名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀内光雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀内光雄のプロフィール

堀内光雄、ほりうち・みつお。日本の政治家、経営者。「富士急行」会長。山梨県出身。慶應義塾大学経済学部卒業。富士急行社長を務めたのち、衆議院議員選挙に当選。総理府総務副長官、衆議院社会労働委員長、労働大臣、通商産業大臣、自民党総務会長などを務めた。

堀内光雄の名言 一覧

戦争が一般の人たちまでも巻き込んで悲惨な戦いをするものだということを若い人に知らせなければならない。


310万人の戦没者の中で3分の1は無辜(むこ)の一般国民が殺されるのが近代戦だということを知った上で、日本国民全員にこういった悲惨なことを再び起こさないという理解をしてもらわなければいけません。それを知った上で平和を求めていく。そして戦争はしてはいけないと考える。過去の出来事をしっかりと理解した上で、平和や戦争放棄を語るべきです。


堀内光雄の経歴・略歴

堀内光雄、ほりうち・みつお。日本の政治家、経営者。「富士急行」会長。山梨県出身。慶應義塾大学経済学部卒業。富士急行社長を務めたのち、衆議院議員選挙に当選。総理府総務副長官、衆議院社会労働委員長、労働大臣、通商産業大臣、自民党総務会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

安田隆夫

この先、日本国内で何店舗出店できるのかという限界点はある。だが、私は「限界とは破るもの」だと思っている。その心そのものが成長の源泉だ。


石川康晴

常に問題意識を持って、主力事業の周辺にある未開拓の「ホワイトスペース」を探し、挑戦を続けることが「稼ぐ力」につながる。自分で考えて、行動できる自立人に、企業はしかるべきポストと報酬を与える。稼ぐ力を秘めた人に投資をしたい。


ロス・ペロー

皆さんは世界で一番にならなければならないのです。それぞれの第一人者になってください。私は皆さんに、自分の能力を完全に発揮するまでは、夜も眠れないという人間になっていただきたい。


テリー伊藤

自分が手に入れたものを捨てるというのは、確かに怖いことだ。しかし、捨てたときに何かを手につかまないでいるのは、もっと怖い。だから、必死で何かをつかもうとする。それでこそ、次の何かが手に入るのであって、この間の恐怖感が実は面白い。この面白さに一度気がつけばしめたもの。そうなると、捨てることへの恐れを振り払って、次のステップに踏み出していける。


小倉広

自分のことばかり考えている人には、相手も「この人のために何かしよう」とは思いませんよね。相手の都合を考えているかどうかが重要。


櫻井英明

どう考えても相場で重要なのは大局観。でも、この積分的思考は無視され、市場は微分したコメントばかりが横行している。刹那的なその日暮らしの毎日。せいぜい来週くらいまでしかない時間軸。それでは、視点が濁って来るに違いありません。


菊入みゆき

上司にやる気がないときも、それに引きずられるのではなく、「今はアイデアの蓄積期間だ」などと考えて、しかるべきときが来るのに備えましょう。そのアイデアを他のチームの上司に聞いてもらうのも手です。直属の関係ではないからこそ、気軽にアドバイスをもらえるかもしれません。


ジェイ・エイブラハム

クライアントのために大事なのは、クライアントが願っていることやフラストレーションを感じていることを言葉にしてあげることです。実際にクライアントは問題を感じていても、自分自身で言葉にできないものです。


冨安徳久

私も葬儀社をやりたかったわけじゃない。「なんだ葬儀社か」と思いながらも時給が良かったのでアルバイトで入りました。しかし先輩について本気でやっていったら、人が嫌がるような仕事だけど、大切な人を失った時にきちんと司ってくれる担当者は深く感謝されると気付いた訳です。それを適当にこなしていたら、35年も続けるような仕事にはなっていません。


遠山正道

ビジネスの拡大を目的にしても、私たちはもう頑張れません。発想を大胆に転換する必要があります。これからの時代は、イス取りゲームに参加するのではなく、自分が提供する価値に「共感」してもらえる仲間たちが、自らイスを持参してくれるようなビジネスをする。そうしない限り、つらくなるばかりです。


伊藤彰(コンサルタント)

難易度が高く言葉で説明しても伝わりにくい「やってみせる型」の仕事は、新人自身の自発的な学びや先輩のやり方を盗む力に頼りがちだが、それは教えることを放棄しているにすぎない。とくに新人が仕事の壁にぶつかったときは、やってみせながら上司として経験に基づくやり方を教えるべきだ。新人が壁に突き当たったときこそ、教える絶好の機会といえる。


安岡正篤

枝葉末節のものほど、非常に移り変わりが激しいから影響力が大きく見えるが、それはまことに陰であり響であって空しいものだ。すぐに消えてしまう。本質的なるものの影響は影響ではなくって、それはもう骨髄に入る。ものになる。身になる。身につく。これは影響ではなくって感化という。