名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀史朗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀史朗のプロフィール

堀史朗、ほり・しろう。日本の医師(心療内科)、医学博士。「エビス心療内科」院長。山口大学医学部卒業、山口大学大学院博士課程修了。アルバートアインシュタイン医科大学、ペンシルバニア大学医学部、ジョージタウン大学医学部に留学。東京慈恵会医科大学付属病院、板橋中央総合病院勤務を経てエビス心療内科を開業。著書に『累積疲労 心療内科医からの警告』『なぜか、疲れのとれない女たち 見えない恐怖「累積疲労」とは』『「疲れた」とつぶやいている女性たちへ』ほか。

堀史朗の名言 一覧

心の疲労の原因が「上司との関係」だった場合、一番の解決策はその上司と違う部署に移ることです。ただ、そう簡単にはいきませんので、その場合は「上司の言うことを適当に聞き流す」ことをお勧めしています。


累積疲労を解消するには、まずは同じことを考えないよう、切り替えることです。どんなに忙しくても、スポーツや音楽といった趣味や遊びに没頭する時間を作り、頭をリフレッシュする必要があるのです。


なぜ心の問題が身体の不調につながるのでしょうか。人間の行動は脳の頭頂葉によって司られており、ここに脳内伝達物質が正常に循環していれば問題ないのですが、ストレスなどで脳内伝達物質が減ると、身体を動かす働きが鈍くなります。その結果、体が重くなる、あるいは頭痛や肩こりといった症状が出てくるのです。初期は「なんとなく疲れやすいな」くらいですが、中期になると肩こりや耳鳴り、頭痛など具体的な症状が表われ出し、睡眠にも支障が出てきます。そして末期になるとパニック障害やうつ病、最悪の場合過労死にも至ります。


自分の心の疲労なんて自分でわかる、と思われそうですが、意外とそうではありません。私の患者さんの中にも、最初は疲れの原因がよくわからなかったのが、話を聞いていくと徐々に「上司とうまくいかない」「取引先との関係で悩んでいる」といった理由が見えてくることがあります。さらに言えば、「ビジネスパーソンの心の疲れの原因の8割は上司との関係」と言い切ってしまっていいと思います。


最も脳内伝達物質が減ってしまうのが「同じことばかり考えているとき」です。仕事でも家事でも、ずっと同じことばかり考えていると脳内伝達物質が減ってしまうのです。しかし現実的には、仕事の多くは「同じことを考える」ことが求められます。さらに最悪なのは「答えが出ない」問題。「仕事でトラブルがあり、解決策がまだない段階で謝罪に追われる」「どう考えても無理なノルマに向けて仕事をさせられる」などです。


休みはしっかり取っている。なのにいつも疲れていて、なんとなく体が重い。時々めまいや頭痛がする。でも、病院に行ってもとくに悪いところは見当たらない……。もし、そんなケースに当てはまるなら、一度「累積疲労」を疑ってみるべきです。私は長年、心療内科医として多くの患者さんと接し、こうした「疲れ」が蓄積していった結果、身体の不調をきたすという事例を数多く見てきました。「累積疲労」とは私がつけた病名で、疲労が長年蓄積されることで身体が不調に陥り、それがうつ病を引き起こしたり、最悪の場合は過労死にまで至るというれっきとした「病気」です。


堀史朗の経歴・略歴

堀史朗、ほり・しろう。日本の医師(心療内科)、医学博士。「エビス心療内科」院長。山口大学医学部卒業、山口大学大学院博士課程修了。アルバートアインシュタイン医科大学、ペンシルバニア大学医学部、ジョージタウン大学医学部に留学。東京慈恵会医科大学付属病院、板橋中央総合病院勤務を経てエビス心療内科を開業。著書に『累積疲労 心療内科医からの警告』『なぜか、疲れのとれない女たち 見えない恐怖「累積疲労」とは』『「疲れた」とつぶやいている女性たちへ』ほか。

他の記事も読んでみる

松本大

(ゴールドマンサックスをやめた時)ゴールドマンのパートナーがいったいどんなポジションかを知っている人からは、「お前はinsane(=狂人)か!」って言われました。”insane”という言葉を使ってきたんですよ。それで、「信じられない!」と言って。同僚のパートナーもそうでしたね。


佐藤勝人

うちの各店舗では夕方になると、ご近所の常連さんたちが店にたまって、楽しそうにくつろいでいる。自分で撮った写真をお互いに見せ合ったり、アソシエイト(スタッフ)とおしゃべりしながら、何時間も平気で店にいる。以前は、年配の男性の常連さんが多かったが、最近では女性や若い男性が増えてきた。驚くことに、その常連さんたちが、別のお客さんを相手に、「こちらがいいですよ」とか「これは私も使っていて便利ですよ」と接客していることもある。


鈴木優輔

健康維持のお手伝いをする事業を手がけてきて実感しているのは、ようやく国民が健康に関心を持つようになり、病気を予防することに目を向け始めたということです。弊社の売上が6年ほどで60億円以上も伸長したという事実が、人々の意識の変化を物語っています。今後も予防医療の分野は、どんどん伸びていくでしょう。


櫻井英明

朝方の外資系動向とか裁定取引の手口だとか些末なことばかり聞いていることはそもそもの間違いかも知れません。ネットで紙芝居をカチャカチャやるだけで儲けようという姿勢はやめましょう。決算短信とスクリーニングだけでの投資は脱却しましょう。それらは単に一つの要素に過ぎません。企業には必ず伝えたいメッセージがある。訴えたいことがある。これを知って行う投資がこれからは必要になってくるに違いありません。だから「足で稼ぐ」というキーワードテーマにするべきでしょう。


常見陽平

40代が目指すべきは教養のある大人である。いい年齢なのだからネットや新書、テレビだけでわかりやすい知識を得ようとせず、岩波や中公文庫を買って古典に接しよう。


田崎太郎(経営者)

ビジョンを明確に話し、共感してもらう。そうすることで、全員で同じ目標に向かっていくことができる。


平野敦士カール

アメリカでは、給料に頼った生活設計はすでに過去のものとなりつつあります。実際、労働人口の4人に1人は「ひとり社長」になっています。彼らは複数の会社とつながって仕事をしており、何が起きても生きていける仕組みを築いています。日本でも必ず必要になるはずで、早々に準備を始めるべきでしょう。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

「この人のようになりたい」というモデルを見つけると良いでしょう。どうやったらその人に近づくことができるかを考えていくと、具体的な方法論が見えてくると思います。


岩崎日出俊

生きた情報は、判断を誤らないためになくてはならないものです。


ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)

人がしばしば嫌な感じを与えようとすれば、それは顔と挙動を自分の境遇に調和させ、声の調子や言葉を自分の考えや気持ちに調和させることが、誰にも上手くできないためである。人はそれらの間の諧調を調子はずれでそぐわない何物かで乱してしまう。自分自身を忘れ、知らぬ間に自分から遠ざかる。ほとんどすべての人が、どこかでこの過ちに陥る。誰一人この種の快い調べを完全に聞き取るだけの良い耳を持たない。


植竹伸二

「たぶん」「だろう」「思います」はやめよう。


横峯吉文

子育てにおいては、自立のためにいろいろなことを自分でやらせて、失敗しても自分で乗り越えさせていく。それには、「前よりどこがよくなったか」を常に指摘することが大事。