名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

堀内守の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀内守のプロフィール

堀内守、ほりうち・まもる。日本の教育思想家。東京大学大学院修了。名古屋大学教育学部教授、名古屋大学大学院多元数理科学研究科教授、日本福祉大学知多半島総合研究所長などを務めた。著書に『教育と笑いの復権』『叱り効果とおだて効果』『幼児のふしぎな世界』『知を開く 書物の読み方』『知の喚起力』『カタチをば裁ち直し居候 分ける知・絡む知・束ねる知』ほか。

堀内守の名言 一覧

5・6人が早口でしゃべりあっている場に密着してみよう。一人が語り、他の者が耳を傾け、そのあとでまた別のものが語り、というようには進んでいない。一斉に話している。これは対話ではない。不安によって語らされている独り語りの一斉放出に近い。


堀内守の経歴・略歴

堀内守、ほりうち・まもる。日本の教育思想家。東京大学大学院修了。名古屋大学教育学部教授、名古屋大学大学院多元数理科学研究科教授、日本福祉大学知多半島総合研究所長などを務めた。著書に『教育と笑いの復権』『叱り効果とおだて効果』『幼児のふしぎな世界』『知を開く 書物の読み方』『知の喚起力』『カタチをば裁ち直し居候 分ける知・絡む知・束ねる知』ほか。

他の記事も読んでみる

伊井哲朗

なんとなく生きるよりもチャレンジしたい。


籠屋邦夫

私の持論は、「よい意思決定に失敗はない」です。ときに最高の結果が出なかったとしても、熟断思考による意思決定過程は必ず反省に着地し、次の決断の背中を押すエネルギー源となって、前に踏み出す力となるでしょう。


水木しげる

筋を考えるのが漫画家の生命線です。私ははっきり言ってその努力は惜しみませんでした。いまでも続けている。なにしろ、漫画が好きだからね。私が売れなかった時代でも、原稿料の半分は、漫画の筋を考えるのに役立ちそうな本とか、妖怪の作画のための資料とかを買い込むのに使っていました。食べ物を買う金も満足に残らなかったが、それだけ「好き」の力が強かったのです。


塚本昌彦

僕はずっと「これはスゴイでしょ?」と友達に伝える行為が大好きだった。一貫しているのは自分でモノをつくり、誰かに見せる。そして喜ばれる満足感が好きだということ。


三浦雄一郎

トレーニングというものは、いつでも、どんなレベルでも疲れるものです。これをやり続けるためには、焦らず、常に前向きに物事を考えることが大切です。二日酔いで一日トレーニングをさぼっても、自分を責めたりしない。明日からなんとかなるさ、と大雑把に考えた方がいいんです。


古田新太

浅くていいから、引き出しをたくさん持っておくことが大切。


杉江松恋

PTA会長をやっていたときの裏テーマは、「頑張らないを頑張ろう」。僕自身頑張るのが苦手なタイプなので(笑)。どうすればみんなが疲弊しないで続けられるか、頑張らないで済む方法を工夫しました。


能町光香

なかなか断れない仕事もあります。とくに「緊急でお願い」と頼まれると、どうしてもやらねばならないと思いがち。ただ、この「緊急」という言葉に惑わされてはいけません。本当に緊急でなければならない仕事は案外少ないものだからです。まずは、そのあたりを確認すべきでしょう。たとえば、ある仕事に取り組んでいるときに、「緊急でお願い」と別の仕事を頼まれたとします。そこで、「いまはこの仕事で手が一杯ですが、4時からであれば取り掛かれます。5時までお時間いただけますか?」などと交渉すると、「それで問題ないよ」と締め切りが延びる場合が多いのです。今やらなければならないことを中断して仕事を引き受けてしまうと、集中力が途切れて、元の仕事に戻ったときに倍以上の時間がかかります。「緊急」という言葉に惑わされず、断るべきときはキッパリと断る。そうしないと、自分のエネルギーを無駄遣いすることになります。


松山大耕

どうせ、隠そうとしても人柄はにじみ出てくるもの。どうしても見た目が気になるというなら、中身を磨くしかない。


岡田准一

ありがたいことなのですが、ジャニーズで幅広い仕事をやらせてもらっていると、お芝居の仕事をしていても、「ジャニーズの岡田准一」として見られる部分があります。だからお芝居では、岡田准一ではなく役柄を愛してもらうことにずっとこだわってきました。


ケリー・マクゴニガル

成功の階段を上っていくためには、リスクを取ること、居心地のいい領域から抜け出すこと、失敗に前向きであることが不可欠。


石塚しのぶ

日本企業は、哲学や理念があっても、それをうまく浸透し、活用できてないと思います。というのも、昔と違って今の若い人たちは豊かな時代に生まれているので「自分のチョイス」があるわけです。だから、哲学を浸透させるやり方として、トップダウンでやるのは難しい時代です。