名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

堀内利之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀内利之のプロフィール

堀内利之。日本の経営者、ジュエリー職人。「白金工房」創業者。

堀内利之の名言 一覧

世界に愛が足りなくなったときに戦争が起きる。敵は外ではなく、自己の内に現れる。利己的主張や誤解や、悪感情が相手に映って敵として現れるのです。


当社がやっていることはものづくりだが、ものづくりは単に道具で作るだけではない。職人でなくてもものづくりはできる。どう商品にするか、マーケット、市場をどう作るかも同じだ。これを考え出すことが営業の役割で、営業もある意味ものづくりだ。


感謝の気持ちで心を満たしてください。心の中で感謝の言葉を繰り返してください。その気持ちは必ず伝わります。面と向かってでは照れくさくて言葉にできないとしても、心の中を感謝の気持ちで一杯にすれば必ず伝わるのです。


あなたが受けた恩は、その人には返せないことがほとんどです。あなたが恩を返したいと思ったとき、その人はもういないかもしれません。いたとしても、あなたの恩返しを必要としていないことが多いのです。でもあなたは、受けた恩に報いなくてはいけません。その人に恩返ししなくてもいいのです。その人の代わりに、自分が受けたのと同じように、他の誰かにしてあげたらいいのです。そうやって順繰りに恩返しをして、人類の歴史は回ってきたのです。


あなたが赦(ゆる)しがたいと思っている人にも感謝すべきです。思い出すだけでも心穏やかでいられないかもしれません。それでも、あなたの敵となり、あなたを迫害した人、その人にも感謝するのです。その人のおかげであなたは自己を反省し、強くなり、優しくなりました。努力して、その人を赦し、感謝することが、その人の魂を向上させる道でもあるのです。


堀内利之の経歴・略歴

堀内利之。日本の経営者、ジュエリー職人。「白金工房」創業者。

他の記事も読んでみる

田中邦裕

オープンソース方式でプログラミングをする技術者のモチベーションは非常に高い。オープンソース方式の場合、開発に参加している技術者は、通常無償で開発に参加をしており、いわば好きでやっているわけですね。自らの興味によって開発をしているだけに、高い集中力や発想力が発揮されるのでしょう。私も技術者出身なので、よくわかります。


木村成一

私は、歴代社長の中で唯一、「エプロンをつけたことのある社長」といわれています。親会社の東急不動産から出向して20年以上、東急ハンズで仕事をしてきました。店舗でフロアマネージャーとして働いていたときは、エプロンをつけてフロアを巡回し、レジを打つこともありました。歴代社長は東急不動産出身ですが、私のように長くハンズで働いた人はいません。


馬渡晃

人によって企業の目的や動機が違うように、成功と失敗を測るモノサシも違うものです。「会社に縛られず働きたい」「好きなことを仕事にしたい」「会社を大きく成長させたい」「若い世代に自分の経験を伝えたい」など、あなただけの成功の形を経営理念として具体的な言葉に落とし込んでおきましょう。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

仕事は生ぬるいものではなく、きつい仕事を与えるようにすると人は成長していくものだ。


田村潤

意識して異業種の世界を観察することも大切。ディズニーランドに行ったとき、掃除の人がすごく楽しそうだったんです。そこでディズニーの社員教育を見習って、高知支店でも楽しく働くことを意識しました。それが成果につながりました。


山崎元

転職における失敗というのはその後十分にリカバーが効くし、決定的な汚点になるようなものでもありません。仕事の内容が予定通りなら人材価値は下がらないし、やり直しがききます。会社は1年で辞めてもいいし、何回辞めてもいい。ただし、私の中では2年という単位があります。ひとつのことを計画・実行するのに2年はかかるということと、個人の能力が身につくのに2年は必要だという経験から来ています。1年単位だと判断するには早い。2年間やって駄目ならその仕事は向いていないという判断ができると思います。


土光敏夫

ルールが悪ければ、ルールを改める勇気を持て。


秋元次郎

売上を伸ばして行くには新規開拓も大切ですが、既存のお客様を失わないことの方が重要といえます。いくら新規の顧客を獲得できても売上を伸ばせない営業マンは、既存顧客のアフターフォローを軽視しているのではないでしょうか。そういう人は謝罪の仕方やクレーム対応のスキルが欠けていることも多いのです。


清水宏保

トレーニングをする人は、体重が減ったり、お腹が割れるといった見た目の変化を体験します。すると、自然に運動量も増え負荷が上がります。そういった時こそ、気を付けなくてはならない。


加藤宣明

営業部はお客様の立場にも立たなければならないので、「このぐらいのコストでは駄目だ」とか「技術開発がまだ足りない」とかいう声を社内に伝えることになります。ところが事業部は、そう言われると、「きみたちはそんな安値でしか売れないのか」「(そういう声に)反論ができないのか」などと不満を抱き、それを放っておくと両者のあいだに軋轢(あつれき)が生じてしまうものです。そのためデンソー社内では、伝統的に「営事一体」という言葉が代々受け継がれてきているのです。私もことあるごとに、営業部と事業部は一体だと皆に言い聞かせています。「営事一体」は、私も入社してからずっと耳にしてきた言葉なので、ごく自然に体に染みついているのです。


宮田孝一

「この件については、A、B、Cの3つの問題があります。まずAは……」などと問題点を挙げていくような議論は何となく高尚に見えるかもしれません。一方、「細かいことはよくわからないけれど、こういうふうにやってみたら」とか、「とにかくやろうよ」といった働きかけは低級に思われているようです。しかし、ビジネスはむしろ後者のほうが大事で、とにかく決断して行動に移すという前向きな姿勢が大事です。


前場亮(行政書士)

ドローン許可制のスタート直後に一気にサイトをつくったところ、いきなり検索結果表示で一番上に来ました。以来、月間30~50件の依頼が舞い込んでいます。全体で自分1人では請けきれない件数に達し、お断りしなければならない状態となっています。