堀史朗の名言

堀史朗のプロフィール

堀史朗、ほり・しろう。日本の医師(心療内科)、医学博士。「エビス心療内科」院長。山口大学医学部卒業、山口大学大学院博士課程修了。アルバートアインシュタイン医科大学、ペンシルバニア大学医学部、ジョージタウン大学医学部に留学。東京慈恵会医科大学付属病院、板橋中央総合病院勤務を経てエビス心療内科を開業。著書に『累積疲労 心療内科医からの警告』『なぜか、疲れのとれない女たち 見えない恐怖「累積疲労」とは』『「疲れた」とつぶやいている女性たちへ』ほか。

堀史朗の名言 一覧

心の疲労の原因が「上司との関係」だった場合、一番の解決策はその上司と違う部署に移ることです。ただ、そう簡単にはいきませんので、その場合は「上司の言うことを適当に聞き流す」ことをお勧めしています。


累積疲労を解消するには、まずは同じことを考えないよう、切り替えることです。どんなに忙しくても、スポーツや音楽といった趣味や遊びに没頭する時間を作り、頭をリフレッシュする必要があるのです。


なぜ心の問題が身体の不調につながるのでしょうか。人間の行動は脳の頭頂葉によって司られており、ここに脳内伝達物質が正常に循環していれば問題ないのですが、ストレスなどで脳内伝達物質が減ると、身体を動かす働きが鈍くなります。その結果、体が重くなる、あるいは頭痛や肩こりといった症状が出てくるのです。初期は「なんとなく疲れやすいな」くらいですが、中期になると肩こりや耳鳴り、頭痛など具体的な症状が表われ出し、睡眠にも支障が出てきます。そして末期になるとパニック障害やうつ病、最悪の場合過労死にも至ります。


自分の心の疲労なんて自分でわかる、と思われそうですが、意外とそうではありません。私の患者さんの中にも、最初は疲れの原因がよくわからなかったのが、話を聞いていくと徐々に「上司とうまくいかない」「取引先との関係で悩んでいる」といった理由が見えてくることがあります。さらに言えば、「ビジネスパーソンの心の疲れの原因の8割は上司との関係」と言い切ってしまっていいと思います。


最も脳内伝達物質が減ってしまうのが「同じことばかり考えているとき」です。仕事でも家事でも、ずっと同じことばかり考えていると脳内伝達物質が減ってしまうのです。しかし現実的には、仕事の多くは「同じことを考える」ことが求められます。さらに最悪なのは「答えが出ない」問題。「仕事でトラブルがあり、解決策がまだない段階で謝罪に追われる」「どう考えても無理なノルマに向けて仕事をさせられる」などです。


休みはしっかり取っている。なのにいつも疲れていて、なんとなく体が重い。時々めまいや頭痛がする。でも、病院に行ってもとくに悪いところは見当たらない……。もし、そんなケースに当てはまるなら、一度「累積疲労」を疑ってみるべきです。私は長年、心療内科医として多くの患者さんと接し、こうした「疲れ」が蓄積していった結果、身体の不調をきたすという事例を数多く見てきました。「累積疲労」とは私がつけた病名で、疲労が長年蓄積されることで身体が不調に陥り、それがうつ病を引き起こしたり、最悪の場合は過労死にまで至るというれっきとした「病気」です。


堀史朗の経歴・略歴

堀史朗、ほり・しろう。日本の医師(心療内科)、医学博士。「エビス心療内科」院長。山口大学医学部卒業、山口大学大学院博士課程修了。アルバートアインシュタイン医科大学、ペンシルバニア大学医学部、ジョージタウン大学医学部に留学。東京慈恵会医科大学付属病院、板橋中央総合病院勤務を経てエビス心療内科を開業。著書に『累積疲労 心療内科医からの警告』『なぜか、疲れのとれない女たち 見えない恐怖「累積疲労」とは』『「疲れた」とつぶやいている女性たちへ』ほか。

他の記事も読んでみる

川田達男

組織とは現場からの方がよく見える。


小田與之彦

自動搬送のシステムは、客室係がお客様へのおもてなしに集中するにはどうすればいいか、という発想から導入したものです。ロボットにできることは、ロボットに任せて省力化する。一方で、お客様と接する部分は人間にしかできません。人の温かさでもてなす、というのが我々の考え方です。


