名言DB

9413 人 / 110706 名言

堀内光雄の名言

twitter Facebook はてブ

堀内光雄のプロフィール

堀内光雄、ほりうち・みつお。日本の政治家、経営者。「富士急行」会長。山梨県出身。慶應義塾大学経済学部卒業。富士急行社長を務めたのち、衆議院議員選挙に当選。総理府総務副長官、衆議院社会労働委員長、労働大臣、通商産業大臣、自民党総務会長などを務めた。

堀内光雄の名言 一覧

戦争が一般の人たちまでも巻き込んで悲惨な戦いをするものだということを若い人に知らせなければならない。


310万人の戦没者の中で3分の1は無辜(むこ)の一般国民が殺されるのが近代戦だということを知った上で、日本国民全員にこういった悲惨なことを再び起こさないという理解をしてもらわなければいけません。それを知った上で平和を求めていく。そして戦争はしてはいけないと考える。過去の出来事をしっかりと理解した上で、平和や戦争放棄を語るべきです。


堀内光雄の経歴・略歴

堀内光雄、ほりうち・みつお。日本の政治家、経営者。「富士急行」会長。山梨県出身。慶應義塾大学経済学部卒業。富士急行社長を務めたのち、衆議院議員選挙に当選。総理府総務副長官、衆議院社会労働委員長、労働大臣、通商産業大臣、自民党総務会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

柳井正

チームの先頭に立ってビジョンを示し、問題があったら真っ先に飛び込む。経営者がまず変わるべきです。


日覺昭廣

最強パートナーからの高い要求に応え続けるためには、技術の引き出しを多く用意しておかなければなりません。長期の視点で研究・技術開発を続けないと、革新的な素材は作れません。「超継続」がイノベーションを生み出す秘訣です。


井上雄一

休みの日でも毎日決まった時間に起きる。それと朝しっかり光を浴びる。これで体内リズムを整えることが大切です。それから夜寝る前の行動も大事です。パソコンの画面から出る光は交感神経を緊張させるため、寝る1時間半前にはスイッチを切ったほうがいい。スマホも同じです。


村上太一

大事なのはシンプルであること、そして「これでもか」とメリットを提供できるか。


村口和孝

組合決算は12月決算が多いので、キャピタリストは1月レポートの作成と監査対応に追われていることが多く、3月には組合集会(いわば株式会社の株主総会)を開催して、組合員に説明する。うまく行っている時は良いが、うまく行っていない時こそ誠実に説明が必要で、額から汗が出る。


藤田伝三郎

公益を図ることを事業経営の方針とし、決して私利を求めて他を顧みないといことのないように。


三池崇史

これは演技に限った話ではないのですが、いまは「俺が俺が」という自己主張が美徳になってしまっている。そうしないと何も始まらないと考えている人が多いけれど、それがすべてじゃないと思います。


稲葉善治

我々の一番大きな責任は、次の世代に健全な形でタスキをつなぐこと。


高島宏平(髙島宏平)

使った時間に対してリターンはどれだけあったのかを半年ごとに評価しています。投下した時間はスケジュールから定量的に捉えられますし、その時間に対して何が得られたのかすべて書き出していきます。例えば私が3つの社内チームのミーティングに週に1回参加して、何も成果がなければ顔を出すのを1チームだけにしぼり、週3回のミーティングに増やす。ほかはしばらく私は手を出さない。アウトプットにつながる活動なのかを判断し、時間の使い方を見直していきます。


猪子寿之

いろいろな専門家が集まって、共に考えて、それぞれの専門性を出し合い、共に作る。そのプロセスで様々な発見があり、1人では生み出せないような発想が生まれる。


平井一夫

まずは(新事業の)オーディションに応募する前に、アイデアをどう醸成し、ビジネスモデルをどう生み出し、プレゼンテーションするか。そうした「一連の作業」をサポートするセミナーを用意しています。アイデアを持つ社員はそこに参加し、「アイデアをビジネスモデルに落とし込み、効果的にプレゼンする方法」を学びます。そのうえで、社内外で仲間を集めて、プレゼンしてもらう。評価者は社内の人間だけでなく、外部の専門家も参加しています。その場では様々な質問が出ますし、宿題も出ます。そこからさらに議論を深めてアイデアを洗練させ、やるべきことをクリアしていく。


佐藤優

交渉や話し合いが煮詰まってきたら、思い切ってコーヒーブレークを取ったり、思い切って日を改めたり、クールダウンの期間をとりましょう。気分が変われば、案外話は進展します。


岩田聡

ゲームキューブも自分たちは違うものをつくったつもりでもお客から見ると同じことをやっていた。業界全体がかかっていた病気に任天堂もかかっていた。


松井絵里奈

芸能界を目指したきっかけは7歳のとき。奈良の地元ローカル番組「カラオケチャンス」に祖父が応募してくれて、出演したんです。歌った後、司会者の方から「将来なにになりたいの?」と聞かれて、「歌手になりたいです」と答えたんですね。それ以来、自分でも「ならなくちゃ!」って。ずっと芸能界に入りたい、歌手になりたいと思い続けてきたんです。


前田育男

聞いている方が退屈しないように、ツカミも入れるんです。英語のプレゼンで笑いが取れる日本人は珍しいと、褒めてもらったこともあります。各地を転々としながら、一日何度もプレゼンをして、場を沸かすわけですから、興行師みたいなもんですよ。