名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀坂明弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀坂明弘のプロフィール

堀坂明弘、ほりさか・あきひろ。日本の経営者。「日本旅行」社長。熊本県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本国有鉄道に入社。西日本旅客鉄道(JR西日本)財務部経理課副長、執行役員総務部長、取締役兼常務執行役員総務部長、日本旅行取締役などを経て社長に就任。

堀坂明弘の名言 一覧

ヒントは現場にある。マーケットに近い現場に解決策がある。


色々な経験を経たお陰で何が起きても対応できるという自信に繋がった。


堀坂明弘の経歴・略歴

堀坂明弘、ほりさか・あきひろ。日本の経営者。「日本旅行」社長。熊本県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本国有鉄道に入社。西日本旅客鉄道(JR西日本)財務部経理課副長、執行役員総務部長、取締役兼常務執行役員総務部長、日本旅行取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

相葉光輝

行動に移した瞬間からメモは「過去のもの」になる。だから、メモ自体を捨ててしまうことが大切。重要な案件ほど、すぐに捨てる。直前に見返したら、その場で捨てて行動する。大切なのは、その先にある成果です。初めは不安で確認したくなると思います。でも、忘れたっていいんです。メモの中身をすべて忘れてしまうことは、そんなに多くない。そして、忘れて失敗してしまっても構わない。それでクビになることなんて、ありませんから(笑)。それよりも、能動的に考えて行動したことの方が、はるかに価値があります。


海老一宏

将来の転職を考えるなら、今いる職場の在籍中に意識的に準備しておくべきことが2つあります。ひとつは、自分自身のスペシャリティを高めておくこと。もうひとつは人脈を整理し、広げておくこと。


大橋悦夫

「何かの能力が高ければ、時間通りに素早く仕事が終わるはず」というのは間違いです。仕事の速さにそれほどの違いはありません。差がつくのは、ダラダラと考えないこと、着手までの早さを上げること、環境を整えること、それだけです。


石橋康哉

よく、「あいつは運がいい」と言います。あたかも、強運を持ち合わせているかのように。でも、よく見ると幸運って誰かが運んでくれているんですね。だから、「運がいい」と言われる人は、みな、出会いをすごく大切にしています。逆に、「オレは運が悪い」という人は、どこか人とのつながりを大切にしていないように思います。


坪田信貴

必要なのは、他者との比較で勝つことではありません。たゆまぬ自己改善を重ね、ときには競争に負け、傷つくことがあっても、自分の頭で考え、試行錯誤し、正しく問題を解決できる力を磨くことです。そうした営みの先に、真のオンリーワンな人間性が形成されます。


伊藤美恵

行列をつくるためには、秘訣こそあっても絶対的な法則はありません。しかし、何よりも大切なのは、誰もやっていないことを情熱をもってやること。そうすれば自ずと消費者に伝播し、クチコミの渦が起こるのです。


吉貴寛良

上司にとって大切なことは「個」を見ること。人事制度をいくらいじっても、会社が良くなるわけではない。それよりも、Aさんという個人をしっかり見る。いいところを伸ばし、苦手なところを克服してくれるような仕事の与え方をする。それをやるのが上司であり、その上司を支援するのが人事であり経営。


澤田秀雄

ベンチャー時代とは違い、大企業になるにつれ、どうしても安定志向の社員が増えてきます。そこで、HISでは、チャレンジ精神が旺盛で、個性が強い「尖った」人材を採用するための仕組みを作っています。色々な人を取り込むことで、刺激になり強い組織が出来上がります。


吉田浩一郎

大切なポイントは会議を極限まで少なくすること。報告のための会議をすべて排除しました。会議とは本来、全員が事前に資料に目を通して発言しなければ意味がありません。


吉田耕次

私は英語で世間話をするのが苦手です(笑)。仕事なら専門用語さえわかれば大丈夫ですが、脈絡のない話を理解するのは難しい。みんなが笑っているときに、一緒に笑えないこともよくあります。それでも、コミュニケーションを取ろうとするのと、しないのとでは、仕事の面でも大きな違いが出てくると思います。


和田秀樹

本気で儲けたいと心を切り替えるだけで物を見る目が変わる。漠然と聞いていた円高のニュースを、これで儲ける手はないのかと考え始める。いままで見過ごしてきた世の中のニュースに対して、稼ぐマインドさえあれば、すべてを金儲けのネタにできる。


臼井由妃

仕事は常に流動的です。将来どんな事態が起きるかは誰にもわかりません。一度は断った相手に対して、翌週には一転、ぜひお願いしますと泣きつく可能性だってあるのです。だから、取り付く島もない様な断り方、つまり最初から「やれません」「できません」「無理です」と決めてかかるとか、断る理由として「忙しい」「予算がない」という、相手を一顧だにしないような言葉を使うのは、絶対に慎まなければなりません。そこからは何も生まれず、細い糸のようなつながりも切れてしまいます。