名言DB

9419 人 / 110788 名言

堀内利之の名言

twitter Facebook はてブ

堀内利之のプロフィール

堀内利之。日本の経営者、ジュエリー職人。「白金工房」創業者。

堀内利之の名言 一覧

世界に愛が足りなくなったときに戦争が起きる。敵は外ではなく、自己の内に現れる。利己的主張や誤解や、悪感情が相手に映って敵として現れるのです。


当社がやっていることはものづくりだが、ものづくりは単に道具で作るだけではない。職人でなくてもものづくりはできる。どう商品にするか、マーケット、市場をどう作るかも同じだ。これを考え出すことが営業の役割で、営業もある意味ものづくりだ。


感謝の気持ちで心を満たしてください。心の中で感謝の言葉を繰り返してください。その気持ちは必ず伝わります。面と向かってでは照れくさくて言葉にできないとしても、心の中を感謝の気持ちで一杯にすれば必ず伝わるのです。


あなたが受けた恩は、その人には返せないことがほとんどです。あなたが恩を返したいと思ったとき、その人はもういないかもしれません。いたとしても、あなたの恩返しを必要としていないことが多いのです。でもあなたは、受けた恩に報いなくてはいけません。その人に恩返ししなくてもいいのです。その人の代わりに、自分が受けたのと同じように、他の誰かにしてあげたらいいのです。そうやって順繰りに恩返しをして、人類の歴史は回ってきたのです。


あなたが赦(ゆる)しがたいと思っている人にも感謝すべきです。思い出すだけでも心穏やかでいられないかもしれません。それでも、あなたの敵となり、あなたを迫害した人、その人にも感謝するのです。その人のおかげであなたは自己を反省し、強くなり、優しくなりました。努力して、その人を赦し、感謝することが、その人の魂を向上させる道でもあるのです。


堀内利之の経歴・略歴

堀内利之。日本の経営者、ジュエリー職人。「白金工房」創業者。

他の記事も読んでみる

ドナルド・トランプ

1990年代前半に巨額の負債を抱えたとき、これでトランプは終わりだ、つぶれて消えていくだろうと大々的に報道された。数字を見ただけでメディアには明らかにそう思われたのだ。しかし私は自分が終わったとは絶対に思わなかった。あの状況を単純に解決すべき問題ととらえ、行動を起こした。


堀史朗

最も脳内伝達物質が減ってしまうのが「同じことばかり考えているとき」です。仕事でも家事でも、ずっと同じことばかり考えていると脳内伝達物質が減ってしまうのです。しかし現実的には、仕事の多くは「同じことを考える」ことが求められます。さらに最悪なのは「答えが出ない」問題。「仕事でトラブルがあり、解決策がまだない段階で謝罪に追われる」「どう考えても無理なノルマに向けて仕事をさせられる」などです。


田辺昇一

言われてもやらないのはスクラップ。言われたとおりにやって人並み、言われなくても自分で仕事を作り出してやるのが優秀社員。


菅義偉

一気呵成に物事を進めようと思ってもうまくいかないことが多いわけですから、国民と対話しながら、呼吸を合わせながら問題を進めていく。これからもそういう感じを大切にしていきたい。


小室淑恵

これからのビジネスパーソンは、定時の中で成果を残すことが評価に結び付くようになります。「仕事はできないけど、その分、人の二倍の時間働いて成果を出します」という考え方が通用しなくなるわけです。


鬼塚喜八郎

青少年のためにいいシューズを作る。この創業の志を貫き、ただ自分が儲かればいいという考えに傾かなかったから、取引先や従業員が助けてくれたのでしょう。仕入れ先に初めてナイトクラブに連れて行かれ、自分も少しは楽しみたいと思ってしまったこともあります。でも、夜遅く会社に戻ると、従業員が一生懸命働いている。振り返れば、私が結核を患ったときには、彼らが会社を支えてくれた。自分だけが楽しむわけにはいかないと肝に命じました。


茂木健一郎

年齢を重ねると脳は衰える、というのは大きな誤解。脳は何歳からでも育てることが可能です。キーワードは「達成」。脳は何かを達成するたびに、どんどん成長していくのです。学生時代、一所懸命に考えて問題がやっと解けたときの感覚を思い出してみてください。「できた!」「わかった!」という喜びでいっぱいだったはず。このとき、脳の中ではドーパミンという物質が分泌されています。ドーパミンとは、快感を生み出す脳内物質の一つ。この分泌量が多いほど、大きな喜びを得ることができるのです。脳は、このときの喜びが忘れられず、ことあるごとにその快感を再現しようとします。そして、もっと効率的にドーパミンを分泌するため、脳内では神経細胞がつながりあって、新しい神経回路が生まれる。つまり、脳が成長するのです。そして、快感を生み出す行動がクセになり、再び新しい問題に挑戦する。そのサイクルを、強化学習と言います。これを繰り返すことにより、思考の老化を防ぎ、いつまでも若々しい脳を保つことができるのです。


GACKT

僕のステージを観てる人から「よくあんな辛いステージやってますね」とか言われるけど、僕にとっては全然辛くない。僕がやろうとしていることを、みんなが自分自身の中で感じてくれるのが楽しいから。ステージは僕の作品としてやっていることだから、辛いとは思わない。


テリー伊藤

よく使う手法は一番遠い場所にあるはずの言葉をくっつけて、まずはタイトルを作っちゃうって作戦。「新しい本のタイトル案、そろそろお願いします」「うーーーん、『合コンでモテる年金問題』。どう?」とかね。一瞬、「なんだ、それ?」って思うじゃない。人って、言葉として両方とも知っているものを意外な組み合わせにされると、興味を持つんだよね。そんなふうにアレンジで攻めるのはいい方法。「ゼロから考えなくちゃ!」と自分を追い込むと袋小路に入っちゃいますよ。


齋藤勇(齊藤勇)

上手くいかない理由を自分次第で変えられる要素で考えるといい。一時的にストレスが湧いても、問題自体を解決できる可能性が高くなる。