名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀口英樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀口英樹のプロフィール

堀口英樹、ほりぐち・ひでき。日本の経営者。「キリンビバレッジ」「小岩井乳業」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学商学部卒業。キリンビールに入社。グループ戦略部ブランド室長、経営企画部主幹、豪ナショナルフーズ・マーケティング企画部長、米フォアローゼズディスティラリー社長、小岩井乳業常務・社長、キリンビバレッジ社長などを務めた。

堀口英樹の名言 一覧

「戦略×実現力」が成果を生む。いくら正しい戦略を立てても、それを実現する組織の力がないと大きな成果は出ない。


企業の成長の原動力は、従業員の結束と、創造性の発揮。


当社は従業員数が300人強のコンパクトな組織ですから、従業員一人ひとりの活動が全体に大きく影響します。従業員全社員のベクトルが揃い、パフォーマンスが最大になった時に、会社の組織力も最大になります。


商品を作るだけでなく、商品への顧客の理解を深める取り組みも重要。フォアローゼズ社長時代、SNSで商品の魅力を広め、最初の1年で売上高を5倍に増やしました。その後に社長を務めた小岩井乳業では広報部を新設し顧客とのコミュニケーションに力を注ぎました。


堀口英樹の経歴・略歴

堀口英樹、ほりぐち・ひでき。日本の経営者。「キリンビバレッジ」「小岩井乳業」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学商学部卒業。キリンビールに入社。グループ戦略部ブランド室長、経営企画部主幹、豪ナショナルフーズ・マーケティング企画部長、米フォアローゼズディスティラリー社長、小岩井乳業常務・社長、キリンビバレッジ社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

蔵田理

新人ベルマンだったある日、VIPである一流企業の会長の荷物を持ってエレベーターで客室までご案内しようとしたときのこと。「なんだその荷物の積み方は!」といきなり怒鳴られました。会長は台車の上に積まれた3つの荷物のうち2番目が曲がっていることを指摘して怒り出したのです。曲がったといってもほんの数センチだったのですが、会長は私が新人ベルマンだとわかって「君はこのサービスで飯を食うんだろ?そんな中途半端な仕事をしてはいけないよ」とあえて厳しく叱り、プロとしての心構えを教えてくれたのでした。


大沢幸弘(経営者)

待遇を引上げたいなら、サービスレベルを上げて、顧客満足度を向上させるしかない。


川越達也

「楽しませたい」「ワクワクしてもらいたい」という気持ちの容量が少ないと、仕事は広がっていかないと思います。結局、どんな分野でも勝ち残っている人はそこが違うのではないでしょうか。


寺田健

上司は部下のことがなかなかわかりにくい。部屋に呼んで話したり、酒を飲ませたりしてみても相手は体裁のいいことばかりを言うから、わかるまでには一年から三年ぐらいかかります。


高橋紘士

仕事は人に「役割」を与えてくれます。仕事を辞めたあと、それまでの仕事とは違う何らかの「役割」を得られなければ、地域になじむこともできません。移住するとなればなおさらです。


岡崎慎司

すごい飽き性なのに、サッカーだけは別。いまもボールを見るだけで楽しい気持ちになるし、どんだけ好きなんだと。ゲームも漫画も好きですね。日本代表ではウッチー(内田篤人)から「練習の後、ゲームでも漫画でもまたサッカーかよ」って呆れられていますけど(笑)。


関根眞一

基本的に、意見の合わない相手と話をうまくまとめる方法はないのです。とはいっても、意見の合わない相手と話し合わなければならない場面もありますよね。その場合は、間に人を挟むのがひとつの方法です。第三者の意見を聞くことで、相手が自分の非に気がつくこともあるはずですから。


永井浩二(経営者)

「黙って俺についてこい」は通じない。誰が聞いても「なるほど」と思える論理を組み立てなければなりません。


小山昇

大切なのは、自分の都合より相手の都合。相手は何を求めていて、そのニーズに対して自分が何ができるか、探ること。素直に「バカなので教えてください!」とニーズを聞いてみましょう。頭を下げられて悪い気になる人はいませんから。


大美賀直子

「人の長所」を探すためには、「相手の顔を見て、声をかけ、相手の言葉に反応する」という、3つの基本行動はしっかり行うことが大切。


小暮真久

出会ったことにとりあえず必死に取り組み、思いもかけず歯車が噛み合ってどんどん進むようならそのまま壁にぶち当たるまで突き進むのみです。また、必死にアクセルを踏んでいるのに、エンジンがただ空回りしているだけだと思ったら、いったんギアをバックに入れ直し、方向を変えればいいのです。たぶん、そういうやり方をした方が、あらかじめゴールはここと決め、そこに向かって必要なことだけをやっていくよりも、確実に自分のやりたいことに到達できる気がします。


有田浩之

数字とは「ものごとを正確に理解するための手段」であると私は考えています。日本人は良くも悪くも、曖昧に物事を理解する傾向があり、あうんの呼吸を大切にします。しかし、バックグラウンドが違う人には通じません。すると、数字で表現することが重要になってきます。