名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

堀口英樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀口英樹のプロフィール

堀口英樹、ほりぐち・ひでき。日本の経営者。「キリンビバレッジ」「小岩井乳業」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学商学部卒業。キリンビールに入社。グループ戦略部ブランド室長、経営企画部主幹、豪ナショナルフーズ・マーケティング企画部長、米フォアローゼズディスティラリー社長、小岩井乳業常務・社長、キリンビバレッジ社長などを務めた。

堀口英樹の名言 一覧

「戦略×実現力」が成果を生む。いくら正しい戦略を立てても、それを実現する組織の力がないと大きな成果は出ない。


企業の成長の原動力は、従業員の結束と、創造性の発揮。


当社は従業員数が300人強のコンパクトな組織ですから、従業員一人ひとりの活動が全体に大きく影響します。従業員全社員のベクトルが揃い、パフォーマンスが最大になった時に、会社の組織力も最大になります。


商品を作るだけでなく、商品への顧客の理解を深める取り組みも重要。フォアローゼズ社長時代、SNSで商品の魅力を広め、最初の1年で売上高を5倍に増やしました。その後に社長を務めた小岩井乳業では広報部を新設し顧客とのコミュニケーションに力を注ぎました。


堀口英樹の経歴・略歴

堀口英樹、ほりぐち・ひでき。日本の経営者。「キリンビバレッジ」「小岩井乳業」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学商学部卒業。キリンビールに入社。グループ戦略部ブランド室長、経営企画部主幹、豪ナショナルフーズ・マーケティング企画部長、米フォアローゼズディスティラリー社長、小岩井乳業常務・社長、キリンビバレッジ社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

矢崎精二

社長に就任した際、全店舗の従業員用トイレをすべて洗浄機能付きに変えました。従業員の働く環境が悪いままでは、従業員に笑顔は生まれません。よく「予算がないから」などという話になって先延ばしされがちですが、そんなことをしていたら信頼は得られない。


柴山政行

りんご、かぼちゃ、カスタード、チョコクリームなどのたい焼きもラインアップした。女性に人気だったが、種類を多くするとロス(廃棄)も出やすい。在庫を減らすことは、初期投資を抑えることと並ぶ重要課題だ。ロスを増やさずに客を飽きさせない工夫をすること、また複数の出口(売り先)を考えておくことも重要だとわかった。
【覚書き|会計事務所を開業する前にビジネスの実務を積もうとたい焼き屋を開業したときを振り返っての発言】


田中達也(経営者)

13年前、いきなり中国赴任を命じられました。国内営業一筋だった私は、出張経験すら乏しいまま中国に飛び込みました。振り返ると、これが良かったのでしょう。予断を持たずに中国人スタッフと向き合い、潜在能力の高さを見極められたからです。


松田昌士

責任は自分が取ると決断しておけば、ほんの少しの勇気で比較的簡単にやめられます。そうすれば傷が深くならない。社長の時代によく「やめるときは大きな声で言うから、皆逃げ遅れるな。一斉に逃げるぞ」と言っていました。


渡辺久信

現役時代に、自分の力で完封で勝ったときの喜びよりも、自分が育てた選手が活躍して勝ったときのほうが、はるかに気持ちいい。やめられませんよ、こんな楽しい仕事は(笑)。


藤原健嗣

社長時代、社員にはいつも「目的と手段をはき違えてはいけないよ」と言い続けてきました。


谷繁元信

瞬間、瞬間に何が必要かを考え、必死にやってきた。その積み重ねが今日をもたらした。


太田肇

職場で犠牲バントをしようと思ったら、職場の得点になる仕方をしなくては意味がない。職場のメンバーの利害を見抜き、その利害に上手くフックするポイントを見通して、単に、誰もがやりたくないことを買って出るのではなく、誰もがやりたくないけれど、それをやれば確実に職場にメリットがあるポイントだけを狙って自己犠牲を果たすことだ。


葛西敬之

日本が30年後にどうなるかは分かりません。私は1940年に生まれ、その30年後の1970年には日本が世界第2位の資本主義国になっていました。その間に完全に焼け野原になった時を超えて復活しました。30年というと何が起こるか分かりません。すべての地図を描けなければまずいというわけでなく、すべてが変数で地図は描けないのです。人件費や人口もそうです。


寺尾玄

可能であることを証明することはできるが、不可能であることを証明するのは不可能。なぜなら、みんなが「不可能だ」と信じていても、本当はまだ試していない方法があるかもしれないから。


佐々木常夫

上司たるもの、部下に対して「いざとなったら、俺は刀を抜くぞ」という怖さを部下に教えなくてはいけません。


リチャード・カールソン

怒りを感じたら、まず深呼吸しながら心の中でひとつと言う。次に息を吐きながら全身をリラックス。ふたつ、みっつと続けてすくなくとも十まで繰り返す(ものすごく腹が立っている時は25まで)。深呼吸しながら数えると気持ちが穏やかになって、しまいには怒っていることも忘れるほどだ。これが身につくと、怒りの方から遠ざかってくれる