名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

堀内信之(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀内信之(経営者)のプロフィール

堀内信之、ほりうち・のぶゆき。日本の経営者。宝飾品の「アンブローズアンドカンパニー」社長。山梨県出身。父が創業した白金工房に入社。白金工房から分社化したアンブローズアンドカンパニー社長を務めた。また、国際色石宝石協会(ICA)日本代表理事、日本ジュエリー協会宝石部会委員を務めた。

堀内信之(経営者)の名言 一覧

社員がいてこそ会社がある。


現在毎週末、全国各地で当社の即売会を兼ねた個展を開催し、製造の社員が営業と一緒に出向くので、お客様の安心感につながっています。当社のジュエリーをご愛用いただいているお客様のお声を聞き、お困りの点などを作り手が直接聞いて、次の制作に生かしています。


当社の特徴は製販一体という事に尽きます。ただ作るだけではなく、宝石の輸入や仕入も私が現産地で直接行い、本当に最初から最後まで自社で貫徹できるところが一番の強み。


自分たちで商品をつくり、サービスを考え出して、そのサービスを施す場をつくることが、マーケットづくりになると思っています。欲張りかもしれませんが、このやり方で自分たちのマーケットを作っていきたいと常々思っています。


業界内で競争するとき、当社は規模では大手にかないません。ただ、おかげさまで、当社には工房機能、製造機能があり、それに販売機能を加えて、卸ではなく直に消費者に販売する前線を作ることを、他社との差別化としてきました。今後もこの方針に変わりありません。


会長(父)から学んだことは経営というよりもその生き様、生き方と言う方がいいかもしれませんが、やはり「諦めない」というところに尽きると思います。困難にぶつかっても決してへこたれない。これは純粋にすごいなと。


常に時代や状況が変化していくことに対応していかなければいけない。今まで以上に柔軟に、なおかつスピーディーに進化していく。先代以上のチャレンジ精神を持ち続け、常に学んで、人がやっていないこと、できないことに挑戦していきたい。


自然から生まれる宝石は二つとして同じ存在はなく、まさに人の存在と同じです。お客様の価値観とベストマッチする宝石が巡り会い、身に付けて頂くと、お客様の人柄を素敵に演出でき、ステイタスを引き立て、豊かで幸せな日々を過ごして頂けると考えております。世界中から選び抜かれた原石から、あなた一人だけのジュエリーを創る。その喜びをお客様と共有できることが、我々宝石商の生き甲斐です。


ものづくりというと、どうしても機械を動かしたり道具を使うものと思いがちです。何事も工夫が大事で、父はよく「工具がなくてもできるじゃないか」と言っていました。できない理由を探すのではなく、できる方法を探す。製造も、営業も、同じものづくりだと。私はそれまでどちらかというと、物理的な次元でとらえていましたが、もっと柔軟に考えてこうと思い直しました。


堀内信之(経営者)の経歴・略歴

堀内信之、ほりうち・のぶゆき。日本の経営者。宝飾品の「アンブローズアンドカンパニー」社長。山梨県出身。父が創業した白金工房に入社。白金工房から分社化したアンブローズアンドカンパニー社長を務めた。また、国際色石宝石協会(ICA)日本代表理事、日本ジュエリー協会宝石部会委員を務めた。

他の記事も読んでみる

高山善司(髙山善司)

実は当社が地図の電子化を進めたのは販売目的ではなく、地図製作の合理化のためでした。それまでは手書きで地図を作っていました。専門の職人が道路を書くための製図用具など特殊な道具を使って、線を引き、手書きで居住者の名前を書いていたんです。そうした職人の方々も引退して数が減ってしまい、だんだんと地図が作れなくなるという兆候がありました。職人の手作業に見切りをつけ、電子化を進めたことが、市場シェア確保につながったと思います。


島津綱貴

一国の守護として、また、一郡の主として、国政を行ない、士民を撫育するには、文武の道を知らなくてはできないことである。文武は車の両輪、烏の両翼のごとく、ひとつとして欠くことのできないものである。


三木雄信

企画書のタイトルはオリジナリティー溢れるプロジェクトの内容が、一目でわかるものにしよう。また、内容を箇条書きで書き出すことはいいが、多すぎてはいけない。一般的に人間が一度に把握処理できる数は「7プラスマイナス2まで」とのいわれる。しかし、私は5でも多いと思う。一目で見て理解してもらおうというのなら、せめて3つくらいにとどめておきたい。


ダン・ケネディー

給料を2倍にしたいと本気に思っているなら、答えは簡単である。自分の価値を3倍にするための行動をとればいいのだ。


菅谷太一

私が不動産業界に入ったのは、前職でのお客様が不動産投資をしていたのがきっかけです。自分でもやってみようと500万円の物件を取得し、セルフリフォームしたところ、相場より高く賃貸ができました。「工夫すれば、喜んで住んでくれる人がいる」と考えるようになりました。リニューアルで必ず魅力ある物件になると考えているのです。


磯村巌

トヨタもまだ足りないところが多い。組織改革のスピードだって、もう少し速くてもよかったかもしれない。「うちが1番」と思ったら、トヨタはおしまいです。世間から「強い会社」とか言われる「褒め殺し」が一番怖い。慢心病にならないように、まだヨソの会社に学ぶことはあるぞと社内で言い続けています。


平野信行

金融業界に逆風が吹いている。この逆境を跳ね返し、未来を切り開いていく。未来志向で挑戦していく。


宇都宮恒久

98年に地元の長野で開催された冬季五輪では、マスコミが長野のタクシーの大半を借り上げたのだが、当社は借り上げをできるだけ辞退した。現場の乗務員たちが「借り上げに応じると、病院に通っている高齢のお客さまが使えなくなる。どうするんですか」と反対の声を上げたからだ。五輪特需を逃すことになったが、常連のお客さまを優先すべきと判断した。


和田秀樹

媚び力のある同僚と上司のやりとりを見ていれば、その上司がどんなことを言われると喜ぶのかが見えてくる。ツボがわかったら自分も利用したらいい。


中井政嗣

私は従業員の家庭に問題がないのかどうか聞くようにしています。本当は個人情報を聞き出すのはよくないのかもしれませんが、従業員と真剣にかかわろうと思ったら、プライベート抜きでは進められません。


田原総一朗

仕事でも人生でも、先が読めないからこそ本気になれる。


岩城裕一

もちろんバイオベンチャーは成功ばかりではなく、そこに至るまでにたくさんの失敗があります。数多くの屍の上に、ときどき成功があるわけです。日本には数多くのバイオベンチャーがありますが、薬を作るということを達成したところはありません。バイオベンチャーによる「創薬」の成功事例を作ることができれば、僕らの次の世代を勇気づけることができます。私はそれがやりたい。ぜひとも「創薬」を成功させたいと思います。