名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀内康隆の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀内康隆のプロフィール

堀内康隆、ほりうち・やすたか。日本の経営者。「ブックオフコーポレーション」社長。慶應義塾大学経済学部卒業後、中央クーパース&ライブランドコンサルティング、トーマツコンサルティングを経て、ブックオフコーポレーションに入社。管理本部長、経営企画部長、ブックオフオンライン社長などを経てブックオフコーポレーション社長に就任。

堀内康隆の名言 一覧

日本のリユース市場は成長していますが、取引経験者はまだ4割程度といわれます。ネットを介した顔の見えない取引に不安を感じている初心者や未経験者は少なくないでしょう。行き慣れた店で従業員と対面で取引できる安心感は、変わらない当社の強みです。それを生かしながら、デジタル化も進めて競争力のあるサービスをこれからも作っていきます。


リユース業はモノを売ってくれる人がいなければ成り立ちません。良いモノをより多く買い取って店頭に並べるためには、地域に根ざし、誰でも気軽に立ち寄ってくれるような店舗が必要です。「古本の売買を恥ずかしくないものにする」という創業時からの戦略は、少しも古びていないと思っています。ただ、もう中古品売買の場だけを整えれば客が来てくれる時代ではありません。店舗とネットを融合させ、新たな需要を開拓していく必要があります。


堀内康隆の経歴・略歴

堀内康隆、ほりうち・やすたか。日本の経営者。「ブックオフコーポレーション」社長。慶應義塾大学経済学部卒業後、中央クーパース&ライブランドコンサルティング、トーマツコンサルティングを経て、ブックオフコーポレーションに入社。管理本部長、経営企画部長、ブックオフオンライン社長などを経てブックオフコーポレーション社長に就任。

他の記事も読んでみる

一瀬邦夫

「いきなり!ステーキ」はアメリカ・ニューヨークのステーキ激戦区であるイーストビレッジに出店し、念願の海外初出店を果たしました。これまで日本のステーキ店が、本場のアメリカに出店し、成功した例はありません。だからこその挑戦です。日本で培ってきた経験をもとにすれば、アメリカ人にも喜ばれるステーキを提供することができる。


迫本淳一

これからは組み合わせの時代だと思います。我々の特徴である映画、演劇の物づくりを深掘りし、ネットなどと組むことで世界的に展開していきたい。


冨安徳久

松下幸之助さんは「松下電器は人を作っている会社」と仰っていましたが、私たちの場合は、「人間らしい人を作っている会社」です。そのために死と向き合う葬儀を生業としています。たまたま企業という形をとっていますが、私たちは人として理解しておくべき考え方を伝えているのです。


志村なるみ

私はスピーチ上手になろうと思ったことはありません。会社を大きくするために、自分の意思を伝えなくてはならないから人前で話をするのです。だから、人前で緊張したり、アガったりもしません。ビジネスマンの目的は仕事をして利益を上げることです。スピーチの専門家になることではありません。


古賀信行

懸命な努力さえしていれば誰かがきっと見ていてくれる、と思い込むことが大切です。


守島基博

人事上の意思決定には、現在と未来のバランスはつきものだ。例えば、人材育成で重要だとされている「修羅場を経験させて人を伸ばす」というのは、端的に言えば、優秀な人に苦労をさせるということである。本人がどう思うかによるが、直近だけを見れば、ネガティブな処遇だと誤解されるかもしれない。


出口治明

ライフネット生命は、生まれて間もないベンチャー企業。人もお金も足りません。同じ保険業界には歴史ある大企業がいくつもあり、新興企業がそれと同じことをやっていては、絶対に勝てません。生き残っていくためには「いかに人と違うことを考えるか」がすべてです。


古市憲寿

阿吽の呼吸が通用してきたのは、日本が流動性の低い社会だったからです。阿吽の呼吸で通じる社会は、楽でいいのですが、今は経済がシュリンク(収縮)していて、流動性が低いままでは社会が回らなくなってきた。ここが問題ですよね。


アレックス・カー

心地よく整った空間は、生活の質を上げるだけでなく、自然を愛する力や美意識をも育む。


冨安徳久

企業経営は山あり谷ありの連続です。苦労もつきものですが、そんな時は、原点に返ることが大切。


伊藤傳三

返品やできそこないのソーセージをリヤカーにうず高く積んで、真夜中に葦合区の生田川じりへ20貫、30貫と捨てた。運びながらこらえきれなくなって涙がポロポロ出た。
【覚書き:魚肉ソーセージをデパートに納入し、一時的な成功を得たものの、製品に保存性などの問題があり大量返品が来てしまう。その時を振り返っての言葉。このあと、研究に没頭し伊藤ハムの主力商品であるプレスハムの開発に成功した】


海老根智仁

自分の仕事人としての目標が何なのかを考え、それを達成するためにやるべきことを決めれば、時間に流されるという感覚は減るのではないでしょうか。私も社員に、「自分の目標を持ちなさい。そのためにはまず、1週間に30分でもいいから自分を見つめる時間をつくりなさい」と口酸っぱくしています。