名言DB

9413 人 / 110706 名言

堀口英樹の名言

twitter Facebook はてブ

堀口英樹のプロフィール

堀口英樹、ほりぐち・ひでき。日本の経営者。「キリンビバレッジ」「小岩井乳業」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学商学部卒業。キリンビールに入社。グループ戦略部ブランド室長、経営企画部主幹、豪ナショナルフーズ・マーケティング企画部長、米フォアローゼズディスティラリー社長、小岩井乳業常務・社長、キリンビバレッジ社長などを務めた。

堀口英樹の名言 一覧

「戦略×実現力」が成果を生む。いくら正しい戦略を立てても、それを実現する組織の力がないと大きな成果は出ない。


企業の成長の原動力は、従業員の結束と、創造性の発揮。


当社は従業員数が300人強のコンパクトな組織ですから、従業員一人ひとりの活動が全体に大きく影響します。従業員全社員のベクトルが揃い、パフォーマンスが最大になった時に、会社の組織力も最大になります。


商品を作るだけでなく、商品への顧客の理解を深める取り組みも重要。フォアローゼズ社長時代、SNSで商品の魅力を広め、最初の1年で売上高を5倍に増やしました。その後に社長を務めた小岩井乳業では広報部を新設し顧客とのコミュニケーションに力を注ぎました。


堀口英樹の経歴・略歴

堀口英樹、ほりぐち・ひでき。日本の経営者。「キリンビバレッジ」「小岩井乳業」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学商学部卒業。キリンビールに入社。グループ戦略部ブランド室長、経営企画部主幹、豪ナショナルフーズ・マーケティング企画部長、米フォアローゼズディスティラリー社長、小岩井乳業常務・社長、キリンビバレッジ社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

杉浦広一

成長する気が無ければ、企業など起こさない方がいい。


栗山年弘

リーマンショック後の2009年に事業部制から事業本部制に移行し、民生や自動車といった市場別に動いていました。それを今回は技術も営業も製造も狙う市場、注力すべき分野へ柔軟にリソースを振り分けられる機能別組織としました。世の中が右肩上がりで伸びていく「平時」は市場別の縦割り、いわゆる事業部制でよかったのですが、マーケットが激しく変わる「有事」は市場やアプリケーションの枠を取り外し、総力戦で戦う柔軟性が必要です。これが効果を上げてきており、従来は経営リソースを個別に配分する必要があったものが、全体最適を図りやすくなり、結果としてお客様の要求への対応力が増しました。


小林栄三

トップが暗いと社員も暗くなります。明るくあることは、経営者にとって鉄則だと思っています。しんどい時こそ明るく振る舞う必要があります。社長になって1年ほど経った頃、難題を抱え考え事をしながら歩いていたことがありました。難しい顔をしていたのでしょう。それを見た社員が「社長は体の具合が悪いのではないか」と心配していた、という話を秘書から聞きました。あの時はとても反省しました。


中村邦夫

一部の若者が仕事に就かないのは、やりがいを感じる会社が見つからないのも理由のひとつでしょう。個々の社員が得意分野で才能を発揮できるような企業が多くなれば、ニートやフリーターも前向きに働ける社会になるのではないでしょうか?私はその点で、日本の若い力を信じています。


田中伸明(医師)

スポーツやトレーニングも、楽しみながらやれば「無我」の境地をつくり出せます。メンタル強化のためには身体づくりが基本。


小宮一慶

何かの志を遂げようとするときには、それが正しければ何をやってもよいということはありません。そうであるからこそ、慎重にプロセスを選び、衆知を集め、さらには周りの状況に配慮して事を進めなければなりません。


渡邊陽一

チームをうまく運営するためには遠慮は禁物。


佐藤治子(madame H)

体形に合った服は、その人のシルエットを際立たせるだけではなく、不思議と品格も映し出すもの。


おおたわ史絵

いろいろ失敗をして、反省をして、改めて、を繰り返しながら、いまに至っているという感じです。


金山精三郎

海外でホテルに泊まるときは、最低でもジュニアスイートに泊まるようにしています。お客様にもその雰囲気を感じていただきたいので、どうしたら楽しいか、感性的に何がオシャレか、インテリアやホスピタリティはどうなっているのかを勉強し、店作りに反映しています。


原口兼正

創業者のDNAを全部引き継いでいきます。どこかひとつということではなく全部です。飯田(亮)はあれでもバランスをとっているのです。飯田の一部、野獣のような部分だけを継承している先輩もいましたが、それではバランスが悪い。全部を継承していくことが大切だと考えています。


堀江徹

欧米企業では、早期に幹部候補生を選抜し、真のリーダーになるために、つまり、幹部層に入学するための育成を施す「入学型」選抜教育がなされる。これに対して日本企業は、いまあるいは過去の仕事で一定の高業績を実現できた者を卒業させて、ご褒美として次の層に上げるという「卒業型」選抜を採択してきた。卒業型では下のポジションで成功しても、上のポジションで成功するとは限らないし、優秀な人材の早期選抜は実現しない。


水戸岡鋭治

私たちが手がけているのは「製品」ではなく「商品」です。製品なら利便性と経済性求すればよいですが、商品は相手に夢やロマンを感じさせ、「楽しい」と思ってもらう必要があります。


松井道夫

他人と同じことをやっても成功しないし、だからと言って意表を突いたことをやってもベースがしっかりしてなければ駄目。


今田耕司

共感がないと笑ってもらえない。