名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀北真希の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀北真希のプロフィール

堀北真希、きたほり・まき。日本の女優、タレント。東京都出身。中学2年でスカウトされる。『COSMIC RESCUE』で映画デビュー。映画、テレビドラマ、舞台で活躍。日本アカデミー賞新人俳優賞・優秀助演女優賞を受賞。

堀北真希の名言 一覧

私は演じることを仕事にさせてもらっていて、その中で一生懸命あがく楽しさみたいなものがわかってきました。


私はオン・オフは得意なほうで、普段から私は本番しか集中しないタイプ。重たい役をやっているからって、現場でずっと暗い顔をしているわけじゃないんです。引きずりながらも楽しく喋れるんですよ。


初舞台の「ジャンヌ・ダルク」をやらせていただき、初めてお客さんの前で演じました。舞台では、反応が直に返ってくるところにやりがいを感じましたし、少しでも人に影響を与えられたらという欲も出てきました。


堀北真希の経歴・略歴

堀北真希、きたほり・まき。日本の女優、タレント。東京都出身。中学2年でスカウトされる。『COSMIC RESCUE』で映画デビュー。映画、テレビドラマ、舞台で活躍。日本アカデミー賞新人俳優賞・優秀助演女優賞を受賞。

他の記事も読んでみる

江上治

成功している人は、自分が困難を克服してきたからこそ、同じように、困難に立ち向かおうとする相手を応援しようとするものである。それによって、新しい世界が現れることを、身をもって知っているからである。逆に困難から逃げる相手に対しては手厳しい。


山極寿一(山極壽一)

もっと個性を発揮し、好きなことに集中し、新しい発想を生み出す人間を育成しなければならない。学生自身が、標準まで達することが自分の目標だと思い込んでいる。人にはできないことをやってやるという気概がない。でも、そういう気概や野心がないと、やっぱり人間は伸びないんです。スタンダードを目指すという目標だけでは、人間形成としては失敗です。


勝海舟

内閣からもつまはじきにされ、国民からも恨まれるかもしれない。朝鮮人やロシア人から憎まれるかもしれないが、良い子になろうなどと思うと、間違いが起こる。天下皆、お前さんの敵になっても、氷川のじいさんは、お前さんの味方だと思っていなさいよ。
【覚書き|韓国で起きた閔姫暗殺事件の後処理に向かう小村寿太郎に贈った言葉。氷川のじいさんとは海舟自身のこと】


武田信繁

何ごとにつけても、つねに堪忍の二字を忘れてはならぬ。昔の物語にも「韓信という人は、初め家が貧しく、少年のころに他人から股の下をくぐらせられりなどして辱めを受けたが、よく堪忍してついには漢の大将軍となって成功した」ということが伝えられている。また「一時の怒りのために身を滅ぼす」というような例もあるのだ。


吉山勇樹

仕事でなかなか自信が持てない人にお勧めしたいのが、何かひとつでも、小さなことでもかまわないので、他の人に負けない得意領域をつくること。得意なことで上司や先輩の役に立てば、名前を覚えてもらえ、目をかけてもらえるようになる。それが自分の自信にもつながる。


成宮雄三

街を歩いて情報を得られるかどうかは、単純に毎日続けているかどうかの差なのかもしれません。街は毎日少しずつ変わっていて、どこがどう変わったのか、わからなくなってしまうことがありますよね。ところが、毎日、街に出て定点観測をしていると、ほかの人が感じないような些細な変化にもハッと気が付くのです。


澤田秀雄

切った(撤退した)部門の人員は今後伸びる部門に配置転換したのでリストラはしていません。ホテル部門や法人団体向けやクルーズ、インバウンドのセクションなど伸びる部門に戦力を集中します。


鈴木宏彦

羽生(善治)二冠は対局中の昼休みに他の対局を一通り見て回ります。そこで互いがどういう戦略でぶつかり、今に至ったのか、1局につき数分で情勢を解析する。そこから得たヒントを、後日の自分の対局に活かすのです。瞬時の判断を繰り返すことで情報と分析が蓄積されていきます。


田中和彦

私は45分単位でスケジュール管理しています。会議や打ち合わせを全部1時間ずつにすると9時間働いても、1日に9つの予定しか組めません。でも、45分刻みなら12の予定をこなせます。しかもアポに遅れる人は減るし、仕事にテンポが出て、集中力も増します。


レジェンド松下

実演販売というと、トークで売る印象が強いですけど、私はトーク術に長けているわけではありません。強く意識しているのは、実際に商品を使用したときの驚きなどを感情を込めて再現すること。リアルな想いをストレートに伝えることがなにより大事で、言葉巧みなトークは必要ないと思っています。


北野武(ビートたけし)

物体は激しく動けば、それだけ摩擦が大きくなる。人間だって、激しく動くと熱を持つのだ。はたから見れば、輝いている人間のことが、きっと羨ましく見えるのだろう。だけど、輝いている本人は熱くてたまらない。星だって、何千光年という遠くの地球から見れば、美しく輝く存在だ。「いいなあ、あの星みたいに輝きたい」人はそう言うかもしれないけれど、その星はたまったもんじゃない。何億度という熱で燃えている。しかも、燃え尽きるまで、そうやって輝いていなくちゃいけない。これは真面目に、結構辛いことなのだ。


金光サリィ

日頃から「でも」「だって」「どうせ」のようなマイナスの言葉を使っていたら、言うのをやめてください。そして、反省する癖もあるようなら、それもやめましょう。