名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

堀内信之(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀内信之(経営者)のプロフィール

堀内信之、ほりうち・のぶゆき。日本の経営者。宝飾品の「アンブローズアンドカンパニー」社長。山梨県出身。父が創業した白金工房に入社。白金工房から分社化したアンブローズアンドカンパニー社長を務めた。また、国際色石宝石協会(ICA)日本代表理事、日本ジュエリー協会宝石部会委員を務めた。

堀内信之(経営者)の名言 一覧

社員がいてこそ会社がある。


現在毎週末、全国各地で当社の即売会を兼ねた個展を開催し、製造の社員が営業と一緒に出向くので、お客様の安心感につながっています。当社のジュエリーをご愛用いただいているお客様のお声を聞き、お困りの点などを作り手が直接聞いて、次の制作に生かしています。


当社の特徴は製販一体という事に尽きます。ただ作るだけではなく、宝石の輸入や仕入も私が現産地で直接行い、本当に最初から最後まで自社で貫徹できるところが一番の強み。


自分たちで商品をつくり、サービスを考え出して、そのサービスを施す場をつくることが、マーケットづくりになると思っています。欲張りかもしれませんが、このやり方で自分たちのマーケットを作っていきたいと常々思っています。


業界内で競争するとき、当社は規模では大手にかないません。ただ、おかげさまで、当社には工房機能、製造機能があり、それに販売機能を加えて、卸ではなく直に消費者に販売する前線を作ることを、他社との差別化としてきました。今後もこの方針に変わりありません。


会長(父)から学んだことは経営というよりもその生き様、生き方と言う方がいいかもしれませんが、やはり「諦めない」というところに尽きると思います。困難にぶつかっても決してへこたれない。これは純粋にすごいなと。


常に時代や状況が変化していくことに対応していかなければいけない。今まで以上に柔軟に、なおかつスピーディーに進化していく。先代以上のチャレンジ精神を持ち続け、常に学んで、人がやっていないこと、できないことに挑戦していきたい。


自然から生まれる宝石は二つとして同じ存在はなく、まさに人の存在と同じです。お客様の価値観とベストマッチする宝石が巡り会い、身に付けて頂くと、お客様の人柄を素敵に演出でき、ステイタスを引き立て、豊かで幸せな日々を過ごして頂けると考えております。世界中から選び抜かれた原石から、あなた一人だけのジュエリーを創る。その喜びをお客様と共有できることが、我々宝石商の生き甲斐です。


ものづくりというと、どうしても機械を動かしたり道具を使うものと思いがちです。何事も工夫が大事で、父はよく「工具がなくてもできるじゃないか」と言っていました。できない理由を探すのではなく、できる方法を探す。製造も、営業も、同じものづくりだと。私はそれまでどちらかというと、物理的な次元でとらえていましたが、もっと柔軟に考えてこうと思い直しました。


堀内信之(経営者)の経歴・略歴

堀内信之、ほりうち・のぶゆき。日本の経営者。宝飾品の「アンブローズアンドカンパニー」社長。山梨県出身。父が創業した白金工房に入社。白金工房から分社化したアンブローズアンドカンパニー社長を務めた。また、国際色石宝石協会(ICA)日本代表理事、日本ジュエリー協会宝石部会委員を務めた。

他の記事も読んでみる

佐々木宏

『コピー年鑑』を覚えるほど読みまくるなんていう猛勉強は効きました。いつも僕に対して批判的だった先輩からも仕事をもらえるようになりましたし、それに、キャッチフレーズのあとに説明を加えるポディコピーがヘタだと言われても、「ほかの人にキャッチは褒められたのだから、ボディコピーそのものをなくしてみよう」「そもそも、見る人だってキャッチしか見ていないだろう」なんて、自分の長所で勝負できるようになっていったんです。
【覚書き|コピー年鑑とは東京コピーライターズクラブが毎年発行している優れた広告コピーを集めた本】


永守重信

僕は、講演時間の半分以上は質疑応答にしているんです。一方的に聞かされるより、本当に知りたいことを聞けるでしょう。


池上彰

「週刊こどもニュース」を担当したとき、収録前のリハーサルでは子供たちの思わぬ質問によって、気づかされることがたくさんありました。


田岡信夫

占拠率の科学としての結論は、その力関係における絶対有利の条件が、すなわちナンバーワンだけであるということに帰着する。およそ差別化のない純粋競争における力関係の下では、ナンバーワンだけが安定し、有利となる。それ以外には絶対に安定の条件はない。


高原豪久

商品の価値を100%、あるいは120%消費者に伝えるということは、やはり現地の人にしかできないのです。商品価値を伝えるコンセプト表現とか、商品デザインといったものは日本人の感覚でやっても絶対に現地の人には伝わりません。


三宅雪嶺

決断は私利を去るところにあり。


田中一弘(経営学者)

「活力」と「健全さ」両方を高めていくことが、企業や経営者には求められる。例えば経営者が自社の存続・発展のために力を尽くすことは活力であり、利益を確保するための不正な取引や粉飾決算などをしないことは健全さです。


望月晴文

投資機会がないという経営者の方もおられますが、それを見つけるのが経営者の仕事のはず。中小企業のオーナー経営者は、四六時中新たな投資機会を探しています。


熊谷正寿

私は20歳のころから新聞のスクラップを続けています。オフィスには約20年分のスクラップを保管しています。きっかけは会社を経営していた父から勧められたこと。いまは日本経済新聞、日経産業新聞を中心に4誌を購読しています。


柳沢幸雄

社外の人とは積極的に飲みに行くといい。同業他社や異業種の人と交流することで、人脈や知識を広げていくのです。それが次のステップにつながる可能性もある。


泉谷直木

世の中は様々な情報に満ちています。玉石混交の中から、有用な情報を見つけて整理し、ビジネスに役立てるにはどうすればいいのか。それは、努力と経験によってビジネスの勘を磨いていく方法しかありません。


熊本浩志

高校の野球部の監督に教わったのですが、「目的と目標を分けて考えること」が重要だと考えています。まず目的は、「日本の家電を再び世界に認めさせること」「家電から日本の住環境を変えること」のふたつです。一方、それを実現するための目標は、市場シェア1%である1000億円の売上を達成することです。まず目標ありきで、目標はその目的を達成するための手段です。このことは社員にも徹底しています。ですから、プレゼンでは「この企画の目的は……」と語りだしたら、その瞬間にボツです。