名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

堀内康隆の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀内康隆のプロフィール

堀内康隆、ほりうち・やすたか。日本の経営者。「ブックオフコーポレーション」社長。慶應義塾大学経済学部卒業後、中央クーパース&ライブランドコンサルティング、トーマツコンサルティングを経て、ブックオフコーポレーションに入社。管理本部長、経営企画部長、ブックオフオンライン社長などを経てブックオフコーポレーション社長に就任。

堀内康隆の名言 一覧

日本のリユース市場は成長していますが、取引経験者はまだ4割程度といわれます。ネットを介した顔の見えない取引に不安を感じている初心者や未経験者は少なくないでしょう。行き慣れた店で従業員と対面で取引できる安心感は、変わらない当社の強みです。それを生かしながら、デジタル化も進めて競争力のあるサービスをこれからも作っていきます。


リユース業はモノを売ってくれる人がいなければ成り立ちません。良いモノをより多く買い取って店頭に並べるためには、地域に根ざし、誰でも気軽に立ち寄ってくれるような店舗が必要です。「古本の売買を恥ずかしくないものにする」という創業時からの戦略は、少しも古びていないと思っています。ただ、もう中古品売買の場だけを整えれば客が来てくれる時代ではありません。店舗とネットを融合させ、新たな需要を開拓していく必要があります。


堀内康隆の経歴・略歴

堀内康隆、ほりうち・やすたか。日本の経営者。「ブックオフコーポレーション」社長。慶應義塾大学経済学部卒業後、中央クーパース&ライブランドコンサルティング、トーマツコンサルティングを経て、ブックオフコーポレーションに入社。管理本部長、経営企画部長、ブックオフオンライン社長などを経てブックオフコーポレーション社長に就任。

他の記事も読んでみる

宮崎駿

(エヴァンゲリオンは)3分と観られないですね。観るに堪えないです。僕はああいうもの、もういらないですよ。最初の絵コンテを見ただけで「エライこと始めやがったな、この野郎」って思ったんですけど、まあ終わってよかったですね。テレビシリーズのとき、庵野がどういう状態だったか聞いていましたから。机の横に布団敷いて、そこから出たり入ったりしてやってるっていうね。庵野のことだから、どうせ風呂入ってないんだろうなとか。それはもうわかりますよ。中身については、観なくてもいいんです。
【覚書き|宮崎監督と庵野監督は師弟であり友人であり、チャリティサイン会を一緒に行うような親しい間柄】


神田正

わが社にとってバブル崩壊は思いがけない僥倖でした。なぜかというと、バブル崩壊による企業の雇用抑制で、これまで採用がむずかしかった優秀な人材がどんどん入ってきてくれるようになったからです。駅前の立地も空き店舗が増えて借りやすくなりました。これも運といえば、運だったのかもしれません。ずっと一所懸命やってきたから、誰かが追い風を吹かせてくれたのでしょう。


加藤一二三

私はクリスチャンなので、旧約聖書に書かれた言葉を大切にしています。旧約聖書の中に、「戦うときは勇気を持って戦え、敵の面前で弱気を出してはいけない、慌てないで落ち着いてことを進めろ」という言葉があります。「勇気を持って戦う」「相手の目の前で弱気を出さない」「慌てない」「落ち着く」。この四つは、私が対局のときに大切にしている心構えです。


眞鍋かをり(女優)

もともとはガチガチの安定志向だったのに、それまでの反動で針を振り切ってしまったのかもしれません(笑)。私は一人旅で自分の本能に出会い、それが大きな転機にもなりました。これからも、一人旅を本能で楽しみます。


水野哲也(経営者)

戦争が起きるのは人や物や情報の交流が不足しているから。


寺田和正

心のリミッターを外してやるだけで、時間に対する考え方もずいぶん変わるんじゃないでしょうか。うちの社員を見ていても、自分で限界を定めないスタッフは、一時間の仕事をなんとか30分で終わらせることはできないかと、必死に工夫しています。自分で自分のネジを巻いてやる気持ちとでもいうのかな。時間管理の巧拙は、そうした精神的な部分の影響が大きいと思います。


山内溥

人間は有限でしょ。私に辞めろと言う人はいない。自分で決めるしかない。ちょうど、きりの良いのが21世紀。私は、自分が目指してきた任天堂の路線が、現実との間にどれぐらいの違いが生じるのかを、見届けたいと思っている。ぜいたくかもしれないが、思った通りになって、会心の笑みがこみあげる中で 辞めることができたら、これほどありがたいことはない。その節目で、決断したい。


三木田國夫

経営で大切なのは、常に相手の立場になって考えるということ。ビジネスでは自分たちだけが得をするというのは続きません。


河合薫

人は自分が冷たい雨に降られるまで、その冷たさに気づかない。


林修

予想外の失敗は非常に少ないが、予想通りの失敗はある。その原因の大半が情報と準備の不足。


藤重貞慶

人生というものは、結局、予想がつかない。だからこそ、人は未来に迷い、意味がないとわかっていても、過去に拘泥してしまうのでしょう。この言葉は、心を原点に戻してくれるのです。
【覚書き|座右の銘「不将不逆應而不蔵(おくらず、むかえず、応じて、しかしておさめず)」について語った言葉】


桂三枝(6代目桂文枝)

格好悪い自分を人目にさらして恥をかくのは、最初はしんどいかもしれません。けれども、完璧で隙がない人より、多少失敗して笑われる人のほうが、可愛げがあって、結局は多くの人から愛されるのです。