名言DB

9425 人 / 110833 名言

堀口智顕の名言

twitter Facebook はてブ

堀口智顕のプロフィール

堀口智顕、ほりぐち・ともあき。日本の経営者。「サンフロンティア不動産」社長。新潟出身。不動産会社営業部長を経て、31歳で「サンフロンティア不動産」を設立。不動産再生事業を行い、同社を急成長させた。

堀口智顕の名言 一覧

社員には「ニーズに応えるのでなく、ニーズのニーズに応えろ」と教えます。これはニーズそのものだけでなく、ニーズが起きる原点を捕らえに行くということです。


私は人間として裏表なく誠実に生きて行きたい。だから自分から積極的に責任を取りに行き、お客様の期待を使命にかえて前へ前へ、上へ上へ踏み込んで来た。


私の最大のこだわりは世に役立てる人間を育てることです。地道に堅実に努力できる人間、素直さや明るさ、感謝など未来へ前向きに歩む積極性を持った人間、そして何より思いやりの利他の心を持った人間。実際そんな人格を持つ社員が育っています。彼らを財務的に支え、思いきり働けるようにするのが私の務めです。


ありがたいことに人が人を、客が客を呼んでくれる。クチコミで紹介してくださるから、広告宣伝費は低いですよ。そうやって選んでもらえるのは尽くして尽くして尽くしまくるという利他の心のおかげでしょう。


その時は不幸と思ったことが幸いに転じることもある。たとえば、ある時、9000万円の手数料を半額の4500万円にまで下げざるを得なかったケースがあります。しかも無利息の48回払い。それは手痛いことのはずでしたが、バブル崩壊後、毎月きちんと決まったお金が入ってくる。これは大きかったですよ。そんなふうに不幸が幸いになることもあるのです。でも、それも前向きな心のおかげかもしれませんね。


建築士になれると思って入った会社が実は99%不動産会社。でも性格上、仕事を投げ出せない。素直に一生懸命働けば上手になる。それでほめられ、頼りにされたらもっと勉強して働く。先輩の酒の誘いも断って夜、学校へ行き、宅建などの資格も取りました。当時は不動産バブル真っただ中で念願の設計の仕事も入ってくるようになる。ビルやマンションを建てて販売する仕事なんて楽しくて、よだれが出ましたよ。


都心部に特化しているため、土地勘を生かしたテナント斡旋力があります。都心中心の約60人のオフィスリーシング部隊が新規入居を推進し、ビル担当者が1か月に一度必ずテナントさんを訪問し、コミュニケーションを密にして更新を促進しています。


1人のお客様に、どれだけ深く寄り添っていけるかを常に考えています。大切な不動産に新たな人間価値・事業価値・社会価値を創出。売買・賃貸仲介、ビル管理、建築企画、滞納賃料保証などの基幹サービス事業を磨き高め、そのノウハウを集約させた不動産再生事業で、高付加価値サービスと高付加価値商品をお届けします。


堀口智顕の経歴・略歴

堀口智顕、ほりぐち・ともあき。日本の経営者。「サンフロンティア不動産」社長。新潟出身。不動産会社営業部長を経て、31歳で「サンフロンティア不動産」を設立。不動産再生事業を行い、同社を急成長させた。

他の記事も読んでみる

市川秀夫(経営者)

これ以上政策だとか、あるいはマクロの経済関係に期待するのはもう間違いだ。あとは我々がどう自分達の事業を変えていくか。


酒巻久

一回の提案だけで企画がすんなり通ることはほとんどありません。上司はいろいろと問題点を指摘して、最初はその提案を突き返すものです。けれども、それでもめげずに指摘された点を改善したうえで、2回、3回と提案を持ってこられたら、「やってみたまえ」となるわけです。


小堺一機

僕がラッキーだったのは、自分の好きな道で、その道のエキスパートからどんどん学ぶ機会があったことです。


勝間和代

自転車通勤中の開放感や気づきは、頭に適度の刺激と思考の整理をもたらします。中国の故事で、考えを練るのに良い場所として「三上」、すなわち「厠上(トイレ)」「枕上(ベッド)」「馬上(馬に乗っている時)」が挙げられていますが、現代の「馬上」が「自転車上」ではないかと私は思っています。これこそが自転車通勤の宝なのです。


中西浩太

視点を変えてチャレンジすればランクが上の会社に採用されることも珍しくありません。ステップアップして転職した会社で活躍しているという話を聞くことが、我々キャリアコンサルタントにとって最もうれしいことです。


大久保直子

接待は日常の仕事の枠を越えた場で「ともにいい時間を過ごす」ことに意義があります。それによって相手と心を通わせて、仕事を円滑に進めるための地ならしができるのです。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

真実は、浅はかでも軽率でもありません。だから人生の勝利は、軽薄でいいかげんな人には見向きもしないのです。


瀬戸大也

何より、僕が本番で力を発揮するのに当たって一番の支えになっているのは、育ってきた環境であり、親の考え方だと思います。幼い頃から家でネガティブな発言をすると、「なぜそんなことを言うのか」と父に注意されました。悔しい結果に終われば、「(ライバルの萩野)公介君がいるから強くなれる」と前向きな言葉をかけてくれた。


後藤忠治

社内ではスタイルアップキャンペーンを実施しており、いま以上に健康的で周りから憧れとなるカラダを手に入れることで、「0歳から一生涯の健康づくりに貢献する」という当社の企業理念に一層の説得力を持たせるよう努力しています。


竹中平蔵

日本には目の前の小さな権益に固執して、大きな利益を逃すケースが随所に見られます。しかし、裏を返せば、そうしたところは既得権益によって成長が抑え込まれているということ。中期で見れば、そうした業界のほうがチャンスは大きいと言えるかもしれません。