名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀内康隆の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀内康隆のプロフィール

堀内康隆、ほりうち・やすたか。日本の経営者。「ブックオフコーポレーション」社長。慶應義塾大学経済学部卒業後、中央クーパース&ライブランドコンサルティング、トーマツコンサルティングを経て、ブックオフコーポレーションに入社。管理本部長、経営企画部長、ブックオフオンライン社長などを経てブックオフコーポレーション社長に就任。

堀内康隆の名言 一覧

日本のリユース市場は成長していますが、取引経験者はまだ4割程度といわれます。ネットを介した顔の見えない取引に不安を感じている初心者や未経験者は少なくないでしょう。行き慣れた店で従業員と対面で取引できる安心感は、変わらない当社の強みです。それを生かしながら、デジタル化も進めて競争力のあるサービスをこれからも作っていきます。


リユース業はモノを売ってくれる人がいなければ成り立ちません。良いモノをより多く買い取って店頭に並べるためには、地域に根ざし、誰でも気軽に立ち寄ってくれるような店舗が必要です。「古本の売買を恥ずかしくないものにする」という創業時からの戦略は、少しも古びていないと思っています。ただ、もう中古品売買の場だけを整えれば客が来てくれる時代ではありません。店舗とネットを融合させ、新たな需要を開拓していく必要があります。


堀内康隆の経歴・略歴

堀内康隆、ほりうち・やすたか。日本の経営者。「ブックオフコーポレーション」社長。慶應義塾大学経済学部卒業後、中央クーパース&ライブランドコンサルティング、トーマツコンサルティングを経て、ブックオフコーポレーションに入社。管理本部長、経営企画部長、ブックオフオンライン社長などを経てブックオフコーポレーション社長に就任。

他の記事も読んでみる

森川亮

これだけの変化の時代ですから、先が見えなくて誰もが不安になる。だからといって、じっとしていてもいいことは何一つない。不安を解決するためには行動するしかない。


友野典男

「人にはそういうくせがある」ということを知ることで、自分の直感に対して「待てよ」と疑えるようになる。意識を変え、知識を蓄えることで、変わるきっかけがつかめるはず。


松本晃(経営者)

残業代が減って浮いたお金は、成果を上げた社員で分ければいいんですよ。残業代が減って、「コストが下がった」と喜んでいる経営者は愚かとしか言いようがない。社員の立場からすれば、何のための働き方改革なのか分からなくなる。やる気だって失せますよ。


山口周

情報を見るときは、視点を絞り込んだほうがいい。それでこそ、みんなが気づかないことに気づける。


鳥井信宏

新商品は「千三つ」と言われます。千回挑戦して成功は3回という確率ですから、失敗を恐れずに挑戦すべきだ。


江上治

人生における目的や志は、生きていく上での指針になる。何のために仕事をしているのか、どんな生き方がしたいのかなどを折に触れて意識し確認することで、迷いや悩みから立ち戻ったり、成功による慢心やうぬぼれを戒めることもできる。でも、それだけではない。目的や志が明確であれば、そこに共感したり、賛同したりする人たちが集まってくる。つまり「応援者」ができる。


坂口英治(経営者)

悔いはないか常に自分に問いかけ、熟考してきた。


ハンス・ヴェストベリ

ネットワークの可能性に限界はありません。想像力の限界が、可能性の限界ではないかと思うほどです。


ドナルド・トランプ

あなたが自分について良いことをいわなかったら、誰がいってくれるだろう。だから、宣伝に値することをしたときには遠慮せずに自己宣伝をしよう。


塚田健雄

私は12年前、トヨタ自動車から通信の世界に飛び込み、すぐに合併論者になりました。なにしろ、この業界には日本電信電話(NTT)というとんでもない巨人がいる。規模、技術力、資金力で太刀打ちできない新電電がばらばらに戦っていても、いずれ限界が来ると思いました。しかし、IDOという会社は電力会社、商社、お役所などの寄り合い所帯。社内では合併論は相手にされません。反発というより、無視です。親会社の支援があれば昔ながらのやり方でやっていけると思っていたのです。合併が実現したのは誰もがその必要性を悟ったからです。7年かかりました。


小暮真久

外部環境を自分で変えることはできないのだから、環境悪化を嘆いても仕方がありません。そういうときは無理をしないで、できることに集中したほうが気持ちは切れないと思います。


大山健太郎

当社は日本最大の自動倉庫を導入しています。この自動倉庫では20万パレットをコンピューター管理して、その日に出荷する製品をパレット単位で自動的に搬出する仕組みとなっています。大手物流会社のシステムより、上を行くシステムだと自負しています。メーカー目線で物流をとらえているところが、物流専門企業との大きな違いではないでしょうか。