名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀内信之(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀内信之(経営者)のプロフィール

堀内信之、ほりうち・のぶゆき。日本の経営者。宝飾品の「アンブローズアンドカンパニー」社長。山梨県出身。父が創業した白金工房に入社。白金工房から分社化したアンブローズアンドカンパニー社長を務めた。また、国際色石宝石協会(ICA)日本代表理事、日本ジュエリー協会宝石部会委員を務めた。

堀内信之(経営者)の名言 一覧

社員がいてこそ会社がある。


現在毎週末、全国各地で当社の即売会を兼ねた個展を開催し、製造の社員が営業と一緒に出向くので、お客様の安心感につながっています。当社のジュエリーをご愛用いただいているお客様のお声を聞き、お困りの点などを作り手が直接聞いて、次の制作に生かしています。


当社の特徴は製販一体という事に尽きます。ただ作るだけではなく、宝石の輸入や仕入も私が現産地で直接行い、本当に最初から最後まで自社で貫徹できるところが一番の強み。


自分たちで商品をつくり、サービスを考え出して、そのサービスを施す場をつくることが、マーケットづくりになると思っています。欲張りかもしれませんが、このやり方で自分たちのマーケットを作っていきたいと常々思っています。


業界内で競争するとき、当社は規模では大手にかないません。ただ、おかげさまで、当社には工房機能、製造機能があり、それに販売機能を加えて、卸ではなく直に消費者に販売する前線を作ることを、他社との差別化としてきました。今後もこの方針に変わりありません。


会長(父)から学んだことは経営というよりもその生き様、生き方と言う方がいいかもしれませんが、やはり「諦めない」というところに尽きると思います。困難にぶつかっても決してへこたれない。これは純粋にすごいなと。


常に時代や状況が変化していくことに対応していかなければいけない。今まで以上に柔軟に、なおかつスピーディーに進化していく。先代以上のチャレンジ精神を持ち続け、常に学んで、人がやっていないこと、できないことに挑戦していきたい。


自然から生まれる宝石は二つとして同じ存在はなく、まさに人の存在と同じです。お客様の価値観とベストマッチする宝石が巡り会い、身に付けて頂くと、お客様の人柄を素敵に演出でき、ステイタスを引き立て、豊かで幸せな日々を過ごして頂けると考えております。世界中から選び抜かれた原石から、あなた一人だけのジュエリーを創る。その喜びをお客様と共有できることが、我々宝石商の生き甲斐です。


ものづくりというと、どうしても機械を動かしたり道具を使うものと思いがちです。何事も工夫が大事で、父はよく「工具がなくてもできるじゃないか」と言っていました。できない理由を探すのではなく、できる方法を探す。製造も、営業も、同じものづくりだと。私はそれまでどちらかというと、物理的な次元でとらえていましたが、もっと柔軟に考えてこうと思い直しました。


堀内信之(経営者)の経歴・略歴

堀内信之、ほりうち・のぶゆき。日本の経営者。宝飾品の「アンブローズアンドカンパニー」社長。山梨県出身。父が創業した白金工房に入社。白金工房から分社化したアンブローズアンドカンパニー社長を務めた。また、国際色石宝石協会(ICA)日本代表理事、日本ジュエリー協会宝石部会委員を務めた。

他の記事も読んでみる

石田孝

高速道路は大きな可能性を持っています。マザー・テレサは、「愛の反対語は憎悪ではありません。愛の反対語は無関心です」と言いました。いろいろなことに関心を持ち、人に優しい会社、社員になってもらいたい。


ジャック・ウェルチ

経営者は社員の育成について常に考えていなければなりません。彼らを社内の訓練プログラムや、社外の講座に参加させ、多様な経験や能力の向上につながる任務を与え、リスクをとることを奨励しなければなりません。それらの活動はただちに成果をもたらすことはないかもしれませんが、絶対に行わなければいけない将来への投資です。


ドリアン助川

以前、沖釣りから戻る船から見た山々がとても美しかった。葉に光が当たって明るいところと暗いところのコントラスト、それを言い表す単語がないことに気がついた。それまで漠然と緑として認識していたものに区別がつく。見え方が変わり、世界が広がっていく感覚を覚えた。


久野康成

人間は、なまじ得意なものがあると、それを選択しがちです。選択した結果、もっと大きな可能性をつぶすこともあるかもしれません。私は、小学生の時、町の祭囃子で三味線を弾いていました。大人から、「おまえは、三味線がうまいから、ちゃんと先生について稽古をすれば、将来、三味線で食べられる」と言われたことがありましたが、本当に選択しなくて良かったです。もし、選択していれば、今頃、どんな人生を送っていたことでしょうか。


加藤諦三

いま、「営業成績が思うように挙がらない」と悩んでいる人は、営業成績が思うように挙がらないという事実で苦しんでいるのではありません。いままでの生き方といまの心の持ち方が、悩みの原因なのです。そこを間違えると、死ぬまで悩みは解決しません。


松田洋祐

昔のゲームビジネスはゲームセンターで「コインをいかに投入してもらうか」から始まった。その後、家庭用機器が普及し、ゲームデザインと課金は切り分けられ、当社はそこで成長した。だが現在盛んなオンラインゲームでは、再度「いかに課金を得るか」がテーマとなり、開発と販売が不可分となった。そして遊べる場所もあらゆるデバイスへと広がった。


小池百合子

いまの私の立場だと、「勝つ」というのは、単に政党間の闘争に勝つことではなく、日本や東京を良くすることです。時間はありません。少子高齢化、都市の老朽化、保育園不足。知恵を集めて、勝たなければなりません。


吉田鋼太郎

大学在学中に初舞台に立って以来、約40年間、ずっと芝居を続けてきました。そんな僕が常々思っているのは、役者の仕事って、すべて下準備が大事ということ。僕は、どの仕事も日々、納得がいくまで準備を欠かしたくありません。実際、自分の役作りが足りなかったり、演出家との意見の違いを埋められないままで本番を迎えると、まずダメ。


小宮一慶

仕事とは、本来、社会貢献。自己満足ではいけない。


井元章二

最初は無料だから聞いてみようという接点しかありませんが、聞いた以上は最善の方法を提案しますし、相談を繰り返すと必ず本音を打ち明けてくれます。資産運用だけではなく、顧客のあらゆる問題をどうやって円満に解決するかが本来のファイナンシャルプランナーの役割だと思い、顧客とは3世代100年以上の長期サポートの提供を目標に体制を整えつつ、一緒に寄り添いながら問題の解決に取り組んでいます。


林修

流れは絶えず変わるということを忘れてはいけません。ずっといい調子などということは、絶対にありえない。だから、流れの変わり目を絶えず意識することです。


村口和孝

どんな時代も、社会が同じところに留まることは無く、常に新しい大きな変化が起こっている。