堀口英樹の名言

堀口英樹のプロフィール

堀口英樹、ほりぐち・ひでき。日本の経営者。「キリンビバレッジ」「小岩井乳業」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学商学部卒業。キリンビールに入社。グループ戦略部ブランド室長、経営企画部主幹、豪ナショナルフーズ・マーケティング企画部長、米フォアローゼズディスティラリー社長、小岩井乳業常務・社長、キリンビバレッジ社長などを務めた。

堀口英樹の名言 一覧

「戦略×実現力」が成果を生む。いくら正しい戦略を立てても、それを実現する組織の力がないと大きな成果は出ない。


企業の成長の原動力は、従業員の結束と、創造性の発揮。


当社は従業員数が300人強のコンパクトな組織ですから、従業員一人ひとりの活動が全体に大きく影響します。従業員全社員のベクトルが揃い、パフォーマンスが最大になった時に、会社の組織力も最大になります。


商品を作るだけでなく、商品への顧客の理解を深める取り組みも重要。フォアローゼズ社長時代、SNSで商品の魅力を広め、最初の1年で売上高を5倍に増やしました。その後に社長を務めた小岩井乳業では広報部を新設し顧客とのコミュニケーションに力を注ぎました。


堀口英樹の経歴・略歴

堀口英樹、ほりぐち・ひでき。日本の経営者。「キリンビバレッジ」「小岩井乳業」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学商学部卒業。キリンビールに入社。グループ戦略部ブランド室長、経営企画部主幹、豪ナショナルフーズ・マーケティング企画部長、米フォアローゼズディスティラリー社長、小岩井乳業常務・社長、キリンビバレッジ社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

盛田昭夫

東通工(ソニーの前身である東京通信工業)は市販品を生産・販売する初期において、商法の鉄則ともいうべき、よい教訓を得、今日ソニーに脈々と流れる経営の基本ポリシーを打ち立てた。それは「自ら計画し、自ら生産した製品は、自らマーケットを作り、自らの販売計画によって販売すべきである」ということである。


ヒラリー・クリントン

自分を笑う。これは生き残るためには不可欠な手段であり、隠れ家に引きこもってしまうよりずっといい。


御立尚資

頭で理解できても、感情がそれを許さなければ、人はそう簡単に説得などされないのです。人が行動を起こすかどうかは、論理だけでなく、論理と感情の掛け算、「行動=論理×感情」によって決まるからです。


野村忠宏

「もう限界です」と細川(伸二)先生に伝えると、「お前はそんなもんか」とくる。休ませてはくれないんです(笑)。世の中にはそこで「はい、僕そんなもんです」と引く人間と、「なめんなよ」と前に出る人間がいます。もしもあの時僕が引いていたら、細川先生に見捨てられていたでしょう。面白いもので、「なにくそ!」と練習を再開したら、結局、次の1本もやり切れる。


前田晃伸

「会議は30分」と決めています。会議は何かを決めるのが目的ですから、論点が整理されていれば、そんなに時間は必要ありません。会議の場で論点整理するようでは、その分、みんなを拘束することになり時間の無駄です。他人の時間を邪魔しては駄目です。事前に資料を渡して、質問があるならば、会議の前にすればいい。30分で決められないような会議は、まだ会議にかける段階に至っていないということなんです。


妹尾八郎

中小の一企業が集められる情級には限りがあるから、寄り合う必要があると考えた。たとえば、ある飲食の企業が会員登録と引き換えに割引やおまけ、景品などをお客様に提供する。登録はNCネットワークを経由しないとできませんが、お客様には楽しみが生まれ、企業は一社では集められない大量の顧客を対象に安価でマーケティング調査ができる、という仕組みです。


角居勝彦

勝ち続ける方法は、馬の完成形はないのでどれだけ精進したかでしょうか。求めるものがだんだん繊細になったし、追求する技術もより高度になってきていますし。イギリス、アイルランド、フランスやアメリカは日本より馬づくりが進んでいるので、学ぶことは多々あります。


清水祐孝

コールセンターにおいても、相談内容は「~をください」というような画一的なものではありません。しきたりや宗派が違うので、内容は多岐にわたります。そのため、コールセンターを外注することもできず、自社で対応していますが、そのおかげでノウハウがどんどん蓄積されていきました。このことも、気づいたら大きな強みとなっていました。


小宮山宏

今、我々に求められるのは、問題認識をアクションにつなげること、すなわち行動を起こすこと。


土田雅人

限られた時間の使い方、目標の立て方がしっかりしてないと結果は付いてこない。


津田秀晴

雑談上手な営業マンというと、話題が豊富で話術も巧み、自らもたくさん話していくイメージがあるかもしれませんが、一流の営業マンの多くは、あえて聞くことに重点を置いているものです。それは、相手のニーズや価値観を知り、問題解決のための提案の精度を高めるためです。


永井孝尚

夜の疲れた頭で1時間、2時間使ってアウトプットしようとしても、ろくなものにはならない。夜の間は、頭の中を整理するだけに留めておく。そして翌朝に15分でアウトプットしたものが、夜間の低品質なアウトプットを凌駕するのです。一日働いて疲労した頭にさらにムチ打って働くのと、朝起きた真っさらな頭で仕事をするのと、どちらがよいか、ということです。


平田弘(経営者)

商品やサービス、ビジネスモデル、そして会社自体も進化しなければ生き残れない。状況によっては脱皮しながら継続して進化に挑戦する必要がある。


西川世一

一人一人の社員が付加価値を生むために、会社の理念をどう見せ、どういう仕組みを作ればいいのか。それを考え続けるのが私の仕事だと考えている。


藤沢武夫

複数の知恵を集めれば、本田一人よりもプラスになる。本田宗一郎の持っている力よりもレベルの高い判断が生まれる。そういう体制をつくらなければならないのです。これまでのところ、ホンダはそうしてきました。一人の人間に頼らなければできないというものがあってはいけない。


ページの先頭へ