名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀口英樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀口英樹のプロフィール

堀口英樹、ほりぐち・ひでき。日本の経営者。「キリンビバレッジ」「小岩井乳業」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学商学部卒業。キリンビールに入社。グループ戦略部ブランド室長、経営企画部主幹、豪ナショナルフーズ・マーケティング企画部長、米フォアローゼズディスティラリー社長、小岩井乳業常務・社長、キリンビバレッジ社長などを務めた。

堀口英樹の名言 一覧

「戦略×実現力」が成果を生む。いくら正しい戦略を立てても、それを実現する組織の力がないと大きな成果は出ない。


企業の成長の原動力は、従業員の結束と、創造性の発揮。


当社は従業員数が300人強のコンパクトな組織ですから、従業員一人ひとりの活動が全体に大きく影響します。従業員全社員のベクトルが揃い、パフォーマンスが最大になった時に、会社の組織力も最大になります。


商品を作るだけでなく、商品への顧客の理解を深める取り組みも重要。フォアローゼズ社長時代、SNSで商品の魅力を広め、最初の1年で売上高を5倍に増やしました。その後に社長を務めた小岩井乳業では広報部を新設し顧客とのコミュニケーションに力を注ぎました。


堀口英樹の経歴・略歴

堀口英樹、ほりぐち・ひでき。日本の経営者。「キリンビバレッジ」「小岩井乳業」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学商学部卒業。キリンビールに入社。グループ戦略部ブランド室長、経営企画部主幹、豪ナショナルフーズ・マーケティング企画部長、米フォアローゼズディスティラリー社長、小岩井乳業常務・社長、キリンビバレッジ社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

星﨑尚彦(星崎尚彦)

社員にはもっと意欲的に働いてほしい。そこでチャンスをどんどん与えています。本人が希望すれば、海外の展示会で商品を仕入れる大役にも抜擢します。本人は責任を感じ、一生懸命売ろうとしますから。


毛利衛

宇宙飛行士の場合は、想定内のことはやれるのが当然で、想定外のことをどれだけやれるかが面白い部分です。宇宙空間では小さなミスでも命取りになりかねませんから、地上ではありとあらゆる事態を想定してトレーニングします。それでも想定外のことが起きます。そんなときいかに対処するかが一番ワクワクするところです。なぜそんなふうに考えるのかといえば、訓練で散々失敗させられるからです。いい意味で失敗に慣れ、それを糧に新たに挑戦する気持ちを持てるからだと思います。


永守重信

私は、創業時から「子供は会社に入れない。後継者にしない」と宣言した。最初から「我々は世界的な企業になろう」と大きな志を立てたからだ。世界で通用する企業になるには、優秀な人材が必要である。子供や孫が優秀かどうかはわからないし、何より社員たちの士気が大事だ。成果をあげればちゃんと評価し、地位でも報酬でも報いなければならない。誰にでも社長になれる可能性があるべきなのは当然のことだ。


天野総太郎

レノボの社長就任打診を受けたときは驚きましたが、競争相手としてレノボのポテンシャルの高さはわかっていました。自分自身、新たなチャレンジができると思い、引き受けました。


北畑稔

レナウンが求めている人材は、ひとことで言って、準備のできている人です。やりたいことを明確に持っていれば、当然、それを実現するための準備をしますね。そして、明確な目標があれば、そのための準備を苦労とは思わないはずです。いまのレナウンが求めているのは、まさにそんな人材です。


呉文精

トレンドや流行で業績が左右されにくい分野に特化してきました。強みを生かし、市場で存在感を発揮できるM&Aを積極的に実行したい。


戸塚隆将

意思決定のスピードは、ファクト(事実)ベースで考えることとも関係しています。ファクトに基づいた合理的根拠があれば、あと何時間考えたところで導かれる結論が変わるわけではありません。結論が出ているなら、それ以上考えるのは時間の無駄。よって決断も早いのです。


鳥越恒一

打ち合わせは相手のオフィスで行なうのが常識だと思っている方は多いと思いますが、出張中、私はむしろ、新幹線駅の近くなど、自分にとって便利な場所まで来ていただくことがあります。一見、失礼に思われるかもしれませんが、「駅の近くなら時間を気にせず、ギリギリまでご相談に乗れます」という伝え方をしているので、相手にも理解してもらいやすいのです。


田中和彦

人とのアポを入れるとき心がけているのは、「外出日」と「社内日」の設定です。外で人と会う日には、なるべく他のアポもその日に固める。社内で会議などがある日は、デスクワーク中心で予定を組む。そうやって種類の同じ仕事を同じ日に集中させることで効率を高めていくのです。


三谷幸喜

先々のことは誰も見通せません。僕が信じているのは、分かれ道に立ったらイバラの道を選んだほうが上手くいくという感覚。平坦な道と歩きにくい道なら、なるべく歩きにくい道を行く。歴史ものを書いていると、そのほうが後悔しないのかなと思わされます。


林義郎(経営者)

仕事は、経験値がたまると、官僚化していく。ならば、自分から新しいことをやる部署に行けばいい。そうすれば、自分のやりたいことに挑戦しやすい。


立川志らく

師匠・立川談志の言葉がやはり折に触れて私を変えましたね。とは言え、最初はひどいもんでしたよ。弟子入りしてすぐですから、私は右も左もわからないわけです。談志はイチから教える人じゃありませんからね。掃除機をかければ「そっとやれ、バカ野郎!」。行き先もわからないのに「なぜ後ろを歩く? お前が案内しろ!」とか。そりゃムリですって(笑)。もちろんそうやって怒られるうちに、落語に必要な「気を利かせる」ことを肌で学ぶわけです。