堀北祐司の名言

堀北祐司のプロフィール

堀北祐司、ほりきた・ゆうじ。日本のクレーム対応アドバイザー、ストレスマネジメントコンサルタント。大手家電メーカーのシステムエンジニア、お客様相談室相談員・責任者などを経て独立。著書に『世界一簡単!ストレスと上手につき合う方法』。

堀北祐司の名言 一覧

どんな職場でもストレスはかかります。うつから立ち直った時、どうせ逃れられないのだからストレスと上手に付き合おうと考えた。


「殴ったる帳(不平不満を書き連ねるノート)」や「にやにやノート(過去の良かったことや心に残った言葉などを書き連ねるノート)」を用意するだけで、気持ちはかなり楽になります。人によっては、良い香りや入浴によって癒やされるケースもあるでしょう。いろいろ試して、一生役立つストレス解消法を見つけてください。


視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚の五感を刺激すると、楽しくストレス解消ができます。例えば、完全な暗闇の中に身を置いてみる、雨の音や川のせせらぎなどを録音したCDを流す、お気に入りの香水やアロマオイルのにおいをかいでみる、肌触りのいいタオルを見つけて顔をうずめるなどの方法が考えられます。私はよく、海に行きます。砂浜を裸足で歩けば足裏が刺激されますし、海風のにおいや波の音、空と海が広がる景色などによって、五感が一気に刺激されるのです。


ある企業経営者から教わったストレス解消法が「屋久島の大木を抱きしめる」というものでした。私も、和歌山県の高野山にあった大木で試してみたのですが、荘厳な雰囲気の中、大きな杉の木に体ごと包まれる気持ちがしてとてもいい気持ちになりました。ポイントは、手と足をきちんと木に回し、しっかり抱きしめること。すると、自然と一体化したような気分が味わえます。そして、心が解き放たれて、凝り固まったストレスが自然と溶け出していくのです。


煮詰まったら、「居心地のいい人」に会いに行ってエネルギーをもらうのがお勧めです。僕は転勤が多かったため全国に友人がいるのですが、つらいことがあったら友人に会おうといろいろなところに出かけます。友人に会って楽しく話すだけで元気が出てきますし、未知の場所で珍しい食べ物を食べたり、その街のにおいをかぐことによってリフレッシュできるのです。もし時間がないなら、物産展や各県のアンテナショップなどに出かけ、いろいろな土地に行った気分になるのもお勧めですよ。


堀北祐司の経歴・略歴

堀北祐司、ほりきた・ゆうじ。日本のクレーム対応アドバイザー、ストレスマネジメントコンサルタント。大手家電メーカーのシステムエンジニア、お客様相談室相談員・責任者などを経て独立。著書に『世界一簡単!ストレスと上手につき合う方法』。

他の記事も読んでみる

鈴木郷史

「フロー体験」って、いわゆる人間が楽しいと思って時間を忘れて熱中していくこと。僕は「遊びのように仕事をしてください」って社内で言うんです。遊びのようにできる仕事が一番クリエーティブで、お客様が望んでいることだと思うので。会社の中でフローになれる状態をいかにつくるか、という話。


高橋淳(経営者)

店がひとつのチームとして機能するように、毎月、店ごとにミッションを課しており、アルバイトもミーティングに参加させています。


高城幸司

会議の堂々巡りが起きる最大の原因は、参加メンバーが会議の目的を把握していないことです。会議には大きく分けて「ものごとを決める会議」と「アイデアを膨らます会議」がありますが、この区別を意識していない人が非常に多いのです。


清水照雄

早朝出勤のメリットは、朝は頭がすっきりしていることです。睡眠をとって脳がリフレッシュしているから、レポートを書くにしても、お客様に渡す資料をまとめるにしても、とにかく仕事がはかどります。


堀場厚

共通点がないことが、京都の企業の特徴。企業文化も創業者もそれぞれ。カリスマ的な「変な創業者」も多い(笑)。だからこそ、人の真似は決してしない。


一戸敏

僕が変わったきっかけは、あるお客様。僕にお客様になりそうな人を紹介してくださったんです。なぜ優しくするかわからず、理由を聞くと「素直で好きだから。何か役に立ちたいと思った」と。ハッとしました。そこで変わったんです。まずは目の前のお客様を好きになる。好きになった相手のために役立つことをやろうと。そうしたら、ウソみたいに契約がとれ始めた。役に立ちたいお客様が増えるから、もっと勉強してがんばった。


三谷宏治

勉強熱心な人ほど、次から次へと新しいことを勉強しようとして、ひとつのことにじっくりと腰を据えて取り組むことが意外とできていないように思います。続けないから成果が出ない、成果が出ないから続かない。こんな悪循環に陥っているのではないでしょうか。


中井貴一

「若いときはネクタイを地味にしろ。年を取ったら派手にしろ」。僕の人生はそうありたいんです。50代60代になってもメシが食える俳優になろうと20代から取り組んできました。


松本南海雄

店舗の増加という点から考えて、コンビニとの競争は今後も激しくなるでしょう。彼らと比べた時のドラッグの特徴はと言うと、まず飲料や日用品などの価格が安いという印象は消費者にもあると思うんですね。また、品揃えも多い。だから、彼らの強みであるまさに「利便性」の部分を、我々はもっと強化していく必要がある。そうすれば客を奪っていけると思います。


河村良彦

いかに一流の人物を集め、立派な組織を持っていても、経営者の出来が悪かったら会社は潰れます。


福井晴敏

小説を書くだけでは勝てません。いわゆる小説家とは全く違った仕事の仕方をこの10年近くしています。外に行って、人とご飯を食べることが重要な業務になっている。原作として作品を提出するだけは通用しないというのが現実です。書籍単体では、何かよほどのことがないと売れない世の中で、食えない小説家は山ほどいる。それはもう、ネットとスマホにとどめを刺された感じです。


佐々木康志

人間はこれまでさまざまな文明の利器を生み出し、上手に使いこなしてきました。AIも同様だと思います。ものを買うときの判断基準、ものの価値判断など、人間の行動の9割は無意識に行われていると言われています。脳の研究をすることで人間の行動の裏にあるものを解明し、その成果をAI等に活用し社会にとってプラスになるような応用ができればと願っています。


高城幸司

未来の顧客をつくるのは、地道な積み重ね。


武豊

ムチを見せるだけで(叩かなくても)気を抜かずに走ってくれる賢い馬も多い。


佐藤優

ビジネスパーソンで、この人仕事ができるなというのは一緒に食事やお酒を飲んだときの領収書の切り方でわかりますね。経費で落とすところと自腹を上手に分ける。高級店でのディナーは会社の経費で落とす。でもその後のバーの数杯は、自腹を切る。仕事の関係だけではなくて、個人的な関係でもあると示すことができます。


ページの先頭へ