商事はマンション開発もやっています。例えばそのパイプを使ってジェイコムの商材を売り込んでいくこともできるはずです。親会社を使い倒す。それくらいの気持ちで、お客様の生活インフラを支える、なくてはならない会社になっていこうと考えています。


谷井昭雄

私は「衆知」というのは、多くの人の意見を集めるというだけの話ではない、と思っています。多くの人にとってより正しく、幸せであり、未来にとって最良だと思われることを判断するため、たくさんの意見を無心になって聞く。同時に、出てきた意見が耳を傾けるべきものか、単なるわがままなのかを見極め、最後はリーダーの責任で決定する。そのためには、リーダー個人のエゴや自我があってはならない。自我を持った自分ではなく、自分を殺し、公の心を持った自分で判断するのです。これが本当の「衆知を集める」ではないでしょうか。


山本正已

社長に就任して、当初の不安が次第に消えるのを感じました。初めての経験ばかりなのに、不思議と動じないのです。思い当たることがありました。私の出身部門は所帯が小さかったから、製品開発から生産、営業、アフターサービスのすべてに目を配らなければなりませんでした。常に浮かび上がる種類の異なる課題を解決しなければならない。付き合う人もさまざまで、異なるものの考え方に触れることが多かった。そのおかげで環境適応が早いのです。


佐藤優

ビジネスパーソンで、この人仕事ができるなというのは一緒に食事やお酒を飲んだときの領収書の切り方でわかりますね。経費で落とすところと自腹を上手に分ける。高級店でのディナーは会社の経費で落とす。でもその後のバーの数杯は、自腹を切る。仕事の関係だけではなくて、個人的な関係でもあると示すことができます。


梶原しげる

雑談で欠かせないのは「自己開示」をプラスした話題を提供することです。雑談といってもプロフィールや情報の交換をしているだけでは、相手との関係性は発展しません。相手に心を開いてもらうには、「まず自分から」が基本です。自分がどう考え、感じているかを相手に伝える。それによって相手も開示しやすくなり、共通点も見つかりやすくなります。


樺沢紫苑

仕事がその日のうちに終わらなくて気持ち悪いこともあるかもしれませんが、18時を過ぎれば、とくに論理的な思考が必要な作業は、パフォーマンスが著しく落ちます。だから粘って残業せずに早めに切り上げて、そのぶん翌日の朝早くから取り組んだほうが、圧倒的に効率は上がりますよ。


田中仁(経営者)

まず社員がJINSのファンでないと、お客様をファンにすることはできない。そこに気づいたら、他社との競争にはあまり興味がなくなった。


新田信昭

仕入れのときに、自分の店の顧客層がわかっていて、「この商品は何枚発注すべきか」がわかること。あるいは「今年の流行はこれだ」とわかること。これもお店の付加価値のつけ方です。また、「この服と一緒に、このバッグと靴も置いてみよう」と複数商品のまとめ買いを促す売り場づくりをする。これも付加価値でしょう。


立川談四楼

どんなことでもそれを逆手に取り、笑いにつなげるのは落語家の王道でもある。