的場文男

50歳を過ぎて思うのは、「まだまだ乗れる」ということ。いつかは騎乗できなくなる日が来て、引退しなければいけないけど、それまでは精一杯馬に乗り続けたい。大井競馬のため、そして僕の馬を買ってくれるファンのために命をかけてレースしてきたけど、この気持ちは一生変わりません。


小池百合子

仕事で嫉妬されることは、周囲から認められている証拠でもあります。ライバルや上司の縄張りを侵す存在として排除の対象になったわけですから、本物になれたと思っていいのです。そのうえで、嫉妬をされてももっといい仕事がしたいのか、その他大勢のままでいいのか、どっちを選ぶのかが問われているのです。


橘フクシマ咲江

「仕事」をすることは「上司の立場に立って仕事に取り組む」ことでもあります。


鍵山秀三郎

聖書の中に「汝の行動は汝の預言者」という言葉があります。まさしくその通り。今とっている行動そのものが未来を予見している。


平田雅彦(経営者)

日本ビクターには17年間出向しました。ビクター赴任後は、数か月間の実習を経て経理部長になりました。その頃のビクターは労働組合がとても強く、経理部長は毎月一度、労働組合に経営状況を話しにいっていました。私が担当した初会合でのことです。組合から松下電器への批判や不満が一斉に出されました。そもそも市場では松下とビクターの製品は競合しています。そんなこともあってか、「あなたは松下の人間か、それともビクターの人間か。スパイに来ているんじゃないか」と責められました。溜まっていた鬱憤が噴き出したのでしょう。私は驚き、悔しくて、帰りの電車の中で涙がこみ上げてくるのを禁じえませんでした。これまで創業者(松下幸之助)が、ビクターは日本に残さなければならない会社だからとあらゆる手を尽くしてこられたことが全く通じていない――。私はその実情を伝える手紙を創業者に書きましたそして、「ビクターの人たちが「松下電器の子会社でよかった」と言うまでは、私は帰りません」と結びました。


加谷珪一

長期的なスパンで資産形成を考えるなら、長期トレンドの変化をどう見極めるのかがカギとなる。長期的な経済の拡大期と停滞期、それに伴う株式市場の上昇と低迷は、基本的に交互にやってくる。


坂根正弘

正直言って日本企業の得意な原価改善活動は、経営者が意思決定しなくてもできます。人に手を付ける、事業を中止する、子会社を畳む、値上げ戦略を取るといった判断はトップにしかできないのです。安全策ばかり取っている姿勢がデフレ経済の大きな要因のようにも思えます。


ピーター・ドラッカー

どんな分野でも、普通の人であれば並みの能力は身につけられる。卓越することはできないかもしれない。卓越するには、特別の才能が必要だからである。だが、成果を上げるには、成果を上げるための並みの能力で十分である。


ロバート・マクナマラ

経営トップが合理的な決断を下せるかどうかは、彼個人の能力によるものではない。それはひとえに彼の前に揃えられた資料が、適正な決定を下すためにどの程度明確なものかどうかにかかっている。


ジョセフ・バジール

これからは読み書きができるとか、学ぶ技術を知っていることが大事というより、創造することを学ぶことこそ大事なのだ。


小飼弾

古典はテキストを切り取って読んでも、あまり意味がありません。古典最初から古典であったわけではなく、著者が同時代に生きる人に向けて書いた作品です。つまり、どのような時代のどんなときに誰に向かって書かれたのかというコンテキスト(背景や意味の文脈)を理解してこそ、はじめて古典を深く読み込み、自分のものにすることができるといえるのです。


新井直之(執事)

金持ちは普通の人が価値に気付かないものを目ざとく見つけ、コツコツ買っている。だから、どんどんお金が増える。たとえば資産数千億のお金持ちは、記念硬貨が発行されるたびに積極的に買います。お金持ちは記念硬貨を価格が下がらない資産と考えているからです。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

運動経験がない人は、まず運動をすることへのハードルを低くすること。いきなりジムに通う、道具一式を揃えるなど、形から入ろうとすると長続きしません。ですから、「生活の延長線上」でできるトレーニングから始めるのがベストです。通勤時にひと駅手前で降りて歩く、エスカレーターではなく階段を使う。慣れてきたら毎晩10分のストレッチを加える、それにも慣れたらジムの初心者用レッスンを試してみる――というふうに、少しずつ負荷を上げていくと良いでしょう。


ページの先頭へ