名言DB

9412 人 / 110637 名言

堀内恒夫の名言

twitter Facebook はてブ

堀内恒夫のプロフィール

堀内恒夫、ほりうち・つねお。日本のプロ野球選手。巨人入団後新人賞を得、以降エースピッチャーとして巨人のV9時代に活躍した選手。44回連続無失点、3打席連続ホームランなどを達成。MVPやゴールデングラブ賞を受賞する。引退後は、コーチを経て巨人軍監督。

堀内恒夫の名言 一覧

飛行機や電車は俺が乗らなくても出発してしまうが、野球の試合はそうじゃない。俺がマウンドに立って投球をはじめなければ、何もはじまらないんだ。


堀内恒夫の経歴・略歴

堀内恒夫、ほりうち・つねお。日本のプロ野球選手。巨人入団後新人賞を得、以降エースピッチャーとして巨人のV9時代に活躍した選手。44回連続無失点、3打席連続ホームランなどを達成。MVPやゴールデングラブ賞を受賞する。引退後は、コーチを経て巨人軍監督。

他の記事も読んでみる

宮内義彦

イノベーションの担い手が企業人だという自覚を新たに持つこと。この原点に立ち返るしかない。


三浦善司

普段から手帳をこまめに開いてタスクを確認するようにしていますが、就寝前に見ることも少なくありません。明日やるべきことを読み返して、気合を入れる。若い頃は、その日感じたつらかった思いを書き込み、それを読み返すことで自分を鼓舞することもしていました。


勝俣恒久

隣の人とメールでやり取りするようなことが、冗談ではなくあり得る時代です。「コミュニケーションの仕方がわからない」と悩んでいる人がいます。社員旅行のような会社行事も少なくなってきているようです。そういった状況の中、どうやってお互いの意思疎通を円滑にはかるかは、今風に工夫しなければいけません。


大浦溥

問題は先送りにせず、その場で決断を下す。これが会社経営にとって一番大切なことでしょう。


出口治明

会社の経営には「タテ・ヨコ思考」が一番大事だと思います。タテ思考とは、10年前に比べて成長率はどうなっているかを見るという時間軸での発想です。しかし、売上が伸びていることだけで満足したらダメです。同業などと比較するヨコ思考も必要で、業界内のシェアも見ないといけません。「タテ・ヨコ思考」はいろいろな場面で応用できるのでお勧めです。


吉田秀俊

大切なのはブランド。ブランドの強化が本当の課題。


ニーチェ

すべてのものを裸にして見ないこと、すべてのものに近づきすぎないこと、すべてのものを理解し知ろうとしないこと、これは今日の我々には嗜みの問題である。我々は羞恥心をもっと尊重しなければならない。


中野雅至

厳しい時代だからと、会社にしがみつくあまり、視線が内向きになってしまう人が増えている。社内力学や社内事情ばかりに囚われ、本当の商品価値を見失ってしまう。


野口吉昭

事前のリサーチではウェブ検索も多用します。でも、最初は読書です。というのも、まったく未知の分野で「自分の軸=フレームワーク」をつくるには、情報が体系化されている本を読むのが一番いいからです。


岡田斗司夫

良い企画のために、つまらない企画をたくさん出さなければならないのは、美味しいものを食べたいなら、数多くの店に行ってみるしかないのと同じです。


角和夫

失敗をした人を責めるのではなく、失敗を二度と繰り返さないためにはいったいどうすればよいかを話し合える職場環境であれば、失敗を恐れて畏縮する社員はいなくなると思います。ベンチャー精神は、そうした風土でこそ育まれるのではないでしょうか。


松本晃(経営者)

人を動かすということは、「何のために」するのかという問いかけから始まります。「何を求めているか」をはっきり示さないと、社員は動きようがありません。


宗次直美

最近は自信と傲慢とを履き違えている子が増えたように思います。本当の自信を持っている子はむしろ謙虚です。目の動きとか、話す内容でわかります。大げさに言っている、飾っているなということはすぐにバレます。


澤口俊之

目標よりもさらに強い原動力となるのが「夢」です。ハーバード大学のある実験で、
(A)夢を持ち、それを明記していた人
(B)夢はあるが、書いていなかった人
(C)夢のなかった人
の3グループの10年後を調べたところ、(A)の年収は(C)の10倍、(B)は(C)の2倍となっていたそうです。夢があるか、それを明確にイメージできているかが、どれだけ生きるエネルギーを左右するかが見てとれる結果です。


中野信子

日本人は人目を気にすることで生き延びてきた民族です。日本は地震をはじめとにかく災害が多い国。日本の国士面積は全世界の0.25%しかないのに、自然災害の被害総額ではなんと全世界の15~20%にものぼるのです。そんな国なので昔から生き延びるには人々が互いに協力し合うことが不可欠でした。だから脳の構造的に、みんなのために何かしなくちゃという気持ちが高まりやすい反面、1人だけ得しているような人には厳しい目が向きます。それは自分に対しても同様。要は「自責感情」も強いのです。災害で助かったのに「なんで自分だけ生き延びてしまったんだろう……」と悩み苦しむ方が多いのは、その一端でしょう。協力し合うことで生き延びてきただけに、日本人にとって仲間から排除されることが大きなリスクとなってきました。だから人が自分をどう思っているかにも、とても敏感なのです。