名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀北祐司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀北祐司のプロフィール

堀北祐司、ほりきた・ゆうじ。日本のクレーム対応アドバイザー、ストレスマネジメントコンサルタント。大手家電メーカーのシステムエンジニア、お客様相談室相談員・責任者などを経て独立。著書に『世界一簡単!ストレスと上手につき合う方法』。

堀北祐司の名言 一覧

どんな職場でもストレスはかかります。うつから立ち直った時、どうせ逃れられないのだからストレスと上手に付き合おうと考えた。


「殴ったる帳(不平不満を書き連ねるノート)」や「にやにやノート(過去の良かったことや心に残った言葉などを書き連ねるノート)」を用意するだけで、気持ちはかなり楽になります。人によっては、良い香りや入浴によって癒やされるケースもあるでしょう。いろいろ試して、一生役立つストレス解消法を見つけてください。


視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚の五感を刺激すると、楽しくストレス解消ができます。例えば、完全な暗闇の中に身を置いてみる、雨の音や川のせせらぎなどを録音したCDを流す、お気に入りの香水やアロマオイルのにおいをかいでみる、肌触りのいいタオルを見つけて顔をうずめるなどの方法が考えられます。私はよく、海に行きます。砂浜を裸足で歩けば足裏が刺激されますし、海風のにおいや波の音、空と海が広がる景色などによって、五感が一気に刺激されるのです。


ある企業経営者から教わったストレス解消法が「屋久島の大木を抱きしめる」というものでした。私も、和歌山県の高野山にあった大木で試してみたのですが、荘厳な雰囲気の中、大きな杉の木に体ごと包まれる気持ちがしてとてもいい気持ちになりました。ポイントは、手と足をきちんと木に回し、しっかり抱きしめること。すると、自然と一体化したような気分が味わえます。そして、心が解き放たれて、凝り固まったストレスが自然と溶け出していくのです。


煮詰まったら、「居心地のいい人」に会いに行ってエネルギーをもらうのがお勧めです。僕は転勤が多かったため全国に友人がいるのですが、つらいことがあったら友人に会おうといろいろなところに出かけます。友人に会って楽しく話すだけで元気が出てきますし、未知の場所で珍しい食べ物を食べたり、その街のにおいをかぐことによってリフレッシュできるのです。もし時間がないなら、物産展や各県のアンテナショップなどに出かけ、いろいろな土地に行った気分になるのもお勧めですよ。


堀北祐司の経歴・略歴

堀北祐司、ほりきた・ゆうじ。日本のクレーム対応アドバイザー、ストレスマネジメントコンサルタント。大手家電メーカーのシステムエンジニア、お客様相談室相談員・責任者などを経て独立。著書に『世界一簡単!ストレスと上手につき合う方法』。

他の記事も読んでみる

ルー大柴

しわや白髪が増えても、それは若者にはできないオシャレだと逆手にとって、上手く自分をアピールしていけば楽しいじゃないですか。その結果、「あの人素敵」「カッコいい」と言われるのはうれしいし、それがセックスアピールにつながったら、さらにグッドですよ。いくつになっても異性を意識し、意識されることは、人生の最大級の喜びです。それは、若さを保つ何よりの良薬です。


中條高徳

攻撃は防御の最高の在り方であるが、その逆に防御は攻撃のかわりになりえない。ビジネスの世界にもぴたりと当てはまる理念である。


鉢嶺登

移動時間によく本を読みます。「うちだったら、どうするだろう?」と考えながら読むことが多い。


玉置半兵衛

父はこんなことを、散歩の途中で地面に木切れで書いたり、釣り堀の水面に竿で書いたりしながら話してくれました。

ええか、しゃべることを「言」うと書く。ニンベンを付けると「信」や。しゃべることは「云」うとも書く。ニンベンを付ければ「伝」。人はやるべきことをちゃんとやり、言うべきことをしっかり言ってこそ、伝わり、信じてもらえる。お客様にも、一緒に働いてくれる人たちにも、ちゃんと感謝の気持ちを伝えなさい。そうして「信」じ合う「者」が集ってこそ「儲」けになる。もう一度分けて「信」と「者」で信者。「この人の言うこと、やることは間違いない」と相手に信じてもらえてこそ、商売を続けることができるのや。


和田裕美

今の世の中、「無礼溝」はないので、くれぐれもお酒に飲まれすぎないように気をつけましょう。


おおたわ史絵

専門用語を使うことがカッコいいこと、いかにも仕事ができるかのように勘違いして、特殊な言葉ばかり並べるのは、自己満足でしかないと思います。


野坂英吾

「貧すれば鈍する」と言います。失敗をして余裕がないとき、事前に対応策を用意していないと小手先の手立てしか打てません。するとさらに失敗を重ねてしまう。状況はさらに悪化し、リカバリーが難しくなります。往々にして初期の失敗の傷は小さいものです。早めにその時に打てる最良の手を打つことです。


臼井健一郎

あの吉野家さんだって、昔は300店舗が限界と言われていました。それが今では吉野家だけで1200店舗ほどになっているわけです。つまり、市場というのはプレイヤーがドンドン出てくることで広がっていくものなのです。


桐山一憲

トップが変わっても文化や仕組みといった根本のところは変わっていません。何が変わるかというと、ビジネスのどの部分に焦点を当てるかとかいうことは、リーダーの考えで決まっていきます。ゴールのために何をやるか、何を捨てるかを決めた段階で、次のアクションプランが変わってきます。


清水久三子

自分の思い込みで「きっとこれが聞きたいに違いない」と強引に進めても相手を納得させることは難しいでしょう。


久米信行

初めて会った相手の心を一番に鷲掴みにするのが「無駄話かつプライベートな話」。結局、人間が心を開くのは、仕事とも経済とも関係ない、プライベートや趣味の話。


瀬戸大也

初めての全国大会はビリから2番目でした。10歳年上の選手たちと競うようなレースだったので仕方ないのですが。ただ、決勝の結果を見たときにびっくりしました。上から2番目の順位に、僕と同い年の選手の名前が載っていたんですよ。「この2位の子の年齢、間違っているよね?」と親と話していたことを覚えています。それが、萩野公介でした。強敵だと強く意識するようになりました。同い年で同じ種目なので、これから先、どの大会に出ても必ず公介がいる。この時から彼の背中を追うようになりました。まずは同い年の彼に勝つことを目指そうと。ただ、その頃の実力には雲底の差がありましたから、彼に大差で負けようが悔しさはあってもくじけなかったですね。いつか絶対に勝てると。