名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

堀内信之(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀内信之(経営者)のプロフィール

堀内信之、ほりうち・のぶゆき。日本の経営者。宝飾品の「アンブローズアンドカンパニー」社長。山梨県出身。父が創業した白金工房に入社。白金工房から分社化したアンブローズアンドカンパニー社長を務めた。また、国際色石宝石協会(ICA)日本代表理事、日本ジュエリー協会宝石部会委員を務めた。

堀内信之(経営者)の名言 一覧

社員がいてこそ会社がある。


現在毎週末、全国各地で当社の即売会を兼ねた個展を開催し、製造の社員が営業と一緒に出向くので、お客様の安心感につながっています。当社のジュエリーをご愛用いただいているお客様のお声を聞き、お困りの点などを作り手が直接聞いて、次の制作に生かしています。


当社の特徴は製販一体という事に尽きます。ただ作るだけではなく、宝石の輸入や仕入も私が現産地で直接行い、本当に最初から最後まで自社で貫徹できるところが一番の強み。


自分たちで商品をつくり、サービスを考え出して、そのサービスを施す場をつくることが、マーケットづくりになると思っています。欲張りかもしれませんが、このやり方で自分たちのマーケットを作っていきたいと常々思っています。


業界内で競争するとき、当社は規模では大手にかないません。ただ、おかげさまで、当社には工房機能、製造機能があり、それに販売機能を加えて、卸ではなく直に消費者に販売する前線を作ることを、他社との差別化としてきました。今後もこの方針に変わりありません。


会長(父)から学んだことは経営というよりもその生き様、生き方と言う方がいいかもしれませんが、やはり「諦めない」というところに尽きると思います。困難にぶつかっても決してへこたれない。これは純粋にすごいなと。


常に時代や状況が変化していくことに対応していかなければいけない。今まで以上に柔軟に、なおかつスピーディーに進化していく。先代以上のチャレンジ精神を持ち続け、常に学んで、人がやっていないこと、できないことに挑戦していきたい。


自然から生まれる宝石は二つとして同じ存在はなく、まさに人の存在と同じです。お客様の価値観とベストマッチする宝石が巡り会い、身に付けて頂くと、お客様の人柄を素敵に演出でき、ステイタスを引き立て、豊かで幸せな日々を過ごして頂けると考えております。世界中から選び抜かれた原石から、あなた一人だけのジュエリーを創る。その喜びをお客様と共有できることが、我々宝石商の生き甲斐です。


ものづくりというと、どうしても機械を動かしたり道具を使うものと思いがちです。何事も工夫が大事で、父はよく「工具がなくてもできるじゃないか」と言っていました。できない理由を探すのではなく、できる方法を探す。製造も、営業も、同じものづくりだと。私はそれまでどちらかというと、物理的な次元でとらえていましたが、もっと柔軟に考えてこうと思い直しました。


堀内信之(経営者)の経歴・略歴

堀内信之、ほりうち・のぶゆき。日本の経営者。宝飾品の「アンブローズアンドカンパニー」社長。山梨県出身。父が創業した白金工房に入社。白金工房から分社化したアンブローズアンドカンパニー社長を務めた。また、国際色石宝石協会(ICA)日本代表理事、日本ジュエリー協会宝石部会委員を務めた。

他の記事も読んでみる

渋沢栄一

常に愛国忠君の気持ちを厚く持ち、公に奉ずることを忘れてはならない。


北澤俊和

いまの時代は、企業社会に限らず、何かひとつの分野で秀でた人材でなければ、サバイバル・レースに生き残れません。要するに、自分の超得意分野を見つけ、磨きをかけることが求められます。


藤田精一(経済学者)

損得思考では「過去は振り返らない」が鉄則。


鈴木健一(経営コンサルタント)

ストーリーラインで数字をとらえる感覚が大事。ストーリーがあれば数字は面白くなりますし、説得力のある話もできるわけです。


大山健太郎

業務日報による情報共有も大切にしています。弊社は多岐にわたる部門の仕事があります。隣の部署の人間が何をやっているのか。たまたま顧客が同じでも、部門が違うと異なる意見があったりする。だから、横断的に情報を共有しなければいけません。そのため、グループを含めた約1万2000人が毎日、業務日報をつけています。もちろん、立場によってアクセス制限はありますが、ほぼ全社員の業務日報を、社内ネットワークを通して見られるようにしています。


新浪剛史

安売りされない商品をつくろう。逆に値上げしてもお客さんに欲しいと思われる商品を出していきたい。


岸谷五朗

舞台を観にくるお客さんって、本当にこちらが死に物狂いで演じないと、楽しんでくれない。ギリギリまで頑張らないと感動してもらえないんです。


逢沢明

論理というのはどのような視点で見るかによって解釈がガラリと変わってくる。自分はこの論理で成り立っていると思っても、人から見るとまるでトンチンカンな論理を組んでいることがあるんです。


草野仁

従来のやり方というものは、今まで続いてきたからには、正しい部分がかなりあるのだと思います。しかし、100%正しいわけではない。常に疑う姿勢を忘れてはいけません。


田中英成

大変だったのは社員の考えを変えることでした。私がメルスプラン(月額制コンタクトレンズ)をやろうと言っても社員はなかなか動かない。3年たって「どうなっている?」と聞いても「検討中」「むずかしい」という返事です。この時初めて「検討中」とは「考えていない」こと、「むずかしい」とは「やりたくない」ことだと気づいたのです。そこで当時社長だった父に、「自分を社長にしてほしい」と直談判しました。父の返事は「お前の好きにしろ」。それで社長になり、トップダウンでメルスプランを進めていきました。


川崎貴聖

当然のことですが、海外進出の戦略は国ごとに違います。その国を深く理解している人材がいなければ成功しません。そこで、当社が徹底しているのは、現地の人に任せるということです。


鈴木敏文

我々は他社のモノマネで来たのではないから強い。